仕事の適性がない?落ち込んだときに意識したいポイント

仕事のストレス

どれだけ仕事を頑張っても思うような成果を残せていない場合には、今の仕事は自分には向いていないのではないかと悩んでしまうこともあるでしょう。

同期や同僚が評価されている中、自分だけが成果を残せないことにいら立ちを抱えてしまう人もいます。

しかし、自分に向いていない仕事に就いていると感じる時には、どのように対処するのがいいのでしょうか。

そのヒントは仕事の捉え方にあります。

そこで今回は仕事の適性がない場合の、仕事に対する捉え方について詳しく解説します。

目次

適性がない=仕事ができないわけではない

仕事への「適性がない」というのは、仕事の好き嫌いとは別のものです。

また、仕事への適性がないからと言って、その仕事ができないというわけでもありません。

実際に、コミュニケーション能力が高く交渉力もある営業マンが、トップクラスの成績を上げているにもかかわらず、自分はこの仕事に向いていないと感じているケースもあるのです。

そのため、もし仕事への適性が欠いていると感じ、向いていないと思っている場合であっても、目の前の仕事を確実にこなすことで結果が出せる可能性も考えられます

仕事を好きだけで選ぶのはおすすめできない

子供の頃から夢見ていた職業や、自分が興味のある仕事に就きたいと考える人も多いでしょう。

しかし、好き嫌いだけで仕事を選んでしまうのは、おすすめできません。

というのも、好きだけで選んだ仕事が、自分には向いていない可能性もあるのです。

どれだけその仕事が好きであっても、結果が残せないことには同期にも差をつけられてしまうこともあるでしょう。

好きな仕事をしているのに失敗が続き、度々上司におこられてしまうようでは、仕事を続けるのが辛くなってしまいます。

自分の性格をよく把握することが大切

その仕事に向いていないと感じる理由は、自分の性格にある場合もみられます。

そのため、自己分析を行い、自分の考えや感性を洗い出してみるのが大切です。

自己分析はこんな時に役立つ

自己分析を行うと、自分自身をよりわかりやすく他人に伝えることができます。

また、自分の強みや弱みがわかることで、どんな仕事に向いているのかが明確になるでしょう。

さらに向いている仕事がわかることで、転職時にアピールしやすくなります。

自分自身をわかりやすく人に伝えられるメリット

自己分析を行い、自分自身を上手く他人に説明できるようになると、上司や同僚に自分の想いを伝えやすくなります。

ポイントをおさえて話ができるようになり、どうして自分がそう思うのかといった意見も伝わりやすくなるでしょう。

自分の弱みや強みが分かることで得られること

自己分析を行うと、これまで自分が気づかなかった長所や短所が見えてくることも多くあります。

自分の強みや弱みが見えてくると、自分はどのような仕事が向いているのかといった点も明確になります。

向いている仕事が分かることで強みになるポイント

向いている仕事が分かると、自分の将来設計がしやすくなります

この仕事に就きたいからこの資格を取りたいと考えることや、目指す仕事に就くために転職をするといった選択もできるでしょう。

目標ができることで、仕事へのやる気も生まれるのです。

転職活動における【自己分析】の考え方。課題解決の経験を思い返してみよう
転職活動において自己分析の有無は、その後の結果に少なからず影響を与えます。ここでは、自己分析の考え方やポイントについて解説しています。

仕事のやりがいがどこにあるのかを探る

仕事のやりがいというのは、自分の仕事を理解することで見えてきます。

そのためには、いま取り組んでいる仕事がどのような役割を担っているのかを考えてみましょう。

この仕事を続けることで、どのようなスキルや知識が得られるのかという点も洗い出しておきます。

仕事のやりがいってなに?

