登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

派遣会社に登録時のスキルチェックって何?各テストの対策方法とは?

スキルで悩む女性派遣社員の基本情報

派遣会社へ登録する際に行われる「スキルチェック」ですが「いったい何をチェックされるのか?」とか「難しいのかな?」と、気になる人も多いでしょう。

この結果によって「派遣会社に登録できないかもしれない」や「今後のお仕事にかかわってくるのかも」なんて考えると不安になるかもしれません。

そこで今回の記事では「スキルチェックとは何か?」ということから「内容」と「各テストの対策方法」まで、詳しくご紹介したいと思います!

派遣登録時のスキルチェックの目的は?必ず実施するの?

派遣登録時のスキルチェックですが、実施する目的は下記の通りです。

各個人の「現状のスキル」がどれくらいあるかをチェックする。

つまり、派遣会社の人がお仕事を紹介する際に「この人はこれくらいのスキルがあるから、こういったお仕事ならできるな」とか「このスキルの得点が高いから、ここの会社で求めている条件とマッチするな」などと、判断する為に使われるのです。

スキルチェックのテスト結果が良いほど、お仕事がたくさん来る確率は高くなります。

また逆にテスト結果があまり良くないと、紹介されるお仕事は限られてくる傾向にあります。

スキルチェックのテスト結果が全て0点であれば話は別ですが、結果が低いからと言って、派遣登録ができないというわけではありません。

あくまで、派遣会社が各個人の現状のスキルを知るために、設けているのです。

派遣登録時のスキルチェックは必ず実施するの?やり直しは可能?

派遣登録時のスキルチェックは「必ず実施するのか?」や、点数が低かったら「やり直しは可能なのか?」について、気になるところですよね。

スキルチェックは必ず実施するのか?

結論からいうと、実施する派遣会社もありますし、実施しない派遣会社もあります。

大手派遣会社は、基本的に実施する傾向にあります。

もしスキルチェック不要の派遣会社を探す場合は、下記のような派遣会社を探すと良いでしょう。

  • 大手ではなく、中小規模の派遣会社
  • 事務・オフィス系ではなく、軽作業系の仕事を扱う派遣会社

大手ではなく、中小規模の派遣会社

中小規模の派遣会社は、スキルチェックを行わないところも存在します。

しかし、そういった派遣会社は大手に比べて持っている案件数が少ないことが多いです。

その為、登録をしてもなかなか仕事が回ってこない可能性はあります。

スキルチェックについて不安に思う人もいるかもしれませんが、良いように捉えると「他の人より結果がよければ、仕事が回ってくる確率が高くなる」のです。

その為「ある程度経験がある人」や「特定の分野に自信がある人」であれば、むしろスキルチェックを行っている派遣会社を選んだ方が良いとも言えます。

事務・オフィス系ではなく、軽作業系の仕事を扱う派遣会社

事務・オフィス系ではなく「軽作業系の仕事を扱う派遣会社」は、基本的にスキルチェックを行わないところが多いです。

それは、パソコンを使用することがほとんどなく、タイピング能力もExcel・Wordに関する能力も必要としないからです。

スキルチェックのやり直しは可能なのか?

スキルチェックの結果が思わしくなかった場合、紹介してもらえる仕事が少なくなる可能性があります。

その為、後日スキルチェックのリベンジをしたいと思う人もいるでしょう。

この場合にやり直しが可能かというと、派遣会社により異なります。

スキルチェックのやり直しを希望する人は、派遣会社の担当者に直接聞いてみましょう。

スキルチェックテストには、どのような内容のものがあるの?

