上司に嫌われているサインはこれ!上司に嫌われていると多大なリスクが…

転職する40代エンジニア 上司との人間関係

会社において、上司と部下の関係というのは、もはや家庭内における親子のようなものです。

もし上司に嫌われてしまったなら、会社での立場はかなり弱くなってしまうことでしょう。

まともな評価を受けることはできず、普段から会話もままならず、時には仕事にも悪影響が出るかもしれません。

仕事で成果を出しても、大した評価は受けられず、逆になにか失態を犯そうものなら、鬼の首を取ったように吊るし上げられることでしょう。

上司に嫌われているサインを理解して、現時点どの程度嫌われているかもきちんと把握した上で、「これからどうするべきか」をよく考えて適切な対処法を取りましょう。

誰に嫌われているのもそれなりのリスクがつきまとうものですが、中でも上司に嫌われているのは、それだけでかなりリスクです。

上司に嫌われているサイン

さっそく、上司に嫌われているとどんなサインを見ることになるのか。

上司から嫌われているサインを具体的に学んでいきましょう。

話しかけても無愛想

わかりやすく嫌われているサインがこの「話しかけても無愛想」というサインです。

世間話でも仕事の話でも、話しかけても対応がそっけない、時には無視されてしまうようでは、それはわかりやすく嫌われています。

一度だけなら、期限が悪かったとかで片付く問題ですが、いつもいつもとなるとそれは嫌われていると考えて間違いないでしょう。

自分の行動だけ管理されている

職場の他のメンバーはそんなことないのに、自分だけ逐一行動、仕事を管理されているようでは、それは上司に嫌われているサインかもしれません。

もし上司に嫌われていないなら、上司は部下に仕事を任せてくれるはずだからです。

逐一管理されて、作業に細々文句を言われるようであれば、それは上司から嫌われているサインかもしれません。

簡単な仕事しか振らない

仕事を割り振るのが上司の仕事ですが、上司から振られる仕事が不自然なくらいに簡単な仕事だったとしたら、それは嫌われているサインかもしれません。

上司から目をかけられている部下だったとしたら、多少難しい仕事を任せることで、部下の成長を促そうとするはずなのです。

誰でもできる簡単な単純作業ばかり任せてくるのは、上司から嫌われているサインかもしれません。

面倒な仕事ばかり任される

簡単な仕事ばかり任せてくるのと反対に、面倒な仕事ばかりさせてくるのも、もしかすると上司から嫌われているサインかもしれません。

誰もが面倒だと感じるような、面倒くさい仕事ばかり押し付けてくるのも、上司から嫌われているサインかもしれません。

面倒事ばかり押し付けてくるなんて、いやみったらしい上司ですよね。

フィードバックがない

なにか仕事したとして、その仕事に対して一切フィードバックがないとなると、それも上司から嫌われているサインかもしれません。

上司からのフィードバックがあってはじめて、仕事にやりがいが生まれて、社員の進歩にもつながるものです。

ところが、上司からのフィードバックが一切ないとなると、それはあからさまに嫌われているサインでしょう。

フィードバックがなくても進む仕事ばかり任されている時点で、上司から「お前は必要ない」というシグナルとも読めます。

あなたの未来にも関心がないということで、嫌われているサインとしてはかなり濃厚なラインでしょう。

こちらを見ない

上司があなたを見ないで、目も合わせてくれないとなると、嫌われているサインとして有力です。

自分のこととして考えてください。

嫌いな人のことは全然見たくないですよね。

逆に好きな人は、無意識にでも目で追ってしまいませんか?

「こちらを見ない」
「目を合わせよとしない」

のは、少しあからさますぎる上司から嫌われているサインかもしれません。

嫌われているのは上司のせい?

