なぜ仕事がつまらないと感じるのか?効果的な解決方法はある?

転職コラム

晴れて希望していた企業に入社する事が出来たのに、何故か仕事がつまらないと感じてしまう事はありませんか?

自分を取り巻く環境や時間の流れによって、仕事に対する気持ちも左右される事は誰にでもあるでしょう。

しかし、「つまらない」という気持ちを引きずったまま、ズルズルと仕事を続けてはいけません

つまらないと思う原因を把握して、必要な対策を講じる事が大切です。

今回は仕事がつまらないと感じてしまう代表的な理由やその対処法についてご紹介します。

今の仕事を見つめ直してみる

仕事がつまらないと感じてしまったら、自分の気持ちに嘘をつかずにまずは仕事と向き合ってみましょう。

無理に気持ちを騙して仕事を続ける事はメンタルヘルスに良くありませんし、周囲にその雰囲気が伝わってしまうと職場全体のモチベーションの低下にもつながります。

「とりあえず」「何となく」で始めた仕事

学校を卒業するタイミングで皆が就職活動していたので、とりあえず自分も社会人になったという人も少なくないでしょう。

また、企業選びの際に「何となく面白そうな仕事だったので」という理由で入社を決めてしまうというケースも珍しくありません。

こうした「とりあえず」「何となく」といった深い理由を持たずに社会人になってしまうと、入社前に描いていた理想と現実のギャップに苦しんでしまう傾向があります。

生活するために仕方なく働いているという感覚が染み付いてしまうと、仕事の「面白み」や「やりがい」といったポイントに目を向ける事が難しくなるでしょう。

自分の仕事を見つめなおす

「何となく」「とりあえず」で仕事を始めてしまった場合には、自分の仕事に対する理解度が十分でない可能性が高いです。

そんな時には自分の仕事がどんな役割を果たしているのか、誰の役に立っているのかを見出してみましょう

企業では自分一人で完結する仕事は少なく、自分が担当している業務はサービスや製品完成の一部分である事が殆どです。

自分の仕事はどこから流れて来てどこへ引き継がれていくのか、どんな役割を果たしているのかを理解する事で、仕事に対する興味や意欲が高まると言えるでしょう。

サービスや製品が最終的にどんな人の役に立っているのかも調べてみると、自分の仕事が社会貢献しているという実感を得る事が出来ます。

きちんと評価されているかを考える

仕事のやりがいとして「周囲からの評価」というものが一つの指標になります。

頑張った仕事がしっかりと評価されていれば嬉しいものですよね。

しかし、仕事の評価が適切に行われていないと感じてしまうと、仕事がつまらないと感じてしまう原因になります。

自分が適正に評価されていないと感じたら

仕事で結果をだしているのに一向に昇格や昇給の話が無い、会議で自分の意見や提案が通らないなど、自分は頑張っているのに評価されないと感じてしまう場面は多岐に及ぶでしょう。

