ハローワークで転職に成功できる?向いている人と活用のポイント

転職コラム

転職をする際には、出来るだけたくさんの会社の情報を知りたいものです。

たくさんの会社の求人情報を調べることができる方法の一つにハローワークがあります。ここではハローワークの特性や利用方法、そして上手く活用するにはどのようにすればよいかについて詳しく解説していきます。

  1. ハローワークとは?
    1. 国が運営する職業紹介・雇用対策等をおこなう機関のことです
    2. 設営された主な目的
    3. 求人を無料で掲載することができます
  2. ハローワークでどんなことができる?
    1. 就職に関していろいろなサービスが受けられます
    2. 雇用保険の手続きが可能です
    3. 職業訓練を受けることができます
  3. ハローワークを活用するメリット
    1. 地元での就職先を探しやすいです
    2. 求人数が多いです
    3. 自己分析や職業訓練の相談も無料です
    4. 合否の判定が必ず通知されます
  4. ハローワークを活用するデメリット
    1. 必要最低限の情報しか掲載されていません
    2. 募集している内容と、実際の仕事の内容に差異があることも
    3. 相談員の質にばらつきがあります
    4. 自発的に動く必要があります
  5. ハローワークの利用手順
    1. 求職申込書に記入してハローワークカードを受け取りましょう
    2. 求人を探します
    3. 応募する求人を決めます
    4. 紹介状を渡して試験を受けます
  6. 転職サイトとの違い
    1. 転職サイトには中途採用者を探している企業が多いです
    2. さまざまなキーワードから自分に合った求人情報が検索できます
    3. 何社でも応募することができ、応募後は企業と直接やりとりできます
  7. 転職エージェントとの違い
    1. 就職までのサポートがとても手厚いです
    2. 掲載されている企業の質が高いうえ、非公開求人も多数
  8. ハローワークに向いている人
    1. 地元で働きたいと考えている人
    2. 中小企業を中心に探したい人
    3. 今までの仕事とは違う仕事をしたい人
  9. 転職サイトに向いている人
    1. 気軽に就職活動をしたい人に適しています
    2. より自分に合った企業を見つけたい人
    3. 中小企業や大手企業で働きたいという人
  10. 転職エージェントに向いている人
    1. 客観的なアドバイスが欲しい人
    2. 転職活動のサポートをしてほしい人
    3. 一般の人が見れないような求人情報を知りたい人
  11. ハローワークを活用する際のポイント
    1. 相談員の質を見極めましょう
    2. 毎回募集をかけている求人は避けましょう
    3. 口コミサイトや企業のホームページなどで情報をチェック
    4. 気になることは全て面接で確認しよう
  12. 複数の媒体を活用して転職を成功させよう!
    1. 求人情報は一つに絞るのではなく、複数活用しましょう

ハローワークとは?

国が運営する職業紹介・雇用対策等をおこなう機関のことです

ハローワークの正式名称は公共職業安定所といい、厚生労働省によって設営されている行政機関です。

ちなみにハローワークという愛称は、旧労働省が公共職業安定所の愛称を一般の人に公募したことによって決められた名前で、1990年から使用されるようになりました。

設営された主な目的

ハローワークを設営した目的は、国民に対して安定した雇用機会を与えることです。なかなか自分の勤め先を見つけることができない就職困難者に対するセーフティーネットの役割をしています。

同時に人材を探している企業に対しても求職者を紹介することも目的の一つです。また、企業から求人の申し込みがあるのを待つだけではなく、ハローワーク自ら求人の新規開拓をすることもあります。

求人を無料で掲載することができます

ハローワークは仕事を探している人が無料で利用できることはもちろんのこと、求人情報を掲載する企業側も無料で利用することができます。

そのため民間の職業紹介事業には求人情報を掲載するだけの金銭的余裕がないような中小企業も含め、たくさんの求人情報がハローワークには集まっています。

ハローワークでどんなことができる?

