JR東日本(東日本旅客鉄道)へ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

大企業への転職

日本国内でも有名な企業の一つとなる「JR東日本」。

規模が大きい企業でもあるため募集している社員の数は多いですが、入社を希望する方も多いので倍率が高くなっています。

そのため、転職時は必要な情報を集めて、効果的に転職を進めなければ成功しない恐れがあります。

今回は、JR東日本への転職を有利に進めるための情報を紹介します。

情報の中には、JR東日本の事業内容や募集している職種、福利厚生制度などが含まれています。

JR東日本の企業概要

JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)は1987年に設立され、現在では56,000人を超える日本の鉄道会社の中でも規模の大きな企業となっています。

展開している事業は鉄道関連をメインとして20以上の事業が展開されます。

事業内容

JR東日本で展開されている事業の数は多いですが、経営の柱となっているのはここから紹介する3つの事業です。

それぞれの事業ごとに内容を解説していくので全ての事業内容を把握して、転職に有効活用していきましょう。

鉄道事業

JR東日本が展開する鉄道事業では、日本国内において東北地方・関東地方・甲信越地方を中心に鉄道路線を有しています。

さらに、英国ウェストミッドランズ鉄道やバンコク・メトロへの車両供給といった海外への鉄道事業もあります。

国内の鉄道事業では旅客者の運搬だけでなく、物資などの運搬も行っています。

生活サービス事業

この事業ではターミナル駅を中心に、駅の利用者がより利用しやすいように機能性の向上や、街の魅力を最大限発揮できるような駅づくりを行います。

他にも、その地域に新たな人・モノの流動を創り出すために、地域の魅力を探り、鉄道のネットワークを活用することで地域の魅力を発信・発展させることも事業の内容です。

IT・Suica事業

IT・Suica事業ではSuica相互利用ネットワークの構築やモバイルSuicaの発展などを行います。

Suicaは2001年に発行され、現在では5000万枚以上が発行される交通系ICカードで、バスや鉄道を利用する際に簡単に決済ができるカードです。

このカードがどこでも利用できる環境作りが進められます。

また、利用者が券売機やみどりの窓口を利用することなく、スマートフォンや携帯電話を通じて定期券や新幹線特急券などの購入ができるように、モバイルSuicaの発展も目指しています。

トップのメッセージ、企業理念

私たちの最大の使命は、何より「安全・安定輸送」を実現させて、その先にある「安心」をお客さまにお届けすることです。今後、人口が減っていく時代にあっても、私たちが持つインフラや技術・知見を出発点に、お客さまのニーズに合わせた安全で品質の高い輸送サービスを提供することにより、鉄道のご利用者の数を増やすことができると考えています。

これまで、北陸・北海道新幹線や上野東京ラインの開業などのビッグプロジェクトの実現により、当社グループはお客さまに提供するサービスの付加価値を高めてきました。今後も、相模鉄道線との相互直通運転のほか、羽田空港アクセス線の実現や新幹線の輸送力アップに向けて全力を挙げていきます。交流する人口が増えることで、地域を、さらには日本全体を元気で豊かにしていくことができると信じています。

また、2017年5月から運行を開始した「TRAIN SUITE 四季島」では、本物の上質感、特別感を味わっていただきながら、沿線の地域の皆さまのお出迎えなど心温まるおもてなしをお客さまに堪能いただいています。

鉄道が多くの地域の魅力を引き起こし、地域に元気を届ける力を持っていることを再認識することができました。

地域活性化の鍵は、「まち」「ひと」「しごと」です。駅を中心に街が元気になれば人の交流が活発化し、そこに仕事が生まれます。

とりわけ観光は、地域活性化の大きな柱です。私たちは、地域としっかり連携しながら、アクティブなシニア層などの国内の旅行者や、2017年には2,800万人を超えて増加を続けるインバウンド需要を確実に取り込み、東北地方や信越地方を訪れる方を増やし、観光立国の一翼を担っていきます。

各地域の核となる「駅」に魅力あるサービス・機能を集約することで、そのエリアの顔となり、交流の場となるような「まちづくり」も推進しています。

例えば、秋田、新潟など地方中核駅においても駅の機能を多角化し、これまでにはない魅力の創出を目指しています。

さらに、農林水産業の「6次産業化」も地域と連携しながら進め、より競争力のある魅力的な産業とし、地域の活性化に貢献してまいります。

会社概要

会社名東日本旅客鉄道株式会社
所在地東京都渋谷区代々木二丁目2番2号
資本金2,000億円
事業内容旅客鉄道事業、貨物鉄道事業、旅客自動車運送事業、索道業、旅行業、倉庫業、駐車場業など
従業員数従業員数 56,450人(2017年4月1日現在)

