女性が稼げる仕事15選!未経験・無資格でも始められる仕事や転職のポイント

女性が稼げる仕事15選!未経験・無資格でも始められる仕事や転職のポイント-アイキャッチ 転職コラム

「女性でも稼げる仕事に転職したいんだけど、どんな仕事があるのかな?」
「資格や経験がない女性でも、今より稼げる仕事ってある?」

最近は女性が活躍する会社も増え、仕事における女性の選択肢も広がっています。

その中で将来のキャリアを考え、稼げる仕事に就きたいと考える女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、女性が稼げる仕事を15選紹介します。

記事の後半では、女性が稼げる仕事に転職する方法や気をつけるべきポイントも詳しく解説しています。

女性の稼げる仕事に関するよくある質問もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 女性が稼げる仕事15選!
    1. ①保険外交員
    2. ②不動産営業
    3. ③マスコミ業界
    4. ④システムエンジニア
      1. システムエンジニアの転職におすすめの転職サービス
        1. レバテックキャリア
        2. ワークポート
    5. ⑤士業の事務所
    6. ⑥Webマーケター
    7. ⑦MR
    8. ⑧カスタマーサポート
    9. ⑨Webデザイナー
    10. ⑩ネイリスト
    11. ⑪エステティシャン
    12. ⑫キャリアコンサルタント
    13. ⑬大学職員
    14. ⑭社会保険労務士
    15. ⑮税理士
  2. そもそも女性の平均年収ってどれくらい?
    1. 女性が稼げる仕事の特徴って?
  3. 女性が稼げる仕事に転職する方法やコツを紹介!
    1. 働きながら慎重に転職活動を行う
    2. 転職先に有利な資格をとる
    3. 経験を積んで手に職をつける
  4. 女性が稼げる仕事に転職する際に気をつけるべきポイントを解説!
    1. 女性が働きやすい制度が整っているか
    2. 仕事内容や給与面で男女格差がないか
    3. 給与以外の条件は問題ないか
    4. 転職難易度を考慮できているか
  5. 女性の稼げる仕事に関するよくある質問
    1. 女性が転職以外で年収を上げる方法ってある?
    2. 女性が稼げる仕事に就くメリットって何?
    3. とにかく稼ぎたい女性におすすめの資格ってある?
    4. 稼げる仕事が向いている女性の特徴は?
  6. 女性が稼げる仕事に転職するなら転職エージェントがおすすめ!
    1. doda:多くの求人から転職先を選びたい方向け!
    2. ビズリーチ:ハイクラス求人で年収アップを目指したい人向け!
  7. 女性が稼げる仕事は多い!
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ビズリーチの無料登録へ

女性が稼げる仕事15選!

女性が稼げる仕事は、無資格や未経験で始められるものから、国家資格が必要になる仕事まで幅広くありますね。

ここでは、未経験や無資格の女性でも始められる仕事を多く紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

今回紹介する女性が稼げる仕事は以下の15選です。

女性が稼げる仕事

  1. 保険外交員
  2. 不動産営業
  3. マスコミ業界
  4. システムエンジニア
  5. 士業の事務所
  6. Webマーケター
  7. MR
  8. カスタマーサポート
  9. Webデザイナー
  10. ネイリスト
  11. エステティシャン
  12. キャリアコンサルタント
  13. 大学職員
  14. 社会保険労務士
  15. 税理士

ではそれぞれの職業について詳しく解説します。

給料が高い女性の仕事TOP5!女性の平均年収276万円は高いといえる?

