鹿児島県の看護師におすすめしたい求人&転職サイト

地域別看護師の転職

九州でもっとも南に位置する鹿児島県、日本初の世界自然遺産である屋久島など、あたたかな気候と豊かな自然の特徴をもつ都道府県です。

実は、人口に対し病院数が多いことから、看護師に転職するのにうってつけなのも鹿児島県なのです。

大規模病院からクリニックまで、自分の生活スタイルに合わせて転職先を選ぶことができます。

看護師への転職で地域を悩んでいる人は、選択肢が多くなる鹿児島県を視野に入れてみるのも良い選択だと思います。

そこで今回の記事では、鹿児島県の看護師に転職する際の情報とアドバイスを解説していきます。

具体的には、

  • 鹿児島県の主な看護師求人情報
  • 鹿児島県の看護師平均年収
  • 鹿児島県の看護師転職を失敗しないために必要なこと
  • 鹿児島県に強い看護師転職サイトを活用する

これらの情報を解説していきます。

5分ほどで簡単に読める記事になっていますので、鹿児島県の看護師へ転職する際の参考にしてください。

鹿児島県でおすすめの看護師求人

まずは、鹿児島県でおすすめの看護師求人をいくつか紹介していきます。

鹿児島県で看護師に転職をする際の、基準にしてください。

大学病院の求人

大学病院の求人を見ていきましょう。

鹿児島大学病院

給与新たに採用する職員の初任給は、その者の学歴、免許・資格、職務経歴等及び他の職員との均衡を考慮し、別に定めるところにより決定する。</p><p>
各種手当扶養手当、管理職手当、初任給調整手当、地域手当、住居手当、通勤手当、単身赴任手当、特殊勤務手当など

※実情、勤務実態により支給されます。</p><p>

昇給1
賞与2回(期末手当)
勤務体系4週8休制

2交代制

※別に定められた変則勤務時間による

休暇等年次有給休暇

※採用年度は、採用の月に応じて当年度の付与日数が決定

特別休暇(有給)

病気休暇(有給)

福利厚生国家公務員共済組合法の適用

大学構内に保育園が併設

中途採用の募集も、新卒同様4月1日に集中します。

国家公務員待遇になることから、福利厚生や休暇等の充実は間違いありません。

育成プランや教育プログラムも充実していて、キャリアアップやスキルアップしたい看護師にとっても最適な病院といえるでしょう。
参照:国立大学法人鹿児島大学職員給与規則

鹿児島市の求人

鹿児島市の病院の求人情報を見ていきましょう。

今給黎総合病院

 

給与

正看護師 195,700円(主要手当15,000円含)看護大卒

正看護師 191,300円(主要手当14,100円含)看護学校3年卒

正看護師 184,000円(主要手当13,500円含)看護学校2年卒

各種手当  ※主要手当内訳(業務手当、基準シフト手当、責任者手当)

通勤手当、住宅手当、準夜手当、深夜手当

昇給    1回(7月) ※人事考課による
賞与    2回(7月と12月)
 

勤務体制

【病棟 2交替】

日勤 8:30 ~ 17:00

夜勤 16::0 ~ 9:00

【外来 2交代】

日勤 8:30 ~ 17:00

夜勤 16:30 ~ 9:00

【手術室 2交代】

日勤 8:30 ~ 17:00

夜勤 15:30 ~ 8:00

遅出 10:30 ~ 19:00

※夜勤人数:3 ~ 5名

 

休日

4週9休制

夏期休暇3日

冬季休暇3日(年間休日123日)

福利厚生加入保険制度:厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険、退職金

寮・住居など:有(有料)

第1昭和寮鉄筋5階建、第2昭和寮鉄筋4階建、第4昭和寮鉄筋2階建(各棟1K、バス・トイレ付)

保育園:有(有料)

【対象年齢】

0 ~ 1歳 30,000 円

2 ~ 3歳 28,000 円

4歳以上  25,000 円

※学童も有り

参照:今給黎総合病院看護部専用サイト
鹿児島市内では、大学病院・市立病院の次にベッド数の多い総合病院です。

ワークライフバランスに対しての意識も高く、職員が働きやすい職場環境を整えているのも特徴。

2人の看護師がパートナーを組み看護を提供するPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)という方法を取り入れ、経験が少ない看護師でも先輩に指導を受けつつ、安心して業務ができるようにしています・
働いている者同士のコミュニケーションを円滑するため、レクリエーションなどにも力を入れているようです。

