転職回数が多いと介護士の転職で不利になるか?転職回数が多い介護士のためのアドバイス

介護士転職コラム

介護士としてそれなりの経験がある固の中には、何度か転職を繰り返している方も多いです。

介護士は働く職場の環境によって働きやすさが全然変わります。

働きにくい職場に当たってしまうと、すぐ次の職場に転職…なんてことが十分考えられます。

しかし転職を何度も繰り返すと、転職先から「またすぐ転職するのでは」と思われてしまうものです。

なるべく転職回数は少ないのに越したことはないですが、すでに何度か転職してしまっている介護士も多いでしょう。

今回は、介護士の転職回数が多くなるとどうなるのか、転職回数がすでに何度か重なっている方はどのように転職活動を行うべきか、考えていきたいと思います。

転職回数が多いとどんなデメリットがあるか?

介護士の転職活動において、転職回数が多いとデメリットがあります。

転職回数が多いとデメリットがあるのは介護士だけではないのですが…。

転職回数が介護士の転職を妨げる理由を紹介します。

転職先が決まるまでストレスがある

転職活動は大きなストレスが伴います。

収入が途切れるストレスや、自分の将来が宙ぶらりんな状態になるストレス。

たとえ転職先が決まったとしても、新しい職場で働くストレスは大きいです。

人間関係もリセットされますし、仕事もそこから覚え直しになります。

転職前も、転職中も、転職後も、すべてのフェーズで大きなストレスがかかってくるのです。

それまで築いてきたキャリアがパーになる

転職すると、それまであなたが仕事で築いてきたキャリアはすべてリセットです。

転職先の職場で、再びコツコツキャリアを積みなおすことになります。

その分昇進が難しくなり、結果的に生涯賃金が減ります。

長い目で見ると、転職で大きな損害が生まれてしまうのです。

転職回数が増えるたびに転職が難しくなる

転職回数が増えると、転職できる職場の選択肢がどんどん狭まります。

つまり転職回数が増えることで転職の難易度がましていくのです。

企業にとって、1年か2年そこらで転職されるようでは、教育のコストなどを考えると収支が会いません。

その職場も、「少しでも長く働いて、企業に利益を生み出してほしい」と思っているものです。

すぐ辞める→転職を繰り返している職員を採用したいとは思わないのです。

転職回数が多いだけで採用されないのか?

転職を繰り返す社員の転職活動が難しいのはお伝えしたとおりです。

それでは、転職活動が多くなるだけで、転職活動はうまくいかなくなるのか?

そこのところも調べてみましょう。

転職回数が増えた理由を説明できれば問題ない

一般的に、転職回数が3回を超えると、採用担当者は「多い」と感じるようです。

特に20代で3回以上転職しているということは、かなり短いスパンで転職していることになります。

そこで「採用しても大丈夫か」という疑念を晴らすには、「転職回数が多い理由」をきちんと話すのが大切です。

「やりたい仕事ができなかった」
「職員の利用者に対する対応に納得できなかった」

など、前向きに仕事への意欲を見せた転職理由を告げるのをおすすめします。

転職回数が多い介護士が転職を成功させるには

すでに転職回数がそれなりに多くなってしまった介護士も多いはず。

そんな介護士が、転職活動を成功させるためのコツも、今回ご紹介しておきます。

面接で「スキル」「これからの意欲」をアピールする

転職活動において重要なのはやはり「面接」です。

この面接でどれだけ熱いアピールができるかで、転職活動が成功するか否かが決まります。

そして転職回数が多くなってしまったあなたに言いたいのは、この面接でのアピール方法。

面接では、自分がそれまでの仕事のなかで得た「スキル」、そしてもっと大事なのが「これから仕事でやりたいこと」をしっかり伝えることです。

採用担当者は、面接に来た人の「将来性」を見ます。

この人は、これからうちでどのような利益を上げてくれるのか。

その面接官が感じた「利益」が、重ねた転職回数で生じるデメリットを上回れば、無事採用となります。

どんな介護士なら転職回数が多くてもほしいか?想像する

面接で大切なのは、「面接官が言ってほしいこと」を言うことです。

自分が面接官なら、転職回数が多い人が来たとして、どんな条件なら採用するか。

向こうの立場になって考えることができれば、転職回数が多くても採用される道筋が見えてきます。

これ以上転職回数を増やさないために優良な職場を見つけるべき

転職回数をこれ以上増やすのは、今後の人生を考えても不都合しかあり得ません。

ということは、これ以上転職回数を増やさなさい努力が必要なのです。

転職しないためには、転職する必要のないくらいいい職場で働けば良いだけのこと。

次回はもっと慎重に働く職場を選ぶようにしましょう。

良い職場を見つけるために役立つ介護士転職エージェント

いい職場に転職するためには、転職エージェント利用が一番の近道です。

転職エージェントで転職すると、担当のキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進めることができるからです。

キャリアアドバイザーに、「人間関係が良いところ」「福利厚生がしっかりしているところ」など、要望を出すことで、今度はもう転職する必要ないくらいにいい職場で働くことができるようになります。

具体的に、転職が多くても転職しやすくなる、おすすめの転職エージェントを紹介します。

クリックジョブ介護

47都道府県すべてのい地域の転職に対応しているクリックジョブ介護はおすすめです。

非公開求人が多く、良い条件の求人の中から自分の転職先を検討することができます。

クリックジョブ介護のキャリアアドバイザーは、「求人情報ではわからない情報まで教えてくれる」といい評判が集まっています。

クリックジョブ介護の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介
クリックジョブ介護は自社調べによると業界でもトップの利用者満足度を持っている介護士のための転職エージェントサイトです。 全国規模で展開していて、充実したサポートがあるのが特徴ですが、どのような形で利用できるサイトなのでしょうか。 ...

マイナビ介護職

マイナビ介護職もおすすめです。

マイナビといえば、その名を知らない人はいないほどの大手企業。

さすが大手の転職エージェントらしく、キャリアアドバイザーの対応はよく、手厚いサポートを受けることができます。

マイナビ介護職の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介
マイナビ介護職は、大手転職支援サービスのマイナビが運営している転職サイトで、福祉や介護職を専門として扱っています。キャリアアドバイザーもいて、転職活動のサポートを行ってもらうことができます。 ここでは福祉業界に転職したい方に向けて、マ...

転職回数が多い介護士 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、「転職回数が多い介護士は転職が難しいか」という観点で情報を考えました。、

転職回数が多い介護士は、単純に転職回数が増えれば増えるほど転職しにくくなります。

転職回数が多かったとしても、採用したくなる介護士を目指してください。

コメント