派遣会社から連絡がこないときの効果的な対処法!早く仕事が決まるための心得とは

悩む女性 派遣社員の豆知識

「派遣会社に登録したのに、一向に連絡が来ない・・・」
「ちゃんとエントリーできていなかったのかな?」

こちらからアクションを起こしたのに、何も連絡がこないと心配になりますよね。

今回は派遣会社から連絡がこない時にどのように対応したらいいのか、効果的な対処法をご紹介します。

せっかく仕事を見つけようと派遣会社に登録したんですから、簡単に諦めてはもったいないですよ!

派遣会社から連絡がこない!考えられる理由は?

まずは、派遣会社から連絡がこない理由から考えていきます。

理由がわかれば次にどう対応すればいいかが見えてきます!

書類審査中

まず考えられる理由に、書類選考があります。

仕事にエントリーした後の最初のステップが書類審査。

一つの仕事に対して複数の人がエントリーしたり、応募が少ない場合でも「この人にこの仕事がマッチしているかどうか」を、まずは派遣会社内で選考します。

書類審査の結果が出るまでは当然連絡がこないので、その場合の対処法は「待つ」のみです。

といっても、派遣会社内の書類審査は遅くても3〜4日で結果が出るはずなので、1週間以上たっても連絡がこない場合は「書類審査で落ちた」可能性が高いと考えてください。

書類審査の結果を連絡するかどうかは派遣会社ごとに対応が違います。

また、その連絡方法もメールや電話、オンライン上で自分で確認するなどさまざまです。

書類審査の結果を連絡してもらえるかどうか、気になる場合は派遣会社に確認してください。

エントリーしてから1週間以上たっても連絡がなく、結果が知りたいという場合は、こちらから確認の連絡をいれて問題ありません。

紹介できる求人がない

派遣会社に登録する時に、履歴書や職務経歴書を提出したり、あなたの経歴をまとめたスキルシートを作成します。

派遣会社の担当者はあなたの履歴書やスキルシートを参考に、あなたにあった仕事を紹介してくれます。

例えば、あなたの前職がIT系の仕事で、次もIT関連の業務を希望しているとします。

ところが、登録している派遣会社が持っている求人が、飲食関連や工場勤務などあなたの経歴にマッチしない場合、派遣会社としては仕事を紹介したくてもできないことがあります。

その場合、残念ながら派遣会社側からなかなか連絡は来ません。

派遣会社によって扱っている業種に特徴があり、IT系に強い会社もあれば、製造業務・アパレル系に特化した派遣会社など、その会社によってカラーはさまざまです。

少しでもあなたの希望に近い仕事が見つかるよう、派遣会社を決める時はどんな求人を多く扱っているか事前に確認しておくと、ミスマッチを防ぐことができます。

派遣会社の担当者が忙しいor忘れられている

派遣会社によって、派遣社員の管理方法はさまざまです。

  • 1人のスタッフが専任で1人の派遣社員を担当する
  • 業種ごとに違う担当者が付く
  • 派遣会社の人から直接オファーが来る

など、いろいろな方法があります。

スムーズに仕事が決まりやすいのは、専任の担当者が付く場合ですが、派遣会社によっては、エントリーする業種ごとに違う担当者から連絡が来ることがあります。

1人の担当者が何人もの派遣社員を管理しないといけないので、単純に業務が忙しくて連絡をするタイミングがないか、他の業務に追われて個別への連絡が漏れてしまっているケースも十分あり得ます。