①保険外交員

転職を検討する女性

保険外交員とは、主に保険会社や保険代理店などに勤務し、保険商品の提案や契約などを行う仕事です。

契約後のお客さまのサポートも業務内容の1つで、提案から契約後まで一貫して業務があります。

対応するお客さまは個人や法人で、一人一人のお客さまのニーズに合った保険商品の提案やコンサルティングが主な内容です。

お客さまとのコミュニケーションが大切になりますが、成績を上げられれば女性でも十分に稼げる仕事です。

保険外交員として働くために必要な資格は入社後に取得するため、未経験の女性も問題なく入れます。

また、保険外交員は生保レディとも呼ばれるとおり女性が多く、育休や産休制度も充実しています。

そのため女性が働きやすく、成績を出せば女性でも稼げる仕事ですよ。

保険外交員の平均年収は400万円程度と言われていますが、営業成績によって更に年収を上げられますよ。

②不動産営業

不動産営業とは、戸建て住宅やマンションの販売や賃貸住宅の仲介など、不動産を買いたい方や借りたい方に物件を紹介する仕事です。

不動産営業で扱う不動産は幅広いため、お客さまと紹介する物件によって、働き方や提案方法も異なります。

基本的な業務内容は、アポ取りや商談、契約といった流れで進みます。

ちなみに女性で不動産営業をする場合は、比較的始めやすい賃貸仲介営業が多いですよ。

不動産営業はお客さまと上手にコミュニケーションを取る必要がある仕事なので、女性にも向いていますね。

不動産営業の平均年収は400万程度ですが、成績を出せば女性でもより稼げる仕事です。

女性客には女性の営業員をあてることもあるので、女性の需要も高いでしょう。

不動産は非常に多いので働き先も見つけやすく、未経験でも始められる仕事なのでおすすめですよ。

③マスコミ業界

仕事に打ち込む女性

マスコミ業界とは主に以下の4つに分けられます。

  1. 放送
  2. 新聞
  3. 出版
  4. 広告

上記の中でも放送業界は高収入と言われていますが、特に大手のテレビ局であれば年収が1,000万円を超えることが多いです。

放送業界が地方企業か大手企業化で年収に差は出ますが、どちらにせよ平均年収は比較的高くなっています。

テレビ局での仕事内容は、番組編成や記者、番組制作に関わるスタッフなどあらゆる種類があります。

放送業界では、未経験でも可能で必要となる資格もないので女性でも始めやすいでしょう。

特に20代であれば転職にも有利ですよ。

しかし人気が高いので就職倍率も高く簡単に入れるわけではないので注意が必要です。

④システムエンジニア

オフィスで笑顔の女性

システムエンジニアとは、顧客の要望を聞き出し情報システムの設計を作る仕事です。

しかし企業やチームによって仕事内容は異なるので、気をつけましょう。

システムエンジニアとはSEとも呼ばれる仕事で、主に開発の上流工程を担います。

将来性も高い職業で平均年収は570万円程度です。

特に最近では女性のシステムエンジニアも増えていて、仕事内容に男女差がないため女性が稼げる仕事と言えるでしょう。

システムエンジニアというと難しいイメージもありますが、未経験や文系出身でも始められることが多いです。

入社後の研修で必要な知識を基礎から教えてもらえるため、知識が少なくても問題ありません。

また、システムエンジニアは結婚や出産後も働きやすい環境が整っているので、女性が稼ぎながらも長く働けますよ。

システムエンジニアの転職におすすめの転職サービス

レバテックキャリア

求人数約3500件
対象エリア全国
総合評価4.5
スタッフの質5.0
地方求人4.0

レバテックキャリアに掲載されている求人は、ハイクラス向けの好待遇のものが多いのも特徴です。

今よりもさらに年収や待遇がいい職場に転職したいと考えている人にはぴったりのサービスです。

3分で登録完了!

レバテックキャリアの評判はやばい?真相と口コミの傾向を徹底解説

ワークポート

求人数約5万件
対象エリア全国
総合評価4.5
スタッフの質5.0
地方求人4.0

ワークポートは未経験からでも利用できるITやWEB系の転職エージェントとして有名です。

他業種からITやWEB業界に転職したいと考えている方はぜひ登録してみてくださいね。

IT業界への転職におすすめ!

