訪問介護(ホームヘルパー)へ転職する方法とは?仕事内容や特徴について解説

訪問介護(ホームヘルパー)へ転職する方法とは?仕事内容や特徴について解説 介護士転職コラム

訪問介護は、利用者の家に訪問しておこなう介護です。

介護職を身につけることもできますし、人の役に立てる仕事として人気ですね。

また施設介護よりも訪問介護に向いている方もいます。

この記事では訪問介護に転職する方法や仕事内容について徹底解説します。

これから訪問介護に転職を検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

訪問介護の仕事内容

ではさっそく訪問介護の仕事内容について解説します。

大まかに以下の2つの仕事があります。

訪問介護の仕事内容

  • 生活援助
  • 身体介助

これらについてそれぞれ解説しますね。

生活援助

訪問介護では生活援助をおこないます。

生活援助とは、利用者が不自由なく生活を送るために必要な家事や買い物を代行するサービスです。

簡単に言ってしまえば生活全般の援助ですね。

具体的には以下のようなことをサポートします。

POINT

  • 家の掃除・選択
  • 食事の用意
  • ゴミ捨て
  • ベッドメイキング
  • 生活用品全般の買い物

訪問介護は24時間おこなうわけではないので、数時間の間にサポートできることをし、それ以外の時間も一人で生活できるようにサポートしてあげる必要があります。

ただし、生活に支障をきたしていない部分の生活援助は、介護保険法によって制限されているのですることができません。

身体介助

続いては身体介助です。

字の通り、体に関する介護をおこなうことですね。

利用者の体に直接触れて介助をおこなうので、抵抗がある方もいます。

具体的には以下のような介助をおこなうことが多いです。

POINT

  • 排泄介助
  • 入浴介助
  • 食事介助
  • 着替え介助

健康的な日常生活をおくるためのサポートをしてあげるのが身体介助の主な目的です。

要支援・要介護度の進行を防いで、自立した生活を送るのをサポートするのが目的だと覚えておきましょう。

訪問介護へ転職する方法とは?

続いては、訪問介護へ転職する方法について解説します。

具体的には以下の方法で転職可能です。

訪問介護へ転職する方法

  • 介護資格を取得する
  • 転職サイト・転職エージェントを利用する

それぞれ解説します。

介護資格を取得する

まずは介護資格を取得しましょう。

事業所で資格受験の費用を負担してくれる場合もあるので、確認してみるのがおすすめです。

また3ヶ月程度勉強すれば取得できるような簡単な資格もあるので、ぜひ取得を目指してくださいね。

介護資格には下記のようなものがあります。

POINT

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士
  • 実務者研修

現時点で1つも資格を取得していないのであれば、介護職員初任者研修から取得を目指すのがおすすめです。

介護資格の中でも最も初歩的な資格なので、介護士として働くなら最低限持っておきたいですからね。

また実務者研修を取得しておくと、医療ケアの知識が身につくのでより広い範囲のサポートができます。

どれもおすすめの資格なので、ぜひ取得を目指してみてくださいね。

転職サイト・転職エージェントを利用する

介護資格を取得したら、転職サイト・転職エージェントを利用して転職活動をするのがおすすめです。

訪問介護に転職したいといっても、施設によって業務形態が全く違います。

訪問介護士として長く働くためには、自分の希望条件にマッチした求人に応募するべきですからね。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーに希望条件にマッチした求人を紹介してもらえます。

効率的に転職活動を進められるので、ぜひ転職エージェントを利用してみてくださいね!

訪問介護へ転職する際におすすめの転職サイト・転職エージェント

先程、訪問介護に転職するなら転職サイト・転職エージェントの利用をおすすめしました。

そこで続いては、訪問介護へ転職する際におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

具体的には以下の転職サイト・転職エージェントがおすすめです。

訪問介護への転職でおすすめの転職サイト・転職エージェント

  • マイナビ介護職
  • きらケア介護求人
  • かいご畑

それぞれ解説します。

マイナビ介護職

マイナビ介護職

マイナビ介護職の特徴

  • 無資格OKの求人あり
  • 研修が充実している
  • 資格取得講座が無料で受けられる
  • 給与週払いサービスがある

まずは大手人材会社が運営しているマイナビ介護職を紹介します。

マイナビ介護職には無資格・未経験OKの求人も多数掲載されているため、初めて介護転職をしようと思っている方や初めて訪問介護に転職しようと思っている方におすすめです!

大手の人材会社というだけあって、掲載されている求人数もとても多くあります。

また希望条件を細かく設定できるので、簡単に自分が希望している案件を見つけられますね。

どの転職エージェントを利用していいのか迷っている場合には、マイナビ介護職がおすすめです。

最短60秒で登録!

マイナビ介護職の口コミを徹底分析!評判を元にメリット・デメリットを解説

きらケア介護求人

きらケア介護求人

きらケア介護求人の特徴

  • 求人数が多い
  • 業界に特化したアドバイザーがいるから安心
  • サポートは入職後もある
  • 検索機能が充実
  • 交渉もサイト側が対応
  • 給与前払いサービスがある

きらケア介護求人はレバレジーズキャリアが運営している介護職に特化した転職サイトです。

首都圏以外にも求人が多く掲載されているため、地方で転職を検討している方も利用できます。

またきらケア介護求人もマイナビ介護職と同様に、無資格・未経験OKの求人も多数掲載されているため、初めて介護転職をしようと思っている方や初めて訪問介護に転職しようと思っている方におすすめです!

