派遣社員を悩ませるいじめ・嫌がらせ問題…効果的な解決方法はこれだ!

派遣社員のお悩み

派遣社員の悩みはなかなか尽きません・・・。

その中でも特に深刻なのが「いじめ」の問題です。

「今どき、派遣だからっていじめられることはないですよ!」とはっきり言えたらいいのですが・・・。

残念ながら、「いじめが全くない」と言い切れないのが現状です。

そこで今回は、

  • よくある派遣社員のいじめの事例
  • いじめにあったときの対処法と解決策

を深掘りしていきます。

派遣のいじめは解決できる問題なので、もしもの時に備えて、改善できる方法を理解しておきましょう!

派遣社員が受けるいじめや嫌がらせ事例

まずは、派遣社員のいじめ・嫌がらせ問題でよく耳にする事例を、3つご紹介します。

心当たりがあるという人は、要注意!

気がつかないうちに、あなたも被害者になっているかも・・・。

名前で呼んでもらえない・見下される

「派遣さん、これやっといて」
「ねぇ派遣さん、この前頼んだ資料、できてる?」

あなたは、こんな経験ありませんか?

社員同士はみんな名前で呼びあっているのに、派遣社員だからっていつまでたっても「派遣さん」呼ばわりをしているというケース、実はとても多いのです。

正社員の立場からすると、入れ替わりが激しくて、何人もの派遣社員を利用している場合、「なかなか名前が覚えられない」というのは、確かにあるかもしれません。

でも、普段から一緒に仕事をしていて、顔を合わせる場面も多いのに、なかなか名前を覚えてもらえないのは、おかしいですよね。

中には、名前はわかっているのに敢えて「派遣さん」と呼ぶ正社員がいたりもします・・・。

それだけではなく、
「その年で派遣なの?」
「あの派遣さんは仕事ができない」
など、明らかに派遣社員を見下したような発言をする人は、完全にアウトですよね。

これは、誰が見てもいじめの行為です。

「派遣さん」と呼ばれて正社員に見下されたり、影でコソコソ噂をされるというのは、いじめの問題でも特に多いです。

仕事のやり方を教えてもらえない

派遣社員は、あらかじめ「労働者派遣契約書」と呼ばれる契約書の中で、担当する業務が明確に決められています。

それにも関わらず、派遣先企業で、業務のやり方を正しく教えてもらえなかったり、「忙しいからまた今度ね」といって、後回しにされるケースが後をたたないのです。

それなのに、派遣社員がミスをした場合、「頼んでいることと違う!」としっかり怒られるという始末・・・。

なんだか腑に落ちないですよね。

信じられないかもしれませんが、「仕事を教えてもらえない」というお悩みを持っている派遣社員も少なくありません。

社員側からしたら、派遣社員が入れ替わるたびに「またイチから説明しないといけない」とうんざりした気持ちになるのも無理はないですが、派遣社員に仕事を依頼する以上、仕事内容を共有するのも、社員の立派な仕事です。

それをきちんと対応してもらえないのは、やはりおかしな話なのです。

まるで小学生…無視や仲間はずれにされる

職場で話しかけても無視されたり仲間はずれにされて悩んでいる派遣社員が、実際は何人もいます。

いい大人なのに無視をするなんて、なんだか情けない話ですよね。

仕事でわからないことがあって質問したのに、答えてもらえなかったら、業務にも支障をきたします。

特定の人から無視されるなら、「あの人とは合わないな」と思って、他の人とコミュニケーションを取ればいいですが、チーム全体や大勢の社員からそのような態度を取られた場合は、立派ないじめです。

いじめの対処法!すぐ派遣会社に相談しよう

考える女性

派遣社員がなにか困ったことやトラブルにあったとき、まず相談するのは「派遣会社」です。

派遣先企業ではありません!