こちらに落ち度はありませんが、派遣会社の社員が忘れていては、いつまで経っても結果を知るすべはありませんよね。

そんなときは、遠慮せずにこちらから確認の問い合わせをしてみましょう。

「先日エントリーした◯◯の仕事の選考はどうなっていますか?」
とこちらから確認すれば、合否の結果が聞けるはずです。

メールだといつ返信が来るかわからないですし、見落とされる可能性もあるので、連絡する時は電話で直接問い合わせる方がスムーズです。

他の人が選考を通過した

派遣会社によっては「書類審査に合格した場合のみ連絡を入れます」というスタイルを取る会社が比較的多いです。

先ほどの理由と重なりますが、エントリーした人数が多かったりすると、全員に連絡するというのはそれだけで膨大な業務量になります。

派遣会社から連絡がない場合、あなた以外の人がすでに選考に通過していて、合格した人にだけ連絡が入っているという可能性も。

「一言連絡をくれたらいいのに・・・」
とも思いますが、選考に外れても連絡をくれるかどうかは、派遣会社によって対応が異なるので、エントリーする時に合否の連絡がもらえるかどうか確認しておくと安心ですね。

派遣先企業が選考中

仕事にエントリーして派遣会社内の書類審査に通ったら、次は派遣先企業の選考に移ります。

派遣先企業によっては、複数の派遣会社を利用して人材を確保している会社があります。

その場合、どの派遣会社から何名受け入れるか、どのタイミングで募集をかけるか、などは派遣先企業がバランスを調整します。

派遣会社の社内審査に通ったからといって、すぐに派遣先での就業が決まるわけではなく、次のステップに、派遣先企業がどのくらい採用するかを判断するので、派遣先企業が選考中の間は、当然あなたの結果は保留ということになります。

派遣会社としても、派遣先企業にせっつくのはなかなか難しい事情があるので、この場合は派遣会社も待ちの状態になるということになります。

あくまでも審査中なので、その間はあなたも焦らずじっと待ちましょう。

合否の連絡はくる

派遣会社から連絡がこない理由をご紹介しましたが、そうとは言っても基本的に合否の連絡はあります。

特に、派遣会社内での書類選考を通過したあとの派遣先企業の選考結果は、連絡がこないというケースはほとんどないと思ってください。

もしその段階で連絡をしてこないような派遣会社は、会社の体制が不十分なので、派遣会社を変えるくらいの対応をしてもいいと思います。

ただ、最近ではエントリーの合否をオンライン上のマイページで閲覧できるシステムを導入している派遣会社もあります。

その場合は「自分で確認してね」ということですね。

オンラインのシステムを活用している派遣会社は、登録の時に詳細な説明があるはずなので、わからない場合は派遣会社に問い合わせてみてください。

連絡がこない時はこちらから連絡しよう!

どうしても連絡がこない場合、最終的な対処法としては「こちらから連絡を入れる」に尽きます。

「結局それかよ・・・」

とわかりきった解決方法で申し訳ないですが、連絡がこないからといって待ちぼうけていても、あなたの仕事が決まることはありません。

今どういう状況であなたに連絡がこないのかを明確にするためにも、連絡がこなくて心配なときは、ためらわずこちらから連絡してみましょう。

「選考中かな?」と思って待っていたけど「実は他の人で選考が進んでいた」というオチだったら、待っている時間がもったいないですしね。

あなたの熱意や姿勢を伝えるためにも、派遣会社の担当者とのコミュニケーションは積極的に取るように心がけてください。

派遣会社から連絡がこないときの効果的な対処法

たった今、「連絡がこなければこちらから連絡しましょう!」とお伝えしましたが、実はこちらから連絡を入れるだけでは、対応としては不十分です。

  • エントリーするたびに連絡が全然こない
  • 派遣会社から連絡がこない

ということが続いた場合、どうすれば改善できるのか、効果的な対処法をご紹介します!

