介護福祉士に合格するために効果的な勉強法とは

介護士のお仕事

現在「介護福祉士の資格が欲しい!」と考えている方は多いはず。

しかし介護福祉士の資格は、当然効果的な勉強法で学習しないと、試験をパスすることはできません。

どのように勉強すれば、介護福祉士の試験に合格することができるのか。

介護福祉士資格を取るためにやるべき効果的な勉強法を、今回は学んでいきましょう。

介護福祉士を独学で合格するための勉強法

それでは早速、介護福祉士試験を合格するためにやるべき、効果的な勉強法を調べていきましょう。

過去問を解く

まずは、介護福祉士試験で出題された過去の問題を解きましょう。

参考書を読んで、その知識を元に問題を解くのはあまりに時間がかかります。

そのためまずは、過去問を解いてそこから勉強するのがおすすめです。

過去問の正解を確認

過去問をの正解を確認します。

間違った問題の正しい答えを確認する

自分が間違った問題の答えを確認して、答えの解説、答えの根拠まで確認してください。

一度関連書籍で知識の見直し

ここで、参考書をみて、過去問に出題された問題に関する知識を確認します。

基本的な部分を暗記する気持ちで、参考書を読み込んでください。

もう一度過去問を解き直す

あとはここまでの流れを繰り返すだけです。

何度も繰り返していくうちに、自分が得意なところ、あまり覚えてない部分がわかってくるはずです。

そのわかってない部分を集めたノートを作って、そのノートに基づいて何度も反復すれば、効果的に介護福祉士の勉強を進めることができるはずです。

介護福祉士の勉強するときのコツ

介護福祉士試験合格のために効果的な勉強法がわかったところで、もう少し介護福祉士の勉強を効果的にするためのコツを調べてみましょう。

介護福祉士試験は独学でも合格する程度の難易度だとは言われますが、しっかりとした勉強法に基づいて、コツを抑えて勉強を進めないと、介護福祉士試験合格は難しいでしょう。

それでは、具体的にコツをみてみましょう。

「どれだけ長期間勉強するか」ではなく「短期間にどれだけ勉強するか」

介護福祉士の勉強で大切なことは、「どれだけ長い時間勉強するか」ではありません。

介護福祉士の勉強は、決まった期間に、どれだけみっちりと濃い勉強ができるか、そこで決まります。

短期間であっても、みっちりと濃い勉強をすること。

「週に3日2時間勉強を2年続けた」よりも、「毎日6時間、1ヶ月間連続で行った」のほうが、はるかに勉強法としては効果的なのです。

モチベーションを維持して勉強のサイクルを繰り返す

長らく勉強を続けるには、勉強を続けるためのモチベーション維持が必要になります。

勉強を習慣にして、いっそ勉強しないと落ち着かない、くらいにすると介護福祉士の勉強が効果的に進められるはずです。

試験の当日に向けて、少しでも効果的に新しい知識を見つけること。

これが介護福祉士の試験勉強に大切なことです。

介護福祉士合格に効果的な参考書

介護福祉士の勉強を進めるために絶対必用な「参考書」。

どの参考書を使って勉強を進めればいいのか?

具体的にご紹介します。

ユーキャンの過去問集

少し値段ははりますが、ユーキャンの過去問集はおすすめです。

ユーキャンの参考書は、情報量が多くわかりやすさにも定評があります。

基本の説明とか顧問を通じて勉強をすれば、その後模擬問題集で知識の補強を行うことができます。

ユーキャンの一問一答問題集はサイズも小さいので持ち歩きにも便利です。

外出先で勉強したい人にもピッタリですよね。

中央法規出版の参考書

解説内容が高度で、なれるまではわかりにくいと感じる人もいるでしょうが、簡単な内容が並ぶ参考書と比べるとやはり読み応えがあります。

内容の正確性と情報の濃さなら、中央法規出版の参考書でしょう。

実際介護福祉士試験に合格した人の多くが、中央法規出版の参考書で勉強して合格を果たしたと言っています。

無料アプリの過去問集

高い参考書や過去問集を買わなくても、無料アプリを使って勉強することができます。

過去問アプリを展開しているのは、「クルペディア株式会社」や「株式会社リクルートキャリア」など。

試験運用団体「公益財団法人 社会福祉振興・試験センター」のホームページでも、無料で過去問を閲覧することができます。

介護福祉士試験の模擬試験を受けておく

介護福祉士試験に合格するかまだ不安…という方は、スクールにて介護福祉士試験の模擬試験を受けるのがおすすめです。

模擬試験を受ければ、自分が今どれだけ理解が進んでいるのか。

合格の望みがどれだけあるのか、だいたいわかってくるはず。

模擬試験は、三幸福祉カレッジや、日建学院などの大手スクールで実施されます。

必要なら調べてみてください。

独学で合格に自信がない方は「介護福祉士受験対策講座」を受けよう

「独学」でする介護福祉士の勉強に自信が無い方は、介護福祉士受験対策の講座受講をおすすめします。

過去問やテキスト、参考書を読むだけではどうしても理解が進まないところが多くなってくるはず。

対策講座なら、講師もいるので独学よりかなり勉強が効率よく進められるはずです。

介護福祉士受験対策講座を行っているスクールは、ニチイや湘南国際アカデミーなど数が多いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

介護福祉士試験合格のためにできる、効率的な勉強について今回は学びました。

独学から、スクールに通って口座を受ける勉強法など、選択肢は広いのでぜひ自分にあった方法で勉強を進めてください。

コメント