介護業界への転職は30代でも可能?転職を成功させる方法や有利な資格を紹介

介護業界への転職は30代でも可能?転職を成功させる方法や有利な資格を紹介-アイキャッチ 介護士転職コラム

「介護職への転職は30代でもできる?」
「30代で介護職への転職がおすすめの理由ってある?」

30代から介護職に転職したいと考える方は、遅くないかと不安をもつこともありますよね。

介護業界は人手不足であり需要も高い職業なので、30代や未経験でも転職は十分出来ます。

30代で介護職に転職して活躍している方も多く、キャリアアップも目指せるでしょう。

そこで今回は、30代に介護職への転職がおすすめの理由やメリットとデメリットについて詳しく解説します。

介護職が向いている人、向いていない人から30代で持っておくと良い資格も紹介するのでチェックしてみましょう。

記事の後半では、30代が介護職に転職する際のポイントやよくある質問もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

30代未経験でも介護職に転職できる!

ポイントをいう女性

30代や未経験で介護職に転職はできるのか、不安な方も多いですよね。

介護職であれば、30代未経験でも転職できるので安心してください。

30代未経験でも介護職に転職可能な主な理由は、介護業界の人手不足です。

そのため介護職への需要は非常に高く人材を欲している職場が多いので、他の業界に比べて転職しやすいでしょう。

特に訪問介護の人手不足が目立っているので、検討してみることがおすすめです。

しかし介護業界が人手不足の理由として、離職率が高いのではないかと不安になる方もいますよね。

実際介護業界は離職率が高い業界でしたが、最近は改善されているので今後もより働きやすい環境が期待できます。

人手不足の一因は、高齢化が進む現代において、介護を必要とする方の増加に伴うサービス量の増加です

介護職員数も増えていますが、今後も介護者は増えると予想されるので、介護職は長く必要とされるでしょう。

介護職の業務内容って?

介護職は需要が高く、30代や未経験でも転職しやすいと紹介しましたが、事前に細かい業務内容を知っておくことは大切です。

介護職の業務内容は主に以下の通りです。

  • 介護職の業務内容身体介護
  • 生活補助
  • レクリエーションの考案

介護職の業務は上記の中でも主に身体介護が中心となります。

身体介護とは主に移動や入浴、排せつの介助であり、介護者一人一人の状況に合わせた介助が必要です。

特に排せつ介助は介護者によってタイミングは異なるので、常に介護者を気にかけるようにしましょう。

生活補助とは掃除や買い物など普段の生活におけるサポートを行います。

代表的な業務内容は身体介護と生活補助ですが、レクリエーションの考案から実施も重要な仕事の1つです。

介護者の身体に配慮した上で満足できる内容を作るため、意外と時間がかかる事も多いでしょう。

30代に介護職への転職がおすすめの理由ってなに?

30代で介護職に転職することがおすすめの理由として、30代の介護士は重宝されることがあげられます。

30代の介護士は介護職全般において少ないため、需要が高いです。

介護労働安定センターの令和元年度介護労働実態調査によると、介護職の性別と年齢の割合は以下の通りになります。

性別20歳未満30歳未満40歳未満50歳未満60歳未満60歳以上
男性0.3%13.3%29.2%27.3%14.1%11.9%
女性0.3%6.0%13.7%24.1%25.9%25.5%

上記からわかる通り、40代以上の割合が全体の6割以上と過半数となっています。

特に女性は約8割が40代以上の方であり、30代が非常に少ないですね。

そのため、30代は介護職の中では若手に分類され多くの職場から歓迎されるでしょう。

30代は長期的に介護職として働ける人材なので、未経験でも活躍できる場が十分整っていますよ。

引用元 : 公益財団法人 介護労働安定センター

30代であれば働きながら資格取得も遅くない!

30代で介護職に転職する際、資格や経験がない方も多いですよね。

30代であれば介護職として働く時間が長いため、働きながら資格取得を目指しても遅くありません。

介護士の中には、働いて実務経験を積みながら資格取得を目指す方も多いです。

施設や事業所によっては資格取得のための支援を行っている場合もあるので、資格取得しやすい環境が整っていることも魅力ですね。

また、30代から始めるのであれば資格を活かせる期間が十分にあります。

そのため30代のうちに資格を取って経験を積んだ後、40代50代では管理職として運営に携わるなどキャリアプランが立てやすいですよ。

30代から介護へ転職するメリットとデメリット

転職のポイントを指す女性

これまで30代の介護職への転職がおすすめの理由を紹介しましたが、事前にメリットやデメリットも知っておくことが重要です。

介護職の強みや弱みを知ることで、本当に自分に合っている仕事なのか把握できますよ。

今回紹介する30代で介護職に転職するメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
  • 長期的なキャリアを見込める
  • 待遇など今後の改善が期待できる
  • 心身ともにきつい重労働
  • 給料が安い