JR東日本の採用職種・仕事内容

JR東日本では主に鉄道事業に関する職種を募集しています。経営の柱となっている事業なので、募集されている数も多くあります。

ここからは、代表的な募集されている職種を6つ紹介します。転職活動の参考にしてください。

この職種では駅に設置されているホームで利用者を安全に運搬するための業務や、みどりの窓口で乗車券・特急券・定期券といった様々な切符の販売などを行います。他にも、改札で切符の確認や利用者への乗り換え案内、鉄道関係に関する問い合わせ対応なども業務内容です。

この職種では鉄道に関する知識以外に、接客スキルも求められます。

給与月額26万円程度(30歳、東京23区内勤務の場合)

車両

車両関連の職種では、車両メンテナンスがメインの仕事となっています。

利用者が安心・安全に鉄道を利用できるよう、車両の安全点検や清掃、車両の調製などが仕事内容です。

車両が故障する前に、部品の交感や修繕は必要不可欠となります。

他にも、車両メンテナンスによって得られたデータを蓄積し、より効率的にメンテナンスができるような改善案も出し合います。

給与

月額26万円程度(30歳、東京23区内勤務の場合)

機械設備

機械設備の仕事は鉄道をスムーズに運行させ、利用者が快適に駅を利用できるように調製することです。

具体的には、鉄道の運行以外にも、出改札システムやSuicaシステム、空調設備などの設備を安全に提供するための工事や施工管理なども行っています。

給与

月額26万円程度(30歳、東京23区内勤務の場合)

保線・保守土木

保線・保守土木では鉄道の運行に必要不可欠な線路やトンネルなどの土木構造物をメンテナンスしたり、修繕・補強を行い安全に鉄道が運行できるようにすることが仕事です。

鉄道の安全性や利用者が利用しやすい環境を作ることが目的となっています。

給与

月額26万円程度(30歳、東京23区内勤務の場合)

建築

建築ではJR東日本が進める建築プロジェクトに関わる仕事をします。

メインとなるのは駅に関わる建築物で、企画・計画から設計、メンテナンスなどプロジェクトの全体に携わります。

仕事内容の例として、首都圏にある大規模なターミナル駅の建設や改良といったプロジェクトを推進させます。

具体的には。高齢者や日本語のわからない外国人が利用しやすい案内サインを整備したり、バリアフリーな駅づくりなどを行います。

給与

月額26万円程度(30歳、東京23区内勤務の場合)

国際事業

国際事業はJR東日本の新たな事業領域として、海外鉄道プロジェクトを推進しています。

鉄道運行に関わるオペレーションやメンテナンス分野を中心に、グローバルな事業が行われます。

また、海外でプロジェクトを推進するにあたって、提携先との契約や発注、現地事務所の運営なども仕事内容に含まれています。

給与

月額26万円程度(30歳、東京23区内勤務の場合)

JR東日本の給与・年収

ここからの段落ではJR東日本の給与や年収に関して紹介します。

さらに、転職時の参考になるよう、全体の平均年収や年齢別の年収以外にも、競合企業と比較した年収まで紹介していきます。

自身が想定している給与・年収に達しているのかどうか、必ずチェックしておきましょう。

全体の平均年収

JR東日本の平均年収は、有価証券報告書によると706万円でした。

規模が大きく歴史が長い企業ということもあって、各年の年収にバラつきはほとんどありません。

2015年以降は平均年収700万円以上をキープしており、上昇傾向にあります。

年代別の年収

年代年収
20~24歳401.9万円
25~29歳500.6万円
30~34歳549.9万円
35~39歳627.5万円
40~44歳705.0万円
45~49歳789.6万円
50~54歳846.0万円
55~59歳810.8万円
60~64歳571.1万円

