40代でも介護職への転職はできる!転職前に知っておくべきポイントを解説

40代でも介護職への転職はできる!転職前に知っておくべきポイントを解説-アイキャッチ 介護士転職コラム

「介護職に転職したいけど、40代でもできるのかな?」
「40代で介護職へ転職する際に、知っておくべき事ってある?」

40代から介護職への転職を考えている方には、不安を抱えていることも多いと思います。

しかし介護職であれば40代でも転職可能で、キャリアアップも十分目指せます。

介護職で活躍している方には40代の方も非常に多いです。

そこで今回は40代でも介護職に転職できる理由やおすすめポイントについて詳しく解説します。

40代が介護職に転職するメリットやデメリット、キャリアプランやおすすめの職場も紹介します。

記事の後半では転職を成功させる方法やよくある質問もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

40代でも介護職への転職は可能!

40代から介護職に転職するのは遅いかな、と不安を持っている方も多いですよね。

しかし40代で未経験でも介護職に転職することは出来ます。

40代や未経験でも転職できる主な理由は以下の通りです。

  • 40代で介護職に転職できる理由介護職は基本的に人手不足
  • 介護職には40歳以上の割合が多い

①介護業界は基本的に人手不足

介護業界は基本的に人手不足であり、中でも特に訪問介護員の人手不足が著しくなっています。

そのため、40代の未経験の方も介護業界には比較的に就職がしやすいといわれています

離職率は改善されているものの採用が困難な場合が多く、介護職は人手を欲しています

また介護保険法が施行されてから要介護認定者数が増加し、それに伴って必要なサービス量も増えています。

介護職員数も増加傾向にありますが、介護者は今後も増えることが予想されるので、将来的にも人手不足が続く可能性が高いです。

介護業界は他の業界に比べて人材を求めているため、40代の未経験の方も十分転職できるでしょう。

引用元 : 平成九年法律第百二十三号 介護保険法

②介護職には40歳以上の割合が高い

介護労働安定センターの令和元年度介護労働実態調査によると、介護職の性別と年齢の割合は以下の通りになります。

性別20歳未満30歳未満40歳未満50歳未満60歳未満60歳以上
男性0.3%13.3%29.2%27.3%14.1%11.9%
女性0.3%6.0%13.7%24.1%25.9%25.5%

上記の表を見て分かる通り、男性の介護職で40歳以上の割合は53.3%と過半数を占めます。

女性にもなると40歳以上の割合は75.5%と約8割を占め、全体でみる40歳以上の割合は6割を超えます。

介護職には40歳以上でも活躍している方が非常に多いため、40歳でも転職しやすい業界です。

ちなみに介護業界の定年は基本的に60歳から65歳なので、40歳で転職しても20年間は働けます。

長期間働ける人材は介護業界にとっても嬉しい戦力ですね。

介護職への転職であれば40代でも遅いことはないので、積極的に始めましょう。

引用元 : 公益財団法人 介護労働安定センター

40代で介護に転職するメリットとデメリット

介護士の女性 ワンポイント

これまで40代が介護職に転職できる理由を紹介しましたが、事前にメリットやデメリットも知っておくことが重要です。

介護職について知ることで本当に自分に合っているのか、一度考えてみましょう。

今回紹介する40代で介護職を始めるメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
  • 働き方を選びやすい
  • 40代の未経験でも活躍できる
  • 過去の経験を活かしやすい
  • 同年代が多い
  • 年収が下がる可能性が高い
  • 肉体労働である

