保育士はどうして離婚率が高いの?

悩む保育士 保育士のお悩み特集

女性に人気の職業、保育士。実は男性から見ても、保育士をしている女性は結婚相手として魅力的だと言われています。

しかし、それと同時に保育士は離婚率が高いと言う噂も。保育士の結婚生活が続かないのにはどんな理由があるのでしょうか。保育士が「モテる」理由や、家庭と仕事を両立する方法についても解説していきます。

保育士はモテる!

よく「保育士の女性は合コンで人気」「保育士はモテる」と言われていますが、果たして本当でしょうか。

とあるアンケートによると、男性が選ぶ「妻にしたい女性の職業」第一位は「幼稚園・保育園の先生」でした。何と回答者の半数近くが、結婚するなら保育士がいいと回答しています。このことからも、保育士がモテると言うのは本当だと考えてよいでしょう。

ではどうして保育士はモテるのか、気になる人も多いかと思われます。特に、保育士として実際に忙しく働いている女性の中には、モテている実感があまり湧かない人も少なくないのでは?

そこで、まずは保育士がどうしてモテるのか、その理由について考えていきましょう。

女性らしいイメージ

保育士がモテる理由でまず考えられるのは、「女性らしいイメージがある」から。男性は女性に対して母性を求める傾向があります。

優しく子供たちを見守る保育士の姿は、まさに男性の抱く「母性溢れる女性像」にピッタリです。保育士の彼女や妻に甘えたい、仕事の疲れを癒してもらいたいと願う男性が多いことが、保育士がモテることに繋がったのだと考えられます。

子供好きなイメージ

保育士は毎日たくさんの子供を相手にする仕事です。

体力的にハードで責任も重大ですから、子供が好きでなければなかなか続きません。

結婚を意識する男性は、当然子供を持った時のことも考えるはずです。そうなると選びたいのが、自分の子供にたくさんの愛情を注いでくれる女性。

その点で「子供が好きなイメージの保育士なら安心」と言う男性が多いことも、保育士がモテる理由なのではないでしょうか。

保育士は離婚率も高い!

結婚相手として男性から人気の保育士。結婚で幸せを掴みやすい職業かと思いきや、実は離婚率も高いのです。

保育士の結婚生活が長く続かないのには、イメージ通りにはいかない保育士という職業の難しさや、男性が抱きがちな保育士のイメージが関係しています。

続いては、そんな保育士の離婚率が高い理由について見ていきましょう。

保育士の仕事と家庭が両立できない

保育士の仕事は保育園の中だけで終わらないこともしばしばです。

時には自宅に仕事を持ち帰り、次の日までに終わらせなければいけないこともあります。例えば行事の準備やおたよりの作成など、保育士には子供と触れ合わない仕事も多いものです。

そうなると、仕事と家庭の両立はなかなか難しくなります。忙しさで夫婦の時間がなかかか取れず、関係が冷めてしまったという離婚の理由も珍しくありません。

保育士に対する男性のイメージとのギャップ

保育士=女性らしいというイメージを抱く男性は、保育士に対して家庭的、面倒見がいいといったイメージも抱きがちです。そのため家庭内でも妻に甘えて面倒を見てもらいたいという理想を抱く男性も少なくないはず。

しかし保育士からすれば、一日子供の面倒を見て疲れているのに、家庭で大人の面倒まで見ていられない!という人も多いのでは?

必ずしも保育士=面倒見がいいという訳ではないですし、誰にでも面倒見がいいと言う訳ではないはずです。

そのギャップのせいで「思っていた結婚生活とは違う」と気持ちが離れてしまうことも、離婚の理由として考えられます。

幸せな家庭と保育士を両立するには?

保育士に勝手なイメージを抱いておいて、後から「ガッカリした」だなんて!

と文句を言いたい保育士の方もいるかと思います。しかし、それぞれの職業の大変さは経験した人にしか分からないものです。

また、保育士の忙しさを理解したつもりでも、実際に結婚してみると想像以上に夫婦の時間が無かったという男性もいることでしょう。

家庭と保育士の仕事をバランスよく両立することは可能なのでしょうか。最後にその方法を考えていきます。

ワーク・ライフ・バランスの整った保育園で働く

まずおすすめするのは、家庭と仕事を両立できる職場を選ぶということ。

最近は保育士の働き方も見直されてきて、残業無し、休日出勤には振替休日が付くなど「ワーク・ライフ・バランス」を重視した働き方を提供する保育園が増えています。

家庭での時間が取れないほど忙しいなら、思い切って職場を変えてみるのもいいでしょう。

パートの保育士になる

もう一つの方法が、パートタイムで働くということです。

求人サイトを見てみると、一日3時間・週一日以上からという条件の保育園がたくさんあります。働く時間を選べるので、結婚して子供ができたら子供との時間も大切にしたいという人にもピッタリな働き方です。

待遇や給料の面では正規職員に及ばないところもありますが、気持ちにゆとりを持って生活できるメリットは大きいのではないでしょうか。

結婚しやすい保育園への転職を考えてください

仕事が忙しいからと、出会いや結婚を諦める必要はありません。保育士にも結婚しやすい職場や働き方はちゃんとあります。それに出会えるかどうかで、未来は大きく変わるのです。

今の保育園で結婚を考えられなければ、他の保育園への転職を考えてみませんか?

保育士は男性に人気の高い職業です。転職の先にきっと幸せな結婚生活が待っているはずです。

コメント