「実績がない」と思っている方がやるべき転職での上手なアピール方法

パソコンの前で悩む男性 転職の悩み

これまでのキャリアを考えると一切人に言えるような実績がないという人は転職でアピールするポイントがないと悩みがちです。しかし、企業が何を求めているのかをよく理解すれば上手に自分の能力をアピールすることができます。

企業が求めているのは過去の実績ではない

実績がないと転職でアピールできないと考えている人の大半が誤解している点があります。

企業は実績のある優秀な人材を求めているのではありません。過去の実績がいくら羨望の的となるようなものであったとしても、人材として受け入れて現場で活躍して成果を上げてくれなければ意味がないのです。

過去の実績があるのは能力が高くて成果につなげられる可能性が高い人材として期待できるというだけであり、必ずしも実績重視で採用して企業の成長に大きな貢献をする人材を獲得できるわけではありません。企業はこれから成果を上げられると期待できる要素が豊富にある人材を求めています。

実績がない場合には、自分が入社することによって企業が成長できると主張し、それに根拠を添えられれば問題ありません。このような観点から自分のアピールポイントを探し出すようにすると、実績の有無はあまり大きな問題ではないと考えられるようになります。

成果を生み出せる根拠はわかりやすくアピール

華々しい実績を上げていたとしても、それをわかりやすく伝えて、転職先の企業で成果につなげられる能力を持っていると伝えられなければ意味がありません。

それと同様に成果を生み出せる根拠となるポイントを探しだしたら、できるだけわかりやすい説明することが必須になります。

そのときに重要なのが、何ができるかをアピールするのではなく、なぜ成果を上げられるのか、どのようにして企業の成長に貢献できるのかを理解させるように心がけるのがポイントです。自分にはこれが達成できますと伝えても、その根拠がなければ誰も信用しません。

理由と方法が明確になれば相手を納得させることができます。自分の能力を棚卸して長所を列挙してみるのが最も大切です。

そして、志望先の企業についての情報を可能な限り収集し、事業の方向性を考えて自分の長所が生かせる部分がないかを吟味するとアピールポイントを発掘できます。あるいは企業として抱えている問題点が見つかり、その改善に役立つ能力を自分が秘めているとわかったら、それを暗に指摘して企業の成長に寄与できる人材だと伝えるのも効果的です。

ストーリーを作って伝えられると印象的

自分が企業に貢献できる理由と根拠を示すためにはストーリーを作り上げておくのが効果的です。

実績として職務経歴書に記載できるようなものでなくとも、普段の仕事の中でちょっとした工夫をしたことにより業務が効率化されたり、少し気を回して仕事をしたことでプロジェクトの進行が加速されたりした経験があるでしょう。

どんなに些細なものでも構わないので自分が考えて実行したことにより業務や成果に変化をもたらせた経験を思い出すのがまず必要です。そして、その内容に肉付けを行ったストーリーにして語れるようにすると理解を促すことができます。長らく問題になってきたことに対して、このような工夫をして改善させたことがありますと伝えるだけではあまりアピール力がありません。問題があることは話題になっていて意識はしていたけれど、あるときに些細なことに気づいたので改善案を思いついたといった点から話を切り出しましょう。

そして、実際に取り組んでみた結果として何が改善されたのかを伝え、これは自分のどのような長所によるものなのかと話を収束させていくのが良い方法です。その長所を転職先として志望している企業の成長につながる点を最後に添えられるとはっきりと相手に自己アピールをすることができます。

若いうちなら夢を具体的に伝えるのも有効

実績がない人はまだ若いのが理由である場合もあります。第二新卒のように就職して間もない頃に転職する場合にはなかなかストーリーにするようなエピソードも持っていないことがありますが、もう一つの観点として夢を語るのも効果的です。若いうちなら夢をできるだけ具体的に伝えて、自分に何ができる可能性があるのかを添えてアピールするとこれからの成長に期待してもらえる可能性があります。

第二新卒程度であればポテンシャル採用をしてくれるので、伸びしろが十分にあることをアピールするのが最も重要です。長所を生かしながら必死に成長していくことで大きな成果を上げられるようにしようという意欲を見せると高い評価が得られます。その大きな成果の内容が志望先の企業が目指しているものと合致するものとして具体的に伝えるとアピール力を高めることが可能です。

若者の転職は「熱意」が重要

第二新卒など、若者には「実績」がない状態でも当たり前です。まだ実績となるほどの仕事が任されていないでしょうし、それをこなすほどのスキルもないでしょう。

ならば何が求められるかというと「熱意」です。未来に対する展望。そこに採用担当者が魅力を感じた時、無事採用となるのです。実績がないならば、いかに熱意をアピールするか、ということを考えておくべきでしょう。

第二新卒が転職で失敗しない秘訣とは?
第二新卒とは、新卒から3年未満の年代を指す言葉。人手不足が嘆かれる現代日本において、第二新卒はかなり貴重な存在。転職する際には冷静に自分の将来を見極めていきましょう。

これから有望な人材としてアピールするのが肝心

実績がないのは転職に不利になると考えられがちですが、企業としては過去の実績よりもこれから成果を上げられることの方が重要です。その点をアピールするには有望な人材としての素養が備わっていることをアピールするのが肝心になります。企業の成長に貢献できる理由や寄与するための方法を具体的に自分の長所と絡めてアピールするのが効果的です。

コメント