ハイキャリア転職におすすめ!ハイクラス求人に強い転職エージェント

希望別転職サイトランキング

現在転職活動を行っている方の中には、管理職、高年収など条件の良い「ハイクラス求人」を探している方も多いのではないでしょうか。

それまで培ったスキル、それまでの経験を活かして、ハイキャリア転職を考える方は多いです。ハイキャリア転職を狙っているなら、ハイキャリア転職に強い転職エージェントの利用をおすすめします。

ハイキャリア転職に強い転職エージェントを活用して、キャリアアップで自身のステータスアップを狙っていきましょう。

ハイキャリア転職に強い転職エージェントランキング

それでは早速、ハイキャリア転職で役立つ転職エージェントをランキング形式で紹介していきます。

とはいえ、単純にランキング上位だからと言って、優秀な転職エージェントだというわけではありません。

自分が利用するサービスを決める時の、あくまで一つの「参考」程度に留めておきましょう。

1位 JACリクルートメント

JACリクルートメント
ハイクラス求人を多く扱っており、ハイキャリア転職に強い転職エージェント第一位は、「JACリクルートメント」です。

東証一部上場企業である、株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する、売上高3位の転職エージェントです。

売上高が高い理由は簡単です「ハイクラス求人」を多く扱っているからに他なりません。ハイクラス求人は成約した報酬が大きいので、エージェントの売上が大きくなります。

過去の高い実績があるため、求人の質だけでなく求人の量にも定評があります。

そして、JACリクルートメントのコンサルタントは、企業担当も同時に担います。そのため、他のエージェントのコンサルタントと比べて、案件企業の理解が深いのもメリットです。

外資系企業への転職を考えて、JACリクルートメントへの登録を行ったのですが、狙い通りなハイクラス外資系求人をたくさん見れました。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

2位 ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチは、厳密に言えばエージェントではなく「スカウトサービス」となります。

サイトに自分の経歴、レジュメを登録しておくことで、興味を持った企業からスカウトが届くというものです。

年収750万円以上という、俗にいう「ハイクラス求人」も多く、キャリアアップを考えている方は、登録してオファーを待ってみるべきでしょう。

テレビCMで気になっていたので、ビズリーチに登録してみることに。他エージェントや他転職サイトにはまず無い、年収2000万円など、高い年収水準の求人が非公開求人となっていました。
求人条件の良さという点では、ビズリーチの他のエージェントには負けないはずです!

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。

3位 CAREERCARVER(キャリアカーバー)

キャリアカーパー
人材サービス大手の「リクルートキャリア」が運営する、ハイキャリア転職に特化したヘッドハンティングサービスが「キャリアカーバー」です。

利用者はサイトにレジュメを登録しておくことで、キャリアカーバー擁する一流のヘッドハンターの転職支援を受けることができます。

リクルートキャリアの会社規模が大きいこともあり、キャリアカーバーに集まる求人の質は高く、業界、業種も多彩です。

目指した分野、業種に目星がついている方は、キャリアカーバーに登録して目当ての求人があるかどうか、チェックしてみるのも良いでしょう。

ヘッドハンターはやはりハイキャリア転職と愛書油が良く、過去多くの人を転職に導いてきたツワモノです。

自分と相性の良いヘッドハンターを指名できるという特性上、キャリアコンサルタントからの転職支援を受けながら転職するという転職エージェントの特性を活かすことができます。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)の使い勝手は?サポートの充実性は?
キャリアカーパーは、ハイクラス向け求人をメインで扱う転職エージェント。キャリアアップや年収アップを狙った転職にはピッタリです。他の転職エージェントと併用して、効果的な転職活動を進めましょう。

4位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは言わずと知れた転職エージェント業界ナンバーワンの転職エージェント。

リクルートエージェントの利点はやはりなんといっても「求人の多さ」で、その多彩で多様な求人の中には「ハイクラス求人」も含まれています。

サイト内カテゴリーの、「管理職・マネージャーの転職」を選べば、年収800万円以上などのハイクラス求人が提供されています。

リクルートエージェントの非公開求人には、他のエージェントには無い、多くの優良求人が集まっています。

他のエージェント、ヘッドハンティングサービスにも登録していましたが、結局リクルートエージェントで転職しました。求人が良かったのはもちろんですが、キャリアコンサルタントのアドバイスがとにかく的を射ており、転職活動においてかなり役立ったのでそこに満足した感が強いです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

5位 パソナキャリア

パソナキャリア

総合人材大手「パソナ」の運営する転職エージェントが「パソナキャリア」です。

国内求人だけでなく、日系外資企業や外資企業の求人にも強く、多くのハイクラス求人を扱っています。

業種、職種が広く、それぞれ異なるキャリアコンサルタントが担当するため、転職においてきめ細やかなサービスを受けられます。

対応業種が広く、担当者がそれぞれ異なるという特性もあり、本格的な活動前に難度か面談を受けなければなりません。そのため、スピード感のある転職を行うつもりの方の利用は向いていないかもしれません。

何度か転職している先輩に紹介されたパソナキャリア。評判どおりの、高年収でハイクラスな求人ばかり。コンサルタントさんの対応も良かったです。

パソナキャリアの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職サイトや転職エージェントへの関心が一段と高まる中、パソナキャリアもその一角として人気があります。業界内でも、その歴史の長さには定評があり、これまでにも多くの転職希望者の求めに応えてきた実績があります。 パソナキャリアの詳細 求人...

