医師転職ドットコムの評判の真相は?口コミや特徴を徹底解説

医師転職サイト

目次

医局を抜けてフリーランスに!医師の働き方は多様化してきている

医師の転職活動は一般的なサラリーマンの転職活動と違い、医局内での人事異動や転職が主流でしたよね。

自分の所属する医局が絶対であり、医局ごとに独自のネットワークも築いています。

転職活動を決め医局を退職しようものなら、一筋縄にはいかず色々とごたごたが付きもの。

「医師が転職サービスを利用することはありえない」という風潮や、中には医局側から引き止められ退職をすることが出来ずにいたりなどもありがちですよね。

しかし最近の医師における転職活動は多様化してきています。

常勤・非常勤に捉われずフリーランスという選択をする医師や医局を退局して新たな職場や働き方を選択する医師も増えてきています。

働き方は多様化しているものの医局を抜けるのは大変…

働き方が多様化してきているとはいうものの、医局内でもなにかとしがらみが多いのも事実。

これまでの医師が転職活動を希望したとしても現職における医局との関係性がネックになっていました。

医局を通さないで転職活動を行う医師はあまりいいイメージを持たれず、中々思うように転職活動に取り組めない方も多かったのです。

またきちんと根回しをせずに転職活動をし、医局内に敵を作ってしまい下手をすると自分のキャリアを傷つけてしまうなんてこともあります。

メディウェルの『医師転職ドットコム』なら医局退職のサポート体制も整っている

つまり医師の転職時に最も重要なことは、いかに医局を円満に退職をし、次の転職活動に繋げるか。

株式会社メディウェル運営する『医師転職ドットコム』でなら、転職支援サービスや求人紹介に加えての現職の医局を円満に退職すための対策も行ってくれます。

キャリアコンサルタントによる現職の医局退局の際の根回しの仕方・退職方法・それらの具体的な理由づくりなど、転職希望者が円満に退職をし、次のステージへ進むための手厚いサポートが充実しているのです。

そのため『医師転職ドットコム』は医師転職を考えている方にとって必ず活用すべきの転職サービス!

今回はそんな『医師転職ドットコム』のサービス内容に加え実際の利用者の口コミによる評判なども詳しくご紹介いたします。

医師転職ドットコムとは

『医師転職ドットコム』とはどのようなサービスなのでしょうか?

運営会社はメディカルに強い株式会社メディウェル

医師転職ドットコムを運営しているのは株式会社メディウェルです。

「医療と共に活きる」をモットーに、以下の事業展開を行っています。

メディウェル事業内容

  • 医師・薬剤師のキャリア支援
  • 医療・経営コンサルティング
  • 情報サービス
  • キャリアマガジン

今回ご紹介している『医師転職ドットコム』などのキャリア支援事業に加えて、病院経営の医療コンサルティングや医療機関の経営支援を行うコンサルティング事業、医療機関や省庁などの情報発信や官庁からの依頼によるデータ処理・分析なども行います。

また医師のキャリアやライフプランニングなどの情報を発信するWEBメディア『EPILOGI』なども運営しています。

メディウェルは薬剤師転職ドットコムなども運営!

前述の事業展開でもさらっとご紹介いたしましたが、株式会社メディウェルでは医師転職ドットコムの他にも、医師バイト向けの『医師バイトドットコム』や薬剤師の転職支援に特化した『薬剤師転職ドットコム』なども運営しています。

それらの特化したメディカル転職支援サービスの実績を活かして、日々医師の皆さんの転職支援を強化しているのです。

薬剤師転職ドットコム(メディウェル)の評判は?利用者の口コミから強みを解説
東京都と大阪府に拠点を持っているメディウェルの薬剤師専門の転職サイトが薬剤師転職ドットコムです。 高い人気がある定番の転職サイトの一つですが、どのような強みを持っているのでしょうか。 基本的なメリットやデメリットを確認すると共に...

医師転職ドットコムの特徴

ここからは医師転職ドットコムの特徴などをご紹介していきます。

具体的なメリットをご紹介していきます!

