JRA(日本中央競馬会)へ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

JRA 大企業への転職

JRA(日本中央競馬会)に転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

馬が好きな人はもちろん、ビジネスパーソンの勤務先としても非常に魅力的な会社の一つです。

しかし、その知名度のわりに会社の実態はあまりよく知られていません。

この記事ではJRAの会社概要や事業などについて解説していきます。

また、転職希望者にとって重要な情報となる給与水準や福利厚生制度、休日休暇や社風などについても詳しくみていきます。

JRAの企業概要

中央競馬の開催などで知られる「JRA(日本中央競馬会)」は、農林水産大臣の監督下にある特殊法人です。

さっそく企業概要や事業内容についてみていきましょう。

事業内容

JRAは競馬を軸に幅広い事業を展開しています。

ここでは代表的な事業を3つ紹介します。

中央競馬の開催

中央競馬の開催がJRAの事業の根幹です。

中央競馬は全国10ヶ所にある競馬場で年36回開催されています。

事業の性格上「公正確保」がもっとも重視されており、顧客の信頼にこたえるためにさまざまな取り組みを行っています。

利益の半分を国庫に納付することもこの事業の特徴です。

国庫納付金は数千億円にのぼり、大変に公益性の高い事業です。

競走馬の生産・育成・調教・疾病等に関する調査・研究

競走馬の健康管理をはじめ、伝染病を防ぐための防疫管理を行っています。

獣医師は臨床現場に立ち会うだけでなく、国内・国外の学術機関などと連携して情報発信を行います。

また、馬防疫の団体事務局も運営しています。

乗馬の普及・馬事の振興に関すること

顧客に快適なレジャータイムを過ごしてもらえるよう、ハード面とソフト面の双方からサービス向上に取り組んでいます。

競馬場の施設を充実させるだけでなく、ウインズ(場外勝馬投票券発売所)の改善も重要な業務です。

また、インターネットの投票サービス(IPAT)を導入するなど、時代を先取りしたサービスの導入に努めています。

トップのメッセージ、企業理念

皆様には、日頃より中央競馬をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

昨年は、中央競馬サークルを挙げて様々なプロモーションやイベント等を展開し、年間を通じて多くのお客様に中央競馬にご参加いただくことができました。

全国の競馬場では白熱したレースが繰り広げられ、GIレースに昇格となりました春の大阪杯では歴戦の名馬たちが覇を競い、年度最終開催日に行われたホープフルステークスでは若駒が春のクラシックに名乗りを上げる姿に、お客様からの熱いご声援を賜りました。

また、海外競馬に目を向けますと、勝馬投票券の発売開始から1年余が経ち、これまで以上に日本調教馬の参戦する海外G1レースに注目が集まる中、3月のドバイ、4月の香港での優勝等により、日本の競馬のレベルの高さを広く内外にアピールすることができました。

多くのお客様のおかげで、一年を通じて中央競馬が盛況のうちに開催できましたことを、改めまして厚く御礼申し上げます。

さて、今年もJRAでは、お客様に中央競馬をお楽しみいただけるよう、様々な取組みを行ってまいります。

GIレースをはじめとした各競走については、年間を通じた各種プロモーションやイベント等を行うことにより更に盛り上げてまいります。

また、開設100周年を迎える福島競馬場では、これまでのご愛顧に感謝すべく記念イベントを計画している他、全国の競馬場やウインズにおきましても様々なサービスを提供していきたいと考えております。

会社概要

会社名日本中央競馬会
所在地〒106-0032東京都港区六本木6-11-1
資本金49億2412万9000円
事業内容中央競馬の開催、競走馬の生産育成調教疾病等に関する調査研究 、乗馬の普及馬事の振興に関すること
従業員数1,600名

JRA採用職種・仕事内容

JRAは競馬を主な事業としているため、一般企業のような事務職だけでなく、馬に関連したさまざまな職種があります。

装蹄職

本会繋養馬や競走馬への装蹄を行う業務です。

日本装削蹄協会の認定装蹄師資格が必要となる専門職です。

レースに出走する馬の蹄鉄を検査したり、イベントなどで蹄鉄作りを実施したりします。

競馬場や栗東トレーニング・センター、美浦トレーニング・センターなど勤務地はさまざまです。

給与

基本給171,000円~
賞与年2回

馬取扱技能職

中央競馬の開催や競走馬の育成に携わる仕事です。

乗馬の普及や競走馬の研究補助なども業務に含まれます。

「平常業務」では、馬の育成や調教、乗馬指導などを行います。

「開催業務」では、出走馬の誘導や整場、検体採取などを行います。

単独騎乗で常歩、速歩、駈歩をこなすスキルが必要です。

給与

基本給165,000円~
賞与年2回

獣医職(臨床獣医職)

