看護師から他職種の転職はできる?経験者がおすすめする転職先を紹介

看護師看護師の転職コラム

安定性や憧れから看護師になったものの、実際に働いてみると理想と現実とのギャップを感じ、転職をしたいと考える人は多いです。

例を挙げると、予想以上のハードワークや、患者と接するうえでの葛藤など、さまざまな理由があることでしょう。

とは言え、看護師ではなく他職種への転職を試みる際には、さまざまな不安が生じると言えます。

本記事では、看護師から他職種に転職する際の「おすすめの転職先」をはじめ、役立つ情報を紹介するので、ぜひ最後までチェックして下さい。

>>看護師転職サイトランキング!口コミ評判から分かるおすすめサービスを厳選【2021年最新版】

  1. 看護師から他職種に転職を考える理由
    1. 日勤と夜勤を繰り返すことが辛い
    2. サービス残業が多くハードワークである
    3. 仕事内容に対して給料が割に合わない
    4. 周囲の人間関係がギスギスしている
      1. 女性が多い職場である
      2. ストレスを常に抱えるため余裕がなくなる
      3. 閉鎖的で独特な環境である
    5. 常にプレッシャーを感じる
    6. 体調を崩しやすい
      1. 激務である
      2. 不規則な生活になりやすい
      3. 病気の患者と接する機会が多いため、感染リスクが高い
    7. 家族と予定が合わない
  2. 看護師が他職種へ転職することは無理なのか?
    1. 完全に未経験の仕事だと新たなストレスが生じる
    2. 良い条件で採用される可能性がある
  3. 看護師が他職種に転職をするメリット
    1. 規則正しい生活を送れる
    2. 給料が割に合うようになる
    3. 独特の人間関係から解放される
    4. 命に対するプレッシャーから解放される
    5. 家族や友人と予定を合わせやすくなる
    6. 新たな世界を目にすることができる
  4. 看護師が他職種に転職をするデメリット
    1. 給料が低くなる可能性が高い
    2. 看護師のような「安定性」がない場合がある
    3. 看護師経験を活かせないことがある
    4. 看護師に戻る際にブランク期間が影響する
  5. 他職種への転職でおすすめな転職先
    1. 治験コーディネーター
    2. 看護師養成所の教員
    3. 企業看護師
    4. 訪問看護師
    5. 保育園看護師
    6. 美容クリニックの看護師
    7. クリニカルスペシャリスト
    8. 医療系のコールセンタースタッフ
      1. 医療機関
      2. 保険会社
    9. 養護教諭
    10. 病児保育士
    11. 献血看護師
    12. 介護施設の看護師
  6. 他職種への転職をやめた方が良い人
    1. 人間関係のストレスだけがネックな人
    2. 給料が下がると困る人
    3. 他職種に対する明確な目的がない人
    4. 奨学金を返済中の人
  7. 他職種への転職がおすすめな人
    1. 他職種に対する明確な目的を持つ人
    2. 経済的な心配が少ない人
      1. 配偶者もしっかりと収入を得ている
      2. 実家暮らしである
      3. 他にも収入源がある
    3. 疲労やストレスで心身に影響が出ている人
    4. 看護師という職種が合わないと感じた人
    5. 一からスタートすることに抵抗がない人
      1. 年下から指導をされる可能性がある
      2. 相応の努力が必要とされる
      3. 看護師の経験が通用しない
  8. 看護師が他職種への転職を成功させるポイント
    1. 希望の職種について情報収集をする
      1. インターネットでの検索
      2. 実際に勤務をしている知人からの話
      3. 転職エージェントに内情を教えてもらう
    2. 経験が生かせる職種を選ぶ
    3. 看護師の道も検討してみる
    4. 転職エージェントを利用する
  9. 看護師が他職種へ転職をする際におすすめの転職エージェント
    1. リクルートエージェント
    2. CRC転職ナビ
    3. 美容外科求人ガイド
    4. マイナビ看護師
    5. 看護roo!
    6. スーパーナース
  10. まとめ