仕事のやりがいというのは、その仕事への満足度を表すと言われています。

満足度の高い仕事というのは一生懸命に取り組めますので、高く評価されやすいと言えます。

一方で満足度が感じられない仕事は、生産性が高められず成果が残せないことも多くあります。

やりがいはキャリアアップにもつながる

自分が希望している仕事を任され、やりがいが感じられるのであれば、成果が残しやすくなります。

周囲から認められることでキャリアアップにもつながり、さらに仕事を楽しいと感じられるようにもなるでしょう。

そのため、しっかりと自己分析を行い、自分が求める仕事をというのを洗い出しておくことが大切です。

そうすることで、仕事の適性で悩む機会も少なくなるでしょう。

楽しめるまでには時間も必要

仕事に対して楽しみが見つけられないときには、適性がないと感じてしまいます。

では、どのようにして仕事への楽しみを見つけるのがいいのでしょうか。

時間をかけてゆっくり

新しい環境に慣れるまでにかかる期間というのは平均して1カ月前後であると言われています。

これはその人の性格にもよりますが、職場での動き方や、仕事のこなしかたなどを覚え、一人で仕事をこなせるようになるまでは時間が必要であると考えましょう。

まずは空間になれることから始まり、部署内の連絡方法や給湯室の使い方など基本的なものから時間をかけてゆっくり覚えていくのをおすすめします。

そうすることで仕事に慣れ、自分なりの工夫ができるようになります。

その結果、前向きに仕事に取り組めるようになるのです。

人間関係を築く

仕事を楽しむためには人間関係も非常に重要であると言えます。

そのため、社内の人と積極的にコミュニケーションを図り、分からないことを聞ける関係を作り上げておきましょう

そうすることで、職場にどのような人がいるのかという点も見えてきます。

他人を容易に判断しない

人間関係を築く中で大切なのは、その人の容姿や年齢で判断しないことです。

若くても責任のある仕事を任せられている人も多く、年齢や見た目で判断してしまうことで失礼な態度をとってしまうこともありますので注意しましょう。

自分をアピールしすぎない

環境に馴染むまでは、自分を知ってもらいたいという気持ちから自分のことを話しすぎてしまう傾向にあります。

しかし、まずは周りの人がどのような人であるかを知ることから始めましょう。

性格や特徴がつかめれば打ち解けやすくなり、その環境にも馴染みやすくなるのです。

周りからの評価を意識しすぎない

仕事をしていると、どうしても上司や同僚、取引先からの評価がついてきます。

しかし、評価ばかり気にしていると仕事そのものが楽しめなくなる可能性もあります。

そのため、周りの評価ばかりを気にしすぎないようにしましょう。

承認要求が高いと評価が気になる

周りから認められたいと感じるのは「承認要求」を抱いていることが理由です。

もし、承認要求が高すぎる場合には、周りからの評価が気になりすぎてしまいますので注意しましょう。

仕事を自分なりに頑張り、やりがいが感じられるのであれば、周囲からの評価を気にする必要はありません

自分の気持ちを大切に持って仕事に取り組むべきであると言えます。

承認要求が高い人の特徴

承認要求が高い人というのは寂しがりやで、目立ちたがりの人が多い傾向にあります。

承認されることでストレス解消につながる人や、相手の話を聞かず、自分への同意ばかりを求める人も承認要求が高いと言えます。

さらに聞かれてもいないのに自分のことを語り始める人や、すぐ人のせいにする人もこの中に含まれます。

そのうえ、頑張り屋の人も承認要求が高くなる傾向にあります。

これらの根本にあるのは自信の無さです。

自分で自分を認められないために、自分より優れている誰かからの承認を求めてしまうと言われています。

ですので、評価が気になる場合には自分に自信を持つことが大切です。

小さな目標を積み上げていく

もし仕事への目標を大きく掲げすぎてしまうと、自分はこの仕事に向いていないと感じてしまうこともあります。

将来設計において大きな目標を立てるのも大切ですが、その目標に向かうための小さな目標を設定しておくことも非常に重要です。

というのも、小さな目標であれば、クリアできる可能性も高くなります。

そういった小さな目標を1つずつクリアしていくことで、仕事での成果が実感できるようになります。