競争馬の病気や外傷を治療する仕事です。

また、予防接種や入厩検疫などの防疫業務を行います。

トレーニング中に発生しやすい運動器の疾患や、輸送中の呼吸器疾患などを早期に発見して治療することに努めます。

競馬場での「開催業務」では、競争場の健康状態をチェックし、疾病を防止します。

給与

月給249,200円~
賞与年2回

獣医職(研究職)

競走馬全般の調査や研究に携わる仕事です。

研究所には「運動科学研究室」や「臨床医学研究室」があり、JRAならではの研究を行っています。

また、「微生物研究室」や「分子生物研究室」などがあり、最先端の研究が行われています。

給与

月給249,200円~
賞与年2回

一般事務

宮崎育成牧場での事務作業です。

パソコンを使用した入力作業なども含まれます。

経験者や有資格者が歓迎されます。シフト制ですが、フルタイム勤務も可能です。

給与

月給112,000円~155,600円

  • 賞与有
  • 時間外手当支給

技術職(馬場土木)

全国の競馬場やウインズ、トレーニングセンターなどの施設の維持管理に携わる仕事です。

土曜日や日曜日は、「開催業務」として競馬開催をサポートする仕事を行います。

給与

月給249,200円~
賞与年2回

JRAの給与・年収

一般に特殊法人は給与水準が高いといわれています。

JRAはどうであるか、具体的にみていきましょう。

全体の平均年収

日本中央競馬会の平均年収は816万円です。

一般企業と比較するとかなり高い平均年収です。

職種によって多少の差があります。

年代別の年収

年齢平均年収
20~24歳約465万円
25~29歳約550万円
30~34歳約580万円
35~39歳約680万円
40~44歳約750万円
45~49歳約850万円
50~54歳約920万円
55~59歳約910万円
60~65歳約750万円