就職に関していろいろなサービスが受けられます

ハローワークを利用するほとんどの人の目的が就職に関しての事柄ではないでしょうか。

ハローワークでは自分が就職したい企業を探すことができるだけではなく履歴書の書き方や面接の際の注意事項など、就職や転職に関しての各種アドバイスを受けることができます。

自分に適した企業がよく分からない人もハローワークの職員に尋ねることによって、どんな職業が自分に向いているかを判断してもらうことができます。

雇用保険の手続きが可能です

会社に勤めていて雇用保険に加入している人が転職活動をする場合、就職先が見つかるまでの一定期間失業手当が支給されます。この失業手当の申し込みはハローワークでのみおこなうことができます。

なぜかというと、失業手当は毎月給付する際に再就職の意思があるかどうかのチェックをおこなっているのですが、再就職の意志があるかどうかはハローワークで求職活動をしているかによって判断しているからです。

職業訓練を受けることができます

ハローワークで求職活動をしている人限定ですが、無料で職業訓練を受けることができます。

パソコンのような一般的な技能から、ネイルアートやアロマの知識といった専門的な職業の訓練まで多種多様です。今とは全然違う仕事がしたい人などは積極的に利用してみましょう。”

ハローワークを活用するメリット

地元での就職先を探しやすいです

就職活動をするにあたっての条件には色々とありますが、条件の一つとして誰もが考えることの一つに住んでいる場所から会社までの距離があります。通勤時間は短いに越したことはありません。

ハローワークの強みの一つに地元の求人に強いということがあげられます。ハローワークは全国500カ所以上に点在しているので、最寄りのハローワークで求人情報をチェックすれば比較的自宅に近い就職先を見つけることができるでしょう。

求人数が多いです

ハローワークには大企業だけではなく、普通の就職サイトには掲載されていないような零細企業の求人情報も掲載されています。

たくさんの求人に触れることによって、より自分に適した就職先を見つけることができます。

自己分析や職業訓練の相談も無料です

前述したとおりハローワークでは自分に適した企業を探すためのきっかけとなる自己分析や、さまざまな職業訓練への相談も無料で受けることができます。

職業訓練自体も無料でおこなえるものも多数あるので、仕事先が見つからずお金に余裕がない人にとってはとてもありがたい場所だといえるでしょう。

合否の判定が必ず通知されます

民間の転職サイトの場合、応募はしてみたもののそれ以降何の音沙汰もないということが稀にあるのですが、ハローワークを通じて応募した場合は合否の結果が必ず通知されます。結果がはっきりと分かるため気持ちの切り替えがしやすいです。

ハローワークを活用するデメリット

必要最低限の情報しか掲載されていません

大手の職業紹介サイトには、企業に関するいくつかの画像が掲載されていますが、ハローワークの求人で掲載されているのは文字による募集要項のみです。必要最低限の情報しか掲載されていないと思った方が良いでしょう。

募集している内容と、実際の仕事の内容に差異があることも

ハローワークで求人を掲載している企業の中には募集要項に記載されている仕事の内容と、実際の仕事の内容が異なっているというケースが存在しています。掲載されている情報が正しいかどうかは自分でチェックする必要があるでしょう。

相談員の質にばらつきがあります

ハローワークの相談員の質にはばらつきがあります。担当している相談員が自分に合わないと感じたら相談員を変えてもらったり、日を改めて相談に行くなどの対処が必要です。

自発的に動く必要があります

ハローワークではさまざまなアドバイスはしてくれますが、実際に就職活動を積極的に手伝ってくれるようなことはありません。

ハローワークで就職をしようとするのであれば、自発的に動いていく必要があるでしょう。

ハローワークの利用手順

求職申込書に記入してハローワークカードを受け取りましょう

ハローワークに行ったら、まずは受付の人に求職者登録をしたいと告げましょう。求職申込書を受け取ったら住所や氏名など、必要事項を記入します。記入したら担当の人に渡しましょう。求職申込書が受理されれば、ハローワークカードを受け取ることができます。

求人を探します

求人を探す際も受付の人に告げましょう。するとパソコンの番号札を渡されます。求人はその番号札のパソコンを使っておこなうことになります。

応募する求人を決めます

気になる求人があれば、パソコンからそのまま求人情報を印刷することができます。印刷した求人情報を受付の人に渡すと、担当の人と一対一で面談をすることになります。

気になることがあれば遠慮なく相談しておきましょう。面談が終われば企業に応募することができます。応募が完了したら施設から紹介状が渡されます。

紹介状を渡して試験を受けます

紹介状が無ければその企業の採用試験を受けることができません。紹介状は祖類選考がある会社の場合は書類とともに郵送し、書類選考がない企業の場合は実際に持って行って担当の人に直接渡しましょう。