そもそも嫌われているとして、それは上司のせいなのか、それともあなた自身に責任があるのかで、まったく話が変わってきます。

嫌われているサインを受け取ってしまうと、ついつい「なんだアイツ」と敵意を向けてしまうでしょうが、一旦冷静になり責任の所在を考えるのも大切です。

どこに責任があるのかで今後の対処法が変わる

責任の所在、そもそも嫌われている原因があなたにあるのか上司にあるのかで、今後の行動が変わってきます。

原因がわかってはじめて、その原因を解決するために行動できますから、現在陥っているそのダウナーな空気を振り払って、その後実際に動き出すことにしましょう。

上司に嫌われているサインを感じたときの対処法

それではここからは、上司に嫌われているサインを見つけてしまったあなたが、今後やるべき対処法を一つずつ具体的に紹介していきます。

繰り返すようですが、上司に嫌われている現状は、そのままにしておくべきではありません。

あまりにもリスクが多すぎるからです。

そのリスクヘッジのためにも、正しい対処法を行っていきましょう。

自分の行動を見直してみる

まずは上司に嫌われているその理由を明らかにしていきましょう。

上司に嫌われているサインが出ているその理由を明らかにするためには、まず自分の行動を見直して、自分の行動のなかに上司が不快に思うポイントが無かったかどうか。

それをよく考えてみてください。

自分の行動を見直すところから、まずは解決を目指してください。

誤解があれば誤解を解く

上司から嫌われているのは、なにか誤解によるすれ違いということはないでしょうか。

誤解が原因で上司から嫌われていると感じるなら、その誤解を解くところが一番大切です。

その認識がすれ違う原因となる事柄について、上司と二人でよく話し合うこと。

まるできつく結んだ紐の結び目を解いていくような話し合いだけが、今後の上司との関係性をよくするための対応策です。

媚びる

媚びて、上司から嫌われないようにするのではなく、「好かれる」方向性に寄せるという方法もあります。

媚びると聞くとなんだか嫌な空気が漂いますが、ようは「上司に気に入られる」ということです。

あなたが上司から好かれるように働きかけることで、上司もあなたが変わったという印象を受けて、一気に関係が良くなるかもしれません。

自分の行いを見直して「媚びる」方向性に起動を修正する、という選択肢も一つあることを知っておきましょう。

仕事は仕事、上司から嫌われていることを我慢する

極端な話ですが、「上司から嫌われているサイン」を見ても我慢する、というのも一つの手です。

仕事は仕事、上司は所詮仕事上の付き合いだけ、という考え方で生活することで、上司から嫌われているストレスを軽減するという方法です。

確かに上司から嫌われていると様々な嫌な目にあうでしょう。

しかしそれも自分の受け止め方しだいでどうにでもなります。

とはいえ「上司から嫌われているサイン」を放おっておくのは、昇進の道を半ば諦めることにもなります。

上司から嫌われていようがなんだろうが、自分の実力のみで昇進する、くらいの自信があるかたのみに許された方法かもしれません。

正面からぶつかる

どれだけとっつきにくい上司だったとしても、こちらから正面からぶつかれば、態度を変えてくれるかもしれません。

腹をくくって、正面から上司と向き合うのです。

まずは「私のどんなところが気に食わないのでしょうか」と聞いて、「嫌われていると、仕事もしにくいです。具体的に嫌いな部分を言っていただければ、自分で努力して直します」と伝えてください。

これだけ誠意を持って伝えれば、どれだけ堅物な上司でも、「そこまで言うのなら…」と態度を改めてくれることもあるはず。

最初は正面からきたあなたを煙たがることもあるかもしれませんが、徐々に態度を柔らかくしてくれるでしょう。

最初から嫌われないに越したことはありませんが、私の経験で言っても十人中十人に好かれるのは不可能です。

一度嫌われてしまったのなら、正面からぶつかるというショック療法を試してみるのも一つの手です。

転職する

もういっそ、上司から嫌われているなら、上司のいない職場に移るという手もあります。

働く環境をまったく別の場所に変えてしまうことで、上司から嫌われているサインにも悩む必要がなくなります。

職場の人間関係を苦に転職する人は多いです。

どうしても上司との人間関係を良くできないと思ったときに限り「転職する」という選択をしてください。

職場で孤立して居場所がない…どうして孤立しているのか?今度どうすればいいのか?
普通の社会人ならば、職場は1日のうちで多くの時間を費やす空間です。 そんな多くの時間過ごす空間である職場で孤立したとしたら。 それはかなりのストレスだと、想像するのは難くないはず。 しかしそうした「孤立」には、必ずなんらか...

