JT(日本たばこ産業)へ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

大企業への転職

JT(日本たばこ産業株式会社)は、たばこや食品、スポーツなど、多くの人々のライフスタイルに密着した製品・サービスを提供している会社です。

大企業として世の中でも認知されているのも特徴の一つです。「安定した経営基盤を持つ企業に転職して、充実の人生を過ごしたい」という人にも合うJTですが、実際に転職することは可能でしょうか。

また、どんな仕事があり、どのような待遇や福利厚生があるのでしょうか。

JTへの転職を考えるに当たって参考になる情報をお伝えします。

JTの企業概要

JTは、たばこ、医薬、加工食品、スポーツ・イベントという4つの事業を展開しています。

その一つひとつが社会でも大きな影響を持っています。

多くの人にとって、普段の生活でもJTの製品やサービスを利用しているときがたくさんあります。

具体的にどのような事業を展開しているのか、詳細を紹介します。

事業内容

お客様を中心として、株主、従業員、社会の4者に対する責任をバランスよく果たし、満足度を追求するJTグループの経営理念「4S」モデルに基づく事業を展開しています。

たばこ、医薬、加工食品、スポーツ・イベントの4事業で共通するのは、人々の生活に密着している事業であることです。

JT単体ではなく、JTグループを形成して専門のグループ企業を設立し、スピード感のあるビジネスを展開しています。

たばこ商品の開発・製造

  • メビウスファミリー
  • セブンスターファミリー
  • ウィンストンファミリー
  • ナチュラルアメリカンスピリットファミリー
  • ピアニッシモファミリー
  • ピースファミリー
  • ホープファミリー

JTは上記の7つのブランドを展開しています。

幅広い年代にユーザーがおり、安定した業績を残し続けています。

近年は、プルーム・テックという名前の加熱式たばこを販売しており、年々、ラインアップを増やしています。

「伝統あるタバコを楽しみたい」「臭いや煙の少ないたばこがほしい」など、時代のニーズに適応した商品づくりを行っています。

医療用医薬品の開発・製造

開発・製造しているデシコビ配合錠LTやデシコビ配合錠HT、ゲンボイヤ配合錠は、抗ウイルス化学療法で利用されている医薬品です。

その他にも、アレルゲン検査陽性対照薬として利用されるアレルゲンスクラッチエキス陽性対照液「トリイ」ヒスタミン二塩酸塩など、多種多様な医療用医薬品を開発・製造しています。JT本体と鳥居薬品株式会社を販売会社として、全国の医療機関に医療法医薬品を販売しています。

加工食品

冷凍食品、常温食品、調味料・スープ、ベーカリーという分野で食品を開発・製造しています。

うどん、そば、ごはん、お菓子、即席めんなど分野も多種多様です。

家庭用製品の調味料などをつくる富士食品工業株式会社、冷凍食品や常温食品をつくるテーブルマーク株式会社など、専門分野に特化したグループ企業を設立しています。

特定の分野で高い技術を蓄積する体制を確立して、社会からのニーズに応えています。

トップのメッセージ、企業理念

当社を取り巻く事業環境は、今後とも厳しさを増すとともに、かつてない規模とスピードで変化が進行するものと捉えております。

JTグループは、これまでグローバル化や事業構造改革等をはじめ、自らの主体的意思により自己変革を行ってきました。
これからも、事業環境の変化に対して、これまで以上にスピード感をもって臨み、乗り越えていくため、組織能力の一層の進化に取り組んでまいります。

そのために必要なことは、お客様視点を起点とした行動変革にあると考えています。

そのためにも、JTグループの経営理念である4Sモデルを更なる高みに発展させていくことが重要と認識しています。

4Sモデルとは、「お客様を中心として、株主、従業員、社会の4者に対する責任を高い次元でバランスよく果たし、4者の満足度を高めていく」ことを掲げたJTグループの経営理念です。

そして、私たちJTグループは、お客様に高い水準で満足していただくことを通じて、株主の皆様や社会といった他のステークホルダーの満足度も高めることができると考えており、JTグループの使命(ミッション)として「自然・社会・人間の多様性に価値を認め、お客様に信頼される「JTならではのブランド」を生み出し、育て、高め続けていくこと」を掲げています。