スキルチェックテストですが、どのような内容のものがあるかというと、どこの派遣会社も基本的には下記の4つです。

  1. タイピング
  2. Excel(エクセル)
  3. Word(ワード)
  4. ビジネスマナー/一般教養

この他に、外資系の会社と主に取引をしている派遣会社であれば「英語力」のスキルチェックがあったり、経理に関する仕事も希望するのであれば「数学」に関するスキルチェックがあったりします。

このように特殊なスキルチェックを設けられていることもあるので、事前に派遣会社の「スキルチェック情報」についても調べていくと安心です。

①タイピング

決められた制限時間内で、パソコンで文字をどれだけ正確に入力できるかを測定します。

目安としては最低でも1分間に60文字です。

「毎日パソコン入力コンクール」によると、レベル毎の基準は下記の通りです。

  • 実用レベル…1分間に日本語40文字を正確に入力できる
  • 実務レベル…1分間に日本語60文字を正確に入力できる
  • 毎日パソコン目標レベル…1分間に日本語80文字を正確に入力できる
  • 習熟レベル…1分間に日本語120文字を正確に入力できる

仕事で必要なのは「実務レベル」以上からだと言えます。

事務・オフィス系の派遣社員として働くと、データ入力をすることも多く、タイピング速度が速い方が作業もスムーズにはかどります。

②Excel(エクセル)

事務・オフィス系の派遣社員として働くと、資料作成などでExcelを使う機会は多いです。

スキルチェックでは、Excelの初級~中級レベルの問題が多く出題されます。
(中には上級レベルの問題を出題してくる派遣会社もあります。)

~初級・中級・上級の目安~

Excel初級

  • データの入力ができる
  • セルの書式設定ができる
  • セルの結合ができる
  • 「列の幅」や「行の設定」ができる
  • データの「移動」や「コピー」ができる
  • 四則演算(足し算・引き算・掛け算・割り算)ができる

など。

Excel中級

  • 表やグラフの作成ができる
  • 関数を利用して「データ検索」や「抽出」ができる
  • データを「昇順」や「降順」で並び替えることができる
  • パスワードの設定ができる
  • ウインドウ枠の固定ができる
  • フィルタを設定することができる

など。

Excel上級

  • ピボットテーブルを使える
  • 絶対参照を使用しながら数式入力ができる
  • VLOOKUP関数を使える
  • マクロやVBAを使える

など。

③Word(ワード)

スキルチェックでは、WordもExcel同様に初級~中級レベルの問題が多く出題されます。
(上級レベルの問題を出題してくる派遣会社もあります。)

Word初級

  • 文章の作成や修正ができる
  • 印刷ができる
  • 余白設定や、用紙のサイズ設定ができる
  • 文字列を縦方向にすることができる
  • 文字に対して「太字」や「斜体」や「下線」の設定ができる
  • 文字に蛍光線やアンダーラインをひくことができる
  • 表や図形の挿入ができる

など。

Word中級

  • ワードアートの使用ができる
  • テキストボックスの挿入ができる
  • ヘッダーやフッターを設定できる
  • コメントの挿入ができる
  • 原稿用紙の設定ができる
  • ページの色変更ができる

など。

Word上級

  • 変更履歴を操作できる
  • 段組みの設定ができる
  • テンプレートの作成ができる
  • 文書の保護機能が使える
  • デジタル署名の追加をすることができる

など。

④ビジネスマナー/一般教養

派遣社員として企業で働く際には、周囲とのコミュニケーション能力や、社会人としてのマナーや教養が身についているかについても、大事なポイントになります。

スキルチェックでは、下記のような「ビジネスマナー/一般教養」をチェックされます。

  • 漢字の読み書き
  • 簡単な「計算」や「英語」の問題
  • 敬語に対する知識
  • 来客時・電話時のマナー
  • クレーム時の対応方法

など。

各スキルチェックの対策方法!少しでも良い結果にしたい!

スキルチェックを受けるからには、少しでも良い結果にしたいと思うものです。

何故なら、結果が良い方が「より多くの仕事を紹介してもらえる確率が高くなる」からです。

それでは、それぞれのスキルチェックに対して、事前にできる「対策方法」をご紹介します。

①タイピング

タイピングは、指を動かして何度も文字を入力していると、確実に早くなります。

私は好きなアーティストの曲を聴いたり、歌詞カードを見ながら、それをひたすら文字として入力して練習しました。

また本を見ながら、そのまま文字として入力する練習も行いました。

このように、日常生活の中でちょっとした工夫をして、タイピング練習を行うことも可能です。

他にもインターネット上に、下記のようにタイピング練習ができる便利なツールも出ているので、こういったものを利用するのも良いでしょう。

参考:P検×Benesseマナビジョン

参考:e-タイピング
自分の「以前のタイピング速度」や「点数」と比較することができるサイトもあるので、そういったサイトを利用すると、練習によってどれだけ上達したかを確認することも可能です。

