日立製作所への転職は可能か?転職後の年収も考える

日立製作所 IT系大企業への転職

日立製作所といえば、日本を代表する企業として知られます。

数多くの人の憧れの企業といっても良いのではないでしょうか。東証一部上場を果たしていることはもとより、世界にも進出しています。自動運転やロボット社会などと次世代の日本の中核を担う役割にも期待が寄せられています。

日立製作所の基本情報

日立製作所は、東京都千代田区丸の内に本社を構える大企業です。

日本の電気や電子部品の製造・開発におけるトップメーカーとして長きにわたって活躍をしています。創業は1910年と古く、その後1920年に現社名の日立製作所として完全に独立を果たしました。

社員数

日立製作所の社員数はグループ全体で、300,000人以上とされており、その数はまだまだ上昇を続けています。

売上

日立製作所の売上については、年間ベースで8兆円を超えており、上場企業の中でもトップクラスの数字をはじき出しています。

日立製作所への転職は可能なのか

日立製作所への転職が可能かどうかについては、本人の努力次第で可能といえるのではないでしょうか。

確かに超えなければならないハードルはたくさんありますが、決して諦める必要はありません。

日立製作所への転職で考えるべき職種

日立製作所への転職を検討する場合の職種については、プログラマーやデジタルベースエンジニア、セールスエンジニアなどが挙げられます。

いずれも高い技術力が要求されることは念頭におかなければなりません。

日立製作所へ転職成功後の年収

日立製作所への転職後の年収については、650万円以上であれば、成功といえるでしょう。

前職の年収がどの程度かによっても変わってきますが、650万円という数字はそれだけ大きな期待が寄せられていることを表しているといえるのではないでしょうか。

日立製作所の福利厚生

日立製作所の福利厚生では、その充実度の高さに定評があります。厚生年金や社会保険、健康保険などの各種保険はもとより、住宅手当や社員寮なども充実しています。

社員研修や講習会、勉強会なども定期的に開催されます。

日立製作所への転職で役立つ転職エージェント

日立製作所への転職を希望する人にとっては、上手く転職エージェントを活用することがおすすめといえるでしょう。

具体的には、日立製作所への転職実績があるエージェントを見つけることが大切です。

やはり、そういう意味では、多くの情報量を持つ転職エージェントが好ましいといえます。また、転職活動者と日立製作所の人事担当者を結ぶキャリアアドバイザーの果たす役割も大きいといえます。

ワークポート

日立製作所のような大企業への転職に強みを持っているのが、ワークポートです。IT技術者の転職では有名なエージェントといえます。ワークポートでは、キャリアアドバイザーの良さにも定評があります。

キャリアアドバイザーを務める人の中には、元々日立製作所のような大企業での勤務経験を持つ人も多く、大企業ならではの特徴にも精通しているといえるでしょう。

ワークポートでは、システムエンジニアやプログラマー、CGデザイナーなどと幅広い職種の転職者に適しているのも特徴です。また、ワークポートでは、ネット上での転職活動をメインにしている点も転職者にとっては嬉しいポイントといえるかもしれません。

日立製作所への転職を希望する人の中には、現職をしながらという人も少なくありません。ワークポートでの転職活動では、主にWEBで行われるため、仕事に差し支えるということがないので、自分のペースでの活動が可能です。

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントITも、日立製作所への転職を希望する人にとっては、おすすめといえるでしょう。マイナビエージェントITでは、その名前にもある通りIT業界に特化していることが最大の特徴です。

マイナビエージェントITでは、グループ企業でもあるマイナビエージェントとの太いパイプを持っていることも強みの一つとなっています。日立製作所に限らず、多くの大企業との関係を築き上げていることも転職希望者にとっては、頼りたくなるのも当然ではないでしょうか。

マイナビエージェントITで活躍するキャリアアドバイザーの多くが、連日のように大企業の人事担当者や人材開発部などとの連携を密にしており、その実態に合わせて、採用人数の調整等を行っています。

そのような点からしても、日立製作所への転職を希望する人には、マイナビエージェントITへの登録は欠かせないともいえます。

まとめ

日本を代表する企業の一つである日立製作所への転職を希望する人は大勢います。

「転職は無理」と決めつけてしまうことは決して得策とはいえません。しっかりとした転職エージェントに登録して活動をすることで、転職することができる可能性も出てくることは事実です。最初から無理と決めつけずに活動しましょう。

転職エージェントを選択する際にも、その転職エージェントの活動内容や強み、特徴などを見極めた上で登録することが大切といえます。日立製作所への転職を目指すのであれば、実際の転職者の実績などもチェックすることが大事です。

とりわけ、転職者と日立製作所を結びつけるキャリアアドバイザーの担う役割が重要となりますので、転職エージェント選びの際には念頭に置くことが大切です。

コメント