医師が転職する理由は医局にある?医局のメリットデメリットを徹底解説

医師転職コラム

初期研修終了後は医局への入局を考える人が多い中、徐々に医局に属さずに働く考え方も広まってきています。

「今の医局を抜けようと考えている」
「医師の転職に関する実態が知りたい」

このように、現在医局を抜けて転職しようと考えていませんか?

医療経営のコンサルティングを行う株式会社メディウェルが行なった調査によれば、医局に所属する医師の全体の55%が「将来的に医局を辞めようと考えている」と答えています。

参考:医師にとって現在の大学医局はどういう存在か?
しかし同時に再就職先の不安や、医局の後ろ盾がなくなるという不安もあり、なかなか医局を辞める決心がつかない人も少なくありません。

そこで今回は、医師の転職の実態から、他の医師が転職をする主な理由、医局に属するメリットデメリットまで紹介していきます。

最後にオススメの医師専門の転職サイトを紹介しているので、現在転職を考えている医師はぜひ参考にしてみてください。

医師の転職の実態

医師コミュニティサイトを運営するメドピア株式会社が行なった、「医師の転職に関する調査」によれば、医師の全体の52.0%が「転職は考えていない」と答えています。
参考:「医師の転職」に関する調査結果

その主な理由として、現職爆に満足しているという人もいれば、医局人事にはなかなか逆らえないという人もいます。

しかし、逆に考えれば48%もの人が転職を考えているということです。

転職を考えている人の理由には、現状を逃げ出したいという声や、トップが変わればついていけなくなるからという、間接的に医局で働くことに不安を抱えている声が多くあります。

ほかにも、開業したいという声や、もっといい条件の職場で働きたいからという声もありますが、少なからず医局に対する不満で転職を考えているという人が一定するいることがわかります。