鹿児島徳洲会病院

 給与大学卒 基本給:209,000 /諸手当:56,488 /総額平均:265,488

3年課程 基本給:204,200 /諸手当:56,216 /総額平均:260,416

2年課程 基本給:201,000 /諸手当:56,080 /総額平均:257,080

各種手当  諸手当=調整手当と夜勤手当(準・深各4回)含む

時間外手当 夜勤手当 : 1回につき 1年目9,500円、2年目10,000円、3年目以降11,000

住宅手当:賃貸・上限24,000円、持家・上限14,500

家族手当:子・5,000円(※第2子まで)配偶者・16,000円その他2,000

通勤手当:実費支給

昇給    毎年1
賞与    2回(7月、12月)
  勤務体制  2交代制
休日月8日以上(年間休日110日)・その他、当院規定による

就職半年後10日、慶弔休暇

福利厚生加入保険等:健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険、グループ共済

職員寮:寮費18,000/

制服貸与:ユニフォーム貸与

保育所:24時間体制

互助会:職員旅行・他各種イベント(新入職歓迎会・花見・忘年会等)

参照:鹿児島徳洲会病院採用情報
全国展開をする徳洲会グループの病院ですので、手当や福利厚生の充実が良い印象です。

先輩が細やかに新人を気にかけてくれるため、安心して働ける環境があります。

夜勤でも、プリセプターが一緒にシフトに入るよう調整してくれるため、安心感のある環境で、着実に力をつけていける病院といえるでしょう。

鹿児島市以外の求人

鹿児島市以外の病院の求人を見ていきましょう。

鹿児島愛心会 大隅鹿屋病院

給与201,000円~299,,800

(経験による加算あり)

各種手当  夜勤手当・その他手当有
昇給    1
賞与    2
勤務時間

勤務体系  

2交代制

08:30~17:00

16:30~09:00

休日 8日以上(年間休日 110日)
加入保険等健康保険・厚生年金保険・労働保険(雇用・労災)・徳洲会グループ共済
休業制度等 年次有給休暇・特別有給休暇(慶弔等)
 

福利厚生

 

退職金制度:3年以上継続して勤務した方に支給します。</p><p>

24時間保育所あり

宿舎:1K(病院より2分)

その他:ユニフォームは支給

参照:大隅鹿屋病院看護部

プリセプター制度の導入がされていることから、丁寧に仕事を教えてもらえる病院です。

24時間保育所が設置されていて、24時間年中無休で子供を預けることが可能なため、子育て中の看護師でも安心して業務に専念することができます。

看護師が働きやすい職場を作ることが、患者にも快適な環境を提供することにつながるという考え方があるため、ワークライフバランスが取れた働き方が実現できるでしょう。

鹿児島県の看護師平均年収

それでは、鹿児島県の看護師の平均年収を、全国及び九州・沖縄のものなどと比べながら見てみましょう。

地域平均年収
鹿児島県404.4万円
全国479.9万円   
福岡県472.3万円
熊本県432.7万円
佐賀県431.1万円
長崎県426.9万円
沖縄県421.6万円
大分県419.2万円
宮崎県403.4万円