ではそれぞれのメリットとデメリットについて、詳しく解説します。

40代で介護に転職するメリット

40代で介護職に転職するメリットは以下の通りです。

  • メリット働き方を選びやすい
  • 40代の未経験でも活躍できる
  • 過去の経験を活かしやすい
  • 親の介護にも活かせる
  • 長期的に働ける

ではそれぞれのメリットを解説します。

①働き方を選びやすい

介護職には正社員だけでなくパートや派遣として活躍している方も増えています。

特に無資格かつ未経験で転職する場合、パートで雇われることも多いですね。

パートであれば、自分の生活スタイルに合わせた働き方ができます。

例えば子育てと介護職を両立したいのであれば、平日のみ、日勤のみといった働き方を選べます。

介護職として働く場合は基本的にシフト制になるので、家庭の事情に合わせて時間を決められるのは嬉しいですね。

40代となると仕事以外にも優先させたい物事は増えるので、柔軟に働けるのは大きなメリットです。

また、正社員でも場合によって時短勤務可能ことや日勤のみの施設もあります。

派遣やパートから入っても正社員登用が目指しやすく、慣れてきたら徐々にシフトを増やすなど、選択肢が幅広いですね。

②40代の未経験でも活躍できる

介護職は、40代の未経験でも活躍できる場が整っています。

上記でも紹介した通り介護業界は常に人手不足のため、他の業界に比べて年齢を重ねている方や経験がない方も活躍しやすいです。

そのため40代から始めても十分管理職を目指せる職なので、キャリアプランも立てやすいでしょう。

しかし未経験だと最初の内は、任される仕事が限られる可能性もあります。

最初は焦らず、働きながら徐々に経験を積むことを意識しましょう。

また、40代だと仕事に慣れるまで不安も大きいと思いますが、研修制度が整っている施設が多いので安心ですよ。

介護職は資格や経験がない40代の方もキャリアアップを狙える職業なので、積極的に学びましょう。

また、介護職には40代以上が多いことから同年代が多いので、新人として働きやすいことも魅力です。

③過去の経験を活かしやすい

介護職では、これまでの社会人経験や人生経験を活かしやすいこともメリットです。

介護の経験がなくても、これまでのあらゆる業界や職種、人生における経験を活かせる場が多いので、ありがたいですね。

例えば、社会人として身につけたコミュニケーション能力はもちろん、普段の家事能力も非常に役立ちます。

運転手の経験は介護の送迎で歓迎されますし、企画などの経験はレクリエーションの提案に繋げられます。

また、マネジメント経験があれば早い段階で管理者候補として歓迎されることも多いです。

介護職には上記のように全ての経験が活かせるため、業務の効率化の面からもあらゆる経験を積んだ人材が求められます。

40代だと社会人としても人生においても多くの経験があるため、仕事に活かしやすく評価されますよ。

④親の介護にも活かせる

介護職で働くことで、自分の親の介護にも活かせることは嬉しいメリットですね。

特に40代だと、そろそろ親の介護が必要になる方も多いと思います。

しかしそれまで介護に関する知識や経験が皆無だと、勝手が分からず苦労することも増えますね。

仕事として介護に関するノウハウを身につけられると、いざ親の介護が必要になった際も慌てずに適切な行動が取れるのは魅力です。

親の介護が必要な方には、介護と仕事を両立させるのに苦労しがちです。

介護職に就くことで仕事としてだけでなく家族にも役立てられるので、時間も有効活用できますね。

また親の介護は誰かに任せるのではなく、自分がしたいという方にも安心です。

⑤長期的に働ける

最近では高齢化社会が進み要介護認定者も増えていることから、介護職への需要は高まっています。

今後も高齢化率や要介護認定者は増加していくと考えられるので、将来的にもニーズがある仕事です。

また、介護職は景気に左右されにくい業界なので常に一定の需要があります。

そのため、40代からでも長期間働けるので仕事に困りませんね。

自分の体力が続く限り定年まで働きたいと考える方も多いので、40代からだと20年程度は安定して働けます。

また、長く働けることで管理職も目指しやすく資格取得も可能です。

40代未経験からでも成長できる業界なので、やりがいも感じやすいでしょう。

40代で介護に転職するデメリット

40代で介護職に転職するデメリットは以下の通りです。

  • デメリット年収が下がる可能性が高い
  • 肉体労働である

ではそれぞれのデメリットを解説します。

①年収が下がる可能性が高い

40代で介護職に転職する場合、年収が下がる可能性が高いです。

どの業界でも未経験でも転職だと給料が下がることが多いので、デメリットとなります。

また介護職は一般的に給料が低いとも言われていて、平均年収は350万円程度です。

年々介護職の給与相場にも改善が見られているので、今後給与が高くなることも想定できます。

しかし基本的に40代で介護職に転職する場合は、今よりも給与が下がると思っておきましょう。

事前に自分の働く先の給与形態を確認しておくことが重要ですよ。

②肉体労働である

介護職は思っていたよりも肉体労働であることが多いです。

介護職では介護を必要とする方のサポートをするため、身体が不自由な方を支えるなど体力や力が必要になります。

特に移動や入浴などの補助は重労働でしょう。

介護職は身体的にも負担がある仕事なので、徐々に慣れていくことがおすすめです。

自分の体力や身体面に不安がある方は、無理をしないように気をつけましょう。

初めはシフトを少なめに入れることや、毎日のストレッチなど自分なりに工夫が必要ですよ。

介護職の方には腰痛を持っている方も多いので、転職する前に一度自分の身体と向き合ってみましょう。

40代から介護に転職する場合のキャリアプランはどうなる?