そうなることで自分はこの仕事に適生がないと感じる機会も減らせるのです。

目標の設定方法

大きな目標をもつと、やる気が起こりますが、失敗へのリスクも高くなります。

一方で小さい目標は実現性も高く、失敗へのリスクも小さいと言えるでしょう。

ただ、小さすぎる目標であると達成感が感じられないこともあり、目標達成へのモチベーションが維持できないこともあります。

そのため、手が届きそうで届かない目標を掲げ、それをいくつもクリアしていきましょう

そうすることでモチベーションが維持でき、夢を実現できる可能性も高くなります。

資格を取得して自信を得る

仕事において自信をつけるためには資格やスキルを手に入れる方法もあります。

資格やスキルというのは、自分の能力を証明してくれるものであることから、自分にはこれができるということを示しやすくなるのです。

また、仕事に対する知識や技術が十分にあることで、仕事に対して自信がつき、積極的に取り組めるようにもなるでしょう。

仕事に役立つ資格

キャリアアップを目指すためにも資格を取得したいという人も多いでしょう。

資格を取得することで、仕事にも面白味を感じられるようになったという人もみられます。

そのため、自分の仕事に関わる資格や、これから目指したいと考える業務や職種がある場合には資格を取るのをおすすめします。

事務系の資格

事務系の業務ではパソコン操作に関わる資格や実務知識に関した資格が人気です。

マイクロソフトオフィススペシャリストや日商簿記、社会保険労務士などがあればキャリアアップも期待できるでしょう。

金融機関に関わる資格

個人のお金の運用や、法人の経営に関わる資格も非常に役に立ちます。

なかでもファイナンシャルプランナーは人気の資格であると言えるでしょう。

その他にも中小企業診断士や、公認会計士に資格をとる人も多くみられます。

これらは、独立して経営コンサルタントを目指す人におすすめの資格です。

転職には「資格」が有利!中途採用面接官がおすすめする8つの資格
転職をするなら「資格」を持っていた方が有利です。このページでは、応用の効く資格を8つ紹介しています。ただ、転職先の企業に必要のない資格を持っていてもあまり意味はありませんので、闇雲な資格ホルダーにならないようご注意ください。

転職を考えるなら事前準備が大切

もし、今の仕事に向いていないと感じる場合には、転職をして自分に合った仕事に就くという方法も選べます。

しかしながら、転職は人生にとって大きな転機となりますので、勢いや感情に任せて決めてしまってはいけません。

転職に際し、事前に出来ることをしっかりと行ってから転職活動を始めることが大切です。

転職前にしておきたい準備

転職を決める前に、まず自分自身の状況を一旦整理しておきましょう。

どうして転職したいのか、将来的にどのようなキャリアプランを描いているのかという点をしっかりと見つめ直す必要があります。

転職の目的

転職の目的を明確にすると、どの求人を選ぶべきかが見えてきます

転職先に求める条件や職種が絞り込めるようになり、就きたい仕事が見つかりやすくなります。

将来のキャリアプラン

転職を考える際には、新しい職場で5年や10年先にどのような仕事をしたいのかを考えておきましょう。

将来の目標が明確であればあるほど、転職活動にも迷いが出なくなります

さらに、明確なキャリアプランが伝えられることは面接でも好印象を与えますので、採用される可能性も高くなると言えるでしょう。

区切りのいいところまで勤めることが大事

転職は、そのタイミングも非常に重要です。

今の仕事を途中で投げ出して転職することや、忙しい時期に突然退職を申し出ることは、これまで一緒に仕事をしてきた同僚などにも迷惑がかかってしまいます。

さらに転職先によって採用時期は異なります。

それら全てを考慮し、区切りのいい時期まで勤めあげるのが社会人としてのマナーです。

転職のベストなタイミング

転職のタイミングにはいくつかのパターンがあります。

ここでは代表的な2つのパターンを紹介します。

転職におすすめなのは何月?最適な時期やタイミングとは?
転職したいと思っても、何の戦略もなしに転職活動を始めてしまうのは効率が悪いといえます。 転職をするのなら、時期やタイミングについてもよく考えるべきです。 何月に求人数が多いのか、逆に何月だと求人数が減ってしまうのか、転職におすす...