看護師から他職種に転職を考える理由

看護師から他職種に転職を考える理由は、人によって異なりますが、多く挙げられる内容は以下の通りです。

日勤と夜勤を繰り返すことが辛い

日勤と夜勤を繰り返すため、どうしても生活が不規則になることから、疲れがたまりやすいと言えます。

職場によっては、さらに「準夜勤」や「遅番・早番」などの勤務形態が組み込まれることもあるため、生活リズムを整えることは至難のワザです。

また体内サイクルの乱れから不眠に悩まされることもあり、常に体が休まらないと感じる人もいるでしょう。

例えば子育て中などの理由があれば、日勤のみの勤務形態にしてもらうことも可能ですが、特に理由がない場合には、基本的に日勤も夜勤も行うと言えます。

そもそも夜勤がない職場もありますが、給料がかなり低くなるなどの理由から、日勤と夜勤が存在する職場を選ぶ人が多いのも現実です。

サービス残業が多くハードワークである

看護師という職種は、人を相手にする仕事であるため、残業が発生しがちです。

特に一般病棟や救急外来などで働く場合には、予定通りに物事が進まないことが通常であるため、慢性的に残業が発生すると言えます。

一方で精神科や慢性期病棟などでは、残業が少ない傾向にありますが、それでも残業が全く発生しないことはないでしょう。

また残業自体に手当がつかないことも多く、実質的にはサービス残業になるケースも見受けられます。

さらに看護師は常に人手不足なため、人員の補充が間に合わない職場においては、在籍中の看護師にその分の仕事が回ってくるため、残業がなかなか改善しないと言えます。

仕事内容に対して給料が割に合わない

看護師の給料は、一般的な会社に比べて高いことで有名です。

とは言え、仕事内容と比較した際に、給料が割に合わないと感じる看護師は多いと言えます。

日常的なハードワークに加え、命に関わる仕事だというプレッシャーや、医師などとのやり取りに対してストレスを感じることも多いためです。

また職場によっては、日常的に「看護師業務の範疇をこえるような仕事」を依頼されることもあり、業務の線引きが曖昧なため、悩む人もいるでしょう。

こうしたケースでは、他職種への転職という考えに、さらに拍車をかけると言えます。

周囲の人間関係がギスギスしている

看護師が属する医療の世界だけではなく、一般的な仕事であっても、人間関係の問題はつきものです。

しかし、看護師は以下の理由から、特に周囲の人間関係がギスギスしやすい職種だと言えます。

女性が多い職場である

以前に比べ、男性の看護師も増えていますが、それでも女性が多い職場であることには変わりません。

そのため、女性ならではの「ライフイベント」による影響で、職場へのしわ寄せが発生しやすく、人間関係にも影響を与えると言えます。

例えば妊娠・出産時には休暇を取得し、子育て中においては急な体調不良などにも対応するため、その都度においてシフトや配置の変更があるでしょう。

そこで業務量の増加を受けた人が、ライフイベントがきっかけで休みを取得した人に対し、きつく接することもあり、人間関係の悪化につながることがあります。

ストレスを常に抱えるため余裕がなくなる

看護師は基本的に多忙なため、常にストレスを抱えていると言っても過言ではありません。

そのため、通常であれば受け止められる出来事も、ストレス渦においては余裕がなくなるため、容認できないことがあります。

昨今の新型コロナウイルスの蔓延によって、看護師は「さらなる人手不足」や「業務過多」の問題を抱えているため、人間関係の悪化をさらに助長すると言えます。

閉鎖的で独特な環境である

看護師の世界は閉鎖的であるため、外から中の様子が見えにくいと言えます。

このことが、独特な環境を作り出す要因となるため、以下のような事例が発生しがちです。

  • 年長者が若手に対して、横柄な態度や無理難題をつき付ける
  • 特有のルールが存在し、それを強制される

ここから、人間関係の悪化につながるケースも多いです。

常にプレッシャーを感じる

日頃の業務量の多さをはじめ、命に対する責任の重さや、職員や患者に対する気遣いなどから、終始において気を張った状態であると言えます。

周囲の看護師も同様の状態であることから、きつく叱られることもあり、余計に緊張感が漂うこともあるでしょう。

このように常にプレッシャーを感じるため、気が休まらない人も多いものです。

長期間にわたりプレッシャーが積み重なることによって、最初は身体的な疲れだったものが、精神的な面にまでおよぶこともあります。

体調を崩しやすい

看護師は以下の理由から、他の職種よりも体調を崩しやすいと言えます。

激務である

基本的に立ち仕事であり、入院施設などで働く際には、ナースコールの呼び出しに追われることもあるでしょう。

また休憩中であっても、患者の急変などがあれば、対応に追われることになるため、休憩すら取れないこともあります。

不規則な生活になりやすい

多くの職場では日勤と夜勤があるため、就寝時間が異なることから、どうしても不規則な生活になりがちです。

このことから、自律神経の乱れが生じやすくなるため、体調を崩しやすくなります。

病気の患者と接する機会が多いため、感染リスクが高い

医療機関にはさまざまな人が出入りしますが、基本的にはケガや病気などの「調子が悪い人」が来院します。

つまり病気の患者と接する機会が多いため、感染リスクが高いことから、体調も崩しやすいと言えるでしょう。

家族と予定が合わない

シフト勤務が多いことから、休日も変則的になるため、家族と予定を合わせにくいと言えます。

また夜勤が続く場合には、一般的な人との生活時間帯が異なるため、家族が行動する日中は就寝をし、家族が寝る夜間帯に活動をしだす人もいます。

こうした生活が続くと、家族とのすれ違いが生じやすく、一緒に過ごしたいと考えることから転職への意欲が高まることがあります。

看護師が他職種へ転職することは無理なのか?