40代から介護に転職するとなると、どのようにキャリアアップできるのか想像しにくい、という方も多いですよね。

40代から介護職を始めた場合のキャリアプランには以下があります。

  1. キャリアプランまずは3年間をかけて実務経験を積む
  2. 国家資格である介護福祉士の取得を目指す
  3. 管理職やケアマネージャーなどを目指す

40代から介護職を始めるのであれば、まずは介護福祉士の資格取得を目指しましょう。

介護福祉士の受験資格には3年以上の実務経験が必要なので、最初はとにかく経験を積みます。

無事に介護福祉士の資格を取れれば、その後はあらゆるキャリアプランがあります。

ちなみに資格を取ると給与も一気に上がることが多いので、資格取得のメリットは大きいですよ。

今回紹介する資格取得後のキャリアプランは以下の通りです。

  • 管理職を目指す
  • ケアマネージャーを目指す

①管理職を目指す

資格を取った後は管理職を目指すこともおすすめです。

施設の運営には管理職が必須であり、重要な役割を果たします。

介護職として現場で経験を積み、資格を取った後は管理職といったキャリアアップを目指しましょう。

管理職になると現場での仕事から運営する側になるため、資格だけでなく前職の経験も新たに活かしやすいですよ。

また、力仕事が減るため身体的負担も軽減されるでしょう。

40代から介護職を始めるのであれば、原盤の第一線で活躍するだけでなく管理職も検討することがおすすめです。

②ケアマネージャーを目指す

介護福祉士の資格を取ったら、次はケアマネージャーの資格を目指すことも1つの道です。

ケアマネージャーは介護支援専門員といい、介護サービスを受けられる計画書の作成やサービス事業者との調整を行います。

介護保健制度に欠かせない存在であり、知的労働が増えるので40代の方のキャリアプランとしてもおすすめです。

ケアマネージャーの受験資格には、介護福祉士の資格を取ってから5年以上指定業務を行う必要があります。

試験に合格し研修が終わるとケアマネージャーとしての勤務が可能です。

ケアマネージャーとして活躍する方には50代以上も多いので、40代のうちに取っておくと長く活躍できますよ。

未経験から初めてケアマネージャーになるまで短くても8年は必要なので、目指すのであれば早めに行動しましょう。

40代で介護職に転職する場合におすすめの職場って?

疑問に思うパソコンを持つ男性

40代から介護職に転職するのであれば、以下の職場がおすすめです。

  • おすすめの職場訪問介護
  • デイサービス

ではそれぞれの職場について解説します。

訪問介護

訪問介護は介護を必要とする方の自宅に直接訪問して、入浴や食事など介護を行います。

訪問介護で働くメリットは以下の通りです。

  • メリットこれまでの社会人経験や人生経験を活かしやすい
  • 雇用形態を選べるので生活スタイルに合わせやすい
  • 40代からでもキャリアアップが期待できる
  • 幅広いスキルを身につけられる
  • 職場の人間関係で悩みがない

訪問介護は時間の融通が利きやすく、自分の生活に合わせて効率良く働けることが大きいメリットです。

また、利用する方によって業務内容も働き方も異なるので、幅広い介護スキルやコミュニケーション力を身につけられます。

基本的に関わる方は利用するお客さまとの1対1なので、職場の人間関係を気にする必要もありません。

40代で新人として職場の年下の方と付き合うのが苦手な方や、ストレスフリーで働きたい方にもおすすめですよ。

デイサービス

デイサービスは、自宅で暮らしている高齢者の方が通う通所施設であり、入浴や食事のサポートを行います。

デイサービスで働くメリットは以下の通りです。

  • メリット一般的に日勤のみで夜勤がない
  • 日曜休みの施設が多く一般的な働き方が可能
  • 介護施設の中で残業が比較的少ない

デイサービスでは自宅で暮らしている方の介護を行うため、基本的に夜勤や残業がありません。

シフトも規則的なことが多く日曜日は決まって休みという施設も多いため、プライベートとの両立もしやすいことが大きなメリットです。

そのため今まで一般的な働き方をしていた40代の方には、これまでの生活からあまり変化なく働けます。

環境や生活スタイルが変わるとストレスもありますが、デイサービスだとその心配がありませんね。

しかし宿泊が可能なデイサービスだと夜勤もあるので、事前に確認しておきましょう。

40代未経験でも介護への転職を成功させる方法ってある?