昇給カーブは穏やかで、長い期間にわたって安定した給与体系です。

あまり突出した年代がないことが大きな特徴です。

JRAの競合企業と平均年収比較

会社名平均年収
日本中央競馬会816万円
日本貿易振興機構698万円
日本音楽著作権協会769万円
国際協力機構825万円
日本年金機構727万円

特殊法人などは公務員に準じた給与体系であることも多く、おおむね高い水準です。

日本中央競馬会は国際協力機構に次ぐ水準で、全体の中でも高いことがわかります。

収益の多さが給与にも反映していることが見て取れます。

給与に関する口コミ・評判

かなり高いと思います。

かなり稼ぐことができます。

大変な作業の日が続いても、あまり給与に反映されません。

給与水準については満足しているという声がほとんどです。

ただし、職種によってかなり差があるため、負担の大きい部署からは不満の声も聞かれました。

JRAの福利厚生制度

企業の待遇を判断する場合、給与だけでなく福利厚生制度にも目を向ける必要があります。

ここではJRAの福利厚生制度について詳しくみていきます。

独身寮・社宅

JRAでは職員を対象に独身寮を用意しています。

事業所が全国にあるため、JRAでは引越しする必要のある場面が多くあります。

しかし、独身寮は各事業所に完備されており、手間のかかる物件探しなどをする必要がありません。

スムーズに仕事に取り掛かることのできる環境が整えられています。

また、社宅も完備されているため、家族を持っている社員も安心して働くことができます。

住宅購入資金融資

住宅購入資金融資の制度が整えられており、マイホームの購入などに利用することができます。

JRAの給与や会社のブランドを考えれば、どこの金融機関の住宅ローンでも審査を心配する必要はありません。

しかし、社内の住宅購入資金融資を利用すれば、より有利な条件で住宅ローンを組むことができます。

ベネフィット・ステーション

JRAは福利厚生の外部委託サービス「ベネフィット・ステーション」と契約しています。

これによって社員はさまざまな福利厚生サービスを利用することができます。

国内・国外のリゾートでは格安の料金で宿泊施設を利用できるほか、フィットネスクラブなどのスポーツ施設を割引価格で利用できるなど、多くの特典があります。

各種保険

大企業らしく、保険関係もしっかりと整備されています。

雇用保険や労災、健康保険や厚生年金などを用意しており、万が一の事故や傷病などでも安心です。

予防接種なども無料で受けることができます。

福利厚生に関する口コミ・評判

福利厚生はとてもしっかりしているという印象です。

婦人科検診や歯科検診なども会社負担で受けることができます。

住宅補助などがしっかりしており、助かっています。

大企業ならではの福利厚生制度で、満足しているという声がほとんどです。かなり手厚いサポートであることがうかがえます。

勤務時間・休日休暇

ライフワークバランスが重視される現在、給与以上に気になるのが休日休暇などです。

どのような特徴があるのか、みていきましょう。

完全週休2日制

完全週休2日制のため、しっかりと休みを取ることができます。

土曜日と日曜日だけでなく、祝日も休みです。

ただし、競馬が開催されている週は土曜日や日曜日が出勤となるため、月曜日・火曜日が休みとなります。

夏季休暇

通常の休みに加えて、夏季休暇が用意されています。

期間も8日間の長期休暇となるため、旅行や帰省などに利用することができます。

年末年始休暇

6日間の年末年始に休暇を取得することができる制度です。

さらに入社初年度から15日の有給休暇が与えられており、年間の休日は十分であるといえます。

特別休暇

さまざまな休暇に加えて、特別休暇が用意されています。

介護休暇もあるため、家族のケアなどが心配な人でも安心して働ける環境です。

また、創立記念日も休みになります。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

有給休暇などを取りやすい雰囲気です。

休みなど、労働者の権利がしっかり守られていると感じます。

土日の開催日以外はしっかり休みが取れます。

競馬の開催日という特殊事情があるにもかかわらず、休みをしっかり取れているという声がほとんどでした。

有給休暇なども自由に申請しやすい様子です。

社内の教育・研修制度

  • 「フレッシャーズトレーナー(FT)」新人に対してのOJTでは、マンツーマンで担当者をつけて教育を行っていきます。
  • 「トレーニング・センター」一般の職員でも、トレーニングセンターや競馬学校で乗馬訓練などを行い、競馬への知識を深めていきます。
  • 「階層別研修」新人研修のあとは、階層や部署の専門分野に応じた研修を行っていきます。海外派遣研修も用意されています。

教育・研修制度に関する口コミ・評判

幅広い経験を積む事ができる体制だと思います。

ジョブローテーションで、自分の成長につながると思います。

社内独自のスキルが多い気もします

JRAでの将来を見据え、長期的視野に立った研修が行われているようです。

一方で、会社や業界を越えて通用するスキルは身に付けるのが難しいという意見もありました。

職場の雰囲気や社風

転職を検討する際は、希望する企業の社風などもしっかり調べておくことが大切です。

JRAはどういった風土の企業であるのかをみていきましょう。

「1人2役」

JRAは、「全ての職員が中央競馬の開催に携わる」という特徴があります。

「平常業務」と競馬開催の「開催業務」の二つの仕事を職員全員が担当します。

また、開催業務では組織体制も変わり、職員は「1人2役」をこなすことが求められます。

競馬が本当に好きな人には夢のような職場ですが、そうでない人には向いていない可能性もあります。

夢と感動を与える仕事

競馬場やウインズでの開催業務は、平常業務の集大成といえるものです。

獣医や技術者、事務職などさまざまな職種の人たちが競馬を成功させるために全力を尽くします。

顧客に夢と感動を与えることがJRAの仕事です。

この考えに共感できる人が、JRAに向いているといえます。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

