履歴書の書き方や疑問が解決!初めての派遣登録から派遣社員経験者まで

履歴書記入 派遣社員の豆知識

転職や就職などで、いざ仕事を探さなきゃって時に、求人サイトなどで探すのも一般的ですが、登録しておくと意外と便利なのが、人材派遣会社です。

派遣会社がもつ求人情報の雇用形態は、派遣社員だけでなく、正社員を前提とした紹介予定派遣や、契約社員など多様なライフスタイルや働き方に対応していて、給与や勤務地、希望職種などを登録しておくと、あなたに合ったお仕事の紹介が受けられるのが、何より便利なんです。

今回は、そんな派遣会社に登録する際に、「履歴書は、どんな準備をしたらいいのか」という疑問や、「派遣社員雇用の経歴の履歴書への書き方は?」など、派遣会社や派遣社員の履歴書にまつわる疑問について、しっかりお答えしていきます。

初めての登録、履歴書ってどうするの?

さあ、派遣会社に登録しよう!となった時の履歴書の準備や書き方は、どうしたらよいのでしょうか?

それぞれの派遣会社や、募集案件によってかわってきますので、それぞれのケースに分けて、ご紹介して参ります。

履歴書が必要ない場合

実は、最近の派遣会社の登録の場合、履歴書の持参が必要ないケースも多くあります。

まずは、登録を希望する派遣会社に連絡をして、登録日の日時予約と合わせて、履歴書持参の必要があるか、確認してみることをお勧めします。

必要がない場合は、登録日に派遣会社がもつシステムへの入力を求められることが一般的。

間違いのない経歴を、スムーズに入力できる様、あらかじめ職歴や経歴のメモなどを準備しておくと便利です。

また、派遣会社登録の場合は、履歴書欄の志望動機は記入の必要はありません。

まずは、自分に合った仕事を紹介して貰う事が先決です。

その為に、ご自身の強みや弱みなどの特徴や、希望する職種や業種、給与や勤務地などを、出来るだけ明確にしておくことがとっても大切です。

履歴書が必要な時

派遣会社に連絡確認した際に、履歴書持参の指示があれば、事前の作成が必要です。

ご自身で作成した履歴書は、あなたの経歴とお仕事がマッチするかどうかの判断材料として使用される他、お仕事の希望者が重複した場合の、派遣会社内で行われる社内選考などに使用されるのが一般的です。

間違いのない経歴を書くことはもちろんですが、顔映りのよい、明るい写真を使うことも、

希望のお仕事にスムーズに就く為の、大切なポイントです。

履歴書の提出の方法も、派遣会社によってかわってきます。
この後、履歴書の作成や提出方法などについて、ご紹介して参ります!

便利な履歴書の書き方

履歴書の提出方法は、基本的には登録日当日に直接持参するか、データ送付の依頼があるか?

どちらかのパターンがほとんどです。

それぞれの提出方法に対応した、履歴書の作成方法をご紹介します。

1.手書きで書く場合

文房具店やコンビニなどで購入できる、既定の履歴書に手書きで記入し、作成する方法です。最近ではPCを使用する仕事が大半ですので、スキルのアピールも含め、PCで履歴書作成するのが一般的ですが、指定がない限り、手書きでの作成でも全く問題はありません。

メリットとしては、文字を直接書きますので、文字の書き方から、あなたの人柄が伝わりやすいという一面もあります。出来るだけ丁寧に、間違いのない経歴を記載する事が大切です。

2.PCで作成する場合

PCで作成する場合は、ソフトやWEB検索すると、無料で利用できる、履歴書作成ページなどを利用して作成します。

履歴書をデータ送付で送るよう指示があった場合は、この方法でメールに添付するか、紙の履歴書をスキャンし送る方法になります。

また、作成した履歴書を持参する際は、自宅やコンビニなどのプリンターを使用し、プリントアウトして持参します。

無料の履歴書作成ページだと、色々な書式に対応しているだけでなく、入力した職歴や経歴などもデータ保存できるものもあるので、他の用途で履歴書を使用する予定があれば、この方法が便利です。代表的なものをいくつかご紹介します。