ワークポートの評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析

⑤士業の事務所

転職のポイントを指す女性

士業には主に以下があります。

  • 弁護士
  • 弁理士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 税理士

上記のような士業の事務所は事務職や営業職を募集していることがあります。

士業事務所の事務職などは未経験でも可能なことが多く、必要となる資格もないため大きな事務所であれば女性でも稼げる仕事です。

基本的なパソコンスキルや対人スキルがあれば問題ない仕事内容が多いので、安心しましょう。

しかし大手士業事務所への就職は倍率が高くなりがちなので、簡単に入れない可能性も高いです。

事前に倍率や自分の入りたい事務所について詳しく調べておくことが大切ですよ。

⑥Webマーケター

Webマーケターとは、サイトやSNSを活用して行われるマーケティング業務全般を行う仕事です。

マーケティングとは商品を売るための業務で、目的に応じた広告宣伝や販売戦略も行います。

Webマーケターには男性が多いと思われがちですが、取扱商材によって女性が向いている事案も多いので、女性でも稼げる仕事です。

他の業界に比べて在宅ワークも増えているので、ライフイベントが多い女性が働きやすいでしょう。

Webマーケターの平均年収は業界や経験、スキルによって異なりますが530万円程度といわれています。

ウェブ上の集客は常に需要が高く、IT化が進む現代においてなくなることがない安定した仕事です。

そのため、自分に合わせた働き方で長期的に稼げますよ。

Webマーケターは未経験や無資格から始められることが多いので、実務経験を積むようにしましょう。

⑦MR

MRとは医療情報担当者といい、医師や薬剤師に対して自社の医薬品の情報を伝える仕事です。

自社の医薬品について品質や有効性などを伝えることで、売り上げに繋げる仕事なので販売営業ではなく説明が中心となります。

MRの平均年収は732万円でボーナスは合計平均が200万円を超えると言われています。

そのため、営業系の職種の中でも上位で稼げる仕事です。

MRは女性が働くには厳しいというイメージももたれがちですが、直行直帰を認めている企業も多く、育児のサポート制度も整っています。

そのため、比較的自分のライフスタイルに合わせた働き方がしやすい職業ですね。

MRは未経験や無資格でも始められる職業で、文系出身で活躍している方も多いです。

就職してからMR認定試験という資格を取る必要があり、最初の内は勉強が必須ですが女性が働けるチャンスも十分にありますよ。

⑧カスタマーサポート

カスタマーサポートとは、既存顧客のサポートを行う仕事です。

詳細な仕事内容は企業によって異なりますが、基本的に顧客からの質問や相談などの窓口業務を行います。

よく間違われるコールセンターとの違いは目的や対象であり、コールセンターは新規顧客も対応します。

カスタマーサポートの平均年収は450万円程度と高いため、女性が安定して稼ぎやすい仕事です。

また、残業の少なさやシフト制などから女性が働きやすい環境が整っていますよ。

カスタマーサポートは資格や経験がなくても取り組める仕事で女性の需要も高いため、比較的気軽に始められるでしょう。

最近では、在宅勤務のカスタマーサポートも増えているので、家事と両立したい女性にもおすすめですね。

⑨Webデザイナー

WebデザイナーはWebクリエイターとも呼ばれ、依頼されたWebサイトのデザインを制作する仕事です。

クライアントが求めるWebサイトを作るために、調査や構成などデザインを作るまでの過程も全て行います。

Webデザイナーは女性が多い業界であり、ライフスイベントにも柔軟に対応可能です。

在宅やフレックス勤務が増えていて、自分の生活スタイルに合わせた働きやすさは女性から人気を集めています。

Webデザイナーの平均年収は450万円程度と比較的高収入なので、女性が長く安定して稼げる仕事ですね。

未経験や無資格からも始められ、将来的にはフリーランスとしても働けるので、どんな女性も挑戦しやすいでしょう。

⑩ネイリスト

ネイリスト

ネイリストは、お客さまの爪のデザインやカラーリング、ケアなどをする仕事です。

技術面はもちろん、コミュニケーション能力やヒアリング力も必要になります。

ネイルや美容が好きな女性にとっては、自分の好きなことで稼げる仕事なので働きやすいですね。

ネイリストの平均年収は300万円程度と言われていますが、働き方によって大きく年収が異なります。

独立やオーナーも目指しやすい仕事なので、人によっては1,000万円を稼ぐことも可能です。

ネイリストは国家資格が必要なく、未経験でも始められます。

働きながら効率良く成長できる仕事なので、始めやすくあらゆる女性から人気があります。

働きながらでもネイル専門資格は取得しやすく、専門に通うことも選べるので挑戦しやすいですね。

⑪エステティシャン

エステティシャンは、お客さまへの施術やカウンセリングを行う仕事です。

エステティシャンには主に以下の種類があります。

  • ボディケア
  • フェイシャル
  • 脱毛

主な業務内容は、お客さまの相談や悩み解決のサポートやお客さまを綺麗にするための種類ごとの施術です。

専門的な知識が必要になりますが、未経験で無資格でも始められます。

働きながらあらゆる美容の知識について身につけられるので、稼ぎながら綺麗になりたい女性に人気も高い仕事です。

エステティシャンの平均年収は400万円程度と言われていますが、歩合であればより高収入が期待できます。

エステティシャンは人の手で行う仕事で需要が続くため、安定して長期間稼げますよ。

また、経験を積んで独立もできるので柔軟な働き方が可能です。

⑫キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、その名の通りキャリアコンサルティングを行う専門家としての仕事です。