派遣会社への対応に問題ないか見直そう

派遣会社にとって、あなたを企業に派遣するということは「あなたに派遣会社の看板を背負ってもらって派遣する」といっても過言ではありません。

つまり、派遣社員は「この人なら派遣しても大丈夫」と派遣会社に思ってもらう必要があるのです。

派遣会社の担当者への受け答えや、電話口でボソボソと対応する、メールの返信が遅いなど「社会人としての振る舞い」が十分にできていない人には、派遣会社も積極的に案件を紹介してはくれません。

もし、何度もエントリーしているのに派遣会社から連絡がこないことが続いているなら、派遣会社への対応に問題がなかったか、一度振り返ってみましょう。

逆にいうと、派遣会社の担当者から「この人なら大丈夫!」と思ってもらえたら、派遣先企業に「こんなスタッフがいますがどうですか?」と積極的に売り込んでもらえるかもしれません。

派遣会社としても、良い人材をたくさん派遣して、会社としての信頼を上げたいという思いがあるので、派遣されると喜ばれる派遣社員には積極的に仕事を紹介してくれます。

派遣会社への対応にも少し気を配るようにすると、スムーズに仕事が決まる可能性が上がります。

早く仕事を見つけたいと意思表示する

もう一つは、あなたがどれだけ真剣に仕事探しに取り組んでいるかという意思をはっきり示すことです。

派遣会社には、連日多くの人が登録し、仕事を探しています。

中には、「現在無職で一刻も早く仕事を見つけたい」人もいれば「今は正社員として働いているけど、今の会社が嫌で辞めたいし、派遣ってどんな仕事があるんだろう」となんとなく興味本位で登録する人もいます。

とはいえ、みんな表面上は「早くいい仕事を見つけたいです!」と言いますよね。

たくさんいる人の中で「この人は真剣に仕事探しに向き合っている」ということをわかってもらうためには、自分の意思をしっかりと派遣会社の担当者にぶつけてください。

  • 自分は今後どんなキャリアを築きたいのか
  • どういう仕事を見つけたいのか

あなたの熱意を精一杯伝えましょう。

派遣会社にとっても、派遣したものの就業中の態度が悪かったり、遅刻や欠勤が多い人は、派遣会社の管理体制を疑われてしまうので、まじめで真剣に取り組んでくれる人を積極的に派遣しようとします。

あなたの真剣な姿勢を派遣会社にわかってもらうことで、担当者も同じ熱量で仕事を探してくれるようになり、派遣先が早く見つかる可能性が上がります。

派遣会社を見直す

連絡がこない理由のところでもご紹介しましたが、派遣会社によって取り扱う業種に特徴があります。

あなたが希望する業種が明確な場合、今利用している派遣会社が本当にマッチしているのか、もう一度見直してみましょう。

連絡がこない理由が、

「あなたにマッチする求人がない」
「あなたの希望にあった案件を取り扱っていない」

だった場合、いつまで待っていてもなかなか仕事は見つかりません。

どんな仕事がいいか明確にはわかっていない場合は、取り扱う業種が幅広い大手の派遣会社を利用することをおすすめしますが、逆に「これがしたい!」という仕事がわかっているなら、その業種に特化した案件を取り扱っている派遣会社がないか、探してみるのも一つの方法です。

派遣会社は何社登録してもOKですし、同時進行で複数の派遣会社のエントリーを進めるのも一つの方法です。

一つの派遣会社に固執する必要はないので、こちらも柔軟な対応をしていきましょう。

いい加減な派遣会社には登録するべきではない!おすすめできない派遣会社を見極める方法
多くの派遣会社がありますが、利用者からの評判には意外と「対応がいい加減だ」という口コミを見ることがあります。 ネット上の評判をみると、どのサイトも「求人が多い」「福利厚生が整っている」「産休制度がある」など絶賛の嵐だったとしても、実際...

派遣会社と良好な関係を築くのも作戦です

いかがでしたか。

今回は、派遣会社から連絡がこない理由とその対処法をご紹介しました。

連絡がこない理由はいろいろ考えられますが、あなたが今からすぐにできることの一つに、派遣会社への対応を見直すというのもがあります。

これはわかっているようで意外にできていない人が多いので、担当者との何気ないやりとり一つ一つを振り返って、少し行動改めるだけでもあなたの印象はグッと良くなります。

「早く◯◯さんに仕事が見つかるといいな」
と思ってもらえるよう、派遣会社の担当者と良好な関係を築ける努力もお忘れなく!

コメント