上記の年収は、厚生労働省が発表した2019年賃金構造基本統計調査から引用しています。

鹿児島県の看護師平均年収は、全国46位と下から二番目の低さ。

最下位の宮崎県と1万円しか変わらないことが分かります。

鹿児島県で看護師に転職する際は、年収が下がる覚悟も必要ということですね。

年収が低い理由としては、鹿児島県におけるすべての職種における平均年収が低いことがあげられます。

鹿児島県の産業は主に農業。

そのため求人数も少なく、全体的な求人倍率を押し下げています。

その結果が年収に反映され、看護師の年収も他業種と歩幅を合わせるように低くなっているようです。
参照:平成30年賃金構造基本統計調査

だからこそ鹿児島県での看護師転職はお得

鹿児島県の看護師へ転職したら年収が低くなる、そう思われるかもしれませんが、デメリットと考えるのは早いかもしれません。

鹿児島県で生活するメリットは、大都市に比べ生活費の安い点です。

大都市でワンルームに支払う賃料で、鹿児島県であれば「2LDKの駐車場付き」を借りることができます。

全国46位の平均年収と言えど、支出が少ないことから十分満足できる生活が送れるという訳です。

さらに鹿児島県のすべての業種における平均年収は、393.4万円となっており、看護師の平均年収の方が10万円以上も高いことが分かります。

また先ほど、鹿児島県は全体的な求人倍率を下げていると説明しましたが、慢性的な人手不足の看護師は例外なので安心してください。

生活費が安くなり、ほかの仕事よりも年収が良くなる看鹿児島県の看護師転職は、とてもお得で懸命な選択と言えますね。

鹿児島県内で働く看護師の勤続年数は長め

熊本県内で働く看護師の勤続について、2つのデータを基に見ていきましょう。

鹿児島県の看護師の離職率

2017年の病院看護実態調査によると、正規雇用看護職員の離職率は全国平均で「10.9%」となっていますが、鹿児島県の離職率は「11.1%」と少し高くなっているようです。

しかし、新卒看護職員の離職率は全国が「7.6%」なのに対し、鹿児島県は「5.8%」と、こちらは良い数値になっていますね。

詳細の根拠はわかりませんが、女性の多い看護業界ですので、新卒の勤続が長く全体の正規職員の離職率が高いとなると、結婚後の進退が関わっているような気もします。

鹿児島県の看護師の勤続年数

もう一つ、勤続年数に関するデータを見てみましょう。

「厚生労働省 2017年賃金構造基本統計調査 」によって明らかになった平均的な勤続年数は、熊本県では「8.4年」となっています。

全国平均の「7.9年」と比較すると、鹿児島県の看護師は平均よりも長く勤務している人が多いことがわかります。

離職率と併せて確認しても、比較的長く勤務している看護師が多い鹿児島県の病院は、働きやすい職場が多いということがいえるでしょう。
参考:公益社団法人日本看護協会「2017 年 病院看護実態調査」

参考:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

鹿児島県で看護師への転職を焦るのはNG!