主な業務内容としては、一人一人のキャリア形成に関する助言を行い、理想のキャリア実現の手助けをします。

キャリアコンサルタントは2016年に国家資格となり、厚生労働省に企業への導入を積極的に推進されている資格です。

社会的にも注目が集まっている人気の仕事なので将来性も高く、女性も多く活躍しています。

中には、女性だけのキャリサコンサルタント事務所もあり需要は高いですね。

キャリアコンサルタントの平均年収は400万程度と言われていますが、今後に期待できる仕事なので女性が安定して稼げます。

キャリアコンサルタントは経験を積んだ後に独立する方も多いので、自分に合わせた働き方もできますよ。

キャリアコンサルタントになるには国家資格が必要ですが、難易度はそこまで高くないと言われているので、未経験の方も挑戦しやすいでしょう。

⑬大学職員

仕事の確認をする女性

大学職員とは、大学に勤務し事務や広報など幅広い業務をこなして大学を運営する仕事です。

大学職員には主に「事務系」と「技術系」の仕事に分かれますが特に事務系は女性が多くなっています。

部署によっては女性が過半数を占める場合もあり、女性から人気の高い仕事だと分かりますね。

そんな大学職員は民間の会社員以上の年収の女性が多く、同世代の平均年収と比べても収入が高いです。

大学職員は年功序列の要素が強いことから、勤続年数や年齢が上がると女性でも順調に稼げます。

大学職員の平均年収は650万円程度で、役職に就けば年収1,000万円も可能であり高いことが分かります。

出産や育児のサポート体制も整っているので、女性が稼ぎながら働きやすい仕事です。

大学職員になるには職員採用試験を受けて合格する必要がありますが、合格すれば誰でもなれるチャンスがありますよ。

⑭社会保険労務士

ポイントをメモする女性

社会保険労務士とは、社会保険や労働法などの人材に関する専門家としてあらゆる指導を行う仕事です。

主な業務には人事や労務管理においての改善策の提言、医療保険や年金制度への相談などがあります。

社会保険労務士は女性が活躍するには難しいというイメージもありますが、実際女性にとって働きやすく稼げる仕事です。

特に社会保険労務士は男女での年収差が少なく、平気年収は480万円程度です。

仕事内容も性別差がなく、正社員やパートとなど働き方の選択がしやすいことから女性でも長く活躍できますよ。

また、社会保険労務士は、社会保険、労働法や公的年金の分野において唯一の国家資格なので、需要が非常に高いです。

将来的に独立開業も可能なので、自由度や年収を上げたいと考えている女性にもおすすめです。

最近では雇用問題も複雑になってきていることから、社会保険労務士のニーズは高く将来性もありますね。

⑮税理士

総合人材_女性と男性二人01

税理士とは、法人や個人の確定申告などの税務を納税者の代わりに行う仕事です。

税務に関する相談を受けることや会計処理のサポートといった業務も行います。

士業の中でも税理士は働き方が柔軟なので、キャリア分断がある女性でも働きやすく稼げますよ。

女性税理士の平均年収は803万円といわれていて、需要も高く将来的に独立も可能なので稼ぎに困ることはないでしょう。

税理士になるには税理士試験に合格し実務経験を2年以上積む必要があるので、すぐに転職したい女性には向いていません。

長期間かけて稼げる仕事を始めたいと考えている女性にはおすすめですよ。

また、企業によっては、税理士に資格を取ることで社内評価や給料が高くなることもあるので、事前に確認してみましょう。

そもそも女性の平均年収ってどれくらい?

