同じ派遣会社が違うと時給が違う?時給の差をどう埋めるべきか…

通帳を確認する派遣社員 派遣社員のお悩み

今回は、派遣社員にありがちな問題について解決していきたいと思います。

派遣社員として働く上で一番重要とも言えるのは、やはり「時給」など給与の問題です。

待遇の良し悪しで、派遣社員としての労働の質がまったく変わってくるでしょう。

同じ職場で働く派遣社員のMさんは1,300円の時給で働いてるのに、私は1,100円の時給…なんてことになったら仕事する気力もなくなろうというもの。

派遣先企業が同じだとしても、同じ仕事をするとしても、派遣する派遣会社によって時給設定が異なる場合がよくあります。

同じ仕事でも時給が違う問題、どのようにこの問題に対応するべきか、少し考えていきましょう。

どうして「同じ仕事で時給が違う」問題が出てくるのか

そもそも、どうして同じ職場で同じ仕事をしているのに、「時給が違う」なんてことになってしまうのか。

派遣の仕事に時給で、差が出てくる理由から調べていきましょう。

派遣会社の規模

派遣会社の会社規模、派遣会社の営業力によって、派遣求人の時給設定が変わってきます。

会社に実績があり、営業力のある会社とない会社では、時給設定に200円もの差が出てくることも珍しくありません。

ということはそもそも、登録する派遣会社で時給が変わってしまうのです。

派遣社員の時給は派遣会社の塩梅になってしまいます。

そのため時給が低かったとしても、それはある程度運が悪いと言えてしまうのが怖いところです。

派遣会社の取り分

派遣社員の取り分は、派遣会社の設定した賃金の割合次第です。

一般的な設定では、派遣会社の取り分は時給の中の7割となります。

例として、派遣先企業が2500円の時給設定だったとしたら、2500×0.7=で1750円が派遣社員の取り分です。

もし派遣会社が、少しでも多くの利益を上げたいと考えたとしたら、派遣社員の取り分割合を下げればいいわけです。

こういった例もないわけではないので、できれば複数の派遣会社を同時に登録して、時給相場をあらかじめ比較しておくことが大切です。

派遣会社で時給が違う設定場合の対処法

では実際に派遣会社で同じ仕事で時給設定が違う派遣社員を見つけた場合、どのようにその時給差を埋めればいいか。

対処法を探していきましょう。

時給アップ交渉を行う

やはり、派遣会社から支払われる時給が低いなら、「時給アップ」を提訴したくなるものです。

しかし単純に、「もっと時給を上げて欲しい」と思ったタイミングで時給アップ交渉を行えばいいかといえばそんなこともありません。

時給アップ交渉というのには、いくつか時給アップしてもらうための「コツ」があるのです。

時給アップしてもらうためのコツを、ここで学んでおきましょう。

時給交渉の時期

時給アップ交渉の時期は、いくつかチャンスがあります。

てんでとんちんかんな時期に時給アップ交渉をしたところで、派遣会社はその交渉に乗ってくれるわけではないのです。

契約更新の時期

やはりいちばん時給交渉しやすいのは、「契約を更新する時期」でしょう。

契約更新の時期に、今後も変わらず自社で契約して欲しいと思っていれば、派遣会社は熱心に時給に関する相談に乗ってくれるはずです。

転職前

そのものズバリ「時給が不満で転職する」という前提で時給アップ交渉を持ちかけるのも一つの手です。

派遣会社としては、自社の派遣社員がみすみす自社の手元を離れていってしまうのを、そのまま何もせず手をこまねいているわけがありません。

時給その他の条件に不満があり、その不満に起因して転職を考えている方は、どうせ失うものもありません。

時給アップ交渉を持ちかけてみてはいかがでしょう。

派遣社員としてのキャリアを積んだ頃

派遣会社としては、当然少しでも良い働きぶりの社員を雇っていたいものです。

派遣社員として、2年以上のキャリアを積んだ社員なら、派遣会社もその働きぶりに感銘を受けて時給アップ交渉に乗ってくれる可能性があります。

派遣社員として2年も経ったころには、仕事をはじめた頃よりずっと責任ある仕事が増えてくるはずです。

その頃なら、派遣会社から派遣社員に対する認識もまったく違うものになっていることでしょう。

時給アップ提示額はどれくらい?