美容部員-悩む-不安

看護師として長年働いてきたものの、他職種の資格や経験がないことから「看護師以外の転職は難しいのでは?」と考え、不安になる人もいるでしょう。

とは言え、多くの人が他職種への転職を実現していることから、無理だとは言えませんが、簡単だとも言い切れません。

実は他職種への転職をスムーズに実現するためには、今までの経験を生かせる仕事を選ぶことが、ポイントだと言えます。

まずは職種を選ぶ際に、以下の組み合わせがあることを、知っておきましょう。

  1. 経験職種×経験業界
  2. 未経験職種×未経験業界
  3. 経験職種×未経験業界
  4. 未経験職種×経験業界

1は同職種を指します。

2は他職種ですが、今までの経験を生かしにくいと言えます。

3,4は今までの経験を生かせるため、看護師から他職種への転職を考える人は、③④を狙うべきだと言えます。

その理由を、以下に詳しく解説します。

完全に未経験の仕事だと新たなストレスが生じる

看護師から他職種への転職を希望する人は、何らかのストレスが原因となり、転職に至るケースも多いでしょう。

とは言え、その要因を避ける目的で、完全に未経験の仕事に転職をすると、新たなストレスが生じると言えます。

例えばアパレルの販売員であれば、未経験の職種かつ業界であることから、一から販売のノウハウを覚え、アパレル業界の仕組みについて理解する必要があります。

このことから、看護師とは異なるストレスが生じることが分かるでしょう。

良い条件で採用される可能性がある

他職種への転職で、看護師の経験も活かせる仕事を選ぶことで、過去の経験を評価してくれる職場も存在します。

その際には給料やポジションなどについて、良い条件で採用してくれる可能性があります。

また看護師の資格を持つことで、資格手当が上乗せされる職場もあるため、こういった転職先を狙うのも良いでしょう。

看護師が他職種に転職をするメリット

女性

新たな職種への挑戦には不安もつきものですが、それ以上に得られるメリットも大きいと言えます。

ここでは、看護師が他職種に転職をするメリットを紹介します。

規則正しい生活を送れる

看護師の仕事は基本的に夜勤があるため、日勤と交互に繰り返すことによって、生活サイクルが不規則になりがちです。

一方で他職種に転職をすると、日勤だけの勤務になるため、規則正しい生活を送れるようになります。

慢性的な疲労や睡眠障害に悩まされていた人も、解消する可能性が高まることでしょう。

また同じ時間帯を確保できるため、趣味や予定を充実させられることにもつながり、ワークライフバランスも実現しやすいと言えます。

給料が割に合うようになる

看護師の給料は、一般的な相場と比較すると高めですが、実際の業務内容と照らし合わせると、割に合うとは言えない部分があります。

給料の高さには「夜勤手当」や「交代勤務手当」や「正看護師手当(准看護士手当)」などの各種手当の存在が挙げられます。

一方で他職種に転職をすると、夜勤をはじめとした手当がなくなるため、給料が下がる傾向にあると言えます。

とは言え、多くのサービス残業やストレスから解放されることから、給料が下がったとしても給料が割に合うと感じる人も増えるでしょう。

このことから、自身の給料に対して、納得をしながら働くことが可能になります。

独特の人間関係から解放される

看護師の世界には、独特の人間関係が存在すると言えます。

女性が多い職場であり、他職種でのビジネス経験がない(または少ない)人が集まるため、閉鎖的で偏った思考を持つ人もいるためです。

こうした中で、何かのきっかけがあると、各種ハラスメントなどに発展することがあり、ギスギスした雰囲気になることもあるでしょう。

一方で他職種に転職をすることにより、上記のような人間関係から解放されるため、ストレスを感じることも少なくなります。

また医療関係者以外と仕事をするため、一般的なビジネスマナーや常識を持つ人と接することが多くなり、自身の視野が広がるきっかけにもなると言えます。

命に対するプレッシャーから解放される

看護師は「常に命と隣り合わせの仕事」だと言っても、過言ではありません。

一歩間違えれば、重大な医療ミスに直結することもあるため、絶対にミスは許されないというプレッシャーを常に抱えています。

そのため「ストレスで押し潰されそうだ」と感じる人もいるでしょう。

他職種に転職をすると、命に対するプレッシャーから解放されるため、気持ちに余裕を持てることから、精神面で安定すると言えます。

また患者を見送ることもなくなるため、特に感受性が豊かな人は、自省や不安から解放されることで、自分らしく働けるようになることでしょう。

家族や友人と予定を合わせやすくなる

日勤と夜勤を繰り返すことから、休日も不定期となるため、家族や友人との予定がなかなか合わないと言えます。

何度か予定が合わないことが続くと、友人とは疎遠になり、家族ともすれ違いの生活になりがちです。

そのため「何のために仕事をしているのか」と悩む人もいるでしょう。

他職種に転職をすると、夜勤がなくなり休日も定期的になるため、家族や友人との予定が合わせやすくなり、プライベートが充実すると言えます。

オンオフのバランスが取れるため、仕事へのモチベーションも高まることから、向上心を持って取り組めると言えるでしょう。

新たな世界を目にすることができる

看護師の世界は非常に狭く、その中での仕事となるため、視野や見解も狭くなりがちです。

一方で他職種に転職をすると、新たな世界を目にすることができるため、ビジネスマナー1つを取っても、狭い世界で生きていたことが分かるでしょう。

そのため、自身の視野や見解が広くなり、新たなチャンスを手にできる可能性も高まります。

仮に看護師という職種に戻ったとしても、この時の経験を生かせることから、柔軟性のあるフレキシブルな看護師として活躍できることでしょう。

看護師が他職種に転職をするデメリット

職種を問わず、転職をする際には「前の職種の方が良かった」と思う場面があることも事実です。

看護師が他職種に転職をした際に、デメリットだと言える内容は、以下の通りです。

給料が低くなる可能性が高い

看護師は夜勤などの手当がつくため、基本的に給料が高い傾向にありました。

他職種に転職をすると、こうした手当がなくなるため、給料が低くなる可能性が高いと言えます。

年収が数十万円~百万円ほど減るケースも多く、看護師時代の金銭感覚のままでいると、生活が苦しくなる人もいるでしょう。

その結果として看護師に戻る人や、休日にアルバイトを余儀なくされる人もいるため、こうした事態を避けるためにも、転職後の生活設計をきちんと立てることが大切です。

看護師のような「安定性」がない場合がある

看護師は医療業界に属しているため、少子高齢化社会なども重なり、今後において需要がなくなる可能性は極めて低いと言えます。

さらに常に人手不足であることから、就職先も見つけやすく、出産・育児などのプランクがある場合にも、比較的に復帰しやすいことが特徴です。

そのため、看護師という職種は安定性があると言えます。

一方で他職種に転職した場合には、景気をダイレクトに受けることもあるため、不安定なケースも見受けられるでしょう。

また出産・育児などのブランク期間後に、自分の戻る席がないケースもあるため、看護師と同じ感覚でいると痛い目を見ることがあります。

看護師経験を活かせないことがある

未経験の業界に入ると、看護師時代の経験を生かせないことがあるため、完全に一からのスタートとなり、苦戦をすることがあります。

給料も最低基準から始まり、周囲との差を埋めるために必死で努力をするなど、こんなハズではなかったと感じる人もいるでしょう。

そのため、他職種への転職を試みる際には、できるだけ看護師経験が生かせる仕事を選ぶことをおすすめします。

「看護師からの転職でおすすめな他職種」の項目で詳しく解説するので、ぜひチェックして下さい。

看護師に戻る際にブランク期間が影響する

他職種に転職をした場合でも、さまざまな事情から、看護師として復帰したいと考える人もいるでしょう。

とは言え、一度看護師の道から離れたことで「ブランク期間」が生じるため、復帰時に影響を及ぼす可能性があります。

なぜかというと、ブランク期間があることによって、スキルの低下や知識の不足があるとみなされ、採用されにくくなるためです。

無事に採用をされた場合でも、復帰前よりも条件が悪くなるケースも多いです。

他職種への転職でおすすめな転職先

ここまでの話で、看護師から他職種に転職をする際には、経験が生かせる仕事を選ぶことが大切だと分かりました。

以下に、看護師としての経験が生かせる「おすすめな転職先」を紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