これまで女性が稼げる仕事を紹介しましたが、そもそも稼げることの基準が分からない方も多いのではないでしょうか。

国税庁の民間給与実態統計調査によると、令和元年の女性給与所得者の平均年収は296万円となっています。

上記の中で正規雇用の女性社員の平均年収は389万円です。

そのため年収が400万円を超えていれば、平均年収よりは稼いでいると言えるでしょう。

特に女性で500万円を超える仕事であれば、高収入となります。

今回紹介した仕事は基本的に平均年収より稼げる仕事であり、高収入の仕事も多いですよ。

とにかく稼ぎたいという女性は、平均年収を参考にして仕事を探すこともおすすめです。

女性が稼げる仕事の特徴って?

上記では女性の平均年収を紹介しましたが、女性が稼げる仕事に共通する特徴を知っておきたいですよね。

女性が稼げる仕事の特徴としては、女性ならではの感性をいかせる内容が多いです。

例えば美容に関する仕事であれば、女性の感性でお客さまに満足してもらえることが多いですね。

また、女性相手の方が相談しやすい、話しやすいという方も多いと思います。

今回紹介した仕事であれば、カスタマーサポートやキャリアコンサルタントなども当てはまりますね。

ちなみに業界で考える女性でも稼げる仕事としては、IT業界が多いです。

ITは需要が高まっている業界でもあり、男女によって仕事内容の格差も小さく女性が働きやすいでしょう。

男女別に儲かる仕事ランキングを紹介!転職して年収アップを目指そう

女性が稼げる仕事に転職する方法やコツを紹介!

ポイントをいう女性

これまで女性が稼げる仕事を紹介しましたが、実際に転職する方法やコツを知りたいですよね。

女性が稼げる仕事に転職するには以下の方法やコツがあります。

女性が稼げる仕事に転職する方法

  • 働きながら慎重に転職活動を行う
  • 転職先に有利な資格をとる
  • 経験を積んで手に職をつける

働きながら慎重に転職活動を行う

転職活動をする際に重要なことは、働きながら行うことです。

中には仕事を辞めないと転職活動をする時間がない、仕事を辞めて転職活動に集中するべき、と考える女性も多いですよね。

しかし働きながら転職活動をすることで、心に余裕を持った活動が可能になり就職先も吟味できます。

仕事を辞めてしまうと離職期間ができるため、焦りや不安から就職先を妥協しがちです。

女性が稼げる仕事に転職するのであれば、妥協せず時間をかけて転職活動を行いましょう。

また、転職エージェントを活用し相談することもおすすめですよ。

働きながらであれば安定した収入を維持しつつ、やっぱり転職をやめるという決断もできるので選択肢も広がりますね。

一般的に転職活動は3ヶ月かかると言われているので、情報収集や自己分析に時間をかけて失敗を防ぎましょう。

転職先に有利な資格をとる

女性が稼げる仕事に就職したいのであれば、転職を考えている業界においていかせる資格を取ることもおすすめです。

資格を取ることで、希望できる転職先は一気に広がります。

資格取得には時間がかかりますが、転職でアピールポイントになるだけでなく、給料が高くなることも多いです。

特に稼げる職業であれば競争倍率の高さや価値の高さが見込まれるので、資格を持っておくと安心でしょう。

転職のために資格を取る場合は、普段からすきま時間など有効活用して勉強に取り組むことが重要です。

就きたい職種に資格が必要なのか見極めて、自分に合った勉強法で短期間での資格取得を目指しましょう。

まずは資格試験日を把握し、1日何時間勉強すれば良いか計画を立てることが必要ですよ。

本当にオススメの稼げる資格ランキング!給料が多い仕事に就きたいなら資格取得だけが選択肢ではない!

経験を積んで手に職をつける

資格を取らなくても手に職をつけることは可能です。

特に今働いている業界と転職先の業界が同じであれば、今のうちにスキルや専門的な知識を身につけるようにしましょう。

どんな業界でも実務経験は重要であり、時には資格よりも重視されます。

資格取得がどうしても難しいという方は、自分の就きたい職業に関連する経験を積むと良いでしょう。

働きながら手に職をつけるのであれば、副業を始めることがおすすめです。

副業を始めることで、手に職をつけるだけでなくより稼ぎも増やせます。

副業には種類が多いので本業に差し支えがない程度で、自分に必要なスキルを身につけましょう。

女性が稼げる仕事に転職する際に気をつけるべきポイントを解説!