また、サイトによっては「Aの文字を入力する速度が遅い」などと、弱点を分析してくれるものもあります。

②Excel(エクセル)

Excelは、事務・オフィス系のお仕事では「毎日必ずと言って良いほど使う」と言っても過言ではありません。

「資料作成」や「データ抽出」はもちろんのこと「ややこしい計算問題を一気に片づけられる」など、とても便利な機能がたくさんあります。

Excelの上達には、経験と慣れがものを言います。

そうは言っても、派遣のスキルチェックの為に「経験を積んで慣れる」なんて流暢なことは言っていられません。

スキルチェックの為にできる対策として、下記2点を挙げます。

  1. 初心者用の本を購入する
  2. インターネット上の無料テストを行う

①初心者用の本を購入する

少しExcelに慣れている人でも、初心者用の本から学べることはたくさんあります。

1冊あれば、スキルチェック対策にもなります。

また、今後仕事を行っていくうえでデスクに忍ばせておけば、何かと使える場面が出てくるでしょう。

②インターネット上の無料テストを行う

お金を払ってスクールに通うという選択肢もあるでしょう。

しかし、派遣会社に登録する際のスキルチェック対策の為に、何万~何十万もお金を払ってスクールに通うことはオススメしません。

仮に、スクールにそれだけお金を払ったうえで、派遣会社に登録しスキルチェックをうけても、仕事が来なければシャレになりません。

今はインターネット上に無料のテストが掲載されているので、それを行いながら、不明点は購入した本などで調べていくやり方がオススメです。

例えば下記のような、無料テストがあります。

参考:パソカレッジ
他にも、MOS(Microsoft Office Specialist)という資格試験の過去問などもインターネット上に掲載されているので、こういったものを実際にやってみることもオススメします。
参考:MOS(Microsoft Office Specialist)の過去問題

③Word(ワード)

事務・オフィス系のお仕事をすると、WordはExcelと同様に「かなりの頻度」で使用します。

こちらも実際にお仕事をはじめて経験を積めば、上達していくものですが、派遣のスキルチェックの為に「経験を積んで行こう」なんてことは言いません。

こちらもExcel同様に、スキルチェックの為にできる対策として、下記2点を挙げます。

  1. 初心者用の本を購入する
  2. インターネット上の無料テストを行う

①初心者用の本を購入する

こちらも持っておいて損はないです。

スキルチェック対策の為に不明点を調べられるうえに、実際に仕事をはじめた際にも、不明点が出てきたら、都度チェックが可能です。

②インターネット上の無料テストを行う

Excelと同様に、MOS(Microsoft Office Specialist)という資格試験の過去問などを実際にやってみることをオススメします。

参考:MOS(Microsoft Office Specialist)の過去問題

④ビジネスマナー/一般教養

派遣社員も、現場で「来客対応」や「電話対応」をすることはよくあります。

このような対応を行うのに、問題は無いか?などをチェックする為に「ビジネスマナー/一般教養」のテストがあります。

もし「タイピング」や「Excel」「Word」のスキルチェックの結果が同じくらいであれば、一般教養の結果が良い人の方が、仕事を紹介してもらえる確率は高くなります。

ビジネスマナーや一般教養の対策本は、本屋にたくさんありますので、1冊購入して実際に問題を解くことをオススメします。

まとめ

今回の記事では「スキルチェックとは何か?」ということから「内容」と「各テストの対策方法」についてご紹介しました!

スキルチェックの結果が良い方が、紹介してもらえる仕事の種類や幅が広がると言えます。

また特定の結果がよくなくても、他の結果がよければ「良い結果」に関する分野を多く扱う仕事を紹介してもらえることも考えられます。

結果が良いに越したことはないですが、このように「自分と企業との相性」をはかる為に存在するのが「スキルチェックなんだ」と捉えられれば、肩の力も抜けるでしょう。

スキルチェックの各テストの対策方法も「インターネット」や「1冊の本」で十分にまかなえますので、活用してみましょう。

コメント