ほかの医師が転職をする主な理由

他の医師が転職をする理由はさまざまです。

その中でも最も多い理由として以下の3つがあげられます。

  • 家庭や生活事情
  • 医局を辞めたい
  • 今の職場がきつい

ここからは、それぞれの理由について深掘りして解説していきます。

家庭や生活の事情

家庭や生活の事情で転職をする医師は少なくありません。

たとえば、子育てに理解の少ない職場であったり、今の職場が拘束時間が長かったりなど、家族との時間を大切にできないという理由で転職をする医師がいます。

勤務先の医院によっても異なりますが、特に家族の時間や自分の時間を優先したい人にとって、時間を奪われる職場は非常に苦痛といえます。

もし家庭や生活の事情で今の職場を辞めたいと思っているなら、転職してみるのも選択肢の一つです。

医局を辞めたい

医局が辞めたいという理由で転職をする医師は多いです。

所属している大学の教授が退任するタイミングで転職をする人や、医局人事による突然の転勤命令に納得がいかないために転職をする人もいます。

初期研修終了後に医局への入局を考える人は少なくありませんが、医局へ所属せずに医師として働くという考え方も現在では一般的です。

そのため、もし今の医局に不満があるのであれば、転職してみるのも選択肢の一つです。

今の職場がきつい

今の職場がきついという理由で転職をする医師は少なくありません。

病院によって業務内容や職場環境は大きく異なり、医師を尊重して満足度の高い病院もあれば、残業や休日出勤が当たり前のブラック病院も存在します。

実際には、緊急手術やオンコールによって体を休めることができないという理由や、辞めた同僚の医師の業務を負担させられるなどの理由で転職という選択をする人もいます。

病院に限らず、ブラック企業で無理して働いてもあまりメリットはないので、今の職場がきついと感じたら転職を考えるのもおかしなことではないでしょう。

医局に属するメリット

医局に属するメリットには以下が考えられます。

  • 医学博士や専門医などの資格を取得できる
  • 経験の幅が広がる
  • 修行や生活のリスクを下げられる

など

医局に属する大きなメリットは各種資格を取得できるということでしょう。

医学博士の有無が重要視される職場は多くありませんが、キャリアとして輝かしい実績を残すことができます。

また、医局に属していることで基礎研究や留学などといった、学びの機会を多く得られるというのもメリットの一つです。

収入や仕事も安定しますし、何かあった場合でも医局という後ろ盾あるので、安心して医師の仕事ができるという理由で在籍している人も多いです。

医局に属するデメリット

医局に属するデメリットには以下が考えられます。

  • 急な異動
  • 給与が低い
  • 業務内容や時間が多い

医局に対する不満の中で最も多いのが急な異動でしょう。

希望に反する人事異動や、突然の異動を繰り返すことによる負担を感じ、転職を考える医師は少なくありません。

また、大学病院での勤務という特性上、通常の診療業務に加えて論文の執筆や研究といった業務が重なることもあります。

さらに、一般的な医師の平均年収を下回ることが多く、大学病院の医師は給料が低いということが最大のデメリットです。

医師を対局するときにオススメの転職サイト

医局を対局するときにオススメの転職サイトは以下の2つがあります。

  1. 医師転職ドットコム
  2. マイナビドクター

知人の紹介で転職をする医師は少なくありませんが、転職サイトを利用するというのも手段の一つです。

ここからは、それぞれの転職サイトについてくわしく解説していきます。

1.医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは、株式会社メディウェルが運営する医師専門の転職サイトで、病院経営者と医療従事者のマッチングに力を入れています。

常勤の求人だけでなく、非常勤の求人も多く扱っていることが特徴で、常勤で勤務先を一つに絞りたい人はもちろん、非常勤で自由な働き方を考えている人にもオススメです。

また、対面サポートに対応しており、電話やメールだけでは受けられないきめ細かなサポートで、転職に対する不安をなくして満足いく転職を可能とします。

全国の主要都市に支店があるので、多くの人が対面サポートを受けることができます。

しかし一方で、求人にかたよりがあり、病院からの求人ばかりで企業やクリニックからの求人が少ないという点がデメリットです。

とはいえ、求人数が多く全国対応している転職サイトなので、転職を考えている医師なら検討すべき転職サイトの一つです。

医師転職ドットコムは医師転職にオススメ使い勝手や評判などをご紹介
医局を抜けてフリーランスに!医師の働き方は多様化してきている 医師の転職活動は一般的なサラリーマンの転職活動と違い、医局内での人事異動や転職が主流でしたよね。 自分の所属する医局が絶対であり、医局ごとに独自のネットワークも築いていま...

2.マイナビドクター

マイナビドクターは医師専門の転職サイトの中では最大手で、転職を考えている医師なら利用すべきサイトの一つです。

人材紹介の事業を幅広く行なっているマイナビが運営しているので、充実したサービスを安心して受けられるという特徴があります。

また、キャリアアドバイザーの交渉力が高く、マイナビというブランドをうまく活用して、より条件のいい求人と出会うことができるでしょう。

一方で、企業からの求人が少なく、非公開求人が多いという点が大きなデメリットです。

たとえば、マイナビドクターで好条件の優良求人に出会うためには、キャリアアドバイザーから紹介してもらう必要があります。

しかしながら、マイナビドクターをしっかりと活用すれば、転職を実現できる可能性があるので、まずは登録してキャリアアドバイザーとコンタクトを取ってみましょう。

マイナビDOCTORの使い勝手は?利用者の口コミなどもご紹介
医者の転職活動は、医局に所属しているため転職サイトを利用しての転職活動はあまり主流ではありませんよね。 しかし最近は常勤の医者に限らず、非常勤やスポット勤務など雇用形態や働き方も多様化しています。 非常勤での求人の需要も高まって...

まとめ

医局を辞めて転職したいと考えている人は少なくなく、現在では医局に属さずに働くという考え方も広がってきています。

初期研修終了後に医局へ入局する人は多いですが、民間の病院で働くというのも一つの選択肢です。

もし医局からの退局を考えているのなら、医局で属するメリットとデメリットをしっかりと理解した上で行動しましょう。

当サイトでは、転職をするなら「医師転職ドットコム」と「マイナビドクター」をオススメしています。

どちらか一方しか使えないという決まりはないので、可能性を広げるためにも両方登録して使ってみましょう

コメント