採用担当に魅力を伝える履歴書・職務経歴書の自己PRとは

提出書類

転職活動を行う際、必ず必要となる履歴書・職務経歴書。採用担当者は、本人に会う前にまず、これらの書類を目にすることになります。

「会ってみたい。」と思ってもらえるような書類を作成しなければ、次のステップである面接に進む事は出来ず転職活動は、失敗に終わってしまいます。採用担当者の目を引く、履歴書・職務経歴書の書き方についてお話しします。

履歴書・職務経歴書を書くにあたって。大切な心得!!

履歴書・職務経歴書を書くにあたって大切なことがあります。まず一つ目は、あせらず時間に余裕を持ってゆっくりと書くことがあげられます。急いで書くと、やはりミスが多くなってしまったり、字にも荒っぽさが出てしまいます。

提出期限まで余裕を持ち、ゆっくりと時間のある時に丁寧に書くことが大切です。丁寧に心を込めて書けば、第一印象がアップすること間違いありません。

また企業が求める人材がどういった人材なのかを把握し、履歴書・職務経歴書を作成する必要があります。志望動機に関しては、応募企業向けの具体的な内容にし、魅力ある人材だと思ってもらうようにしましょう。

手書きの方が良いのか、パソコンで作成する方が良いのか迷われる方も多いのではないでしょうか?特に指定がなければ、とちらでも構いません。

履歴書作成方法は、会社・場合によりけり

しかし、場合によってはパソコンでオリジナルの履歴書を作成することにより、書きたくない項目を省いたととらえられてしまう場合があります。それとは反対に、パソコンを使う仕事への就職を希望する場合は、パソコンスキルを評価してもらえる場合もあります。手書きの場合も、字から人物像がイメージしやすいので良いという採用担当者もいます。そういった辺りを踏まえて選択すると良いでしょう。

最後に、ミスがないのか確認をすることは絶対に必要です。履歴書・職務経歴書にミスがあれば、仕事でもミスをするのではないかと悪い印象をもたれてしまいます。最後に全ての項目をチェックするようにしましょう。

将来輝ける人材を見つける?!

採用担当者は、履歴書・職務経歴書を見てその人をイメージしますが、その時に1番想像を大きくするのが、自己PRの部分になります。会ってみたいと思ってもらえるように、PRできるチャンスです。

書くのが苦手という方も多いと思いますが、少し工夫するだけで、完成度が高く採用担当者の目につきやすい履歴書・職務経歴書になること間違いありません。

常に前向きな気持ちを持ち、努力するということを伝えることが大切です。具体的に、志望した企業ではどのようなことをやりたいのか、目指したい自分の将来のイメージがしっかりと持てているかをチェックされます。これから先、一緒に働くことになるので、知識や経験だけではなく、将来性を見込み、魅力ある人材と思ってもらえるようにアピールするような自己PRを作成しましょう。

企業と自分をリンク!?エピソードを交えて

自己PR作成時に、今までのエピソードを交えて書くことで、人物像のイメージがしやすくなります。例えば、学生時代運動部で毎日汗水流して目標達成のために頑張っていたことなどを書くと、活発で一生懸命頑張る姿をイメージできることはないですか?

前職や現職などのエピソードも交え、企業が求める人材と自分をリンクさせることが重要になります。具体的に、どの様に活躍したいのかや、どんな風に貢献していくのかを自己PRとして述べることも良いでしょう。

猫をかぶるな!!自分は自分!!

採用してもらいたいという気持ちを強く持ちすぎて、スキルや経験わ誇張して書いてしまう人もいます。しかし、採用担当者は何百人、何千人もの採用活動に関わってきており、すぐに嘘を見通されてしまいます。

万が一嘘がバレずに、入社出来たとしても入社後、期待されている自分と本当の自分に差が出てしまいしんどくなってしまいます。ありのままの自分をみてもらうことが大事です。その為にも、しっかりと自己分析をし、自分の強みや弱みを自己分析して、PRしなければいけません。

文末に注意?!自信を持って!

せっかく自己分析して、自己PRする履歴書・職務経歴書を書いても、語尾が「〜だと思います。」や「〜かもしれない。」だと、どこか不安そうで、頼りない感じのイメージを持たれてしまいます。「〜です。」と言い切り自信のあるイメージを持ってもらうようにします。働く上で、もちろん謙虚さというのは大事です。

しかし、たくさんの応募者から自分を選んでもらうためには、入社してからやりたいことや、自分に出来ることを言いきることも大切です。履歴書・職務経歴書を書くとき、語尾にも目を向けてみてください。

そして、最後に「よろしくお願いします。」や「がんばります。」などと書く方も結構多くいます。しかし、採用担当者にはあまり良い印象をあたえることはありません。限られたスペースしかありません。

決まった定型分をいれることは一見、丁寧にも思えますが、目一杯自己PRをするほうが、採用担当者には好印象をあたえるといえます。

履歴書には特につたえたいことを!!職務経歴書にはしつかりと自己PRを!

履歴書にも職務経歴書にも、自己PRを書くことが出来る欄があります。履歴書には、決まったスペースしかなく書ける文字数も限られています。職務経歴書はそれに、比べるとしっかりと自己PRができます。

なので、職務経歴書に自分のアピールポイントを、しっかりと記入して、履歴書にはそれを要約して特にアピールしたい部分を書くようにしましょう。

コメント