育児と両立できる仕事はどれ?両立させられるコツは?

育児派遣社員のお悩み

考えることの多い育児…それと仕事を両立させたいと考える方は多いと思います。

育児と仕事を両立させたい理由としては、やはり「佐伯行が不安なので、生来のためにも稼ぎ口はしっかりキープしておきたい。

そんな思いで育児と仕事の両立を行いたい方は多いでしょう。

実際、現在進行系で「育児と仕事を両立させたい」と思っているお母さんは多いです。

しかし「育児と仕事の両立」は、文字で書くほど、口で言うほど簡単なことではありません。

しっかりとスケジュールを組んで、朝から晩まで働き詰め。

そうしてはじめて「育児と仕事の両立」が達成されるのです。

今回はそうした、考えることの多い育児と仕事の両立について。

そして具体的に、育児と仕事を両立させることができる仕事の種類について、しっかり考えていきましょう。

子育てと仕事の両立は可能?

そもそも、「子育てと仕事の両立」はそう簡単に成立するものなのでしょうか?

割合が多くなっている「子育てママ」

以前は当然のように合った「専業主婦」という立場。

これは、仕事せず妻が家の中で家事を専門的に行なうというものですが、この働き方もすっかり過去のものです。

ただでさえ、一昔前のサラリーマンより収入が下がっており、夫の収入をあてにして生活するのが難しくなっています。

それに加え最近は日本全体、世界情勢全体が不安定な情勢となっていることもあり、「将来が不安」なママが多いです。

そのため現代日本では、「育児と仕事の両立」は平凡な働き方と言えるのです。

育児と仕事の両立を考える方がとても多くなっているので、今後勤める企業にもきっと同じく「育児と仕事の両立」を行っている女性もきっと多いはずです。

仕事しないと家計が苦しいママ多数

仕事と育児の両立なくして、家族の生活は成り立つものなのでしょうか。

現在日本の平均年収は441万円。

対して出産から22年間にかかるお金、育児にかかるお金はおよそ1640万円です。

育児にかかるお金以外にも、生活で必要なお金は一定量必要です。

それらを合わせると、必要なお金を用意するには、夫の収入だけでまかなうのはとても不可能です。

もはや育児と仕事の両立なくして、夫婦の生活を成り立たせることは不可能なのです。

子育てと仕事を両立させるポイント

子供を抱えるお母さんが、育児と仕事の両立を行なうには、いくつか気をつけておくべきポイントがあります。

本格的に仕事に励む前に、育児と仕事の両立において気をつけるポイントを説明します。

家族のサポートを受ける

育児と仕事の両立は、家族からのサポートが不可欠です。

家族に理解してもらわないといけないことはたくさんあります。

例えば、「仕事に力を入れることで家事がおろそかになるかもしれない」こと。

家庭の中で一人抜けてしまったら、その穴をなんらかの形で埋めなければいけません。

そしてその「穴を埋める作業」には家族のサポートが必要不可欠なのです。

家族に甘えられるところは甘えて、手伝ってもらうところはしっかり話し合ってから手伝ってもらうようにしましょう。

地域のサービスを受ける

各地域には、子育てを支援する制度がたくさんあります。

保育園や学童保育を活用して、できるだけ長い時間仕事に励める環境を作っていきましょう。

また、厚生労働省運営のファミリーサポートセンターを頼ることで、子育てを援助したい会員と援助を受けたい会員をマッチングしてくれます。

マッチング全盛期の今は、子育てを助けてくれるマッチングサービスが存在するということです。

自分が住んでいる地域がどれくらい子育てをサポートしてくれるか、一度しっかり調べてみましょう。

育児の手を抜かない

育児と仕事の両立を考えていたのに、いつしか比重が仕事によってしまうお母さんも多いです。

本当に大切なのは、仕事より育児のはずです。

育児の手を抜いてしまうくらいなら、いっそ仕事をしないほうが良いくらいです。

仕事と育児のリソース分配をしっかり気を使って、どちらにも比重が傾きすぎない管理能力が求められます。

そのためにもやはり、家族の理解とサポートが必要ですね。

そして同時に、育児しながら働くための職場の制度と理解も必要です。

子育てと両立できる仕事はこんな仕事

どんな仕事が「育児と仕事を両立できる仕事」なのか?