とても楽しい職場です。やりがいにあふれています。

仕事を通じて自分の成長を感じています。

女性が働きやすい風土です。

現場にかかわれるので、競馬が好きな人にはとても面白いと思います。

前向きで活発な会社の雰囲気が見て取れます。

もともと馬や競馬に興味を持っている人が多いこともあり、やりがいを感じる職場であり、雰囲気も良いという声がほとんどでした。

JRAへの転職で役立つ転職サイトorエージェント

JRAは特殊法人であるため、なかなか情報を手に入れることができません。

JRAへの転職を考えているのであれば、転職サイトや転職エージェントを利用して正確な情報を手に入れる必要があります。

その際、実績のあるサイトやエージェントを選ぶことも重要なポイントです。

特殊法人は実績のないサイトやエージェントに情報を流すことはないからです。

ここではおすすめの転職サイトやエージェントを紹介し、解説していきます。

リクナビネクスト

リクナビNEXT

転職サイトでもっとも有名なのが「リクナビネクスト(リクナビNEXT)」です。

新卒対象の就職活動サイト「リクナビ」も有名ですが、リクナビネクストは転職に特化したサイトです。

運営を行っているのは株式会社リクルートキャリアです。

転職業界のシェアを圧倒しており、転職したビジネスパーソンのおよそ8割が利用したという実績を持っているほどです。

そのため、企業からの掲載依頼も絶えず、常時公開されている案件は5,000件を超えるという規模です。

掲載されている求人数が多いことに加え、情報の鮮度が高いこともリクナビネクストの特徴です。

毎週1,000件を超える新着求人数が更新され、条件を入力しておけばメールで通知を受け取ることも可能です。

リクナビネクストはサイト内のコンテンツも充実しています。

職務経歴書などの書類の書き方や、電話やメールのマナー、面接の注意点などを基本から学習することができます。

また、転職活動に便利な書類のテンプレートをダウンロードできるサービスも用意されています。

採用情報を検索するだけでなく、必要事項を入力しておくだけで企業からメッセージをもらえる「スカウト機能」もリクナビネクストならではのサービスです。

「オファー」には求人掲載企業の他、転職エージェントからのオファーも送られてくるため、転職のチャンスを広げることにも役立ちます。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容
リクナビNEXTは国内最大級の転職サイト。国内最大級がゆえ抱える求人数も膨大です。リクナビNEXTの、他にはないメリットとデメリットを調べてみることにしましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクナビネクストと同じく、リクルートキャリアが運営するのが「リクルートエージェント」です。

転職エージェントであるため、専任のキャリアアドバイザーがつくことが大きな特徴です。

職務経歴書などの企業に提出する書類の添削やアドバイスをしてもらうことができます。

また、面接の対策も行ってもらえることがエージェントを利用する大きなメリットです。

模擬面接をしてもらえるだけでなく、企業側が求めるものを教えてもらうことができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントとしてナンバーワンの実績を持っているため、安心して利用することができます。

案内総数や内定決定数とも競合を寄せ付けない実績で、取り扱う非公開求人数は10万件にものぼるほどです。

真剣に転職を検討している人にとっては大変に心強い存在です。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

doda

doda

「doda(デューダ)」はパーソナルキャリア(旧インテリジェンス)が運営する転職エージェント及び転職サイトです。

転職エージェントとしてはリクルートエージェントに次ぐ規模を誇っており、人気企業の取り扱いが多いことでも知られています。

キャリアアドバイザーの質が高いことに加え、柔軟な対応をしてくれることも大きな特徴です。

キャリアカウンセリングは一般的な対面方式の他に、電話でのカウンセリングも可能です。

在職中の転職希望者や、まだ転職を検討している段階の人でも気軽に利用することができます。

転職希望者が苦手としている自己分析などをサポートしてくれるだけでなく、転職希望者本人も気付かなかったようなキャリアの可能性を提示してもらうこともできます。

キャリアアドバイザーだけでなく、「採用プロジェクト担当者」も加えた2名体制ということもDODAの特徴の一つです。

さらに「エグゼクティブ専門コンサルタント」や「バイリンガル専門コンサルタント」、「クリーデンス キャリアアドバイザー」という専門分野に特化したアドバイザーもそろえており、転職希望者を手厚くサポートします。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

まとめ

このように、JRAは競馬文化を支えるために基礎研究からイベント開催までを行う、競馬ファンにとっては大変に魅力的な特殊法人です。

仕事内容も事務職や技術職、獣医職などさまざまであり、自分に合った職種で競馬文化に貢献することができます。

給与水準も非常に高く、福利厚生や休日休暇なども申し分のない条件です。

転職希望者からの人気も非常に高いのですが、その分採用試験の倍率は上がり、求められる人材レベルが上がることも覚悟しておく必要があります。

もちろん、十分な準備をして選考に臨めば、JRAの内定を勝ち取ることも決して不可能ではありません。

そのためには、JRAの企業研究が不可欠です。

特にウィークデーの「平常業務」とウィークエンドの「開催業務」については必ず押さえておく必要があります。

その上で、書類作成や面接対策をしっかり行いましょう。

まずは、転職サイトに登録するなど、いち早く行動を開始することが大切です。

一人で転職活動を進めるのが不安な場合は、転職エージェントを利用するのもおすすめです。

コメント