派遣社員の雇用主は派遣会社なので、いじめにあった場合も、一番に相談するのは派遣会社です。

一人一人の派遣社員に対して担当者が付いているはずなので、まずは自分を担当してくれている派遣会社のスタッフに、いじめにあっている旨を相談しましょう。

この時、なるべく派遣会社の担当者と会って話をすることをおすすめします。

直接会って話すのがベストな理由

派遣会社に連絡するときに、「ちょっと相談したいことがあるから面談をお願いしたい」という旨をはっきり伝えましょう。

いじめはとても深刻な問題です。

電話やメールでも連絡は取れますが、事情をしっかり把握してもらうためには、直接会って話すのが一番。

派遣会社のスタッフは、派遣社員が不自由なく業務に従事できるようサポートするのが仕事なので、時間を作ってもらうことに気を使う必要は一切ないのです。

可能な限り、直接会って話を聞いてもらいましょう。

メールの履歴を残さない

もう一つ、直接会った方が良い理由があります。

それは、「メールだと履歴が残ってしまう」からです。

自分が持っている個人のアドレスから連絡するなら心配ありませんが、会社で使っているパソコンのアドレスからメッセージを送るのは、ちょっとリスクが高いと思いませんか。

会社のメールだからといって誰でも見られるわけではありませんが、このようなセンシティブな問題は、慎重に扱ったほうがいいのです。

職場でメールを打っているのをたまたま誰かに見られて、それが引き金となっていじめがエスカレートするなんて、元も子もない話です。

落ち着いて、人目を気にせずに話ができるのが一番なので、派遣会社の担当者と個別で面談を設けてもらいましょう。

いじめにあった時に気をつけたいこと

派遣会社に相談したら、次に必要なことは自分の行動の「振り返り」です。

あなたに落ち度はなかったか、どうしていじめにあっているのか、自分自身でもしっかり考えてみましょう。

もしあなた自身にも改善できることがあった場合、それに気がつかずに次の派遣先に移ったとしても、また同じことを繰り返してしまいます。

「たまたま派遣先の運が悪かった」で片付けるのは簡単ですが、同じことを繰り返して辛い思いをするのは派遣社員自身です。

自分にも改善できることはないか。気持ちを落ち着かせて振り返る時間を取ることも大切です。

単に職場の空気が合わなかったという可能性も

そしてもう一つ、ゆっくり考えることは、「これは本当にいじめなのか?」というポイントです。

ただ単純に「派遣先の雰囲気が合わなかった」「話しづらい上司がいて苦手意識が先行し過ぎた」というケースも稀にあるからです。

会社の雰囲気を作るのは、そこで働く人たちなので、会社によって和気あいあいとしたフランクな職場もあれば、ピリッとした空気が流れる職場もあります。

「自分とは合わなかっただけ」という場合は悩みすぎる必要はないので、派遣会社の人に相談したり、友達に話を聞いてもらいながら、自分が今いる状況を整理してみるのもいいかもしれません。

もう限界!と思ったら契約更新しないこと

派遣会社にも相談して、自分自身でもしっかり振り返りをして、それでも職場環境が改善されなかった場合、潔く契約更新を断りましょう。

派遣社員は、3ヶ月や6ヶ月ごとに契約を更新しないと同じ職場で継続して働くことができません。

派遣会社に登録している以上、今の職場が合わなくても他の派遣先を紹介してもらえます。

なにも無理して今いる職場に留まる必要はないのです。

契約を更新するかどうかは、派遣社員にも派遣先企業にも選択権があるので、「絶対に更新しないといけない!」「断れない!」と頑なになる必要は全くありません。

緊急性が高い場合は退職してもいい

「朝起きるのも辛い」と思ってしまうほどいじめや嫌がらせがひどい場合は、契約満期を待たずに退職しても問題ありません。

無責任と思われるかもしれませんが、平気でいじめが横行している職場で、精神をすり減らして働く必要はないのです。

いじめを改善しようとしなかった派遣先企業も悪いですし、派遣社員をしっかりサポートできなかった派遣会社にも問題があるということ。

自分を守る手段が「退職」しかない場合は、潔く退職して、まずは自分の健康状態を優先していたわってあげましょう。

耐えられるなら契約更新月まで働く

とはいえ、「いきなりやめます」というのは、派遣会社にも派遣先企業にも大きな影響を与えるのも事実です。

もし気持ちに余力があるなら、次の契約更新前までは働くことをおすすめします。

その上で、派遣会社には早い段階で「派遣先企業でいじめにあっているので、次の契約は更新しません」とはっきり意思表示をしましょう。

派遣先企業が嫌だからといってドタキャンのような形で出社しなくなると、その後、派遣会社との関係性も悪くなり、最悪の場合、次の仕事を紹介してもらいにくくなります。

いきなり「辞めます」ではなく、「派遣先を変えて欲しい」という気持ちを事情と一緒にはなせば、派遣会社も次の仕事を見つけるために準備を進めてくれます。

ここで、「もっとがんばりなさい!」といって、こちらの事情をわかってくれないような派遣会社だったら、そもそも派遣会社から見直した方がいいですよ。

派遣社員の扱いは酷い!社会的な身分と社内での立ち位置について
日本という国は以前から、「派遣社員の風当たりが強い」と言われ続けています。 確かに企業から正社員として正規雇用されてないとしても、その会社で働く社員であるという事実は変わらないはず。 しかし社内での扱いはひどいもの…。 派...

まとめ!いじめにあった時に取るべき行動

ここまでご紹介した、派遣先でいじめや嫌がらせを受けた時の対処法をおさらいしておきます。

  • いじめにあったら、まずは派遣会社に相談する
  • 自分自身に落ち度はなかったか、落ち着いて振り返る
  • 派遣会社に相談しても改善されない場合は、次の契約を更新しない
  • あまりにもいじめがひどい場合は、退職しても良い
  • 次の契約更新まで働けそうなら、新しい仕事を探しながら契約満了まで働く

追い込まれ過ぎないためにも、「合わなかったら、他の派遣先企業を探せばいい」という気持ちの逃げ道は忘れずに持っておいてくださいね!