JR東日本の競合企業と平均年収比較

年収企業名
JR東日本706万円
JR東海719万円
JR西日本673万円
東京急行電鉄753万円
近鉄グループHD630万円

JR東日本と競合企業との平均年収を比較すると、東京急行電鉄やJR東海よりも低くなっています。

JR東海とはあまり差はありませんが、東京急行電鉄とは大きな差があります。

東京急行電鉄は私鉄売上高首位となる企業で、鉄道関連の事業だけでなくレジャーや不動産などの事業も展開していることから売上が伸びているため、年収にも影響しているようです。

一方で、JR東日本ではグローバルな事業展開も進めているため、現状は他の2社よりも年収が低くなっていますが、今後上昇していく可能性もあります。

給与に関する口コミ・評判

基本給は同業他社よりも高めで、手当てもありますので、給与には満足しています。

乗務員系の手当ては多く、技術系はほとんど手当てはないので、職種によって給与が大きく変わります。

定期昇給があるので年功序列で給料は上がっていきますが、昇給額は多くはありません。大きな昇給のためには、昇級試験に受かる必要があります。

JR東日本の福利厚生制度

JR東日本では、社員の金銭面に関する負担を軽減させてくれる福利厚生制度だけでなく、住まいや余暇などの福利厚生制度も用意されています。

転職時には志望企業にどのような福利厚生制度が揃っているのかを確認して、転職の判断材料にすることをおすすめします。

住まい

JR東日本では社員が勤務する場所に合わせて、独身者・単身赴任者のための寮が用意されています。

さらに、ファミリー向けの社宅まで設置されているため、社員はどの場所での勤務となっても安心してその土地で仕事をすることができます。

寮には一人で生活していくために必要な家具が全て揃っている他、食堂が併設されているところもあります。

宿泊施設補助

JR東日本に所属している社員であれば、びゅうプラザが取り扱っている商品を割引価格で利用することができます。

具体的には、ホテルメッツ新潟やフォルクローロいわて東和、ホテルメトロポリタン仙台といった施設を安く利用して旅行やリゾートを楽しめます。

各種クラブ活動

運動系クラブ(21種類)や文化系クラブ(8種類)といったクラブが、JR東日本では福利厚生の一環として活動しています。

具体的なクラブ活動としては、国内の13地区、約1200名で構成されるサッカークラブや、社員やその家族なども参加し定期演奏会などを開催する音響楽団があります。

スクール支援

スクール支援はJR東日本が指定しているスクールを受講することができ、その費用の一部を負担してもらえる福利厚生制度です。

業務に関連する資格取得や英会話、カルチャースクールといった幅広いジャンルの支援をしてもらうことができます。

福利厚生に関する口コミ・評判

JR東日本のエリア内では普通電車は無料で乗車できます。特急列車やグリーン車には割引き料金で利用できます。

社宅や寮があり基準を満たせば利用できますが、使用年数に制限があったり、希望のエリアで社宅や寮を見つけることができない場合もあります。

年に2回の健康診断やストレスチェック、インフルエンザの予防接種など、健康面での福利厚生は充実しています。

勤務時間・休日休暇

JR東日本は勤務時間や休日・休暇に関して、社員のワーク・ライフ・バランスを配慮した形が取られています。

社員の満足度は高く、転職時にはチェックしておくべきポイントだと思います。

ここからの段落では、具体的な勤務時間やどのような休日・休暇が用意されているのかを紹介します。

勤務時間

詳細な勤務時間は職種によって異なりますが、基本的には休憩1時間を含む8時30分〜17時00分となっています。

職種によっては夜勤・一昼夜交代勤務があることもあります。

また、企画部門ではフレックスタイム制が導入されています。

休日・休暇

JR東日本で働く社員には年間114日の休日が与えられています。

基本的には土・日曜日と祝日が休日となっていますが、曜日にかかわらず指定されることもあります。

さらに、年次有給休暇や慶弔休暇なども用意されています。

有給休暇の取得について

年次有給休暇はどの社員であっても入社と同時に15日間与えられ、最大で20日間の取得が可能になります。

例えば、2016年度の有給休暇の平均取得日数は17.9日です。さらに、取得率は91.8%となっていることから、休暇が取りやすい環境にあることがわかります。

育児のための休暇

JR東日本では育児と仕事を両立できるよう、必要があれば長期的な休暇を取ることができます。

例えば、育児休職という制度を利用すると、子供が満3歳になるまで仕事を休むことができます。また、3歳までの子供がいる場合、短時間勤務を取得することも可能です。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