治験コーディネーター

治験とは製薬会社が開発した新薬について、安全性や有効性を確認するために、実施するものです。

この治験をスムーズに行うために、患者と医療機関・製薬会社の間に立ちながら、さまざまな調整を行うのが「治験コーディネーター」だと言えます。

基本的に土日が休みで夜勤もないため、規則的な生活を送れることから、プライベートの時間も確保しやすいでしょう。

人気の求人であるため、募集要項が公開されると、すぐに応募枠が埋まることが特徴です。

看護師養成所の教員

看護師として5年以上の実務経験があり、専任教員育成講習会を受講すれば、看護師養成所の教員を目指すことが可能です。

ただし、大学で指定の科目を習得したケースでは、3年以上の実務経験があれば、専任教員育成講習会の受講が免除されます。

日勤だけの勤務で、土日も休みのケースが多いため、生活リズムを整えられると言えます。

看護師よりも給料が下がる傾向にありますが、生徒の成長を見守りたい人や、教えることが好きな人にとっては、やりがいのある仕事だと言えるでしょう。

企業看護師

企業看護師は、一般企業で働く看護師です。

基本的に企業内の医務室で勤務し、所属する社員の健康管理を中心とした業務を行います。

具体的な仕事内容は、以下などが挙げられます。

  • 健康診断の実施
  • メンタルヘルス対策
  • 体調不良の社員への対応
  • 社員の健康増進に向けた保健指導

休日は企業のカレンダーに順じ、残業も少ない傾向にあることから、非常に人気が高い仕事だと言えます。

また経験が浅い人よりは、ベテランの方が採用されやすいため、看護師経験が豊富な人は挑戦する価値があるでしょう。

訪問看護師

准看護師

訪問看護師は利用者の家を直接訪問し、主治医が作成した訪問看護指示書に基づき、医療処置をはじめとしたサービスを実施します。

利用者の家族からの相談対応や、自治体とのやり取りを行うこともあるため、コミュニケーション能力が必須だと言えるでしょう。

また新型コロナウイルスの流行から、訪問看護サービスの利用者が増加する傾向にあるため、この先においても需要が望める仕事の1つです。

自分で仕事を調整しやすいため、ワークライフバランスを整えやすいですが、オンコールが多い企業もあるため、その点には注意をしましょう。

保育園看護師

保育園看護師は、保育園で看護師として勤務します。

園児の健康管理をはじめ、家庭における健康指導や、職員の健康にも配慮をするため、仕事内容は多岐にわたります。

給料は看護師よりも大幅に下がる傾向にありますが、園児の対応をすることが大半であるため、子供が好きな人にとっては過ごしやすいと言えるでしょう。

また保育園という特性上、小児科での勤務経験がある看護師は、採用において有利に働くことがあります。

美容クリニックの看護師

美容クリニックの看護師は、利用者に対する「整形」や「レーザー治療」などの施術を行います。

医療機関とは異なり、病気の患者に対応するわけではないため、看護師時代のように感染リスクに晒されることは少ないと言えるでしょう。

また夜勤もないため、プライベートの時間を充実することも可能です。

さらに自由診療で利益率が高いため、給料も高めの設定であることから、看護師時代からの生活水準を下げたくない人にもおすすめです。

クリニックによっては、施術メニューに対する「社割制度」を設けることがあるため、自分自身が格安で施術を受けることも可能だと言えます。

>>美容クリニックの看護師へ転職すれば大幅な収入アップも可能!夜勤も無し?

クリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストは、別名を「フィールドナース」と言います。

医療品関係の企業に所属し、自社製品を医療機関などに販売する際のサポートを行います。

実際の販売は営業が行いますが、同行するクリニカルスペシャリストが、医療者目線での説明やデモなどをすることが一般的です。

また取引の相手は医師や看護師が主であるため、医療者目線で話ができることから、看護師経験は重宝されることでしょう。

さらに夜勤がないにも関わらず、給料水準は看護師と変わらない(もしくは高い)ため、倍率が高い仕事の1つだと言えます。

ただし出張が多く、業務内容がほぼ営業と変わらないケースもあるため、その点には注意が必要です。

医療系のコールセンタースタッフ

医療系のコールセンタースタッフであれば、看護師の経験を生かすことができます。

具体例を挙げると、下記のような場所で求人を募集しています。

医療機関

医療機関に対する各種の問い合わせに対応します。

主な質問は病気やケガに関する相談であるため、状況に応じてアドバイスを行うことや、場合によっては医師に引き継ぐことがあるでしょう。

保険会社

福利厚生の一環で実施される「健康相談のサービス」に対して、問い合わせの窓口として対応をします。

利用者からの健康相談に対し、アドバイスを行うことや、必要な医療機関などを紹介すると言えます。

一般的にはシフト制であり、24時間対応の場所も存在しますが、デスクワークであるため、体力面での疲労は看護師時代よりも減ることでしょう。

養護教諭

養護教諭は学校で働く「保健室の先生」です。

仕事内容は、下記などが挙げられます。

  • 健康診断の準備・実行
  • 保健室を訪問する子どもの対応
  • 生徒への健康調査・健康指導

養護教諭になるには教員免許が必要ですが、看護師資格を持つ場合には、養護教諭養成施設で指定の科目を習得することで、免許状を取得できます。

年収は看護師と同等(もしくはそれ以上)なため、看護師時代と同じ生活水準を保ちたい人に、おすすめの仕事の1つだと言えます。

基本的に土日が休みで、残業も多くないため、規則正しい生活を送ることが可能です。

病児保育士

病児保育士は、病気で保育園や幼稚園に預けらない子どもを預かり、各種のサポートを行います。

「保育士」という名称がつきますが、保育士などの資格は不要です。

とは言え、保育士や看護師の資格を持つ人は、採用面で優遇されるケースが多いと言えます。

また病気の子どもを預かるため、感染リスクが気になりますが、施設内の感染対策は徹底されているため、通常の医療機関で働くケースと変わらないでしょう。

さらに保育の対象人数は少数であり、体重の小さな子供と関わることから、体力的な負担が少ないことが特徴です。

看護師は患者やその家族との関わりで、ストレスを抱えることも多いですが、病児保育士は毎回異なる子どもと家族を相手にするため、そういったストレスは少ないと言えます。

>>保育士になるには?必要な資格や条件を解説

献血看護師

献血看護師は、献血ルームや献血バスなどで、希望者の採血や検査を実施します。

献血事業は日本赤十字社のみが行っているため、献血センターのスタッフとして働くと、必然的に日本赤十字社の従業員になります。

日勤のみであるため、看護師よりも給料は低めですが、日本赤十字社に属していることから、ボーナスはきちんと出ると言えます。

また急患の対応がなく、健康な人のみを相手にするため、余裕を持って仕事ができることが特徴です。

介護施設の看護師

介護施設で働き、介護士と一緒に「高齢者」や「障害を持つ人」のサポートを実施します。

看護師には医療的な部分を求められるため、利用者の健康状態チェックや、医療行為も実施し、状況によっては医師への引継ぎ対応も行います

とは言え、難しい医療行為を実施する場面は少なく、基本的には落ち着いて仕事ができるでしょう。

また急患への対応が少ないことから、残業も少ない職場が多いため、ワークライフバランスを整えやすいことが特徴です。

看護師よりも給与は低くなる傾向にありますが、体力面や精神面の負担が減り、余裕を持って仕事ができる点は、メリットだと言えるでしょう。

介護施設の中には種類がありますが、特にデイサービスは日勤のみのため、夜勤を希望しない人におすすめだと言えます。

特別養護老人ホームや有料老人ホームの場合には、夜勤が発生するケースがありますが、給与はその分において高くなる傾向にあります。

他職種への転職をやめた方が良い人

美容部員-バツ

看護師の仕事に向き・不向きがあるように、他職種への転職に関しても「やめた方が良い人」と「おすすめな人」が存在します。

まずは他職種への転職について、やめた方が良い人の特徴を紹介します。

人間関係のストレスだけがネックな人

前述の通り、看護師はプレッシャーを抱えやすく、女性が多く閉鎖的な環境であるため、人間関係のストレスがたまりやすいと言えます。

しかし退職理由が「人間関係のストレスだけ」である場合には、すぐに他職種に転職するべきではないでしょう。

看護師以外の職種でも、人間関係の問題は生じるため、他職種に方向転換をしても、同じ問題を繰り返す可能性があるからです。

そのため、下記などの対応を試みることも、選択肢の1つだと言えます。

  • 業務量が少なく、プレッシャーがかかりにくい「看護師の求人」も視野に入れる
  • 別の部署に、自分もしくは相手を異動させてもらう
  • 上司に相談をしたうえで、改善案を待つ

