転職活動中に落ち込むことは多い!転職を成功させるにはコツがあります

書類を見て悩む男性 転職の悩み

転職活動で不採用通知を受け取ると落ち込んでしまうのはもっともです。

本腰を入れて応募してみたのに採用されないとなると自信を失いがちですが、たかが転職という気持ちを持って前向きに取り組み続けるのが最も重要になります。

転職の成功談に踊らされないこと

不採用通知が届いたという、それだけで落ち込んだり、気分を上げ下げしてしまうべきではありません。

最近は転職希望者も多くなり、転職サイト、転職エージェントも多くなっています。

その宣伝広告としてよく転職の成功談が寄せられていて、その内容を読んで転職を決意したり、転職活動の参考にしようと読んだりする人が増えています。

その情報からいとも簡単に理想の転職ができると思い込んでしまうケースが少なくありません。

一度きりで天職に成功した人の話が掲載されていることもよくありますが、そのような人は一握りです。

十社二十社応募は当たり前

実際には十社以上も受けてようやく転職先を見つけられたケースが多く、何度も不採用通知を受け取りながらもめげずに転職活動をした人が成功を勝ち取っています。

不採用通知を受け取っても、たかが一社落ちたくらいでは大したことはないと考えて、次の応募先をどこにするかと前向きに考えるのが大切です。

転職活動が長引くのもよくあること

転職活動でイライラしたり、不安を感じるのは何もあなただけではありません。

未来が不確定な転職活動。

自分の状況が変わる時期である「過渡期」には強いストレスを感じるものです。

人によっては、転職活動の時間が長引いてしまい、1年以上転職に時間がかかってしまうことも。

転職活動が長引いたとしても、自分の未来のために妥協するのも良いとは言えません。

ストレスがかかる期間が長引くと、落ち込むのも無理ありませんが、長期間の転職活動のストレスと上手に付き合っていきましょう。

転職活動は経験が大切

不採用通知はむしろ経験だと考えるようにすると転職を実現できる可能性が高まります。

転職活動は経験が大切であり、履歴書や職務経歴書を書いたり、面接を受けたりする経験を積み上げるとノウハウが身についてくるのが一般的です。

書類選考で落ちてしまうとどこに不備があったのかと考えて見直すことになりますが、そこで冷静になってみると落ち度が多かったと気づきます。

また、面接で不採用になったというケースでは、自分の応答の仕方に不備がなかったかと考えてみるとミスを犯していたとわかるでしょう。

経験を重ねてミスを少なくする

明らかなミスの場合には通知を受ける前から失敗したと感じているかもしれません。

それを糧にして次に生かしていくことで段々と書類の書き方や面接の対応の仕方のスキルが高くなり、自分の魅力を効果的にアピールしつつ、相手に悪い印象を一切与えない対応ができるようになります。

すると自然に自分の能力を正しく評価してくれるようになり、その能力を必要としている企業に出会えると採用してもらえるのです。

適性を考え直してみよう

転職活動のスキルが向上しても自分の適性に合っていない転職先を志望し続けていると不採用通知をまた受け取ることになりかねません。

不採用通知を受け取ったのが初めてではないという場合には、適性を疑ってみるのも大切です。

性格から判断したら合わないけれど、興味本位でやってみたいと考えて職種を選んでしまうことはよくあります。

営業活動をして成果を上げていくのを夢見て転職を決意したものの、もともと引っ込み思案であまり人前で話すのが得意ではないとなると意欲があっても適性の問題で不採用と判断されてしまいがちです。

別の職種でチャレンジも

別の職種であれば活躍できると考えて職種を検討し直すと速やかに採用されると期待できます。

しかし、そのような欠点があるという場合でもアピールの仕方次第で採用してもらえる可能性もあるので、やりたい仕事が具体的に決まっている場合には弱みを強みに解釈し直す努力をするのが肝心です。

人前で話すのが苦手というのも聞き上手と言い換えてしまえば問題はありません。

面接で話下手と解釈されてしまいそうであれば、聞き上手なので相手の要求を正しく理解して営業を行えるという点をアピールしておくと印象が大きく変わります。

このような工夫を行っていくと採用される可能性が飛躍的に高まるのです。

面接の内容を思い返してみよう

面接官は厳しい目で志望者を見ています。

不採用通知を受け取ったときには面接の内容をできるだけ克明に思い出す努力をするのが大切です。

そこでうっかり一言や二言の失言をしたために、他は問題ないのに不採用になるというケースがあります。

質問に対して漠然とした回答をするのは意欲や理解が欠如していると解釈されてしまうので気を付けなければなりません。

具体的な受け答えで面接通過率アップ

希望の職種を具体的に伝えられなかったり、大きなことを成し遂げて貢献したいといった形で実行したい内容の具体性がなかったりすると言葉尻を合わせているだけと考えられてしまいがちです。