履歴書メーカー
入力した職歴や経歴などの他、写真までしっかり入れることが出来る履歴書作成サー   ビス。JIS規格の履歴書以外にもフォーマットを数種類から選べるので、非常に便利。

yagish
こちらも、フォーマットを選ぶことが出来る履歴書作成サービスです。Googleアカウ   ントで会員登録可能で、登録すると、入力内容の自動保存など便利な機能も充実。

この他にも、求人サイトや派遣会社のホームページにて作成できるサービスもあります。

あなたが使いやすいものを見つけて、履歴書作成にお役立て下さいね!

派遣社員の職歴・経歴の書き方

実際に今まで派遣社員として就業した経歴って、履歴書にどう書いたらいいか迷う事もあるかと思います。ここからは、基本的な派遣社員経歴の書き方と、色々なケースでの書き方についてご紹介致します!

提出する相手にとって、分かりやすい情報である事が大前提です。

下記の書き方やポイントを参考に、伝わりやすい履歴書を作成してくださいね。

基本ポイント

■派遣社員とし就業した場合は、「入社」「退社」の代わりに、「就業」「契約期間満了」 を使用しよう!

■契約満了前に、何らかの理由で自ら退職した場合は「一身上の都合により退職」
契約満了後、自身は契約延長を希望したが受け入れられなかった、又は契約満了前に、会社都合で契約打ち切りや解雇などがあった場合は、「会社都合により退職」と記載。

■派遣社員としての就業が分かる様に、「〇〇社(派遣先)へ派遣社員として就業」の様に記載すると分かりやすい。

■履歴書にかなりスペースがある場合は、就業から契約満了の間のスペースへ、担当部署や
業務内容などを記載しよう!余裕があれば実績を記載してもOK!

書き方例①

シンプルにすっきり記載したい場合は、以下の様な書き方になります。

〇年〇月 〇〇会社へ派遣社員として就業
〇年〇月 契約期間満了

書き方例②

履歴書にスペースがある場合は、以下の形式で業務内容をアピールすると効果的です。

〇年〇月 〇〇会社へ派遣社員として就業
営業部へ配属。△△エリア担当
売上管理、顧客対応、企画書作成、新人教育を担当
〇年〇月 契約期間満了

基本的には、派遣会社や履歴書を提出する企業が、知りたい情報をわかりやすく記載する書き方が、最も印象の良い履歴書です。

書き方例②の様に実績や、業務内容の記載があると、先方にとって分かりやすい履歴書に なりますが、見づらくなってしまう場合は逆効果になります。必要があれば、職務経歴書 を別途作成し、経歴や実績を記載することをお勧めします。

派遣社員の履歴書の書き方、注意点とまとめ

今回はこれから派遣社員等の就業をお考えの方と、すでに派遣社員として就業経験がある方に向けて、履歴書の書き方を中心にご紹介致しました!

派遣社員として就業した社名は、契約内容によっては公表してはいけない場合もありますので、事前に以前の契約がどうだったか、雇用契約書などで確認しておくと安心です。

また、派遣社員としての経歴は、見る方によっては「スキルが本当にあるのか」や「長く仕事する意思がないのでは」と感じる方も少なくありません。

しかし、派遣社員とはいえ、実際は社員と変わらない、もしくはそれ以上の実務や実績を経験されている方も、多くいらっしゃると思います。是非積極的に、自信をもってご自身の経験とスキルをアピールし、良い転職へお役立て下さいね!

また、初めて派遣登録される方も、今回の内容や履歴書の書き方を、ご自身のアピールの参考にして頂いて、希望のお仕事に出会える、素敵な転職にしてください!

コメント