ハイキャリア転職のコツ

ハイキャリア転職を行う時には、どんな事に気をつけながら転職すれば良いのか。

ハイキャリア転職を考えている方に気をつけてほしいポイントを、いくつか紹介します。

「エージェント型」と「ヘッドハンティング型」のサービスを使い分ける

ハイキャリア転職に役立つサービスは大きく分けて2つ。

「エージェント型」のサービス、俗にいう転職エージェントと、企業からのスカウトを待つ「ヘッドハンティング型」のサービスです。

これらのサービスが持つ特性の違いをしっかり理解して、それぞれのサービスを使い分けながら転職活動を進めることで、転職を成功させやすくなります。

ハイクラス転職エージェント

まずは、ハイキャリア転職への強みがある転職エージェントから。

ハイキャリア転職の転職に強いとということは、高年収、管理職など「ハイクラス求人」が多いということです。

転職エージェントは「ハイクラス求人が多い」「第二新卒の転職に強い」など、それぞれ違う特性があることが多いです。

転職エージェントの中でも「ハイクラス求人が多い」転職エージェントを使いながら転職活動を進めてください。

ヘッドハンティング型転職エージェント

ヘッドハンティング型転職エージェントも、ハイキャリア転職に強いです。

ヘッドハンティング型のサービスは、それぞれのサイトに「ヘッドハンター」と呼ばれる役割の人物が在籍しており、サイト利用者の条件を注意深く見ています。

経歴とスキルはしっかり作り込む

特にヘッドハンティング型サービスを利用する際に言えることですが、自身を表す過去の経歴と持っているスキルは、しっかりと作り込むようにしてください。

ヘッドハンターがスカウトを出すかどうかを決めるのは、プロフィールにある経歴と、持っている資格などスキルのみになります。

通常のエージェントだったとしても、レジュメはコンサルタントがその人を知る助けになります。

コンサルタントがその人を理解しない限り、求人の提案も応募先企業への推薦もできません。

過去の仕事経歴や、持っているスキル。これらを表すレジュメをしっかりと作り込みましょう。

エージェントには「すぐにでも転職したい」と伝える

エージェントに登録したなら、担当のコンサルタントに「転職時期」を聞かれます。

その問いに対する返答は、「すぐにでも転職したい」と伝えましょう。

転職エージェントの対応は、「すぐ利益に結びつきそうな人」が優先です。つまり、転職エージェントは「転職時期が早そうな人」から順番に対応するということです。

対応を後回しにされないためにも、コンサルタントには「すぐにでも転職したい」旨を伝えましょう。

同じ案件へ複数のエージェントから応募しない

転職エージェントやスカウトサービスをいくつか、同時並行で利用する方もいるでしょう。

その時注意したいのが、別のエージェントから同じ案件への応募をしないようにする、ということです。

複数のエージェントからの応募は、単純に選考に落ちるだけでなく、利用したエージェントの信頼を損ねることに繋がります。

企業からは、「応募企業の管理ができてない」と思われ、
エージェントからは「無駄なコストがかかった」と嫌われます。

一つの案件には、一つのエージェントからの応募をくれぐれも心がけてください。

ハイキャリア転職でエージェントが役立つポイント

私は、人に「キャリアアップ目的のハイキャリア転職なら、絶対に転職エージェントを使うべき」と口を酸っぱくして言っています。

どうしてハイキャリア転職には転職エージェントを使うべきなのか?転職エージェントを使いながら転職活動を進めるメリットをご紹介します。

コンサルタントからの支援を受けられる

コンサルタントのアドバイス等、転職支援を受けられるのは大きなメリットです。というよりも、転職エージェントのコンサルタントサービスを受けないで転職するのはほとんど無理だと思ってください。

エージェントが過去のデータから導き出した、ハイキャリア転職のためのメソッドを教えてもらいましょう。

求人の提案が受けられる

コンサルタントのサービスを利用できるのに繋がっていますが、転職エージェントが抱えている求人から、利用者にぴったりの求人を提案してもらうことができます。

一人で転職活動を進めていると、自分で応募先企業、応募先求人へ登録する必要があります。

「スカウト型サービスの場合」待っているだけでオファーが舞い込む

スカウト型サービスのメリットは、なんといっても「待っているだけで転職活動が成り立つ」事に他なりません。

スカウトが届くほど、高いスキルと経歴があることが条件とはなりますが、スキルの低い人はそもそもハイキャリア転職を感上げるべきではありません。

「スキルに自信がある」
「転職に急いでいない」

などの方には、ぜひスカウト型転職サービスの利用をおすすめしたいです。

まとめ

いかがったでしょうか。

ハイキャリア転職で役立つ転職エージェント、スカウトサービスをランキング形式でご紹介しました。

ハイキャリア転職を考えているなら、コンサルタントからの求人提案を受ける「エージェント型」と、スカウトを待つ「ヘッドハンティング型」のサービスをそれぞれ使い分けるのがおすすめです。

コメント