女性から人気を集める仕事とは?人気の職業に転職するコツとは?

転職コラム

社会人にとって「仕事」は、一日の大半を過ごす重要な人生のファクター。

自分がどの仕事を選ぶのかで、その人の人生の大部分が決まってしまいます。

現在の仕事に満足していない女性なら、「転職」が頭によぎるはずです。さて、誰しも「自分にあった働きやすい仕事に就きたい」と思っているはず。今の仕事に満足してないならなおさらです。

今回は転職を考えている女性のために、女性から人気を集める仕事、転職のきっかけ、転職のベストタイミングなど、あらゆる情報をご紹介します。

女性が転職を考えるきっかけは?

まずは、女性が転職を考えるきっかけから調べて生きましょう。

女性はどんな時、「仕事を変えたい」と思うのでしょうか?

人間関係がつらい

仕事をするうえで「人間関係」の問題は外すことができません。

同僚との関係だけでんかう、上司が合わない、気に入らないという「会社全体」の人間関係に問題を感じている女性がとても多いです。

そもそも人間が抱える悩みは大きく2つだと言われています。それは「人間関係」と「お金」です。

お金に問題を感じてない方ならなおさら、人間関係で悩む人の数は多くなりますよね。

セクハラ・パワハラを受けた

これも女性ならではの悩みです。

上司からのセクハラ、パワハラを苦に「転職したい」と思う女性はまだまだ多いです。

以前より減ったとはいえ、まだまだ社員にセクハラをはたらく上司は後を絶ちません。

これも「人間関係」の悩みに含まれるかもしれませんね。

キャリアアップしたい

現代社会は、女性でもバリバリ働く時代です。「今の仕事よりもっとやりがいある仕事がしたい」というキャリアアップ目的で転職する女性も少なくありません。

仕事内容、環境、年収を良くしたいという、前向きな理由で転職する女性も少なくないということですね。

仕事量が多すぎる

仕事量が多すぎるという、仕事を減らすための転職を行う女性も多いです。

これは「仕事だけなくプライベートも充実させたい」と考えている女性が多いことを表しているのかもしれません。

やりがいを感じない

事務職など、コツコツ地道に行う仕事にやりがいを感じなくなる女性も多いです。

仕事はどうしても「適正」があり、適正のない仕事についていると、どうしてもそこに「苦痛」を感じてしまうものです。

自分にあった仕事につくことで、成果を上げやすくなり、結果的に自分の幸福度を上げることにもつながります。

女性が転職で重視するポイント

女性はどんなところを重視しながら仕事するのか?

そこにも注目してみましょう。

好きを仕事にする

女性の多くが「好きを仕事にしたい」と思っているものです。

「好き」ということは、「得意」ということとイコールなはず。

得意なことを仕事にすることで、仕事から満足度を得られるでしょう。好きを仕事にするにはまず、「自分の好きなことは何か?」という、自己分析から始める必要がありそうです。