資格の取得を考えている場合

これまでの経験が活かせる転職先で、キャリアアップを目標として資格の取得を考えている人は、資格取得後に転職するのがいいでしょう。

難易度の高い資格というのは取得までに時間がかかります。

そのため、一旦会社を辞めてしまうと資格取得までにブランクができてしまうことも考えられるのです。

仕事を続けながら資格を取り、効率よく新しい職場に転職しましょう

1年以上続くプロジェクトに関わっている場合

入社までの期間をどれくらい待ってもらえるかを交渉する方法もありますが、転職先企業の多くは、即戦力を求めていることが多くみられます。

そのためプロジェクトの終了まで待ってくれる可能性は低いと言えるでしょう。

ただ、自分がそのプロジェクトでどのくらい必要とされているかを見直してみることも大切です。

それほどの役割を任せられていない場合には、転職を申し出ることも可能です。

情報のアンテナを広げてみる

転職を考える際には、情報収集をしっかりと行うことが大切です。

仕事に関する情報が集まるサービスや、転職を有利に進めるためのサービスもありますので、積極的に利用してみるのがいいでしょう。

情報収取が行えるサービス

転職に関する情報が多く集まる場所として知られているのがハローワークです。

また、転職サイトや転職エージェントでは転職者にとって役に立つサービスの提供を行っています。

その他にも求人サイトや、新聞、フリーペーパーにも情報があります。

ハローワークの特徴

各都道府県に事務所があり、ネットからも求人がみれるのがハローワークです。

圧倒的な求人数をもち、地元の求人情報が多いのが特徴であると言えるでしょう。

転職サイト・転職エージェントの特徴

転職サイトや転職エージェントには非公開求人が多く、ここにしかない求人が見つかるのが特徴です。

他では公開されていない求人ですので、倍率が下がり、採用される可能性も高くなります。

また、専門のカウンセラーによるアドバイスも受けられますので、企業ごとの面接の対策も可能です。

ジャンル別転職サイト一覧!どのサイトが転職に役立つのか
求職者の助けになる転職サイトの数は多いです。 現在もその数は増え続けているほど。 これだけ多いと、「とりあえず有名なところを使っていればいいか…」なんて気持ちにもなってしまいます。 しかしそれではいけません。 転職サ...

求人サイトの特徴

求人サイトは、基本的に自分で求人を探すスタイルです。

スカウトメールによって企業側からアプローチがあるケースもみられ、効率よく転職先が見つかります。

異業種の人たちと話す時間を持つ

転職では、これまでとは異なる業種や職種を選択することもできます。

今の仕事が自分にとって適性かどうかを考えた時、新しい分野への挑戦を決意することもあるでしょう。

ただ、これまでと違う業種や職種の場合には、その業界についての知識が少ないため、実際にどのようなことができるのかという点がわかりにくいこともあります。

自分のしたい仕事が本当にできるのかと心配になる人もいるでしょう。

そういった時は異業種交流会などに参加してみるのをおすすめします。

違う業種や職種で働く人と交流することで、自分の世界が広がります

一人で考えていては思いつかないアイディアを得るきっかけにもなりますので、積極的に参加してみるのがいいでしょう。

自分らしさをきちんと認める

現在の仕事が自分に向いていないと感じている人は、自分には価値がないとふさぎ込んでしまうこともあるかもしれません。

しかし、自分にとって適性な仕事に就いていない場合でも、自分の価値や可能性はしっかりと存在しています。

そのため、仕事で高い評価を得られないと諦めるのではなく、仕事と上手に付き合い、自分らしい生活をおくることが大切であると言えるでしょう。

ただ、仕事と向き合う方法はしっかりと考えていかなくてはいけません。

仕事と向き合うために、転職という選択肢を選ぶのも一つの方法です。

今の仕事にこだわるのではなく、自分らしさを求めた転職をすることで、これまでの悩みが解決する可能性もあります。

コメント