この4Sモデルを実現し、ミッションを果たすために、JTグループ社員の一人ひとりが徹底すべき行動方針(JTグループWAY)を掲げ、実践しています。

  • お客様を第一に考え、誠実に行動すること
  • あらゆる品質にこだわり、進化し続けること
  • JTグループの多様な力を結集すること

ステークホルダーの中心に「お客様」を置き、JTグループWAYに則って、お客様満足を高め続けることは、中長期にわたる企業価値の継続的な向上につながり、4者のステークホルダーにとって共通利益となるベストなアプローチであると確信しています。

その追求に向け、JTはグループをあげて、全力で取り組んでまいります。

代表取締役社長 寺畠正道

会社概要

会社名日本たばこ産業株式会社
所在地〒105-8422東京都港区虎ノ門2-2-1
資本金1,000億円
事業内容たばこ、医薬品、加工食品の開発・製造、スポーツ・イベントにまつわる事業全般
従業員数連結:57,963人/単体:7,336人(2017年12月31日現在)

JTの採用職種・仕事内容

事業内容、ビジネスフィールドが多岐にわたるJTでは、さまざまな仕事があります。

募集している職種、仕事内容を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

薬理研究者

創薬の研究推進、薬理分野においての国内外治験申請や医薬品申請における資料作成が主な仕事です。

応募における必要条件は3つあります。

1つ目は、修士課程を修了しているか同等以上の能力を持つことです。

2つ目は、製薬会社での薬理研究分野における創薬研究の実務経験を5年以上持つことです。

3つ目は、薬理学や生化学の専門知識と技術を持ち、指導力があることです。

その中でも英語に堪能である人はなお歓迎されます。

給与

  • 基本給:22万円~50万円
  • 想定年収:390万円~1000万円

研究開発職(医薬事業部)

仕事内容は主に3つあります。

まず、医薬品の製造・販売における安全管理と調査にまつわる資料の点検です。

次に、医薬品の製造・販売・申請・再審査申請における資料の点検です。最後は、医薬品の製造・販売後における安全管理や調査などの業務における品質マネジメントです。

どの仕事も勤務先は東京都中央区の医薬事業部本社になります。

募集の必須条件は、製造・販売後や臨床開発のQCにおける仕事を3年以上経験していること、英文資料の点検ができることです。

経験によって、下記の範囲内で収入を決定して勤務開始になります。

給与

  • 基本給:22万円~50万円
  • 想定年収:390万円~1000万円

品質保証業務担当

医薬品の品質保証にまつわるさまざまな仕事に取り組む職種です。

市場出荷判定、逸脱管理、変更管理、苦情対応をはじめとしたGQP関連業務、新薬の申請・一変申請や軽微変更届などにまつわる仕事などがあります。

医薬品の製造・販売などに伴う3年以上の品質保証実務、海外の提携先などと英語で会議ができるスキルなどが問われます。勤務地は医薬事業部本社です。

給与

  • 基本給:22万円~50万円
  • 想定年収:390万円~1000万円

臨床開発メディカルライティング担当

統括報告書や治験薬概要書の作成、治療実施計画書や同意説明文書など各種治験関連ドキュメントの作成や申請対応などさまざまな仕事があります。

募集の対象としている経験は、3年以上のメディカルライティング、TOEIC600点以上、文章の作成です。

中でも、理系の学士課程を修了したり同等以上の能力を有していたりする人、申請関連・適合性書面調査の経験がある人、日本語と英語にまつわる翻訳の経験がある人はさらに歓迎されます。

給与

  • 基本給:22万円~50万円
  • 想定年収:390万円~1000万円

事業開発ライセンス担当

国内マーケット用に導入する医薬品などの検索・評価にまつわる仕事です。

日本語や英語を使った高いコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などが問われます。

事業開発やビジネスディベロップメントにまつわる経験が5年以上あること、TOEIC730点以上または同等の英語力を有することが募集条件です。

給与

  • 基本給:22万円~50万円
  • 想定年収:390万円~1000万円

事業開発契約担当

国内外におけるライセンス契約や共同研究契約における起案や検討・交渉が主な仕事です。

契約の起案や審査にまつわる3年以上の仕事経験があること、TOEIC730点以上または同等の英語力を有することが募集条件です。

給与

  • 基本給:22万円~50万円
  • 想定年収:390万円~1000万円

JTの給与・年収

転職活動をする際に、給与や年収は気になるものです。

では、JTに就職するとどれくらいの収入を得られるのでしょうか。

全体の平均年収

日本たばこ産業株式会社全体の平均年収は872万円でした。

年代別の年収

年代年収
20~24歳298.0万円~328.0万円
25~29歳623.6万円~673.6万円
30~34歳672.4万円~772.4万円
35~39歳695.4万円~799.4万円
40~44歳777.2万円~898.2万円
45~49歳883.9万円~1005.9万円
50~54歳967.8万円~1077.8万円
55~59歳958.8万円~1068.8万円
60~65歳627.5万円~1068.8万円