仕事量に対して給与が見合っていない職場環境に居ても、自分の価値が分かってもらえていないと思ってしまうのではないでしょうか。

しかし評価というものは自分自身で正確に行う事が難しいものです。

自己評価と周りからの評価にズレが生じてしまっている可能性も考慮する事がポイントになります。

上司から認めてもらえない、やりたい仕事を任せてもらえない理由をじっくりと掘り下げて考えてみましょう。

評価の判断材料

「人一倍努力した」「自分では上手く出来たと思う」というような、主観的な感覚では自分の仕事ぶりを客観的に評価する事は出来ません。

自分が周りから評価してもらえない原因と向き合う為には、客観的な指標を設ける事が大切です。

例えば自分には意見に説得力を持たせる事が出来るだけの経験値があるのか、希望の仕事を任せてもらえるだけのスキルは備わっているかどうかなどがポイントになるでしょう。

「上司や同僚に嫌われている」と一言で片付けてしまう事は簡単ですが、今後の仕事に支障が出てしまう可能性もあります。

自分に何が足りないのか、会社の評価基準に自分の能力がマッチしているかどうかなど、自身のステータスと仕事を照らし合わせて冷静に状況を分析してみてください

人間関係の問題と原因を探る

仕事がつまらないと感じてしまう原因は、何も業務そのものに直接関わる事だけとは限りません。

同僚や上司との関係性は仕事のモチベーションに大きな影響力を持っているのです。

仕事における人間関係の重要性

職場には様々な価値観を持った人が集まっています。

中には自分と噛み合わない性格の持ち主も居るでしょう。

しかし役割を分担して大勢で仕事を作り上げていく「会社」という場では、そうした自分と相性の良くない人と接して行かなければならない場面は多いです。

同じ部署内でよく顔を合わせる人が苦手となれば、毎日の出勤が憂鬱になってしまいますよね。

更に先輩や上司との人間関係が上手くいっていない場合には無理に反論・反発する事も出来ず、ストレスを溜め込んでしまう原因となるでしょう。

人間関係によるストレスは仕事の楽しみ・やりがいを半減させてしまうポイントなのです。

今の職場は自分にとって働きやすいのかを省みる

業務に不満は無いのに仕事がつまらない、そう感じたら今の職場が自分にとって働きやすいのかどうかを省みてみましょう。

苦手な同僚や先輩・上司が居るなら、積極的にコミュニケーションを取ってみるのも一つの手段です。

ただし、無理に仲良くなろうとしてもかえって逆効果になってしまう事もあります。

相手は自分に対して好意的になってくれたとしても、やっぱり自分は相手の事が苦手なままというケースも考えられるでしょう。

時には「人に期待しない」と割り切って仕事に集中する事も必要です。

会社の中で自分周辺の環境を変える姿勢も大切ですが、場合によっては思い切って転職を視野に入れる事もオススメです。

どんな人が働いているかは入社してみるまで分からないものですが、DODAやマイナビなどの企業に精通した転職エージェントを活用する事によって応募先の雰囲気を知る事が出来る可能性もあります。

職場の環境を冷静に省みて、自身に合った対策法を見出しましょう。

DODAエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職エージェント大手「DODAエージェント」の説明をしています。DODAは求人数も多く、非公開求人の質も良いです。
マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

プライベートな部分が影響している

仕事がつまらない原因として意外と見落としがちなのは、プライベートに関わる事ではないでしょうか。

仕事とプライベートが別物とは言え、完全に切り離す事は難しいものなのです。

「私事」と「仕事」の関係性

プライベートで嬉しい事が起こって気分が良くなると、職場に赴く足取りも軽くなりませんか?

逆にプライベートで嫌な事が続いてしまうと仕事中にもその事を思い出してしまい、気分が滅入って業務に身が入らなくなってしまうでしょう。

気分の良し悪しは意識せずとも、自身のパフォーマンスに影響を及ぼしてしまうものです。

プライベートを充実させる事は、ひいては仕事の能率を上げて良い結果を出す事にも繋がります。

プライベートを充実させるためには

仕事が忙しくて休日などのまとまった時間が取れず、プライベートが疎かになってしまっている現代人も少なくありません。

苦労や自己犠牲を美徳とする日本人特有の感性が裏目に出てしまっていると言えるのではないでしょうか。

どうしても上手く自分の時間が作れない場合は、しばらく休暇を取ってまとまった時間を確保する事を検討してみてください。

ゆっくり休息を取ったり趣味に興じたり、家族や友人と過ごすのも良いでしょう。

とにかく一度リフレッシュして、気分を健全な状態にすることが大切です。

上手にプライベートの時間を確保している人の話を聞く事も、自身のライフスタイルの参考になるかも知れません。

また、長い休暇を取る際には自分が居ない間の仕事を誰かに引き継いでもらう必要があるので、周囲に相談する事も忘れないでください。

まずは周囲に相談してみることも大切

「仕事がつまらない」という悩みを一人で抱えたまま働き続けると、心や身体を壊してしまう可能性もあります。

まずは誰かに話を聞いてもらう事も考えてみましょう。

仕事が出来る人への相談

仕事に不満を抱いたままでは作業効率もクオリティも上がらない上、周囲にその雰囲気が伝わってしまうと職場全体の士気にも関わってきます。

仕事がつまらないと感じたら、まずは周囲の仕事が出来るスタッフに相談してみましょう。

その際には「仕事がつまらない」という愚痴をこぼすのではなく、「どうしたら仕事が楽しくなるか、効率やクオリティが上がるか」というポジティブな目線で話を切り出しましょう。