介護業界は40代でも転職しやすいですが、何も準備せずに転職活動を進めてしまうと、「なかなか採用されない」という状況に陥りやすいです。

介護業界への転職をスムーズに進めて、納得のいく職場を見つけるためには、事前の対策が必要です。

ここでは、40代で介護業界への転職を成功させるために、以下の方法を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

  • 転職成功方法事前の情報収集を徹底する
  • 志望理由を明確にする
  • 施設見学をする

事前の情報収集を徹底する

40代の未経験で介護職に転職するのであれば、事前に情報収集を徹底しておきましょう。

介護職の求人は非常に多いので、その中からどの求人が自分に合っているのか見極めることが大切です。

主に見ておくべき情報は以下の通りです。

  • 働き方
  • 活躍している年代

介護職でも事業所によって働き方は大きく異なります。

勤務時間や夜勤の有無など、40代であれば自分の生活との両立も重要なので、働き方は確認しましょう。

また、40代が活躍している職場なのか、若手中心ではないかもチェックが必要です。

若手中心であれば、40代だと転職できないことや馴染みにくいことがあります。

年代や職員数、働き方に関する情報を集めて、いくつか候補を出しましょう。

1つに絞るのではなく、複数の事業所を見つけることがおすすめです。

志望理由を明確にする

介護業界では特に志望理由が重視される傾向にあります。

なぜ介護業界で働きたいのか、理由を明確にしておきましょう。

また40代であれば、自分の強みをどう活かせるのかも理解してアピールすることが必要です。

40代はあらゆる経験をしているので、介護職として活かせる能力も多様です。

まずは自己分析から初めて、介護職への考えや志望動機、アピールポイントを明確にしましょう。

深掘りされたときに答えられるように、できるだけ詳細に考えておくと安心ですよ。

施設見学をする

気になる事業所が見つかれば、事前に施設見学をすることがおすすめです。

実際の現場を知ることで、自分にあった雰囲気か、自分でも働けそうか把握できますね。

また、どのような職員がいるのか、どのように介護を行っているのかをよく見学し、少しでも違和感があれば考え直してみましょう。

介護職の求人は多くありますが、実際に見学しないと分からない情報はたくさんあります。

失敗しないためにも、できるだけ見学をして自分が働くイメージをつかんでおきましょう。

転職が決まった際に自宅からの通いやすさも、事前に足を運ぶことで把握できるので役立ちますよ。

40代が介護職に転職する際のよくある質問

このトピックでは、40代が介護職に転職する際によくある質問について、以下を紹介します。

  • よくある質問40代で介護職に転職する際に持っておいた方が良い資格ってある?
  • 40代で介護職に転職したらどれくらいで仕事に慣れる?

40代で介護職に転職する際に持っておいた方が良い資格ってある?

40代で介護職に転職するのであれば、以下の資格を持っていると有利になります。

  • 有利な資格介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修

40代で無資格でも介護職への転職は可能ですが、職場によっては上記の資格が必須になる場合もあります。

自分の希望通りの職場に勤めるためには、事前に資格を取ることで、選択肢の幅を広げられるでしょう。

特に介護職員初任者研修は、介護業界で働くらめの基礎ともなる資格なので、取っておくことがおすすめです。

基本的にはスクールや通信講座で取得しますが、場合によっては1ヶ月程度で取得できるので短期取得も目指せますね。

40代で介護職に転職したらどれくらいで仕事に慣れる?

40代でも大体3ヶ月程度で仕事に慣れると言われています。

介護の仕事内容は、食事や入浴、排泄や移動などの介助が主になります。

上記の業務内容には基本的に3ヶ月程度の指導機関があり、指導期間が終わるまでには慣れるでしょう。

仕事を覚えることが不安な方や慣れるまでに時間をかけたくない方は、有料老人ホームがおすすめです。

有料老人ホームであれば先輩や同僚が多いので、業務内容について教えてもらえる環境が整っています。

そのため最初に基礎を徹底して身につけられるので、なかなか仕事に慣れないという心配もありませんよ。

40代でも介護職への転職はできる!

介護職は人手不足で需要も高いため、未経験の40代でも比較的転職しやすい職業です。

また同世代で活躍している方も多く、基礎から始めてキャリアアップも期待できます。

介護職ではこれまでの経験も活かしやすく40代から始めるメリットは大きいので、興味のある方は積極的に動きましょう。

転職する際は事前の情報収集を徹底して、自分に合った職場を見極めることが大切ですよ。

介護士向けの転職サイト・転職エージェント!後悔しない転職をしよう