上記のような対策を講じても、状況が変わらない場合には、人間関係のストレスが少ない傾向にある他職種を選ぶと良いでしょう。

>>職場の人間関係で悩む人へ。こうすれば人間関係は改善できる

給料が下がると困る人

看護師から他職種に転職する際には、給料が下がるケースが大半を占めます。

そのため、下記の例のように「給料が下がると困る人」は、他職種への転職をおすすめしません。

  • 貯金が少ない
  • 今の生活水準を崩せない
  • 家族を養っている

また初年度は給料が下がったとしても、次年度以降から大幅に上がる職場もあるため、こうした点もチェックすると良いでしょう。

他職種に対する明確な目的がない人

現状から逃げたい人や、漠然と「他の仕事も経験したい」と考える人は、他職種に対する明確な目的がないため、いざ転職をしても迷いが生じる可能性が高いです。

そのため、転職後に新たな問題に直面する傾向にあることから、現時点では転職を辞めた方が良いでしょう。

看護師では叶えられず、他職種に転職することによって達成できる目的を掲げることで、望む道に進めると言えます。

明確な目的を見つけられない人は、転職エージェントなどを利用し、一緒にキャリアプランを立ててもらうことも1つの方法です。

奨学金を返済中の人

看護学校の学費について、指定の医療機関で一定期間において勤務することで、返済が免除になる制度を利用している人もいるでしょう。

しかし一定の期間中に退職をすると、借りていた奨学金から「働いていた期間分を差し引いた額」について、一括払いの義務が生じます。

そのため、奨学金を返済中の人は、返済が終了してからの転職が無難だと言えます。

看護師から他職種への転職では、給料が下がることが一般的であるため、そこに奨学金の一括返済が求められると、生活がひっ迫する可能性が高まります。

それでも転職をしたい場合には、分割返済について、勤務先に交渉をすると良いでしょう。

他職種への転職がおすすめな人

薬剤師

転職をすることで、現状より良い方向に進めるかという点を見極めることは、重要だと言えるでしょう。

以下のような状況の人は、看護師から他職種への転職がおすすめな人だと言えます。

他職種に対する明確な目的を持つ人

他職種への転職は、初期状態からのスタートを意味するため、看護師時代と同じように物事が進むとは限りません。

迷いや問題が生じた際に、指針となるものが「目的」であるため、他職種への転職を希望する人は、明確な目的を持つべきだと言えます。

看護師を続けても叶えられない内容や、他職種への転職を通じて、なりたい自分の姿をイメージすることで、明確な目的が設定できます。

経済的な心配が少ない人

看護師の給料は一般的な相場よりも高いため、看護師から他職種に転職することで、現在の給料よりも下がる人は多いと言えます。

実際に「他職種への転職」で収入が減り、経済的な心配が増えた人も存在するため、この点を突破する必要があるでしょう。

そのため、下記のような「経済的な心配が少ない人」であれば、他職種への転職もおすすめです。

配偶者もしっかりと収入を得ている

配偶者も定職につき、今回の転職で収入が下がったとしても、対応できるだけの経済力を持つ場合には、他職種への転職を実現しても良いでしょう。

実家暮らしである

実家に住んでいれば、基本的には衣食住に困らないため、経済的な心配が少ないと言えます。

他にも収入源がある

意外と存在するのが、他にも収入源を持つ人です。
看護師を行う傍ら、別の事業を行うケースや、不労収入を得ている事例もあります。

疲労やストレスで心身に影響が出ている人

過度な疲労やストレスの影響で、心身にまで支障をきたし、病院に通院するレベルの人もいるでしょう。

この段階まで到達しているのであれば、他職種への転職を視野に入れて良いと言えます。

ただし現在の職場に対して、負担の少ない部署への異動などを打診することで、状況が解決するケースもあるため、一度相談をしてみても良いでしょう。

また休職をし、心身を休めながら、今後のことを考える方法もあります。

こうした対策を踏まえても、看護師を続けることで「心身のバランスが保てない」と感じる場合には、新たな道に進むことも選択肢として掲げて良いでしょう。

看護師という職種が合わないと感じた人

看護師という道を選んだものの、適性がないと思う人や、仕事自体を苦痛だと感じる人は、そもそも看護師という職種が合わない可能性があります。

例えば、全ての患者に対して寄り添う気持ちがなくなったケースや、看護師の仕事自体に誇りを持てなくなった場合には、辞め時だと言えるでしょう。

なぜならモチベーションの低下は、医療ミスやチームメイトへの悪影響に直結する可能性が高いからです。

また世の中には看護師以外にも多くの仕事が存在するため、転職を通じて他の世界を見ることで、看護師として働いていた自分を俯瞰できると言えます。