ネガティブな姿勢で愚痴を聞いてもらうだけでは相手も疲れてしまいますし、場合によっては自分の評価が下がってしまうかも知れません。

「現状を改善したい」という前向きな姿勢を見せる事で、相手も積極的に力や知恵を貸してくれるでしょう。

同じ悩みを持つ人への相談

同じ様な悩みを持つスタッフに話しを聞いてみる事も一考です。

同じ辛さを感じながら頑張っている人がいる事で共感を得て、自分も頑張ろうと前向きになれる事があります。

それは相手にも言える事で、相手も「辛いのは自分だけじゃないんだ」という気持ちになってくれればお互いにモチベーションが向上するでしょう。

孤独ではない事が分かるだけでも、気持ちは楽になるものなのです。

仕事が単調でやる気が出ない場合

勤めている企業の業態にもよりますが、業務内容が単調な作業を毎日繰り返すものである場合は日を追う毎にモチベーションが低下してしまう事があります。

こうした場合にはいかに仕事に対して新鮮味を見出すかがポイントです。

自分なりの小さな目標を作る

作業内容自体が単純な事の繰り返しでつまらないと感じる場合は、自分なりに小さな目標を立ててそれをクリアする事が一つの解決法です。

「普段7分かかる作業を、今日は5分で終らせる」、「昨日は50個製品を完成させたから、今日は55個完成させる」など、今までの成果に対して少しノルマを上乗せしてみましょう

ちょっとしたゲーム感覚で「飽き」を紛らわせる事が出来るばかりか、目標をクリア出来れば結果的に作業効率が上昇している事にもなります。

モチベーションも仕事の成果も上がる、一石二鳥の方法と言えるでしょう。

目標は「ライバル」でも良い

仕事に対する目標は業務そのものではなく、仕事が出来る人を「ライバル」に設定する事も効果的です。

「この人より早く仕事を終らせよう」、「この人より多く商品を完成させよう」といった具合に、その人に負けない事を目標にしてみましょう。

誰かをライバルにする事で目標が可視化され、より一層向上心が高まるのです。

また、相手が仕事熱心な人であればお互いに切磋琢磨して仕事に磨きをかけあう健全な競争心が生まれるでしょう。

取り組んでいる仕事に価値を見出せない

日々の仕事で雑用業務を頼まれる事が多いと、ふとした瞬間に自分がやっている仕事に疑問を持ってしまう事があるでしょう。

取り組んでいる仕事に意義が見出せない場合には、自分なりに工夫を加えてみる事が効果的です。

頼まれた仕事に「プラスアルファ」を

仕事に意義が見出せないというケースでは、頼まれた仕事を言われるがままにこなしているという傾向があります。

確かに指示通りに業務を遂行する事は大切ですが、そこから一歩自分なりの工夫をプラスしてみてはどうでしょうか。

例えば「自社製品との比較のために、A社の製品について調べて欲しい」という業務を依頼されたとします。

この場合、言われたとおりにA社の製品について調べたものを提出すれば仕事としては何も問題はないでしょう。

しかしこれでは誰がやっても同じ仕事であり、「自分がこの仕事をする意義」が見出せないでしょう。

そこでA社だけではなく競合となり得るB社やC社の製品についても調べたもの比較しやすい表にまとめるなど、自分なりのアクションを足してみる事が効果的です。

最初は少し手間に感じるかも知れませんがこうした能動的な姿勢を習慣をつけることで、仕事に対するやりがいを持てるようになるでしょう。

やりがいのあるポジションを見つける

本当はやりたくない仕事をしぶしぶとこなす毎日では、仕事に対してやりがいを持つ事は難しいでしょう。

自分を見失いがちになったら、改めて自分のやりたい事を見つめなおしましょう。

やりがいのあるポジションへのアクション

「自分のやりたい仕事」とは「自分が好きな事」の延長線にある事が多いですが、自分の好きな事を100%活かして仕事にしている人というのはそう多くないでしょう。

自分が望む仕事への挑戦は転職という形でも実現出来ますが、必ずしも希望通りの職に就けるという保証はありません。

仕事や職場を変える前に、一度社内で自分の「好き」が活かせるポジションがないか探してみることが大切です。

例えば「人と接する事が好き」なのであれば社内の営業や販売部門への異動、「文章を書いたり絵を描く事が好き」なのであれば社内報の発行などに携わる事は出来ないか打診してみましょう。

社内にも自分がやりがいを感じられるポジションが潜んでいる可能性はあります。

まずは自分のやりたい事を洗い出して、社内に活躍の場を見出してみましょう。

仕事の適性がない?落ち込んだときに意識したいポイント
どれだけ仕事を頑張っても思うような成果を残せていない場合には、今の仕事は自分には向いていないのではないかと悩んでしまうこともあるでしょう。 同期や同僚が評価されている中、自分だけが成果を残せないことにいら立ちを抱えてしまう人もいます。...

