介護職に転職活動に使える志望動機のポイント

介護士のお仕事

介護職へ、いざ転職活動開始!

履歴書や面接対策頑張るぞ!

と意気込んでみたものの、

「良い志望動機が思いつかない…」

と、最初につまずきがちなのが志望動機です。

志望動機は、今後の選考を握る大事な鍵になります!

そのため、良い志望動機で面接官の心をつかみたいところですよね。

特に、異業種から介護職への転職を希望していると、余計に何を書けばいいのかが難しいところです。

そんな人のために、介護職への転職活動を行う際に使える志望動機のポイントから、基本的な履歴書の書き方マナーまでご紹介いたします!

志望動機の書き方

志望動機を書くとしても、何から書いていけばいいか分からない…

という方は、まずは志望動機を書くにあたり自分の考えを把握しなおして、まとめることが大切です。

そこで、就職・転職活動を行う際に使える基本的な志望動機のポイントをまとめました。

  • 転職理由
  • 他の競合企業ではなく、なぜうちなのか
  • その企業で自分がどのように働けるか

以上がポイントです!

これらを織り交ぜながら、自分の言葉で応募先にアピールすることが大切です。

介護職に転職にはどのような志望動機になるか

それでは、介護職に転職する際にはどのように応用するのでしょうか?

上記のポイントを、介護職に転職活動時に使えるように当てはめていきます!

  • 介護職に転職する目的とは
  • 何故その介護施設で働きたいのか
  • 介護職として、どのように貢献できるのか

上記のポイントから1つずつ解説していきます!

なぜ介護職へ転職したいのか

なぜ介護職へ転職を希望しているのかは一番重要なポイントです!

「介護業界なんて人手不足だし、そんなしっかり書かなくても大丈夫でしょ」

なんて甘い考えは大変危険です。

介護業界は、介助を必要としている方へサポートを行う大切なお仕事ですよね。

応募者の選考にあたり、人間性や仕事におけるスタンスなども重視しています。

そのため、志望動機における「なぜ介護職を希望するのか」は一番大事なポイントになります。

こちらがしっかりと定まっていないと、何を目的として介護職への転職活動を行っているのかがわかりません。

「逃げの転職理由」でもかまわない!幸せな転職のコツ
転職する理由が「逃げ」だったとしてもかまいません。逃げた先の、転職先の企業で幸せになることができれば、あなたの人生はうまくいっているのです。逃げの転職だったとしても。適切な手順を踏んで、転職活動を進めていきましょう。

何故その介護施設で働きたいのか

応募する施設にあたり、『何故その施設で働きたいのか』も重要な志望動機の一つです。

「介護施設なんてどこも同じでしょ!」

といって、ネットや本からそのままコピーしてきた志望動機では説得力に欠けます。

応募する施設や法人の理念や方針をパンフレットやホームページを確認し、企業研究を行いましょう。

しかし「貴法人の理念に共感しました!」の一言で終わらせば良いわけではありません。

共感し、そこからどのように自分が働きたいと考えたかなどをまとめましょう。

応募先と自分のすり合わせを行いながら、自分の言葉で志望動機を書くことが大切です。

介護職として、どのように貢献できるか

介護業界では人材不足に陥っていますよね。

そのため良い人材に長く勤めてもらいたいのが施設の本音です。

キャリアプランもなく、ただなんとなく働いている・すぐ辞めそうな人を避けたいため、責任をもって長く勤めてくれる人を厳しく見極めます。

そして、応募者が介護職としてどのように活躍をしてくれるかを慎重に選考を行うのです。

だからこそ、どのように貢献できるかを答えられるようにしましょう!

異業種から転職を考えている方は、前職における自分の強みが今回の介護職にどのように生かせるのかをまとめられると良いですね。

キャリアプランも明確に

また、介護職として働くにあたり、“理想の働き像”を述べることも大切です。

キャリアプランなどを明確にし、自分が応募先の施設で働くための意味に説得力を持たせましょう!