「条件が良さそうだから鹿児島の看護師へ転職をしよう」と考えるのはいいことですが、焦った転職だけはしないようにしてください。

大切なのは、求人内容をしっかりと確認しているかどうかです。

面接官も良い人だったので大丈夫だろうとすぐに行動を起こすのは危険、確認を怠れば次のような目にあうかもしれません。

よく確認をせずに転職をした Iさんの失敗談

看護師のIさんは、クリニックに勤めていました。

仕事を始めてから7年、夜勤手当がつく総合病院に前から興味があり、年収を上げたいという思いから転職を考え始めたのです。

とくに今のクリックに不満があったわけではありません。

ただ、夜勤をしてもいいから年収を上げたいという気持ちと、ステップアップしたいという気持ちがありました。

年収アップの求人をみつけ転職したものの…

そこで何気なしに求人サイトを確認していると、3年以上の看護師経験がある人ならば給料が上乗せされると言った内容を見つけます。

夜勤もあるし、ここの面接を試しに受けてみようと決断したのです。

久しぶりの面接でしたが面接官も優しく、これならやっていけると確信。

合格後にすぐクリニックを辞め、総合病院へと転職をしました。

しかし、ふたを開けてみるとあまりの違いに驚くことに。

結局また転職する羽目になり寮も出ることに

求人内容に記載してあった3年以上の経験は、配属された科の経験を示しており、クリニックの経験では上乗せされないと総務に言われたのです。

さらに、あれだけアットホームな面接官だったのに、病院内の人間関係は最悪なものでした。

クリニックの経験が長いため、病棟の仕事をやるにも先輩看護師の説明が欲しい状況です。

しかし質問をしても、答えてくれないような病院が現実でした。

面接時には転職することを心待ちにしていたIさん、結局仕事に行けなくなり5カ月で退職をしたのです。

転職後、寮に入ってしまったIさんは、慌てて引っ越しをする羽目になりました。

鹿児島県の看護師転職を失敗しないために必要なこと

せっかく転職するなら、なんとしてでも成功させたいですよね。

ここでは、鹿児島県で看護師転職を失敗しないために必要なことを解説します。

鹿児島県における看護師の労働環境を確認しておく

まずは、鹿児島県における看護師の労働環境から確認をしておきましょう。

鹿児島県の看護師の求人を見ると、夜勤よりも日勤の割合が多いことに気づきます。

平均年収が低いことの理由のひとつでもありますが、鹿児島県は夜勤の募集が他県よりも少ないことを知っておきましょう。

反面、日勤の募集が多く、介護施設やクリニック、訪問看護などが求人のほとんどを占めています。

病院の求人は全体の5%にも満たない状況です。

そのため、夜勤を希望する人は、より多くの求人情報を得る方法を考える必要があります。

後程、おすすめの求人サイトも紹介しますので、なるべく多くのサイトに登録をして多くの求人情報を集めるようにしましょう。

逆に家事を中心に考えたい人や子育て中の人は、日勤が多い鹿児島県は希望の転職先が見つかりやすくなるでしょう。

転職理由を明確にしブレないように注意する

鹿児島県で看護師の転職を行うのならば、転職理由を明確にしブレないようにすることが重要です。

あなたはなぜ今回転職をしようと考えたのでしょうか?
その理由は、人によってさまざまだと思います。

  • 人間関係がつらい
  • 年収アップ
  • スキルアップしたい
  • ワークライフバランスを整えたい

など、転職を決めたのには何らかの理由があるはずです。

最初のうちは、転職理由が明確に頭にありますが、探す期間が長くなるとだんだんとブレ始め、最終的には今の病院と変わらない境遇に就いてしまうこともよくあること。

結果、転職したにもかかわらず、数カ月後にはまた求人サイトを見だし始めることにもなりかねません。

これではせっかく転職した意味が無いですよね。

転職理由を明確にすることは面接対策にもなる

また、大都市から鹿児島を選択する場合、「なぜ鹿児島を選んだのか」と質問をされるかもしれません。

転職理由を明確にしておけば、相手を納得させる回答をスムーズに答えることもできます。

「なぜ鹿児島を選択したか?」という問いに答えられない人は、何らかの思いを隠していると判断されてしまうかもしれません。

例えば、「逃げるため」「その場の一時しのぎ」など、マイナスな印象も与えかねませんので、転職面接が不採用になる可能性が高まってしまいます。

転職理由を明確にし、ブレずにいれば、いずれも防げる内容です。

そのため、転職理由は求人サイトを見るパソコンの前に張り出すなどをして、ブレないように心がけるようにしましょう。

病院の雰囲気=人間関係を知る

転職先の病院を選ぶにあたり、一番重要なのが「職場の雰囲気=人間関係」です。

看護師の離職率は、いまだに改善されていません。

その原因としてあげられるのが人間関係です。

転職を失敗したと感じる人の多くは、この人間関係で痛い目にあっています。

職場の雰囲気や人間関係を確認するためにおすすめの方法は、求人サイトから気になる病院を見つけたら、まずは病院見学を行うようにしましょう。

病院見学は、その病院の看護部に相談をしてみるか、または転職エージェントに相談をしてみましょう。

中には断る病院もあるようですが、そういった病院は「雰囲気がよくないのかも?」と判断することもできますね。

様々なルートから情報収集しよう

とはいえ、入職する前に病院の雰囲気をつかむのは容易ではありません。

転職エージェントに話を聞いたり、口コミサイトの確認や、その病院に詳しい知り合いがいれば話を聞いたりして、様々なルートから情報収集をするようにしましょう。

鹿児島の看護師への転職に失敗しないためにも、病院見学や情報収集はできるだけ実施をしてください。

鹿児島県の看護師求人情報を集められるだけ集めよう

鹿児島県で看護師への転職を成功させたいのなら、どれだけ求人情報を集められるかがカギになってきます。

より多くの正確な求人情報を集めるには、鹿児島県に強い看護師求人サイトを活用するのがおすすめ。

とにかく多くの求人内容を見て、その中から自分の転職理由に沿っているところや、希望を叶えられるところを厳選しましょう。

「求人サイトの内容なんてどれも一緒でしょ」と考えてしまう人は、成功する確率を下げてしまっているかもしれません。

意外に求人サイトによって、載っている求人が違っていたり、内容が違ったりするもの。

また、サイトごとに得手不得手の病院があるので、「A病院のことはこのサイトのほうが詳しいけど、B病院は違うサイトのほうが詳しい」ということもあるのです。

自分の求めている病院に出会うために、鹿児島県の看護師求人に強いすべてのサイトへ登録を行うのはマストといえるでしょう。

鹿児島県に強い看護師サイトをおすすめする理由

なぜ鹿児島に強い看護師転職サイトを活用するべきなのでしょうか?