転職を検討する女性

稼ぎたいという気持ちで仕事を探していると、他のポイントを見落としてしまい失敗することも多いです。

そこでこのトピックでは、女性が稼げる仕事に転職する際の気をつけるべきポイントについて、以下を紹介します。

女性が稼げる仕事に転職する際の気をつけるべきポイント

  • 女性が働きやすい制度が整っているか
  • 仕事内容や給与面で男女格差がないか
  • 給与以外の条件は問題ないか
  • 転職難易度を考慮できているか

女性が働きやすい制度が整っているか

女性には、結婚や出産、育児などライフイベントが多いですよね。

ライフイベントがあると仕事との両立が難しく、キャリア分断せざるを得ない可能性もあります。

稼げる仕事に就いて着実にキャリアアップを目指すのであれば、女性のライフイベントに理解がある仕事を選びましょう。

女性に向けた制度が整っていれば、女性も安心して長期間働けます。

キャリアが途切れないことで、重要なポジションを任されるチャンスも増えるのはありがたいですね。

最近では育児期間などに柔軟な働き方を選べる仕事も多いので、ライフイベントとキャリアを両立できる仕事なのか考えましょう。

どれだけ稼げても、ライフイベントに割く時間がない仕事や辞めなければならない仕事は割けることがおすすめです。

仕事内容や給与面で男女格差がないか

仕事内容や給与面において、男女格差がないかも確認しましょう。

主な男女格差には平均年収の差がありますが、他にも女性だと管理職につきにくいことや女性と男性で任される仕事が異なる場合があります。

女性でも活躍できる場が整っているのかは重要です。

長期的に考えて収入を上げられるのか、理想のキャリアプランは実現できるのか、見極めましょう。

また、会社の面接時や体験入社の際に社風を見ておくことがポイントです。

社風を見ることで、女性でも活躍できているのか男性中心社会なのか、なんとなく把握できますよ。

給与以外の条件は問題ないか

女性が稼げる仕事に就く際は、給与面以外の条件も見落とさないように気をつけましょう。

給与面のみで決めてしまうと、入ってみると想像と違い仕事が辛くなる可能性もあります。

主に給与面以外で見るべきポイントは以下の通りです。

見るべきポイント

  • 福利厚生が整っているのか
  • 仕事内容は自分に合っているのか
  • 将来性がある仕事や業界か
  • 理想のワークライフバランスが実現できるか

働く上で稼げるのかは非常に重要ですが、継続できないと意味がありませんよね。

稼げる仕事に就き安定して長く働くためには、上記のポイントも確認することが重要です。

特に将来性がない仕事であれば、最初は稼げても業績不振に陥り倒産してしまうなんてこともあります。

特に最近はAIの発達などで脅かされている業界もあるので、長い目で見て需要があるのか、なくならない仕事なのか見極めましょう。

また、事前に理想のワークライフバランスややりたい仕事を明確にすることがおすすめですよ。

転職難易度を考慮できているか

女性が稼げる仕事は、転職難易度が非常に高い場合が多いです。

そのため自分にぴったりの稼げる仕事を見つけたとしても、簡単に転職できないと考えておきましょう。

転職活動には時間がかかること、不採用になる可能性もあることの把握が必要です。

場合によっては不採用が続くこともありますが、自分に何が足りなかったのか考えて次の面接にいかしましょう。

転職活動中に受ける企業はできるだけ増やして、エントリーすることがおすすめです。

また不採用が続くとどうしても妥協しがちですが、妥協や焦りで決めた仕事は後悔することも多いので気をつけましょう。

転職活動には細かい情報収集や自己分析が必要なので、事前準備を怠らないことが大切ですよ。

女性の稼げる仕事に関するよくある質問

考える女性

このトピックでは、女性の稼げる仕事に関するよくある質問について以下の4つを紹介します。

よくある質問

  • 女性が転職以外で年収を上げる方法ってある?
  • 女性が稼げる仕事に就くメリットって何?
  • とにかく稼ぎたい女性におすすめの資格ってある?
  • 稼げる仕事が向いている女性の特徴は?

女性が転職以外で年収を上げる方法ってある?