訪問介護以外にも多数の介護案件が掲載されているので、他の選択肢と比較しながら転職先を選べます。

マイナビ介護職と同じくらいおすすめなので、ぜひ利用してみてくださいね。

最短60秒で登録完了

きらケア介護求人の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介

かいご畑

かいご畑

かいご畑の特徴

  • 無資格OKの求人あり
  • 研修が充実している
  • 資格取得講座が無料で受けられる
  • 給与日払いサービスがある

かいご畑は株式会社ニッソーネットが運営している介護系転職エージェントです。

かいご畑には正社員雇用の案件だけでなく、パートや派遣求人も掲載されています。

いきなり正社員の訪問介護士として働くのではなく、パートや派遣社員として働きたいと考えている方におすすめです!

もちろん訪問介護以外の求人も掲載されているので、ぜひ利用してみてくださいね。

無資格・未経験でも転職可能!

かいご畑の運営会社ニッソーネットと提供サービスついて徹底解説!

訪問介護への転職に向いている人

訪問介護に転職を検討していても、本当に自分が訪問介護に向いているのか気になりますよね。

ここでは訪問介護への転職に向いている人について解説します。

具体的には以下に当てはまる方に向いています!

訪問介護への転職に向いている人

  • 人のお世話をしたい人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 責任感のある人

訪問介護は利用者を助けることが目的の仕事です。

人と人のやり取りになるため、コミュニケーション能力は必須と言えますね。

相手が本当に求めているサポートを提供するのが大切です。

相手が本当に求めているサポートを提供するためにも、人の世話や責任感があると良いですね。

訪問介護は利用者の人と1対1でサポートすることが基本なので、頼れる方が周りにいません。

そんな中でサポートをしなければいけないので、責任感が強いのも重要ですね。

未経験で介護職への転職は可能なのか?未経験で転職成功&失敗実例

訪問介護へ転職する際の注意点

訪問介護へ転職する際の注意点

続いては、訪問介護へ転職する際の注意点について解説します。

具体的には以下のとおりです。

訪問介護へ転職する際の注意点

  • 介護施設で働くよりも収入が安定しない
  • 事業所によって負担が大きい
  • 助けてくれる人がいない

これらについてそれぞれ解説します。

介護施設で働くよりも収入が安定しない

介護施設で介護を提供するよりも収入が安定しないと言われています。

介護施設で勤務する場合、毎日勤務する必要があるため収入が安定します。

加えて、夜勤があるため収入を伸ばすことも可能です。

一方で訪問介護の場合には時間の融通が利きません。

夜勤の訪問介護はないので、深夜手当をもらえずに、給料を思うように伸ばせませんね。

安定して仕事がもらえるとも限らないので、収入が月によってバラバラになってしまう可能性があると覚えておきましょう。

事業所によって負担が大きい

所属する事業所によっては、スタッフの人数が足りていなく一人あたりの負担が大きくなる可能性もあります。

ライフワークバランスを大切にしたいと思っているなら訪問介護に転職するのはおすすめできません。

個人の負担が増えてしまい、ハードワークになることも多いので気をつけてくださいね。

助けてくれる人がいない

先程も言いましたが、利用者の家には1人でいくことがほとんどです。

そのため、なにか困ったことがあったとしても助けてくれる人がいません。

もちろん初心者のうちにはサポートをしてもらえますが、ある程度経験したら一人で行動することになります。

自分一人で全てやらなければいけないので、負担が大きくなってしまう可能性があると覚えておきましょう。

介護転職で気をつけるべき履歴書・志望動機の注意点

訪問介護に転職した方の後悔・失敗談をご紹介

最後に訪問介護に転職した方の後悔・失敗談をご紹介します。

具体的に以下のような後悔・失敗談がありました。

POINT

  • 訪問介護事業所で働いている方のほとんどがパート
  • 今までの介護経験が活かせない
  • 家族と利用者の関係が悪い

これらについてそれぞれ解説します。

訪問介護事業所で働いている方のほとんどがパート

正社員として訪問介護事業所に転職したら、その事業所の職員のほとんどがパートでした。
パートなのでそこまで責任もなく、急に欠勤の連絡が来たり要介護度の高い利用者のサポートを投げだしたりときつかったです。
しかも訪問介護は初めての自分を即戦力のように扱ってくるのでいろいろな仕事を任されました。
いきなり正社員として働くのは間違いなのかと思いました…。

今までの介護経験が活かせない

今まで特養に勤務していて、夜勤がない訪問介護に転職を決意。
いざ訪問介護事業所に入ってみると、特養で学んだ知識は役に立たず…。
というのも訪問介護はその場その場で最適な選択をしなければならず、マニュアル通りの対応では意味がなかったから。
訪問介護は向いていないと思ったが夜勤に戻るのも嫌で続けています。

家族と利用者の関係が悪い

訪問介護で利用者の自宅にいくのですが、家族の方と利用者の関係性が悪すぎて心に来ます…。
プライベートに入っていくのは良くないとは思いますが、そのまま見ているのも逃げている気がして辛かったです。
このようなことがこれからも続くと考えると心が折れそうです。

【まとめ】訪問介護へ転職するなら転職サイト・転職エージェントを利用しよう

この記事では訪問介護に転職する方法や向いている人について解説しました。

もう一度、訪問介護に転職するのにおすすめの転職サイト・転職エージェントをまとめます。

訪問介護への転職でおすすめの転職サイト・転職エージェント

  • マイナビ介護職
  • きらケア介護求人
  • かいご畑

どれも最大限サポートしてくれる良い転職サイト・転職エージェントなのでぜひ利用してみてくださいね!

利用者の口コミで決定!介護士向け求人サイト・転職サイトランキング!