一からスタートすることに抵抗がない人

他職種への転職は、一からスタートすることを意味します。

そのため、以下のことに抵抗がない人は、他職種への転職を視野に入れても良いと言えます。

年下から指導をされる可能性がある

未経験の職種であれば、基本的に誰かから指導をされることになりますが、自分より年下が上司となり、指導を担当することもあるでしょう。

相応の努力が必要とされる

初めて挑戦する仕事には、その仕事ならではの特徴があるため、知らないことを勉強・吸収する姿勢が必須だと言えます。
そのため、相応の努力が必要とされるでしょう。

看護師の経験が通用しない

職種によっては、看護師の経験が活きる部分もありますが、基本的には過去の経験は通用しないと思った方が無難だと言えます。

看護師が他職種への転職を成功させるポイント

オススメのエージェント

看護師が他職種への転職を成功させたい場合には、ポイントを押さえた行動が大切です。

ここでは、他職種への転職を成功させるポイントを、4つ紹介します。

希望の職種について情報収集をする

せっかく転職をしたにも関わらず「こんなハズではなかった」と考え、転職を後悔することは避けたいと言えます。

そのためには、希望の職種について、しっかりと情報収集をすることが大切です。

得られた情報と自分の希望を照らし合わせ、対象の職種に転職すべきかを判断することで、転職後のミスマッチを防げることでしょう。

また情報収集の方法として、以下が挙げられます。

インターネットでの検索

複数のサイトや口コミを参考にし、具体的なイメージを持てると良いでしょう。

実際に勤務をしている知人からの話

リアルな話を聞けるため、実際に働いたことを想定することが可能です。

転職エージェントに内情を教えてもらう

転職のプロである「転職エージェント」は、さまざまな業界の内情を知り尽くしているため、有益な情報を得られることでしょう。

経験が生かせる職種を選ぶ

例えば「長年の夢だったネイルサロンを開きたい」などの夢があれば別ですが、単純に他職種への転職を目指すのであれば、経験が生かせる職種を選ぶと良いでしょう。

こうした職種の方が、採用面でも有利に働くため、転職しやすいと言えるからです。

また「看護師が他職種へ転職することは無理なのか?」の項目でも解説した通り、経験が生かせる職種の方が取り組みやすく、良い条件を提示してもらえる可能性も高まります。

以上のことを総合的に考え、看護師から他職種を目指す人は、経験が生かせる職種を選ぶべきだと言えます。

看護師の道も検討してみる

他職種への転職を目指すと同時に、同じ看護師として別の職場で働く道についても、併せて検討すると良いでしょう。

例えば「夜勤が多くて体がもたない」という背景がある場合には、日勤だけの医療機関において、看護師を目指すことも選択肢の1つだと言えます。

このように、懸念事項となる条件について、クリアする職場を探すことも1つの方法です。

また所属する科や医療機関の規模によって、働き方も変わることから、幅広く看護師の道を検討することで、新たな働き方も見えることでしょう。

転職エージェントを利用する

看護師から他職種を目指す場合には、転職エージェントを利用することによって、スムーズな転職ができると言えます。

他職種への転職は「未知の世界に飛び込むこと」を意味するため、その道のプロである転職エージェントの力を借りることで、ベストな行動を取れることでしょう。

具体的には、以下のようなサービスを受けることが可能です。

  • 応募者に合った求人の紹介
  • 書類の添削
  • 模擬面接・面接セミナー
  • 給料や入社日などの条件面についての交渉
  • 転職における相談

転職エージェントでは、上記のようなサービスを無料で受けられるため、利用して損はないと言えるでしょう。

また1人で転職活動を行う場合には、時間に制約がかかるため、在職中の活動は難しい傾向にあります。

一方で転職エージェントを利用すると、日程調整や応募などの手続きを代行してくれることから、在職中でもスムーズに活動ができます。

次の項目で、看護師が他職種への転職を目指す際に、おすすめの転職エージェントを紹介するので、ぜひご参照ください。

看護師が他職種へ転職をする際におすすめの転職エージェント

転職エージェントは、転職のプロであるため、素人では知り得ない情報やノウハウを豊富に持ち合わせています。

また転職をすすめるだけではなく、場合によっては転職をしないことを提案するケースもあります。

つまり、各自に寄り添ったベストな対応を提供するのが、転職エージェントの仕事だと言えるでしょう。

ここでは、看護師から他職種を希望する人におすすめの「転職エージェント」を紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