実は、求人サイトによっては、非公開にしている情報が多々あります。

なぜなら転職エージェントが、転職希望者に直接会ってから紹介したいと思っている求人だから。

転職エージェントも、病院側との信頼関係があるので、問題のありそうな人材を紹介するわけにはいきません。

応募者を厳選することにより、転職エージェントと病院側の信頼関係を壊すことなく今後も良い付き合いができるわけです。

このように、鹿児島県の病院と太いパイプを持った転職エージェントを利用することで、夜求人に出会える可能性が高まりますし、病院の内情をしれたり、採用率も高くなったりと、多くのメリットがあるのです。

自分の希望をかなえるためにも、鹿児島県に強い看護師転職サイトをすべて活用するようにしましょう。

鹿児島県に強い看護師転職サイト3つ

ここからは、鹿児島県の看護師転職に強いサイトを、具体的に紹介していきます。

ナースJJ

ナースJJは、老舗であることから、その情報量が多い特徴を持っています。

長い年月に渡り紹介してきたことから、医療機関の直接募集やハローワークの求人にもアクセスできるのが強みです。

もちろん、看護師専門のコンサルタントによるサポートを希望もできます。

ITを駆使して作られたサイトは見やすく探しやすいと評判。

鹿児島県で看護師への転職をするのならば、ナースJJへの登録は欠かせませんね。

ナースJJの使い勝手は?みんなの口コミもチェック
ナース専門の看護師転職サイトが数多くある中、転職活動を考えている看護師の方が、実際にどんなサイトを利用すればいのか、人気の転職サイトは何処なのかを悩んでいるなら、看護師の方におすすめする転職サイトのひとつが、「ナースJJ」です。 この...

マイナビ看護師

マイナビ看護師は鹿児島県のみでなく、全国の看護師求人に強いサイト。

ここ数年での成長は素晴らしく、圧倒的な求人内容の質の高さが魅力です。

サイトを開くと、トップページには、人気女優の波瑠さんが見られ、この点もサイトの信頼度を高めてくれます。

コンサルティングにも強いと言う口コミも多く見られることから、久しぶりの転職に不安を抱えている人には、特におすすめのサイトです。

マイナビ看護師の使い勝手は?みんなの口コミもチェック
転職求人大手のマイナビが運営するマイナビ看護師を使うことで、全国の看護師転職が効率的になります。求人数、求人の質共に高く、多くの転職希望看護師を満足させるはずです。

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、鹿児島県だけでなく全国の看護師求人に強いサイトです。

年間10万人以上の看護師が利用していると言われているサイトで、ナース人材バンクだけの独占求人もあると言った口コミも見られます。

ナース人材バンクの強みは、200名以上いるコンサルタントの人数です。

コンサルタントが地域に根付いた情報を持っていることから、その病院の特徴や内部の情報までも聞くことができます。

看護師の転職で必要な情報を得られるかもしれないナース人材バンク。

鹿児島で看護師への転職を行うのならば、必ず登録を行うようにしましょう。

ナース人材バンクの利用者満足度は?みんなの口コミもチェック
ナース人材バンクは、扱っている求人の多さと、コンサルタントの対応が丁寧なことで有名な転職サイト。利用者の満足度も高く、過去の実績も豊富な、初めての転職にもピッタリの看護師転職サイトです。

まとめ

鹿児島県で看護師へ転職するために大切なことについて紹介してきました。

最後にポイントをまとめてみましょう。

  • 鹿児島県での看護師転職は労働環境の確認が必要
  • 転職理由を明確にし最後までブレないようにする
  • 病院の雰囲気を知るためにも病院見学を行う
  • 鹿児島県の求人に強い看護師転職サイトを活用しよう

鹿児島県は、看護師の平均年収が低いことから、採用されたあとの給与など待遇面をしっかりと確認することが大切です。

「大丈夫だろう」で転職を行うと、痛い目を見るかもしれません。

また、転職理由を最後までブレないようにし、これだと決めた病院へ見学を実施しましょう。

希望の転職先や、見学したい病院を見つけるには「求人は見尽くした」と言えるぐらいになればベスト。

より良い病院へ出会うためにも、多くの転職サイトを利用して、鹿児島県での看護師の転職を成功さてくださいね。

コメント