4万名以上のサポート実績!コンサルタントによる手厚いサポート体制

やはりメディウェルの最大の強みは、キャリアコンサルタントによるサポート体制です。

一般的な転職支援サービスのコンサルタントとの面談では、基本的に電話やメールでの対応が多いのです。

しかしそこは流石医療転職に強いメディウェル、なんとキャリアコンサルタントとの対面での面談も行っているのです。

対面で行うことで、より希望を相談しやすかったり、気になることも聞きやすいですよね。

ちなみに利用者によると、面談希望時間が夜の8時になってしまったのにも関わらず、利用者の先生の自宅最寄り駅での面談に柔軟に対応してくれたとのこと。

日中忙しく中々イレギュラーな対応が多い先生のライフスタイルに合わせて、全力で転職活動を行うことが出来るよう全面的にサポートをしてくれるのです。

現職の退局時におけるサポートも整っている

メディウェルの『医師転職ドットコム』を活用するにあたり、キャリアコンサルタントによる求人紹介や面接対策、求人先とのやりとりの代行などを行ってくれます。

自分一人ではカバーしきれない転職の悩みを一緒に解決をしてくれるのが転職サービスのコンサルタントの役目です。

しかしメディウェルの「医師転職ドットコム」のキャリアコンサルタントは、そういった転職支援に加えて、医局の退局時の辞め方などの支援体制も整っています。

冒頭でもご紹介した通り、やはり医師の転職は医局の人間関係やネットワークがありますよね。そこで医局を抜けて転職などしてしまうと、医局にいい顔をされず、下手するとその後のキャリアに傷がつくような事態も免れないかもしれません。

医局も抜けつつ、円満に退職をして新たな職場で医師を続けたいという先生のためにも、メディウェルではそういった医局を退局する際にこれまでの豊富な医師の転職支援実績でのノウハウを生かして、先生たちの退職のサポートも行っています。

医師転職ドットコムは求人数が業界最大規模

医師転職ドットコムは、掲載している公開求人数が業界最大級といわれています。

診療科目や産業医なども充実しており、医師転職の際には必ず登録しておくべき転職サービスです。

メディウェルだけの非公開求人数も充実

メディウェルの「医療転職ドットコムサイト」では、サイトからの求人検索だけでなく、転職サービスに登録をすると、一般に公開していない求人やメディウェルだけの取り扱い求人なども豊富にそろっています。

非公開求人数はその数約1万件以上!一般には公開されていないメディウェルのみでの取り扱い求人も充実しています。

また求人検索で出てきた求人も、詳細は非公開で登録をすると詳しい情報がみれる求人も多いため、登録を行うとより求人の選択肢も増えます。

産業医の求人にも医師転職ドットコムは強い!

医師転職サイトの中では、産業医求人にも強いと謳っているところもありながらも、実際に求人を見てみると、やはり医師の求人数に比べると少し弱いところが多いですよね。

しかし医師転職ドットコムは業界最大級の求人数を誇っており、産業医の求人でも強いといわれています。

『医師転職研究所』で転職についての調査データや論考が読める

医師転職ドットコムでは、メディウェルでの転職支援実績をいかした医師のキャリア情報コンテンツを読むこともできます。

しかし一方で、メディウェルが提供するサービスの中には同じような『EPILOGI』という医師のキャリアのWEBメディアがあります。

前述でもちらっと紹介しましたが、『EPILOGI』は、医師のキャリアやライフプランニングなどの情報を発信するサイトであるのに対し、医師転職ドットコム内のコンテンツの『医師転職研究所』では、医師転職ドットコム内の転職支援実績を元にデータの公開や市場の傾向分析などを公開しています。

『EPILOGI』も医師キャリア形成において非常に役に立つサイトですが、こちらの『医師転職研究所』はより生の医師転職市場を知ることが出来るのです。

医師転職研究所のコンテンツは論考と調査データと大きく分けて二つあります。

医師転職・キャリア論考の公開コンテンツの一部をご紹介いたします!