POINT

  • 対象職種:医療・営業・サービス・IT・金融・不動産など幅広い
  • 対象エリア:全国

リクルートエージェントは全国規模の転職エージェントで、医療・営業・事務・金融・ITなどの幅広い業種を取り扱うことが特徴です。

そのため、職種を迷う人や、多くの職種から比較したいと考える人にもおすすめです。

多岐にわたる業種を網羅することから、希望をする職種の求人も見つけやすいと言えるでしょう。

また業界に詳しいコンサルタントが在籍しており、親身な対応が特徴なため、未経験者や転職に不安な人も安心して利用できます。

>>リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!

CRC転職ナビ

POINT

  • 対象職種:治験コーディネーター
  • 対象エリア:全国

CRC転職ナビは、治験コーディネーター分野に特化した転職エージェントです。

治験コーディネーターの仕事を専門に扱うため、ここでしか取り扱わないレアな求人も保有していることが特徴です。

治験に精通したコンサルタント陣が在籍するため、業界の内情にも詳しく、市場動向も踏まえたアドバイス・サポートが期待できると言えます。

また企業と密に関わっているため、給料・待遇などにおける条件交渉を依頼することも可能です。

美容外科求人ガイド

POINT

  • 対象職種:美容クリニック
  • 対象エリア:全国

美容外科求人ガイドは、美容クリニックに特化した転職エージェントで、ここにしかないレアな非公開求人を持つことも特徴です。

専任の担当者が、応募書類の添削や面接対策などを実施してくれるため、美容クリニックへの転職が初めての人も、積極的に利用をすると良いでしょう。

さまざまな美容クリニックに太いパイプを持ち、業界の内情にも詳しいことから、心強い味方になると言えます。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

POINT

  • 対象職種:看護師・治験コーディネーター・訪問看護師・企業看護師など
  • 対象エリア:全国

マイナビ看護師は、転職エージェント名に「看護師」という表記があるものの、看護師以外の仕事も豊富に取り扱うことが特徴です。

治験コーディネーターや訪問看護師・企業看護師などを扱うため、看護師経験を生かして働ける他職種を希望する人は、登録を視野に入れるべき転職エージェントだと言えます。

また全国展開をする株式会社マイナビが運営元であるため、全国の企業とのネットワークを持つことから、信頼度も高いと言えるでしょう。

さらに看護師の内情に詳しいコンサルタントが在籍するため、看護師から他職種への転職者にも詳しく、親身に寄り添った対応が期待できます。

>>マイナビ看護師の評判は?利用者の口コミやフル活用するポイントを徹底解説

看護roo!

看護roo!

POINT

  • 対象職種:看護師・保育園看護師・企業看護師など
  • 対象エリア:全国

看護roo!は看護師の転職で有名な転職エージェントですが、保育園看護師や企業看護師などの求人も取り扱うため、他職種を目指す人もチェックすべき転職エージェントです。

看護師の求人においても、さまざまな形態から選べるため、現状の問題を解決しながら看護師として働ける求人が見つかる可能性も高いです。

このように看護roo!では、幅広い可能性を持ちながら求人を探せることが特徴です。

また実際に面接まで同席してくれるため、面接について心配な人も、安心して利用できることでしょう。

>>看護roo!の使い勝手は?みんなの口コミもチェック

スーパーナース

POINT

  • 対象職種:看護師・訪問看護師・クリニカルスペシャリストなど
  • 対象エリア:全国

スーパーナースは看護師をはじめ、訪問看護師やクリニカルスペシャリストなどの他職種の求人も扱うため、幅広く利用ができる転職エージェントだと言えます。

その歴史は30年におよび、取り扱う求人数も26,000以上と豊富なため、希望に合った求人が見つかる可能性も高いと言えます。

またさまざまな働き方に対応したいと考えるため、キャリアプランや事情を詳しくヒアリングしながら、希望にそった仕事を紹介してくれます。

まとめ

看護師から他職種への転職は可能ですが、ポイントを押さえた行動が必要だと分かりました。

そのためには、本記事で紹介した内容も踏まえつつ、自分に合った転職エージェントを利用することが成功への近道だと言えます。

1人で転職活動を行うことと、プロの力を借りた二人三脚での活動を比較すると、後者の方がスムーズに進める可能性は高まります。

転職エージェントを上手に利用することで、看護師から他職種を目指す人にとって、明るい未来が待つことを願っています。

>>保育士から看護師の転職は大丈夫?看護師の仕事内容を徹底解剖

コメント