JTの競合企業と平均年収比較

企業名平均年収
日本たばこ産業株式会社872万円
インペリアル・タバコ・ジャパン383万円
フィリップモリスジャパン800万円
ブリティッシュアメリカンタバコジャパン750万円
興和株式会社659万円

総合して見ると、競合他社よりも同等、もしくはそれ以上の平均年収です。

腰を据えて働きながら高い年収を得られます。

給与に関する口コミ・評判

管理職と社員の給与は差が大きいです。管理職は転勤が多いけど、仕事を知らなくても取り組める状態です。社員は給料以上のスキルを要する仕事を求められるケースがあります。(40代男性)

最近は一般社員でも広域の配属転勤になる人がたくさんいます。単身赴任をする人もいますが、単身赴任手当が満足できるものではありません。(40代男性)

住宅補助は非課税対象になります。ボーナスが多くて企業の経営基盤も安定しており、ローンを組むときはかなりの額の融資を見込めます。(30代男性)

ボーナスは一定額が出ます。仕事における成果に関係なくもらえるのが嬉しいです。働く上で安心につながっています。(40代男性)

JTの福利厚生制度

収入に加えて、待遇・福利厚生も転職活動では重要なポイントです。

大企業として認知されているJTでは、どのような制度があるのでしょうか。

借上社宅制度

会社の規則を満たす場合、住宅を借り上げるときに家賃などの支援を受けられます。

非課税になることも大きな特徴です。

単身赴任のときなどに適用されることが多いです。

カフェテリアプラン制度

数々ある会社内の制度から、自身のライフスタイルや考えに基づいてピックアップして、自分に合う待遇・福利厚生を確立できる制度です。

年齢に応じて変更することも可能です。長く働く上で欠かせない制度でもあります。

育児・介護休職制度

「出産したあとも復帰して働きたい」

「育児と仕事を両立したい」などの人を支援する制度です。

「出産に伴って退職を余儀なくされた」という事態を避けることができます。

住宅補助

住宅を購入するに当たって会社から補助を受けられる制度です。

家族を持っている従業員から好評で、活用する人がたくさんいます。

福利厚生に関する口コミ・評判

福利厚生の良さを感じます。住宅補助についても、会社の規定に基づいて支給してくれます。例えば、東京近郊であれば総額の7割まで会社が負担してくれます。(20代女性)

福利厚生は業界内でもトップレベルではないでしょうか。住宅補助やカフェテリアプランでは上限額があるものの、さまざまなサービスにおいて補助があります。(30代男性)

自己啓発や育児の待遇はすごく助かります。また、持株会は大きな魅力ですね。(30代男性)

旅行や自己啓発を目的とした通信教育は8割ほどの金額が補助されます。また、店舗での買い物でも半額補助されることもあります。(50代男性)

勤務時間・休日休暇

長く働く上では、しっかり休めることも大切です。JTの勤務時間・休日休暇の詳細はどうでしょうか。

年次有給休暇

入社してから1年間は10日が支給されます。2年目以降は年間20日になります。

1年間で消費しきれなかった場合は翌年に繰越すことも可能です。

最高で年間40日間の有給休暇を得られます。

長期休暇

年末年始、夏季で5日ずつの長期休暇があります。

年次カレンダーによっては有給を組み合わせて5日以上の連休を取得することも可能です。

創立記念日

毎年、6月最初の平日を創立記念日としています。

毎年のカレンダーによって曜日は変わりますが、金曜日や月曜日が該当して3連休になることがあります。

報奨休暇

勤続して一定の期間が経つと、会社から長期勤続表彰を受け、休暇が与えられます。

長く働く人を評価・尊重する社風から生まれた制度です。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

部署によって残業時間が異なりますが、定時出勤・定時退社できる部署もあります。勤務についてストレスを感じることは少ないですね。(40代男性)

有給休暇は年間20日間あります。半日単位で有給休暇を取得できるのも便利です。(40代男性)
連休や祝日を組み合わせて、できるだけ休暇を取得するよう、全社で取り組んでいます。組合もあり、さまざまな面で守られていることを感じます。(30代男性)