医師転職・キャリア論考

  • 医局退局の方法
  • 医師転職市場の規模・実態
  • 新専門医制度の動向

次に医師転職・調査データの一部コンテンツをご紹介いたします。

医師転職・調査データ

  • 各診療科目医師の年収、転職後データ
  • 医師への転職アンケート結果
  • 医師転職活動の時期・期間

転職支援サービスのキャリアコンサルタントにお世話になりながら、こちらのコンテンツも並行してチェックすることでより医師の転職活動をスムーズに進めることが出来ます。

医師転職ドットコムでは300人以上の転職体験談をチェックできる

メディウェルの『医師転職ドットコム』のコンテンツには、これまでメディウェルで転職成功をした方々の体験談をも紹介されています。

その数なんと300人以上の生の医師転職体験談が閲覧でき、それらの転職体験談を検索することもできます。

検索カテゴリーは検索ボックスから入力して探すこともできますし、以下の項目を指定して体験談を探すことが出来ます。

検索カテゴリー

  • 転職の悩みのカテゴリー
  • 診療科目
  • 都道府県

転職の悩みカテゴリーも「年収、待遇が不満」、「QOL重視、通勤しやすい」など15件の項目が揃っており、様々な悩みから同じような境遇の体験談を探すことが出来ます。

これだけ詳細を指定して検索することができるので、自分の同じような先生方の体験談を見つけることが出来ます。

医師転職ドットコムに登録を行うとマイページを活用できる

医師転職ドットコムは、登録をするとサイト内にマイページを持つことができるので、より転職活動をスムーズに進めることが出来ます。

また医師転職ドットコムはPマークも取得しているため、個人情報は厳格に管理されています。

マイページへのログインでも「ワンタイムパスワード」方式を利用しており、ログインするたびにパスワードが発行されるため、万全のセキュリティ体制が整っています。

パスワードの管理も無いので自分での管理は楽ですね。

医師転職ドットコムのマイページへのログイン方法は?

マイページへのログインは、以下の方法で行うことが出来ます

  1. 医師転職ドットコムのトップページの右上にある「ログイン」ボタンをクリック
  2. 登録しているメールアドレスを入力し「パスワードを受け取る」をクリック
  3. 入力したメールアドレスに届いた認証コードを入力し「ログイン」ボタンをクリック

医師転職ドットコムの求人数は?

医師転職ドットコムの求人数は業界最大級とのことでしたが、実際の求人数はどのくらいあるのでしょうか?

そこで医師転職ドットコムの常勤・非常勤それぞれの全国の公開求人数を調べました。

常勤19588件
非常勤13085件

※2019年5月現在

医師転職ドットコムのと各医師転職サービスの求人数は?

サービス名常勤非常勤
医師転職ドットコム19588件13085件
マイナビDOCTOR5362件6059件
エムスリーキャリアエージェント14831件4752件
リクルートドクターズキャリア11333件4842件

※2019年5月現在

医師転職ドットコムは業界最大最大級とのことでしたが、競合の主な医師転職サイトの求人数と比べてみても、その求人数は圧倒的な差をつけてトップです。

これだけ求人数があれば必ず自分の希望に合った求人が見つかりそうですよね。

産業医の求人が充実って本当?実際の求人数を比較

医師転職ドットコムの求人数は業界最大級に加えて、産業医の求人数も強みと言われています。

実際にどの程度の産業医求人があるのでしょうか?

各医師転職サイトと比較していきます。

サービス産業医の求人数
医師転職ドットコム156件
マイナビDOCTOR21件
エムスリーキャリアエージェント17件
リクルートドクターズキャリア34件

※2019年5月現在

各医師転職サイトが二ケタ台の求人数に対し、医師転職ドットコム内の産業医求人数は他3サイトを大きく引き離し150件越え!

産業医への転職を考えている先生にも医師転職ドットコムはおすすめの転職サイトです。

医師転職ドットコムの口コミ・評判は?

実際に医師転職ドットコムを利用した方はどのような口コミを寄せているのでしょうか?

転職キャリアセンターが独自にアンケートを行ったものを元に、利用者の口コミをご紹介していきます。

内科 30代 男性

総合病院で早朝から夜遅くに帰宅、緊急手術対応など時間外の激務に加え、たまの休みには学会に参加といったスケジュールに耐えきれず体を壊しました。

開業したいということもあり、このタイミングで仕事中心から開業準備に時間を割きたいと考え、もう、転職を決心しました。

身体を壊した後だったので、とにかく今は再就職先が決まればいい、年収も下がる覚悟でメディウェルに登録をしました。

コンサルタントの方との面談後に希望エリアの医療機関の一覧を見せていただき、求人も紹介してもらいましたがやはりそう上手くは行きませんでした。

しかしコンサルタントの方が熱心に求人を見つけてきてくれては一緒に対策を練ってくれたりと、とにかく親身に対応をして頂きましたね。

いくつか紹介していただいた中で、気になる医療機関の面接を取り付けてもらったところ、とてもよくしていただき「是非来て頂きたい!」と、とんとん拍子に話が進み、そのまま内定を頂きました。

半場諦めも入っていましたが、コンサルタントの方の熱心なサポートのおかげでなんとか転職でき、とても感謝しています。

また年収も前職とほとんど変わらずに済んだので、助かっています。

定職後も担当のコンサルタントの方には何かと気にかけていただきました。

精神科 30代 女性

人間関係に悩みました。前職の風通しが悪く、院長と特定の医師の意見だけがくみ取られ、気に入らないスタッフはとことん邪険に扱うといった幼稚な職場でした。

毎月のように離職者が出て、新しいスタッフが入ってはまた辞めの繰り返しにうんざりし、仕事に集中できる環境への転職活動を決心しました。

離職したスタッフが医局との関係性に悩んでいたのを目の当たりにしていたこともあり、新たに転職したいという気持ちがありつつも、「自分も同じように今の職場から何か不利益になるようなことをされて転職も上手くいかないのではないか」と大分ナーバスになっていました。