いじめを防ぐ効果的な予防策!

ここからは、あなたがいじめの被害に遭わないために、すぐ実践できる効果的な方法をご紹介します。

カギを握るのはコミュニケーション

いじめの原因と大きく関係するのが「職場でのコミュニケーション不足」です。

家族であれ、友達との仲間内であれ、学校であれ、職場であれ、一番の悩みは人間関係ですよね。

その人間関係を築くのも壊すのも、コミュニケーションが大きく関係します。

派遣社員側である私たちもちょっとしたことを意識するだけで、相手に与える印象をガラリと変えることができます。

職場でコミュニケーションを取る時に意識したいポイントを、具体的に4つご紹介します。

目立ちすぎていないか

派遣社員の中で、いじめの標的にされやすいのは、「よく目立っている人」

特に、女性が多い職場は、男性が多い職場よりも気を遣った方が自分の身を守れます。

「目立つ」というのは、「明るい・よくしゃべる」という印象に留まればそこまで大きな問題ではありませんが、過度に目立つと「あの派遣は生意気だ」という印象を相手に与えかねません。

「生意気」と思われていると、相手の気持ちもだんだんエスカレートしていき、「あいつ、派遣のくせに」という感情を抱かせることに繋がるのです。

職場ではおとなしくしていなさい!ということではなくて、社員とコミュニケーションを取る場面では、言葉使いや振る舞いに少し気をつけるだけで十分なのです。

わからないことがあった時も、「これどうやるんですか?」とぶっきらぼうに聞くのではなく、「ちょっと教えてもらってもいいですか?」と柔らかい口調で聞くなど、少しだけ工夫してみましょう。

同じミスを繰り返していないか

派遣社員は、即戦力を求められることが多く、担当業務が細かく決まっています。

そのため、滞りなく業務を進めていく必要がありますが、誰だって最初から完璧にできるわけではありませんよね。

ところが、同じ業務で同じミスを何度も繰り返すと、最初のうちは「まだ慣れていないから」と寛容だった社員さんも、だんだん「また!?」と許せなくなってくるのです。

挙げ句の果てに、「最近来た派遣社員は、全然仕事ができない」というレッテルを貼られてしまうことも・・・。

社員側も、派遣だからって見下したいわけではないですが、ミスが目立つと「決まった仕事もできないのか」とイライラしてしまうのも無理はないですよね。

神経質になりすぎる必要はありませんが、同じミスを繰り返さないように意識することも大切です。

勤務態度に問題はないか

頻繁に遅刻や欠勤を繰り返す人も、要注意です。

止むを得ない理由で遅刻や欠勤するのは仕方ありませんが、遅刻の理由が「寝坊」だと、「仕事に対する責任感が感じられない」という印象を与えてしまいます。

また、頻繁に休んで業務が滞ってしまうと、「他の派遣社員に変えてほしい」と思われかねないので、止むを得ない事情がない限りは、きちんと出勤して業務に取り組むことが大切です。

年上だからって威張っていないか

これは、30代・40代・50代の派遣社員に注意しておいてほしいポイントですが、派遣先企業によっては、年下の社員のもとで仕事をする場面もありますよね。

自分の方が年齢や実務経験があるからといって、「これはこうした方がいいですよ」「こういうときはこうするんですよ」と出しゃばりすぎるのも、社員さんに目をつけられるきっかけになるケースがあります。

ノウハウを知っていて業務改善につながるのであれば、職場で共有した方がいいですが、良かれと思って行き過ぎたアドバイスをするのは、かえって職場の雰囲気を悪くする原因につながります。

「相手の正社員が年下だからって威張ってる」と思われたり、「実務経験があるからといって偉そうだ」と思わせてしまうと、気がつかない間に社員のプライドを傷つけている可能性も・・・。

コミュニケーションや人間関係は、ちょっとした言い方や言葉のフレーズによっていとも簡単に壊れてしまうので、自分の方が年齢が上だってわかっている時は、少しだけ年下のことを思いやってあげましょう。

派遣のいじめ問題!解決策と予防策を実践しよう

いかがでしたか。

今回は派遣社員のいじめ・嫌がらせ問題について、

  • 具体的な事例と対処法
  • いじめを防ぐコミュニケーションのポイント

をご紹介してきました。

いじめにあった場合、まずは派遣会社に相談して、それでも改善がみられなかったら、他の派遣先企業を探してもいいのです。

「今いる職場で、いじめに耐えながら働かないといけない」と自分を追い込む必要は全くありません。

事情を話せば派遣会社も理解してくれて、新しい派遣先を一緒に探してくれるので、一人で抱え込まずに楽な気持ちで解決策を探していきましょう。

また、新しい派遣先が見つかったら、同じ事態を繰り返さないためにも、今回ご紹介したコミュニケーションで気をつけるポイントやいじめ予防策を、日頃から実践してみてください!

コメント