転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するべき

転職する、と決めた方には転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントにはキャリアアドバイザーがおり、転職活動における様々な相談に乗ってくれます。

「前職は上司との人間関係に悩んだ」と伝えることで、次は上司と関わる分野が少ない仕事を紹介してくれるはずです。

特に転職活動に慣れてない方は、転職エージェントの活用をおすすめします。

利用者が選ぶ!おすすめの転職エージェントランキング
「転職活動は転職エージェントを使ったほうが効果的」 なんて意見をネット上では多く目にします。 実際転職エージェントには、求職者を助ける多くのメリットがあります。しかし、転職エージェントの種類は多く、どれに登録して転職活動を進めれ...

上司に嫌われるリスクは大きい

改めて、上司から嫌われてしまうリスクについて今一度考えてみたいと思います。

同僚に嫌われるより、先輩、後輩に嫌われるより、上司に嫌われてしまうのが、社内で仕事がしにくくなることもあり、よりリスクが大きくなります。

ここで今一度上司から嫌われるリスクについて考えることで、より真剣に将来のことを考えることができるはずです。

あなたの思っている以上に、上司から嫌われるのは良いことではないのです。

特に出世へのリスクは甚大

上司から嫌われてしまうと、特に出世に響きます。

社内の評価というのは、数字で出る成果ももちろんのこと、単純に上司からどれだけ評価されているかというところが大きいです。

上司に気に入られてないと、仕事でパフォーマンスを発揮できなくなり、パフォーマンスを発揮したとしても上司の評価にはつながらず、給与やボーナスの査定に響き、生活にそのまま直結します。

家族や友人との人間関係と異なり、かなり大きな働きかけがないと解決するのが難しい「上司との人間関係」。

なるべく穏便に、それでいて確実に関係を修復できるようにしましょう。

「上司から嫌われているサイン」は投影ではないですか?

上司から嫌われているサインを受け取った時考えるべきなのが、「その嫌われている印象は、あなたの投影ではないか」ということです。

あなたが「上司が嫌い」という気持ちを持って上司と接していると、あなたのその嫌い、という気持ちが鏡で反射するようにあなたに帰ってきて、結果的に「嫌われている」という印象を受けているだけかもしれないのです。

自分の気持ちか、相手からの真の気持ちかしっかり理解することが、上司との人間関係を解決する糸口です。

あなたが上司を嫌っているのでは?

あなたが上司が嫌いなだけかもしれません。

とはいえ人と人の相性というものがあります。

こちらからいくら働きかけても、お互いに好きになれない人というのはいます。

「上司が嫌いすぎる」のは転職する理由になるか?嫌いな上司の対処法
誰しも会社で働いている会社員ならば、「上司が嫌いすぎる」と思うこともあるのでは。 たとえ働き始めた当初は好きだった上司でも、何かの表紙に「嫌いすぎる」と思うことも出てくるでしょう。 または、会った当初からずっと嫌いで、しばらく話...

上司に嫌われているサインまとめ

いかがだったでしょうか。

今回私は、「上司に嫌われているサイン」についてお話しました。

上司に嫌われてサインは、上司の態度などで簡単に見抜くことができます。

問題は、そのサインを見たときに自分がどんな対応をするか、適切な行動を取れるかということです。

もちろん、上司との人間関係において、原因が自分にあるのか相手にあるのかを正しく理解するのも大切です。

コメント