頑張っている人の話を聞いてみる

社内に「人一倍頑張って働いている人」はいませんか?自分が仕事に対して「つまらない」という気持ちを抱いているのであれば、そうした人の話を聞いてみることも大切です。

自分の現状を打破するための参考に

人一倍頑張って働いている人は、他の人とは違う「頑張れる理由」を持っていることが多いです。

仕事を生き生きとこなしている人の話には、モチベーションを維持する為のヒントが隠されているかも知れません。

何気ない日常会話でも仕事に関する会話でも構わないので、頑張って働いている人の言葉には耳を傾けてみましょう

もしかしたらその人も自分と同じように、本当は仕事がつまらないと思っているかも知れません。

それでも自分の目に「頑張って働いている」と見えるのには、自分との違いがどこかにあるハズです。

当人の気持ちはどうあれ「頑張る事が出来る理由」を持っている人の言葉は、自分の現状を変えるきっかけをくれるでしょう。

自己投資をすることも大事

仕事に行き詰ってしまった時には、仕事以外のポイントが解決の糸口にもなります。

自己投資によって仕事に対する心持ちを整える事も有効な手段なのです。

自分の為にお金や時間を使う事の大切さ

仕事で稼いだお金を自分の為に使えていますか?欲しいものや将来の為に貯金する事も大切ですが、自分の心を潤すための自己投資にも目を向けましょう。

趣味を持っているのであれば趣味用品にお金を使うのもよいでしょう。

プライベートの充実は「幸せホルモン」の分泌を促進させ、気分を明るくしてくれるのです。

資格をとるのもおすすめ

キャリアプランのために資格取得の講座を受講するのも立派な自己投資です。

やりがいを失いかけていた仕事に対して、新たな刺激を与えて前向きに取り組む事が出来るでしょう。

趣味にしても資格にしても、普段の職場からは少し離れたフィールドと言えます。

そこには同じ趣味の仲間や資格の勉強を通じて知り合った同志など、職場とはまた違った人間関係や出会いがあるでしょう。

一時的に「つまらない」と感じてしまった場所から一旦離れて、良質な刺激を自身に与える事が仕事に対する取り組み方にも良い影響を与えるのです。

転職には「資格」が有利!中途採用面接官がおすすめする8つの資格
転職をするなら「資格」を持っていた方が有利です。このページでは、応用の効く資格を8つ紹介しています。ただ、転職先の企業に必要のない資格を持っていてもあまり意味はありませんので、闇雲な資格ホルダーにならないようご注意ください。

目先の目標を立ててみる

つまらないと思いながら漫然と仕事に臨むと、ダラダラと長く時間がかかってしまい仕事の質も低下してしまいがちです。

仕事を効率的にこなすためには、とにかく何か「目標」を立ててみましょう。

目標は仕事にメリハリをつけるためのもの

仕事に対する目標は漠然としたものよりも、できるだけ具体的なものが望ましいでしょう。

例えば「この仕事を何時までに終らせる」、「定時までに並行してこの仕事も終らせる」といった具合に、期限や時間を設けてスケジュールを立てる事がオススメです。

目先に短期的な目標を設けることで、仕事に対する意識と集中力を高めることができます

また、目標をこなした後には「コーヒータイムを設ける」、「タバコを吸いにいく」などちょっとした自分へのご褒美を用意しておくと、より一層メリハリが付いてモチベーションの向上に繋がるでしょう。

長期的な目標であれば「このプロジェクトが片付いたら休暇を取る」などがベターです。

思いきって転職を考えることも必要

「仕事がつまらない」と感じてしまう事には様々な理由があります。

理由が異なれば解決方法もそれに合わせる必要があるでしょう。

自分の気持ちや置かれている環境など、一度腰を据えて見つめなしてみる事が大切です。

しかし正しい原因を突き止めて適切な解決法を講じたとしても、全ての問題が解消されるとは限りません。

仕事へのモチベーションは精神状態や人間関係など、複雑な要因から成り立っているのです。

力を尽くしても現状の解決が見込めないのであれば、職場を離れて転職活動をする事も選択肢に入ります

必要に応じて転職エージェントやハローワークを活用する事で、自分に合ったやりがいのある仕事が見つかるでしょう。

長く付き合う事になる「仕事」ですから、悔いのない選択をしてくださいね。

コメント