日本マイクロソフトへの転職は可能か?転職後の年収も考える

マイクロソフト IT系大企業への転職

日本マイクロソフトと言えば、WindowsでおなじみのMicrosoftの日本支部です。

Windows商品の開発・販売だけでなく、家庭向け・企業向けのソフトウェアの開発、ITソリューション提案など色々な事業を行っており、日本マイクロソフトはアメリカにあるマイクロソフト社の子会社にあたります。

日本マイクロソフトの基本情報

日本マイクロソフトは1986年にマイクロソフト株式会社として設立され、東京都港区にオフィスを構えています。

日本支部とはいえ、国内にある外資系企業の中でも業務の規模はかなり大きいと言えるでしょう。

社員数

日本マイクロソフトの社員数は2015年末の段階で2,147名です。外国企業の日本支部では1,000名以上が在籍していれば規模が大きい方なので、かなり大規模な企業と言えるでしょう。

売上

日本マイクロソフトの売上は、2017年6月の段階で4,093億円、利益は418億円となっています。

マイクロソフトは世界各国に支部を持っており、日本国内のみでこの金額はかなり高いと言えるでしょう。

日本マイクロソフトへの転職は可能なのか

マイクロソフトと言われるとかなり大手で、こちらの企業に憧れる人も多いですが、日本マイクロソフトへの転職は可能なのでしょうか。

もちろん日本マイクロソフトでは中途採用も行っており、転職は不可能ではありません。しかし、人気の高い企業なので、難易度・倍率はかなり高いと考えておきましょう。

日本マイクロソフトへの転職で考えるべき職種

日本マイクロソフトへの転職を考えている場合、ただひたすらエンジニア職に応募をするのではなく、ある程度職種を絞って応募した方が転職活動を進めやすいと言えます。

エンジニア

マイクロソフトのエンジニアは開発を行うだけでなく、取引先に赴いてサポートをすることもあります。エンジニアの求人は基本的に英語のみとなっていることから、ある程度英語にも対応することが出来る人材を求めていることがうかがえます。

顧客サポート

顧客サポートではマイクロソフト製品を導入している企業へ赴いてシステム導入のサポートをしたり、保守作業を行います。プログラミングに関する知識に加えて、顧客の要求を聞いたりなどといったコミュニケーション能力も要求されます。

日本マイクロソフトへ転職成功後の年収

日本マイクロソフトの平均年収は1,100万円から2,000万円と言われています。

この金額は国内企業ではかなり高額ですが、その分要求されるスキルもかなり高いため、30代で1,000万円を稼ぐことが出来るのにも納得です。

日本マイクロソフトの福利厚生

日本マイクロソフトは国内の企業の中でもかなり福利厚生が充実していると言えます。

英語スキル向上のためのトレーニングプログラムや業務時間内に無料でマッサージを受けることが出来るプログラムはマイクロソフト独自の福利厚生です。

また、家庭と仕事を両立することが出来るようにテレワーク制度を導入したり、最大3時間労働時間を短縮出来る制度もあります。

日本マイクロソフトへの転職で役立つ転職エージェント

やはり日本マイクロソフトへの転職はかなり難しいです。

そこで、転職のプロである転職エージェントを活用することで、初めての転職活動でも自分の弱点を知り、転職を成功させることが出来る可能性を少しでも上げることが出来ると言えます。

そこで、日本マイクロソフトへの転職をする際におすすめの転職エージェントを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは30代以上向けのハイクラス求人に特化している転職エージェントです。

マイクロソフトをはじめとする外資系企業は社風と合うか合わないかを重視する傾向があり、企業独自の面接方法を採用していることが多いために外資系企業に特化した面接対策が必要です。

JACリクルートメントでは面接対策や応募書類の添削はもちろん、外資系企業対策もしっかりしてくれるので、マイクロソフトだけでなく様々な外資系企業への転職におすすめです。

しかし、利用する際にはある程度の年収・職歴が無いとエージェントの対応が雑になりがちなので、しっかり自分の実力を考えたうえで利用しましょう。

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズはグローバル人材の転職をサポートしている転職エージェントです。

そのため、英語を活かすことが出来る外資系企業が中心となっており、転職エージェントは基本的に1対1ですが、ロバート・ウォルターズではチーム体制で転職をサポートしてくれるのでより手厚いサポートを受けることが出来ます。

外資系企業だけでなくベンチャー企業の求人も多いので、色々な企業の求人をチェックすることが出来て便利です。

まとめ

日本マイクロソフトは国内企業の中でもプログラミングに関する知識だけでなく英語力も要求されるのでかなり転職は難しいと言えるでしょう。

しかし、日本マイクロソフトではかなりスキルが高い人材が集まっており、しかも福利厚生などといった待遇も充実していることから、仕事面でもかなり充実した毎日を送ることが期待出来ます。

そんな日本マイクロソフトへの転職を考えているのであれば、ここで紹介した外資系に特化している転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントを活用して日本マイクロソフトに特化した対策をし、転職活動を少しでも有利に進めましょう!

コメント