専門性が身につく

女性は、「未来」を見通して仕事する人が多いです。

たとえ今後転職を繰り返したとしても、食いっぱぐれることのない「つぶしの効くスキル」を欲しがる女性は多いのです。

そのため、「専門性の高い仕事」へ転職する女性も多いです。

コツコツがんばる

女性は男性より地道な作業が得意だと、昔から言われています。事務職に就いている女性が多いのも、そんな女性が「コツコツがんばるのが得意」なことの表れですよね。

たとえば、現在自分が作業量が多く、多くのことを考えることを強いられる仕事についていたとしたら、職業適性によっては「地道な作業」に憧れる女性もいるかもしれません。

女性に人気の仕事

それでは具体的に、女性から人気を集める仕事の種類を調べてみましょう。

一般事務

「女性から人気の仕事」といえばやはり「事務職」でしょうか。

医療事務、一般事務、営業事務など、事務職の種類も多彩です。事務職の良いところはやはり「ワーク・ライフ・バランス」がとりやすいことです。

残業は少なく、土日祝休み、休日出勤もない…なんて仕事が多いですよね。

旅行企画・ツアーコンダクター

旅行にいくのが趣味、なんて女性も多いですから、「旅行企画」や「ツアーコンダクター」に憧れる女性も多いのではないでしょうか。

新しい旅行のプランを考えるのが旅行企画、ツアーに同行して旅人を案内するのがツアーコンダクターです。

これぞ「好きを仕事にする」の代表格。適正があれば、旅行関係の仕事で大活躍できるはずです。

営業職

「バリバリ働く」仕事の代名詞が「営業職」です。

比較的経験や学歴が求められない営業は、女性でも転職しやすいです。未経験歓迎の営業職から徐々にキャリアアップも狙える仕事も多く、募集している企業の規模も中小から大企業まで様々なのも魅力の一つです。

エンジニア職

「専門性が身につく」のがエンジニア職です。

最近はIT業界がとにかく人手不足で、猫の手も借りたい状況です。

女性でも簡単に転職できるはず。未経験もSEに転職することは可能です。なるべく若いうちに、企業から伸びしろを感じてもらえるうちに転職するのがおすすめです。

フラワーコーディネーター

 
これも「好きを仕事にする」部類でしょうか。

フラワーショップで働き、花、インテリア、雑貨を販売する仕事がメインです。販売だけでなく、店のディスプレイや在庫管理なども行う、「フラワーショップの中の仕事全般」を扱います。

フラワーコーディネーターは、商業施設やイベントに置く花をアレンジして、空間を演出するのが仕事です。

転職するのはいつがベスト?

いざ転職すると言っても、転職する時に最適な時期があります。

転職後の仕事や、現在の状況によって転職のベストタイミングは変わります。少し具体的にみてみましょう。

資格習得後

経理など、資格の有無で仕事内容や給与が変わる仕事に就いているなら、「資格取得後」の転職をおすすめします。

在職中は資格習得に集中して、資格をとったタイミングで転職すれば、転職活動自体の難易度も下がりますし、転職した後の環境も変わります。

昇進前

昇進を持ちかけられたとしても、その昇進に乗り気でないなら、いっそ転職してしまうのもアリです。

昇進前に転職を申し出たほうが、「人税育成プラン」を考えた企業側としても助かります。

しかし、キャリアアップを考えた転職ならば、昇進後しばらく実績を積んだほうが有利という見方もできます。

ライフステージが変わるタイミング

ライフステージが変わったタイミングで転職する女性も多いです。

結婚、出産その他のタイミングで、自分のライフステージに合わせた仕事に転職する女性も多いです。

ライフステージを優先する女性が重視するのは、何より「ワーク・ライフ・バランス」です。

やりがい、キャリア、年収ではなく、一番は「プライベート、生活と両立出来る仕事」を何より求めているのです。

女性の転職に年齢はどれくらい関係するのか?

特に20代の女性なら、転職する段階の年齢がとても重要になってきます。

企業としては、入社後すぐに辞めてもらっては困ります。ということで、20代後半以上の女性を再夜するのに二の足を踏みます。

女性が転職を考えたとしたら、早めの行動に踏み切ることをおすすめします。

自分の中で転職の優先順位を決めて、早め早めの行動に動き出してください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職を希望する女性から人気を集める仕事。そしてその仕事に転職するためのコツも紹介しました。

女性が転職するときは、仕事内容だけでなく、様々な要素を同時並行で考えなくてはなりません。

転職は人生の中でも一大イベントです。ぜひとも、慎重に動いてください。

転職を考えた女性におすすめ!人気の転職サイト/ランキング
現在転職を検討している女性のみなさん。 どういった手順を踏んで次職を見つけようと考えているでしょうか?ハローワーク?知り合いの紹介?それとも、転職サイトですか? やはり今どきの転職活動は、転職サイトを使って進めるのが一般的。しか...

コメント