ではそれぞれのメリットとデメリットについて、詳しく解説します。

30代から介護へ転職するメリット

30代から介護職へ転職する主なメリットは以下の通りです。

  • メリット長期的なキャリアが見込める
  • 待遇など今後の改善が期待できる

①長期的なキャリアが見込める

先ほども紹介した通り30代の介護職は少なく一般的に若手として扱われるため、長期的なキャリア形成が可能です。

介護業界は今後もニーズが高まり続けると考えられるので、将来的にも職に困ることはないでしょう。

また景気に左右されずに一定の需要があるので、安定して介護職として働けますね。

介護職の定年は基本的に60歳から65歳なので、30代から始めた場合30年程度は続けられるでしょう。

30年あればキャリアプランをたてやすく、理想通りのキャリアアップも可能です。

例えば、介護福祉士の資格取得を目指し、最終的にはケアマネージャーの資格を目指すなど選択肢も広がりますね。

ケアマネージャーや管理職を目指す場合、自分が50代の頃には身体的な仕事よりも知的な仕事を任されることが増えます。

30代から介護職に転職すれば、自分の体力を考慮したキャリア形成ができ長期的に活躍できますよ。

②待遇など今後の改善が期待できる

介護職において、待遇が悪いというイメージが強い方もいるのではないでしょうか。

しかし、介護職の給与は年々上がっていて今も処遇改善に取り組まれています

そのため、今後より働きやすい環境や給与が期待できるでしょう。

特に30代から介護職に転職するのであれば長期的に働く可能性が高いので、処遇改善は大きなメリットですね。

ちなみに2022年も処遇改善の取り取り組みは進んでいます。

30代から介護職に転職するのであれば、今後どのように処遇が変わりそうなのか調べておくと良いでしょう。

介護職に関して待遇の不安を持っている方でも、今後期待できる職業ですよ。

30代から介護職へ転職するデメリット

30代から介護職へ転職する主なデメリットは以下の通りです。

  • デメリット心身ともにきつい重労働
  • 給料が安い

①心身ともにきつい重労働

介護職は、想像よりも肉体労働のため心身共に厳しく感じる方も多いです。

身体面の負担としては、介護者の身体を支えて移動の介助など体力や力が必要なことがあります。

介護者は自分で満足するように動けない方が多く、不自由な方のサポートは意外と力が必要です。

特に入浴や排せつの介助は気をつけなければならない点も多く、より重労働になります。

また、排せつ介助に関しては精神面への負担を感じる方も多いです。

上記のように介護職では、心身共に厳しさを感じる仕事なので、場合によっては大きなデメリットになります。

自分の体力や精神面で不安のある方は、無理をしないように気をつけましょう。

介護職で働く場合最初は慣れないことが多いと思いますが、徐々に夜勤や土日を増やすなど工夫が必要です。

介護職は基本的にシフト制なので、初めは自分に合った時間帯で働くようにしましょう。

慣れてから土日や夜勤を積極的に入れることがおすすめですよ。

②給料が安い

基本的に未経験で転職する場合は、どの業界でも給与が下がることは多いですが、中でも介護職は給与が安いと言われています。

そのため30代で介護職に転職する場合、年収が下がる可能性が高いので把握しておきましょう。

とにかくお金を稼ぎたいという方にとってはデメリットなので、事前に給与形態を確認することが必要です。

介護職の平均年収は350万円程度と言われているので、自分が許容できる年収範囲と照らし合わせてみましょう。

どうしても給料が安いと感じるのであれば、仕事に対するモチベーションも続かないので慎重に考える必要がありますよ。

しかし介護業界は処遇の改善がされていて年々給与は上がっているので、今後も上がることが期待できます。

介護職には興味あるけど稼ぎたいという方は、条件の良い施設を選ぶようにしましょう。

介護職に向いている人と向いていない人の特徴を紹介!

介護士の女性 ワンポイント

これまで30代で介護職に転職するメリットやデメリットを解説しました。

中には自分に合っているのかまだ分からないという方もいますよね。

そこでこのトピックでは介護職に向いている人、向いていない人の特徴について以下を紹介します。

ぜひチェックして自分と比較してみましょう。

向いている人向いていない人
  • 人の役に立ちたい人
  • 観察力や協調性がある人
  • 切り替えが上手な人
  • 人と関わるのが好きな人
  • 気配りが出来ない人
  • 責任感がない人
  • 忍耐力や体力がない人
  • 潔癖症の人