「現場で働きながら介護職の資格を取りたい」

「昔家族がお世話になった介護職員のように働きたい!」など、

このように介護職に従事していきたいと、明確なキャリアプランを提示することで

「この人なら責任をもって働き、長く勤めてくれるのではないか」

と印象アップにもつながります。

介護職の仕事内容とは?資格は必要?
最近需要が高まっているとよく聞く介護業界。 2025年には「超高齢化社会到来」といわれており、ますます今後人手が必要となる注目の職種です。 介護職が注目の職種とは言っても、どんな仕事内容なの? どのような資格が必要? ...

履歴書マナー

せっかく完璧な志望動機が書けていても、誤字脱字が目立ち読んでもらえない…なんてことにならないように、履歴書のマナーも確認していきましょう!

介護職へ転職活動にも使える、履歴書への基本的なマナーやポイントも押さえていきます!

事務職へ転職するなら!志望動機の例文を徹底解説!

履歴書は手書きが好まれる

最近の一般企業への就職活動において、履歴書のWEB提出が求められることが多いですよね。

では、介護職の転職活動においてはWEBと手書き、どちらが好まれるでしょうか?

応募先によりますが、基本的に何も指定が無ければ履歴書は手書きが好まれる傾向にあります。

選考の際に字の綺麗さも重要なポイントの一つになるでしょう。

介護職という職業柄、日誌を手書きで記入したりすることも想定されます。

そのため雑な書き方や、字が斜めになっている、誤字脱字などがある場合それだけでマイナスポイントになりかねません。

履歴書は手書きで!字の綺麗さに自信が無くても丁寧に書くことを心がけましょう!

修正テープはNG!

手書きで記入を行うと、気を付けていてもミスをしてしまうことはありますよね。

その際は面倒ですが、修正テープや修正ペンは使わずに新しい用紙に再度書き直しましょう。

修正ペンやテープが使用されているだけで印象が悪くなりかねません。

「応募の意欲が無いのかな」

と思われてしまう可能性もあります。

履歴書は下書きを行ってから清書する、予備を多めに用意しておくなどを余裕をもって取り掛かることを心がけましょう。

日付・フリガナは揃える

日付の和暦・西暦が混在しないように揃えましょう。

和暦・西暦に指定がある場合は全て指定合わせます。

また履歴書の日付を記入する場合、いつの日付を記入すべきか迷いがちですよね。

基本的に履歴書の日付は

面接日に提出の場合
→提出日、持参日を記入
郵送などの場合
→投函日を記入

とされています。

フリガナにおいても同じように、履歴書のふりがな欄が「ひらがな」であればひらがなで、「カタカナ」であればカタカナで記入を行いましょう。

介護職の敬称マナーはどうする?

一般企業において就職・転職活動を行う際は以下の敬称を使用します。

履歴書などの書き言葉
→貴社
面接などで話す場合
→御社

となります。

病院や施設が多い介護業界ではどのような敬称を使用されるのでしょうか。

こちらで確認していきましょう!

施設名書き言葉話し言葉
病院・クリニック貴院御院
社会福祉法人貴法人御法人
施設貴施設御施設

となります。

基本的に書き言葉では「貴」、話し言葉では「御」で大丈夫です!

自己PRと志望動機の違いとは?それぞれのポイントを徹底解説
就職や転職をする場合には面接を受けることになりますが、どのようなことを話せばいいのか悩んでしまうという人も多いでしょう。 面接の中でも、志望動機と自己PRは欠かせないものですが、この二つの明確な違いを理解していますか。 違いがわ...

おわりに

今回は介護職の転職時における志望動機を書く際のポイント・履歴書マナーをご紹介いたしました。

介護職への転職活動における志望動機がうまく書けない・・・という方にも、今回ご紹介した

  • 介護職に転職する目的とは
  • 何故その介護施設で働きたいのか
  • 介護職として、どのように貢献できるのか

ポイントを押さえて自分の言葉で伝えられるようにできると良いでしょう!

介護職の転職活動にお役に立てれば幸いです!

コメント