応募した企業の試験に見事合格することが出来れば採用されることになります。

転職サイトとの違い

転職サイトには中途採用者を探している企業が多いです

転職サイトは基本的に転職を斡旋するサイトです。ですから新卒者よりも入社して即戦力になってもらえるような中途採用者を探している企業が多いです。

さまざまなキーワードから自分に合った求人情報が検索できます

転職サイトではキーワードを入力して求人情報をチェックする事になるのですが、キーワードの条件がとても細かく定められています。

より自分の希望に合った企業の求人情報だけを厳選してチェックする事ができます。

何社でも応募することができ、応募後は企業と直接やりとりできます

ハローワークの場合、応募できるのは1回につき1社のみですが、転職サイトの場合は制限がないので、気になった企業にはどんどん応募することができます。

また、ハローワークで応募する際は担当の人に頼む必要があるので、紹介状を作成してもらったりと、面倒な手続きが必要ですし、ハローワークはいつも込んでいるので手続きにも時間がかかります。

一方、転職サイトであれば応募はweb上で直接おこなうことができるのでとてもスピーディーです。以降の企業とのやり取りも全て自分自身でおこなうことができます。

転職エージェントとの違い

就職までのサポートがとても手厚いです

ハローワークでも自己診断や就職に関する各種相談に対応してくれますが、転職エージェントでは更に就職するまでのサポートが手厚いです。

キャリアアドバイザーが求職者一人一人と面談をし、その人の持っている技能や希望をしている待遇などを客観的に判断して最適と思われる就職先を紹介してくれます。

そして転職を希望する人が直接言いにくい待遇に関することも担当者が直接企業に出向いて交渉してくれます。また、登録している転職希望者に見合った求職情報が見つかった場合にはいち早く知らせてくれます。

掲載されている企業の質が高いうえ、非公開求人も多数

ハローワークと比べると求人の掲載数では劣りますが、掲載されている企業の質は転職エージェントの方が上です。

ハローワークはどんな企業でも掲載するのでいわゆるブラック企業も見受けられます。転職エージェントに掲載されている企業の中にもブラック企業と呼ばれている会社はありますが、その比率はハローワークと比べれば少ないです。

また、登録しなければ見ることができないような非公開の求人がたくさんあるのも魅力の一つといえるでしょう。

ハローワークに向いている人

地元で働きたいと考えている人

ハローワークの強みは何といっても地元の企業に強いという点です。就職や転職を希望している人の中にはさまざまな理由で地元を離れたくないという人も多いのではないでしょうか。そういった人にとってはハローワークは頼もしく感じる事でしょう。

中小企業を中心に探したい人

大企業ならば待遇が良いとは限りません。大企業には大企業ならではの問題点もあります。中小企業の掲載数を考えると、求人情報を掲載するための広告料が一切かからないハローワークに軍配が上がります。

中小企業での就職を考えている人にとってもハローワークは適しているといえます。

今までの仕事とは違う仕事をしたい人

ハローワークに求人情報を掲載している企業には、未経験者でも採用してくれる会社も多いです。

今までとは違った新しい仕事をしたいという人や前の会社であまり長く働けなかったという人、そしてパートやアルバイトから正社員として就職したいという人でも採用してもらえそうな企業を見つけることができるでしょう。また、未経験の人に向けた各種職業訓練を受けることができるのもハローワークの大きな特徴です。

転職サイトに向いている人

気軽に就職活動をしたい人に適しています

ハローワークや転職エージェントとは違い、転職サイトは求人情報や転職情報を自分のペースでチェックする事ができます。

転職をしたいとは考えていても、実際に決断にまで至っていない人や、将来的に転職を考えていて、現状で自分に適している転職先はどのようなものがあるのかを調べてみたいという人には転職サイトが適しています。