時給アップしてほしいとはいえ、あまりにも現実的じゃない的はずれな金額を提示しても、派遣会社は当然その提案に乗ってくれないはず。

時給アップ交渉で妥当な金額も、先に知っておくべきでしょう。

できれば数百円単位で時給を上げて欲しい人も、交渉に自信がない方は数十円単位で時給アップを狙いましょう。

時給アップしてほしい理由、派遣会社が時給アップしたくなる根拠がしっかり通っていれば、時給アップ交渉は可能です。

時給交渉のコツ

時給アップ交渉を成功させるコツを知っておいて、時給アップ交渉成功確率を少しでも高くしましょう.

これまでの派遣社員としての実績を伝える

ここまで派遣社員として働く中で、どんな仕事をしたか。

仕事の中でどんな実績を上げたか。

仕事の実績を具体的に説明することで、派遣会社も「時給を上げたい」と感じるはずです。

時給が上がった場合のメリットを伝える

交渉だって営業だって、いつも目的は同じ。

相手に、自分の要望に応えるメリットがあることを感じてもらうことです。

つまり、時給を上げてくれたなら、もっと仕事に注力してがんばること。

以前より働きぶりをよくすること、これらを派遣会社に伝えてください。

「この派遣社員は、今までも真面目に仕事してるし、時給を上げればもっといい仕事を真面目にこなしてくれるかもしれない」

と派遣会社に感じてもらえれば、時給アップはこっちのものです。

時給が高い派遣会社に再登録する

派遣会社によって時給に差が出てくることがわかっていれば、時給が高い派遣会社に登録して、今と同じ派遣会社に派遣されるのが理想的です。

派遣会社にとっては気分のいいものではないかもしれませんが、派遣会社を複数同時に登録するのは違法でもなんでもありません。

複数の派遣会社に登録して、少しでも時給がいい仕事で働きましょう。

具体的に、いくつか派遣会社の種類を紹介しておきます。

マイナビスタッフ

マイナビは、派遣事業に力を入れています。

マイナビスタッフなら、働くママ向けの派遣求人、未経験でも働くことができるクリエイター派遣求人など、バリエーションあふれる派遣求人の取扱いを得意としています。

実績が多いマイナビスタッフなら、時給相場の高さにも期待できます。

マイナビスタッフの使い勝手は?【特徴、評判、口コミ】
派遣社員として働くことができる仕事を探している方の中には、どの派遣会社が良いのか悩んでいるという方も多くいるでしょう。 ここでは、数ある派遣会社の中からマイナビスタッフについて、どのような派遣会社なのかやメリット・デメリット、福利厚生...

マイナビキャリレーション

マイナビキャリレーションは、人材大手企業マイナビの派遣会社。

マイナビキャリレーションが扱うのは「無期雇用派遣」という新しい働き方。

無期雇用派遣は登録型派遣とは違い、派遣期間に区切りはありません。

マイナビキャリレーションに正社員として登用された後は、社員のスキルや要望に沿って派遣先企業が決められます。

期間で区切られる働き方にストレスがあるなら、ぜひともマイナビキャリレーションで無期雇用派遣という働き方も検討してみては?

マイナビキャリレーションのサービスはどう?メリット・デメリット・口コミ評判
マイナビキャリレーションは、マイナビワークスが運営する無期雇用派遣。 マイナビといえば言うまでもなく、日本の大手人材企業。 過去の実績、ノウハウを活かして利用者の職探しを斡旋します。 有期雇用という働き方に不安を抱いている...

時給はあなたの働きの価値

時給というのは、あなたが仕事して得られる、そのものずばりあなたの価値です。

派遣会社から低い時給を設定されるということは、つまりあなたは派遣会社から価値が低いと判断されているということです。

自分自身の価値を認めてもらいたいなら、働きにみあった時給で働けるように、派遣会社にかけあうのは大事です。

しかし交渉が見を結ばない場合も多いです。

コメント