育児しながらやりやすい仕事の特徴も、ここで学びましょう。

その仕事は育児のためにシフトを融通させられるか

育児は時間における自由度が絶対必要です。

例えば子供が病気や怪我で苦しんだ時。

例えば子供の送り迎え。

その他急な欠勤、早退に対応してくれる職場こそ、育児と仕事の両立がしやすい職場です。

そうした職場を選んで働くようにしましょう。

育児と仕事を両立できる制度がある

育児しながら仕事しやすくなる制度があると、一気にその職場は「育児と仕事を両立しやすい職場」になります。

わかりやすい制度で言えば「育休制度」ですが、他にもリモートワークできる職場や、時短勤務が認められる制度など、育児と仕事を両立しやすくなる制度にも種類があります。

あらかじめ「育児のための制度」がある仕事を選んで働くようにすると、育児と仕事が両立しやすくなります。

体力的に消耗がない

実は育児にも結構体力が必要になります。

仕事が体力の奪われるもので、仕事が終わったらヘトヘトで何もできない…。

そんな状況では、子供の相手なんてできません。

ですから、育児と両立させやすい仕事というのは、「体力的に消耗の少ない仕事」ということになります。

育児中のママが働いている

すでに育児中のお母さんが働いている職場なら、育児と両立させやすい仕事環境が整っている可能性が高いです。

育児しながら働くノウハウが十分あるということですから、今後一人育児中のワーママが転職してきたところで職場の負担としては大したことないのです。

それに、すでに多くの育児中社員がいたとしたら、しっかりと制度も整っていることでしょう。

子育てと両立させやすい職業

それでは具体的に、どの職業が「育児と仕事を両立させやすい仕事」なのか。

具体的に商業の種類まで調べておきましょう。

コールセンター

オフィスワークであるコールセンターは、自社製品を使っているお客様などと電話のやり取りを行なう仕事です。

商品やサービスに関する問い合わせを受けるのがメインの仕事で、合いた時間で働きやすい、育児と仕事を両立させやすい仕事の定番です。

さらに、未経験で働けること、働くために資格などが必要ない割に、比較的高単価を受けられる珍しい仕事でもあります。

事務

一般事務も育児と仕事を両立させやすい仕事でよくあがります。

派遣で働くことが多い一般事務の仕事は、未経験でも働きやすく、時間の自由度も高く働きやすいのがその特徴です。

働く企業の業界、企業規模も様々なので、幅広い選択肢の中から自分が働く職場を選ぶことができます。

一般企業の医療事務だけでなく、病院やクリニックで働く「医療事務」で働く選択肢もあります。

スーパーのレジ

スーパーやコンビニ、百貨店のレジ係も、育児と仕事を両立させやすい仕事です。

勤務時間がしっかりと決まっており、時間内にしっかり働けば残業も発生しません。

育児と仕事を両立している同僚も多いので、周囲のカバーを受けながら働きやすい仕事でもあります。

Twitterでみる「子育てと仕事を両立する大変さ」

すでに育児と仕事を両立している人の声が、Twitter上で簡単に確認できます。

いくつか実際にみてみましょう。

みんな口を揃えて、「育児と仕事の両立は大変」と言っているのがわかりますね。

子育てと仕事の両立 まとめ

育児と仕事を両立させるのは簡単なことではありません。

しかし現在すでに多くのワーママが子育てしながら働いているように、「がんばりである程度なんとかなる」問題でもあります。

「どうすれば両立できるか」

「どの仕事で働けばいいのか」

しっかり考えながら、育児と仕事の両立を考えていきましょう。

小さい子供がいてもできる仕事はどれ?アルバイト?派遣?
「小さい子供を抱えていると、どこにも雇ってもらえない」 なんて声をよく聞きます。 小さい子供がいても働くことができる仕事は、どこのどんな働き方なのか。 今回は、小さな子どもを抱えている方に、小さな子供がいても働らける仕事に...

コメント