女性が転職以外で年収を上げるには、資格取得がおすすめです。

会社によっては特定の資格を取ることで、給与が上がることや任される仕事の幅が広がります。

資格を取ることで、自分の持つ知識やスキルの証明になるので、昇給や昇進に繋がりやすいですよ。

転職以外で年収を上げるには一般的に昇給を目指すので、まずは役に立つ資格勉強を始めてみましょう。

また、営業などでも資格があることでお客さま相手からの信頼も得やすいので、成績にも繋がります。

歩合制の場合は成績が収入に直結するので、資格取得のメリットは特に大きいですね。

もし転職を考えることがあっても、資格があれば有利に働きますよ。

女性が稼げる仕事に就くメリットって何?

女性が稼げる仕事に就く主なメリットは以下の通りです。

  • お金に余裕があることで時間にも余裕ができる
  • 将来などお金に関する不安やストレスから解放される
  • 仕事をした分だけ稼げるのでモチベーションも保てる

お金がないと身体的にも精神的にも余裕がなくストレスを抱えることが増えますよね。

女性が稼げる仕事に就く大きなメリットは、お金の面で安心した生活が送れることです。

不安のない生活によって、心にも余裕ができるので視野も広げやすいでしょう。

また、仕事が辛くてもその分稼げればモチベーションが維持できるので、頑張れますね。

給料としての明確な数字はやりがいにも繋がるので、長く働けるでしょう。

また稼ぐために勉強やスキルを身につけることで自分も成長できるのは、嬉しいメリットですね。

とにかく稼ぎたい女性におすすめの資格ってある?

とにかく稼ぎたいのであれば、医師や弁護士などの難関資格の取得がおすすめです。

しかし難関資格は取るまでに多くの時間や費用が必要であり、いつか必ず取れるとも限りません。

そのため、できるだけ早く稼ぎたい女性や勉強が苦手な女性には向いていないので気をつけましょう。

また、とにかく稼ぐには独立もおすすめです。

独立をして上手くいくと年収1,000万円も実現できるので、独立に向いている資格取得も考えてみましょう。

独立をするのであればリスクや初期費用を考慮して、慎重に始めることが重要ですよ。

稼げる仕事が向いている女性の特徴は?

稼げる仕事が向いている女性の特徴は主に以下の通りです。

  • 責任感がある
  • 効率良く取り組める
  • 仕事が嫌いではない

稼げる仕事には仕事内容が大変な場合が多いので、上記に当てはまる女性に向いています。

責任感があれば、仕事の出来も評価されやすく取引先や上司からの信頼も得やすいでしょう。

また、効率良く取り組めることでこなせる仕事が増えるので、重要な仕事を任されるチャンスも増えます。

上記に当てはまる女性は独立も向いているので、将来的に独立するために資格を勉強することもおすすめですよ。

女性が稼げる仕事に転職するなら転職エージェントがおすすめ!

女性が稼げる仕事に転職するなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、担当のコンサルタントが希望の求人を紹介してくれます。

稼げる仕事を優先的に紹介してもらえるので、効率的な転職できますよ!

具体的におすすめの転職エージェントについて紹介します。

doda:多くの求人から転職先を選びたい方向け!

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.5
スタッフの質5.0
地方求人4.0

dodaには10万件を超える求人が掲載されていることもあり、多くの選択肢の中から転職先を選べます。

女性向けの求人も多く掲載されているため、とてもおすすめです!

最短60秒で登録完了!

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

ビズリーチ:ハイクラス求人で年収アップを目指したい人向け!

求人数約17000件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質4.5
地方求人4.5

ビズリーチはハイクラス向けの転職エージェントと言われており、年収800万円以上の案件が掲載されています。

掲載求人数は多くないものの、稼げる仕事に転職したいと考えている方にとてもおすすめです!

今よりも年収アップを狙っている方は、ぜひ利用してみてくださいね。

高年収を目指せる!

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介

女性が稼げる仕事は多い!

最近では女性の社会進出も進み、女性でも稼げる仕事は増えています。

中には未経験や無資格で始められる仕事も多く、選択肢の幅は広がっています。

しかし女性でも稼げる仕事は競争率が高いため、簡単には就けません。

稼げる仕事に就くには経験を積むことや資格取得が有利になるので、できることから始めましょう。

また就職先は年収だけで決めるのではなく、女性にとって働きやすいか、自分に合っている仕事内容かも重要です。

業界の将来性や自分の強みも考慮して、転職活動を成功させましょう。

高年収を目指せる!