そのような応答が思い出されたら、それぞれに対して具体的な回答を用意して次の面接に望むようにすれば問題ありません。

多くの人は具体性がなくて自分の考えを正しく理解してもらえず、相手に疑念視させてしまうような応答をしたために不採用になっています。

その点を考慮して面接対策をすれば次は成功できると期待できるのです。

転職の面接では実務のスキルが高く評価される

転職の面接と、新卒の就職面接の面接では、求められるものがまったく変わってきます。

中途採用には、どの企業も慎重になります。

中途採用を行う企業から、いかに「採用したい」と思わせるか。

採用するとメリットがある、と感じさせることができるか。

そのためには、面接で「実務の経験」「持っている資格、スキル」を表明する必要があります。

転職活動では、一定期間社会人として会社で仕事した期間があるわけですから、その間何をしてきたか。

その期間に何を得たのかを詳しく話す必要があるということです。

転職面接では「会社で何をしたいか」より「会社で何ができるか」を徹底してアピール

転職の面接で大切なのは、「前職の経験や経歴、仕事で得たスキル」を説明することです。

よく独りよがりな人がやりがちなミスで「転職後は御社で○○をしたい」「御社でキャリアを積んで云々」など、聞いてもない本人の将来設計を話すというものがあります。

企業としては、本人がどんなキャリア設計を組んでいるかなんて興味はありません。

どれだけ真剣に将来のことを考えていたとして、会社にとってなんのメリットもないからです。

そうではなく、転職面接では、相手が聞きたがっている「どんなスキルがあるか」「今までどんな仕事をしてきたか」をしっかり教えてあげてください。

不採用通知をバネにしてステップアップ

転職活動では不採用通知は付きものなのであまり気にする必要はありません。

それをバネにして改善点を探し出し、ステップアップをしていくという前向きな姿勢を持つことが肝心です。

自分のアピールを具体性を持って行えるようになれば能力を正しく理解してもらえます。

伝えた人物像が相手のニーズに合致していれば採用されるので心配はありません。

転職活動落ち込む時にできること

転職活動を続ける中で落ち込む場面は一度や二度ではないでしょう。

しかし、いくら落ち込んでいても転職先の企業が決まるわけではありません。

落ち込んでいる暇はないのです。

少しでも早く転職活動を終えられるように、転職活動に落ち込んで発生するストレスと上手に付き合っていく秘訣を学んでいきましょう。

遊べるときはしっかり遊ぶ

息抜きのタイミングは大切です。

転職活動中でも、遊べるタイミングではしっかり遊ぶ。

転職活動を休むときはしっかり休むことで、転職活動にメリハリがついて、ストレスを上手に処理できるようになるはずです。

不採用通知が来てもから元気で開き直った

転職活動が実らず、残念ながら不採用通知が届いてしまった場合。

その場合でも、過度に落ち込まず、「あの会社んは落ちてしまう運命だったのだ」「縁がなかった」と開き直るのも大切です。

「どうして落ちたのか」を考えるのは確かに大切です。

しかし落ちた原因を考えすぎて、ストレスで潰れてしまっては意味がありません。

転職活動は前向きに!

「どうにかなるさ」くらいの気持ちで進めていきましょう。

転職後やりたいことを想像した

転職活動が終わったら何をしたいか。

転職活動がうまくいったら何がどう変わるか、未来に明るい期待を出しておくことで、転職活動で落ち込む気持ちを防ぐことができます。

逆に言えば、その未来への期待を叶えるために転職活動しているとも言えます。

まとめ

転職活動は辛く長い道のりです。

転職後なるべく幸せな未来を歩むことができるよう、自分の条件通りの転職ができるように努力してください。

例えば働きやすい企業が多い「ホワイト業界」への転職なんておすすめです。

ホワイト業界とはどんな業界?おすすめのホワイト業界はここ!
誰しも共通の願いとして、「なるべくホワイトな業界で働きたい」というものがあるはず。 ブラック業界に一度入ってしまうと、その中で「低賃金」「休み無し」など、とても働きやすいとは言えない会社でこきつかわれてしまうのです。 反対にホワ...

コメント