ノー残業デーがあったり、20:00までの帰宅を推奨したりするなど、社員には嬉しい制度・社風です。総合的に職場環境が充実していると感じます。(30代男性)

社内の教育・研修制度

英語研修
部署によって勤務時間中に週3〜4時間、英語学校に通うことが許されています。普段の業務をしながら英語学校に通う人も実際にいます。
自己啓発
JTでは部署ごとに独自の教育・研修があり、それを利用することで自己啓発を進められます。豊富なプログラムがあり、何を受けるかは自分次第で決められます。
階層別研修
若手社員や中堅社員、管理監督者向けをはじめとした階層別研修もあります。

教育・研修制度に関する口コミ・評判

部署に応じて自由な行動が許されています。自分の考えに基づいて制度を活用できるのは嬉しいポイントです。(40代男性)

充実した研修があります。若手、中堅、管理職などに向けた段階的な研修、ビジネススキルを伸ばす研修など内容もさまざまです。(50代男性)

工場見学の機会を与えてくれました。自社の商品がどう作られているのか把握できました。ここで学んだことは今も役に立っています。(40代女性)

研修制度はありますが、全ての研修を受けられるわけではありません。(40代男性)

職場の雰囲気や社風

職場の人間関係や社風も、自身にマッチしてこそ長く働けるものです。

JTの環境はどのようなものでしょうか。

コンプライアンス

就業規則をはじめとした規則がしっかりしており、徹底もされています。

法規の観点でも、総合的に働きやすい環境だといえます。「パワハラなどは皆無です」と話す従業員もいます。

分煙

「たばこを扱っている会社なので、フロア内でたばこを吸う人がいるのでは」と感じた方がいるかもしれませんが、ご安心ください。

分煙化が進んでおり、喫煙者、禁煙者ともに快適な環境です。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

社員間の対応やマナーも丁寧で、人間関係を気にすることなく働けます。(40代男性)

女性が長く働ける職場づくりを推進しています。家庭と仕事を両立しながら働き、望むキャリアを構築できるようさまざまな面で配慮されています。(20代女性)

残業時間が少ないので自分の時間を取れます。同僚で飲みに行くこともあります。(30代女性)

社内でボランティア活動があり、自由に参加できます。風通しがいい社風ですね。(50代男性)

JTへの転職で役立つ転職サイトorエージェント

JTへの転職活動は、転職サイトや転職エージェントを活用することを推奨します。

転職エージェントは企業の人事目線で応対してくれるので「この経験や考えがJTの選考で強みになりますよ」などのアドバイスをもらえます。

世の中にはさまざまな転職サービスがあり、その代表例を紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職希望者一人ひとりに専門のエージェントが付きます。エージェントの知識は豊富で、仕事内容などを詳しく説明してくれます。

平等な目線で企業を分析し、転職希望者とベストなマッチングを実現することを大切にしているので、正確な情報を得られるのも魅力です。

誰もが気軽に登録できるので、まずは相談するところから始めてみてください。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

エン転職

エン転職

企業の情報を正確に伝えること、転職希望者にとって魅力的な情報をシャープに表現することに特化した転職サイトです。

求人広告も「仕事のやりがい」「仕事の厳しさ」「向いている人」「向いていない人」など、他の転職サイトでは出さない情報も提示しています。

中でも、「カイシャの評判」は現社員・退職者双方のナマ声が掲載されており、転職時の参考になります。

エン転職の口コミ・評判 サービス内容
大手転職サイト、エン転職のメリット・デメリット、サービスまで説明したページです。業界最大手のリクルートにはかなわないものの、エン転職もかなり大きく、使いやすいサイトとなっています。

doda

doda

転職サイトと転職エージェント、双方のサービスを展開しています。

特に、エージェントにまつわる事業は転職サービス業界の中でも充実しています。

数多くの採用成功実績があり、内定の獲得に向けたポイントを明確に伝え、支援してくれます。

技術系の転職求人が充実しており、エンジニアとしての転職を目指す人も多数活用しています。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

まとめ

JTは国内でも知名度が高く、盤石な経営基盤を持つ企業です。

「こんなに大きな会社は自分にとって高嶺の花では」と不安に感じる人がいるかもしれません。

しかし、転職できる可能性はおおいにあります。少しでも興味がわいたらチャレンジすることをオススメします。

コメント