現場の職員はGWやお盆、年末年始に長期休暇を取ることは難しいですが、非現場職員はGWなどの休暇に有休をプラスして長期休暇を取ることができます。

有給休暇は1年目で15日与えられ、毎年1日ずつ増えていき、最大20日となります。比較的有休を取りやすい環境で、事前に申請すれば却下されることはほとんどありません。

残業時間は細かく管理されており、残業代も働いた分だけきちんと支払われます。

 

社内の教育・研修制度

JR東日本には社員を一人前にするための教育・研修制度がいくつもあります。

  • 社内研修
  • 技術アカデミー
  • 技能教習所
  • 国内留学制度
  • 新入社員研修

新入社員はもちろん、入社後数年経った社員であってもスキルアップのために研修を受けることができます。

また、転職者に対応した研修・教育制度も用意されているので、転職を検討している方は安心して入社できると思います。

教育・研修制度に関する口コミ・評判

応募型の研修がいくつかあります。他支社の社員と共に研修を受けることが多く、各エリアの情報や意見を交換することができます。

海外研修などもありますので、海外に興味がある人や語学力を活かしたい人が多く参加しています。

社内通信教育や研修、セミナーなど、社員教育制度は充実しています。

職場の雰囲気や社風

転職を希望する前には、その企業の概要や行っている事業といった外側から見える部分だけでなく、具体的な社内の雰囲気や社風をチェックしておくことも大切です。

ここからは、JR東日本の雰囲気や社風に関して紹介します。

社員の意識改革

社員が働きやすい環境を作るために、JR東日本では管理者の研修や勉強会などが行われています。

これは各職場で行われ、活動メンバーにより積極的に開催されます。

また、家族が職場訪問し、どのような環境で働いているのかを見学できる制度もあります。

職場の雰囲気

職場によっても異なりますが、雰囲気が良いところが多くあるようです。

JR東日本が設置している駅では、一つのチームで働いているという意識があることで社員同士の仲が良く、プライベートの付き合いもあります。

また、仕事が終われば帰りやすい雰囲気もあり、ワーク・ライフ・バランスが取りやすいと語る社員もいます。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

若い人が多い職場では、明るい雰囲気で仲良く仕事ができます。

男性が多く、体育会系な雰囲気の職場です。自分の意見をはっきり言える人にとっては働きやすいです。

モチベーションや意識が高い人が多く、活気があります。真面目に意欲的に働く環境が整っています。

JR東日本への転職で役立つ転職サイトorエージェント

転職者の強い味方になってくれるのが、転職サイト・エージェントです。

中には、自分が志望する業界・職種に強いところもあり、登録しておくことで転職に有利な情報をもらえることがあります。

ここからはJR東日本への転職へ役に立つ転職サイト・エージェントを3つ紹介します。

マイナビ転職

マイナビ転職

大手転職サイトであるマイナビ転職には、JR東日本への転職情報が豊富に掲載されています。

また、マイナビ転職には転職に関するノウハウ(履歴書・志望動機の書き方や面接対策など)も掲載されているので、転職を進めやすくなります。

マイナビ転職の口コミ・評判サービス内容
豊富な求人情報だけでなく、履歴書作成指導など様々なサポート体制であなたの転職をアシストするのが「マイナビ転職」です。

BizReach

高額な年収への職種に転職しやすいBizReachでは、職務経歴書を詳細に書いておくことで、優良企業からオファーをもらえることがあります。

このサイトに掲載されている企業はJR東日本も含まれているため、転職を希望している場合は登録しておくことをおすすめします。

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。

ランスタッド

ランスタッドは転職のコンサルタントとしてめまぐるしい実績を上げていることで注目される転職エージェントです。

転職に関する知識が深いキャリアコンサルタントが多数在籍し、転職者を手厚くサポートしてくれます。

ランスタッドの使い勝手は?【特徴、評判、口コミ】
ランスタッドは、人材紹介の分野では世界第2位の実績があるグローバル企業です。 世界39ヶ国、4,400以上の地域があります。 国内でも北海道から九州まで全国に展開しており、派遣会社としてシェアを拡大しています。 外資系企業...

まとめ

JR東日本は多数の事業を展開し、従業員も多く抱える大企業なので採用している職種の種類が豊富にあります。

そのため、興味のある職種を探しやすくなっています。

JR東日本への転職を検討している際は、どのような職種があるのかを全て調べて、転職したいと思える職種を探してみましょう。

コメント