より自分に合った企業を見つけたい人

転職サイトの中には、ある特定の職種の求人情報ばかりを掲載しているサイトがたくさんあります。

自分が就職したい職種が決まっている人は専門的な転職サイトを利用することで、より自分に合った企業を見つけることができるでしょう。

中小企業や大手企業で働きたいという人

ハローワークとは違い、転職サイトに自分の会社の求人情報を掲載するためには広告料が必要です。

ある程度資金に余裕があり、広告費をかけることができるような企業でなければ掲載することができません。

掲載している企業は比較的優良な企業と言っても良いでしょう。中小企業の中でも現在成長している企業や、誰もが知っているような大手企業に就職したいという人は転職サイトに登録してみてはどうでしょうか。

転職エージェントに向いている人

客観的なアドバイスが欲しい人

転職エージェントは、どちらかといえば採用率が高い企業を紹介してくれる傾向にあります。

ですから主観的な意見ではなく、客観的な立場でいろいろとアドバイスをしてくれます。いち早く転職をしたいと考えている人は転職エージェントに登録し、アドバイスを受けるのが一番の近道ではないでしょうか。

【転職成功者に聞いた】口コミで評判のいい転職サイト・エージェントランキング
誰しも、利用する転職サイト・エージェントは、利用者からの口コミで評判の良いサイトとエージェントを希望するはず。 確かにその狙いは正しいです。転職サイト・エージェントの真の使い勝手を調べるには、ネット上の特徴や、公式サイトの情報を見ても...

転職活動のサポートをしてほしい人

転職に関して不安が大きい人にとって、転職エージェントは心強い味方になってくれるでしょう。転職エージェントのアドバイザーは転職のプロですから、求職者が転職に成功するためのきめ細かなサポートをしてくれます。

特に過去、転職にチャレンジして苦い経験をした人は転職エージェントへ登録することを検討してみてはどうでしょうか。

一般の人が見れないような求人情報を知りたい人

転職エージェントは基本的に会員登録制です。登録しなくても見ることができる求人広告もありますが、登録をしなければ見ることができない非公開の求人情報も多数あります。

非公開の求人情報を知ることができるのはサイトに登録している人だけなので、同じ企業を狙っているライバルの数はとても少なくなります。

ハローワークを活用する際のポイント

相談員の質を見極めましょう

前述したとおり、ハローワークの相談員の質にはばらつきがあります。熱心に相談に乗ってくれる人かどうか、実際に話してみて自分で判断するようにしましょう。

毎回募集をかけている求人は避けましょう

求人情報をチェックしていると、いつも募集をかけている企業を見つけることがあります。

こういった企業にはなんらかの問題があることが多いので、待遇が良かったとしても避けておいた方が良いでしょう。

口コミサイトや企業のホームページなどで情報をチェック

ハローワークには応募条件や待遇など、必要最低限の情報しか掲載されていません。

それだけでは情報としては不十分なので、実際にその会社で働いている人の口コミや企業のホームページなどをチェックし、集めることができる情報は集めておきましょう。

気になることは全て面接で確認しよう

実際の仕事の内容など、事前に調べることができない情報があるかもしれません。

また、勤務時の待遇などどうしても譲れない条件というのもあるでしょう。実際に就職してから後悔することのないように気になることは面接のときに事前に聞いておきましょう。

複数の媒体を活用して転職を成功させよう!

求人情報は一つに絞るのではなく、複数活用しましょう

求人情報を掲載している媒体はハローワークや転職サイト、転職エージェントをはじめ複数存在します。

仕事を探していると言っても色々な境遇の人が居ます。学校を卒業して新卒者として仕事を探している人も居れば、現在働いている企業に何らかの不満があったり、さらなるキャリアップを目指すために転職を考えている人も居ます。

また、就職先に求める条件も一人一人違います。そんな一人一人の条件を全て叶えてくれるような求人情報を掲載している媒体は存在しません。

たくさんの求人情報を見たいのであればハローワークが最も掲載している企業数が多いですし、転職をより有利に進めたい人にはさまざまなアドバイスを受けられる転職エージェントが適しています。

利用している媒体が他の媒体と比べてどのような部分が特に優れていて、どのような部分が弱いのかは、複数の媒体を利用しなければ分かりません。

企業も全ての求人情報サイトに求人を掲載しているわけではないので、複数の求人情報を利用した方がより選択肢の幅は広がります。複数の求人情報サイトを活用し、より多くの情報を集めるのが転職活動を成功させるためのコツといえるでしょう。

コメント