そんな時に知り合いの同業者に相談していたところ、メディウェルなら医局退職のサポートもしてくれると聞き、利用をしてみました。

医局のことを相談したところ、その医局での円満な辞め方から立ち回り方法など丁寧に教えていただき、結果円満退局することができました。

医師転職ドットコムの登録の流れ

医師転職ドットコムの登録方法は以下の2通りあります。

登録方法

  • サイトからの登録申し込み
  • 電話で登録申し込み

電話での申し込みの概要はコチラ!

電話概要TEL:0120-141-740

受付時間:9:00~18:00

※土日祝は除く

サイトからの医師転職ドットコムの登録の流れ

医師転職ドットコムの登録の流れをご紹介いたします。

  1. トップページから「お申し込みはコチラ」をクリック
  2. 項目に沿って記入後「次へ」をクリック
  3. 基本条件を入力

以上になります。

これらが完了するとマイページが作成され、医師転職ドットコムで活動をスタートすることが出来ます。

転職成功には医師転職ドットコムと他のサービスの併用がおススメ

医師の転職活動を成功させるには、複数の転職サービスを活用することがカギとなります。

ここではメディウェルの『医師転職ドットコム』と並行して活用するのにおすすめの転職サービスをご紹介いたします!

マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORも医師の転職支援サービスを提供しています。

流石人材大手のマイナビが運営するだけあって、転職活動においてのノウハウもばっちりです。

マイナビDOCTORの使い勝手は?利用者の口コミなどもご紹介
医者の転職活動は、医局に所属しているため転職サイトを利用しての転職活動はあまり主流ではありませんよね。 しかし最近は常勤の医者に限らず、非常勤やスポット勤務など雇用形態や働き方も多様化しています。 非常勤での求人の需要も高まって...

エムスリーキャリアエージェント

医療業界ではお馴染みのエムスリーが運営するエムスリーキャリアエージェントも転職支援サービスを展開しています。

医療業界に特化したエムスリーキャリアエージェントと医師転職ドットコムを併用することでより医師転職への対策を強化できます。

エムスリーキャリアエージェントの評判の真相は?口コミをもとに徹底解説
医師の転職で欠かせないのが、エムスリーキャリアエージェント。 医療従事者であればお馴染みのエムスリーですよね。 医師の転職では、転職サイト・サービスはあまり使用しないのが一般的ではありますが、エムスリーキャリアエージェントは医師...

医師転職ドットコムの総評

今回は株式会社メディウェルが運営する医師転職ドットコムのご紹介をいたしました。

医師転職ドットコムは求人数も業界最大級を誇り、医師の転職事情にあわせた医局の悩みもサポートしてくれます。

また医師転職研究所のデータや、実際に転職活動をした先生の体験談など、コンテンツも非常に充実しており、医師転職ドットコムは転職の際に絶対活用すべき転職支援サービスであると言えます。

またマイナビドクターやエムスリーキャリアエージェントなど複数の医師転職サイトと並行して活用していき、様々な角度から求人を見ることで、転職成功への近道になります!

これを読んだあなたの医師転職が成功することを祈ります。

医師の転職サイトおすすめランキングTOP10
「医師向けの転職サイトって、ほんとに使っている人なんているの?」 「転職サイトなんて情報だけ抜き取られるだけの悪質な感じがする」 と言った声も多いです。まだまだ医師転職は医局の繋がりや紹介などで行う先生が多く、まだまだ転職サイト...
医師が転科を決める理由とは?転科しやすい診療科目は?
自分の診療科目から他の科目へ転科することはよくあることだと思います。 医師の働き方も多様化している現代、医師転職でも医局を退局して転職サービスなどを活用した転職活動なども増えてきていますよね。 また医師転職のニーズが高まってきて...
医師の転職先は病院だけじゃない!医師以外にも活躍できる他業種を紹介します
医師の転職にも様々な選択肢があると思います。 医局を抜けて転職をすることもあれば、自分の診療科目を変えようと、転科を考える先生もいらっしゃると思います。 また臨床に捉われず、医師の資格を活かして他のフィールドに転職をする方もいれば、医師...

コメント