では介護職に向いている人と向いていない人について、詳しく解説します。

介護職に向いている人

介護職に向いている人は主に以下の通りです。

  • 向いている人人の役に立ちたい人
  • 観察力や協調性がある人
  • 切り替えが上手な人
  • 人と関わるのが好きな人
  • メンタルが強い人

介護職は精神面でも身体面でも負担が大きい仕事です。

そのため仕事で辛いことがあってもプライベートとすぐ切り替えられる人や、メンタルが強い人に向いています。

特に困難が多い介護職ではストレスも溜まりがちなので、ストレスを上手く発散できる人は働きやすいでしょう。

また、介護職は介護を必要とする高齢者とコミュニケーションを取りながらサポートする仕事です。

一人一人の介護者の状況に合わせて柔軟な対応が必要なので、観察力や協調性がある方や役に立ちたい方はぴったりですよ。

相手に気を遣ったコミュニケーションが取れると介護者とも仲良くなれるので、要望も聞き出しやすくなります。

自分にとって働きやすい環境にするにも、コミュニケーション能力がある方は有利でしょう。

介護職に向いていない人

介護職に向いていない人は主に以下の通りです。

  • 向いていない人気配りが出来ない人
  • 責任感がない人
  • せっかちで怒りやすい人
  • 忍耐力や体力がない人
  • 潔癖症の人

介護者は一人一人で介護が必要な動きやタイミングが異なり、介護者のペースに合わせたサポートが必要です。

そのため気配りができない人や責任感がない人は、介護者の些細な要望も見逃す可能性が高いです。

また、介護者の中には動きが非常に遅い方や言葉数が多い方もいるので、短気な人もあまり向いていません。

体力が必要になる介護職には入浴や排せつ介助もあるので、体力がない人や潔癖症の人にとっては負担が大きいでしょう。

上記に当てはまる方は一般的に介護職に向いていないと言われていますが、介護職をしたい気持ちが強い方は諦める必要はありません。

介護職への転職を考えているのであれば、向き不向きよりも気持ちが重要ですよ。

30代で介護職に転職する方におすすめの資格

30代から介護職に転職を考えている方には、事前に資格取得を考えている方もいますよね。

介護職には30代や未経験の方でも転職できますが、資格を持っている方が選択肢も広がるのでおすすめです。

30代で介護職に転職する際に、持っておくと良い資格には主に以下の2つがあります。

  • おすすめの資格介護福祉士実務者研修
  • 介護職員初任者研修

ではそれぞれの資格について詳しく解説します。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は始めて介護の勉強を始める方におすすめの、介護の基礎から応用まで学べる資格です。

そのため未経験の方は介護職員初任者研修から始めましょう。

介護職の求人には、介護職員初任者研修の資格が必要とされていることも多いため、資格を持っていると選択肢が広がりますね。

介護職員初任者研修は、130時間の研修の受講が必要で、1ヶ月から3ヶ月程度で受講が完了します。

受講が終わった後、修了試験に合格すると資格取得でき、内容を理解していれば基本的に合格可能です。

また、介護職員初任者研修で通う必要のあるスクールは全国に数多く存在し土日コースや夜間コースもあるため、働きながら資格を取れますよ。

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務研修は、介護福祉国家試験受験に必要となる資格であり、介護職員初任者研修より研修時間も増えます。

介護課程や認知症などについても学ぶことで、より質の高い介護サービスの提供を目標とする資格です。

受験科目は20科目で研修時間は450時間なので、資格取得には半年以上かかることが想定されます。

また、介護福祉士実務者研修の資格があればサービス提供責任者としても働けるため、職場の選択肢が一気に広がりますね。

資格がある方には給与が高く設定されている場合も多いので、メリットは多いですよ。

また、介護福祉士実務者研修の資格を取得し、3年の実務経験を積むことで介護福祉士の受験資格が得られます。

将来的に介護福祉士を目指している方は、できるだけ早く介護福祉士実務者研修の資格を取ることがおすすめですよ。

30代で介護職に転職する際の見るべきポイント

30代でも介護業界への転職はしやすく、介護職には将来性もあると紹介しました。

しかし、介護職であればどこの職場でも良いわけではありません。

実際に転職して後悔しないためにも、30代で介護職に転職する際に見るべきポイントについて、以下を紹介します。

一度チェックしておきましょう。

  • ポイント離職率
  • 資格取得支援制度の有無
  • 勤務形態や職場は自分に合っているか

①離職率

まず見るべきポイントは離職率です。

介護業界の離職率は改善傾向にあるとはいえ、未だ離職率が高い職場があるのも事実です。

せっかく30代で介護職に転職できても、すぐに辞めてしまうのであれば意味がないですよね。

離職率が低いか、毎年の離職率の推移などに目を通しておきましょう。

離職率が高い職場であれば、何かしらの原因があるので割けることがおすすめです。

また、離職率が高いけど気になる職場であれば、事前に施設見学をしてみましょう。

施設見学をすることで、職場の雰囲気やどのような職員がいるのか把握できますね。

少しでも違和感があれば他の職場を検討することが良いでしょう。

②資格取得支援制度の有無

職場によっては、介護職に関する資格取得支援制度が整っている場合があります。

将来的に資格取得を目指している方は、どのような制度があるのか確認しておきましょう。

資格取得支援制度があれば、無資格や未経験で入っても、入社後に資格に必要な知識を身につけられるので安心です。

働きながら資格も取れるのは、時間を有効活用できるので嬉しいですね。

また、資格の受講料を全額負担してもらえる場合もあります。

介護職に関する資格取得には意外とお金もかかるので、費用負担がないのは大きい魅力です。

実際に資格を取得できれば知識やスキルが向上するので、より効率的な業務が行えます。

キャリアアップにも直結するので、介護業界で長く働きたい方は資格取得支援制度がある職場を選びましょう。

③勤務形態や職場は自分に合っているか

介護業界の職場には、あらゆる施設や勤務形態があります。

そのため、自分の生活スタイルに合った職場を選ぶことが重要ですよ。

介護職は、夜勤があることや土日に関係なくシフト制で働くことが多いです。

しかしこれまで一般的な働き方をしていた方であれば、生活リズムが崩れてストレスになりかねません。

自分が夜勤に入れるか、完全シフト制でも問題ないか、考えておきましょう。

例えば、デイサービスであれば基本的に夜勤がなく日勤のみになります。

また、日曜日が休みの施設が多く規則的なシフトなので、一般的な働き方が可能です。

今までと働き方を変えたくない方は、デイサービスや時間の融通が利きやすい訪問介護がおすすめですよ。

30代の介護業界への転職に悩んだら介護転職エージェントに相談しよう!

30代でも介護職への転職はしやすいですが、注意するべきポイントもあると紹介しました。

しかし注意しながら介護職の求人を見ると、自分の希望に合った職場がなかなか見つからない、ということもありますよね。

特に30代であれば、今後長く勤める可能性がある職場なので妥協もできません。

そんな時は、介護転職エージェントに相談することがおすすめです。

介護転職エージェントを利用することで、自分の希望に合った求人を紹介してもらえます

また、条件が悪い求人でも介護転職エージェントに交渉も任せられるので安心ですね。

30代は介護業界で現役として長く活躍できるので、納得のいく職場探しが非常に重要です。

少しでも悩んでいる方は、ぜひ介護転職エージェントに相談してみましょう。

介護士向けの転職サイト・転職エージェント!後悔しない転職をしよう

30代で介護業界に転職する際のよくある質問

ここでは、30代で介護業界に転職する際のよくある質問について以下の2つを紹介します。

  • 30代の介護職で効率良く稼ぐ方法ってある?
  • 30代の介護職におすすめの職場ってどこ?

30代の介護職で効率良く稼ぐ方法ってある?

30代が介護職で給与を上げる方法には以下があります。

  • 介護福祉の資格を取得する
  • 夜勤の回数を増やす

特に夜勤の回数を増やすことは、いつでも誰でもできることなので、検討してみましょう。

夜勤は慣れないうちは身体的にきついことが多いですが、慣れてしまえば意外と負担にならないという方もいます。

無理のない程度に夜勤を入れて、徐々に増やしていくことも給与を上げる1つの手ですよ。

また、介護福祉士の資格の有無でも給与は異なるので、働きながら資格取得に向けて取り組むことがおすすめです。

資格を取り経験年数を積むことで管理職も目指せるので、長期的に見て給与を上げられますよ。

30代の介護職におすすめの職場ってどこ?

30代の介護職におすすめの職場は以下の通りです。

  • 大規模施設
  • デイサービス

大規模施設とはいわゆる老人ホームのことで、介護職員が多く勤務しているため、研修を丁寧に受けられることが多いです。

未経験の方でも細かい教育が受けられるので、成長しやすく働きやすいでしょう。

反対に介護職員が少ない職場だと、満足に教えてもらえない可能性が高いので気をつけましょう。

また、デイサービスは介護を必要とする方が通うタイプの施設なので、比較的元気な高齢者が多いです。

そのため未経験の30代の方でも介護がしやすく、働きやすいですよ。

30代で介護職に転職する場合は、仕事内容に慣れるための環境が整っている職場を選びましょう。

30代でも介護職に転職できる!

介護業界は人手不足なので、30代や未経験の方でも比較的転職がしやすいといわれています。

特に30代の介護職は少ないことから、非常に需要が高いでしょう。

長期的に働けるのでキャリアプランも立てやすく、介護者は今後も増加すると考えられるので、将来的に職に困ることもありません。

しかし、介護業界であればどの職場でも良いわけではないので気をつけましょう。

事前の情報収集や施設見学が重要です。

また、自分の理想通りの職場に就くには資格が必要なこともあります。

転職に向けて事前に準備を行い、自分に合った職場を見極めることが大切ですよ。

40代でも介護職への転職はできる!転職前に知っておくべきポイントを解説