派遣社員が遭遇しがちなトラブル集-対処法も紹介

トラブルに悩む女性 派遣社員の基本情報

「派遣ってトラブルが起きやすいイメージがあるけど大丈夫かな…」
「派遣で働いたときに起きるトラブルってどんなものがあるんだろう?」

派遣で働こうと思ったとき、こんなことを考えたことはありませんか?
実際、派遣はポイントさえ押さえておけば他の雇用形態と比べてトラブルが起きにくい働き方です。

しかし一方で、指揮命令を行う会社(=派遣先)と、雇用する会社(=派遣会社)が違うことで少し戸惑いが生まれる場面も出てきます。

この記事では、派遣会社で10年働いている中で、数々のトラブルに遭遇・解決をしてきた筆者が、派遣社員に起きやすいトラブルの具体例と、その対処法をお伝えしていきます。

工場派遣を辞めたい?辞める前にもう一度考えるべきこと
工場派遣はそのきつい仕事内容、底辺とも言われる社会的地位の低さもあり、「辞めたい」と思う人がたくさんいるのも事実です。 確かに工場派遣の仕事は、仕事内容も単純作業が多く、重労働に辛い勤務環境など、辞めたくなる要因には事欠きません。 ...

勤怠不良時の連絡は派遣先?派遣会社?

仕事をしていると欠勤や遅刻、早退などの勤怠不良はどんな人でも発生してしまうものです。

正社員やアルバイトなどの直接雇用であれば、就業先に連絡をすれば済みますが、派遣社員の場合は就業先である「派遣先」と、雇用元である「派遣会社」のどちらにも連絡をしなければいけません。

派遣に慣れていない人は、どちらかに連絡をいれておけば、情報は共有されるだろうと考えがち。

ですが実際は、どちらかに連絡をいれてもそれが共有されるというルールがないことがほとんどなので、それをわかっていないと思わぬトラブルになったりします。

例えば「派遣会社にはメールで連絡を入れていたのに、派遣先から無断欠勤になっていると電話がかかってきた」というような事態が発生します。

せっかく積み上げてきた信頼が、こんなことで失われると思うともったいない限りです。

対処法

勤怠不良時の連絡ミスというトラブルを防ぐためには、事前に派遣会社にどんなルールで運用しているかを確認することに尽きます。

派遣先や派遣会社によって、勤怠についての連絡方法が違うことも多々あります。

A社では問題なかったことがB社に行ったらルール違反になる、ということは珍しくないのです。

そのため、派遣として働いたことがある人もない人も、かならず事前に勤怠不良時の連絡方法を確認するようにしてください。

その時は「誰に(派遣会社・派遣先)」「どんな方法で(メール・電話)」「どちらを優先して(派遣会社・派遣先)」連絡すれば良いかを明確に聞いておきましょう。

できれば、忘れてしまったり認識違いが起こらないように、書面やメールなどの見返すことのできる方法で教えてもらうことをオススメします。

交通費が出ると思っていたのに…

お金のトラブルは最もシビア。

よく派遣社員から耳にするのが「交通費が出ると思っていたのに入社してからでないことを知った」などという、交通費に関するトラブルです。

派遣の場合は、「交通費込み時給=交通費が出ない」求人が多いです。

この場合、交通費は自腹になるので当然手取りは減ることに。

交通費が出ると思って給与額を計算していたのに、想定していた金額をもらえないとなると、生活設計や計画が狂ってしまいますよね。

そのため、派遣社員で起こりがちなトラブルの中でも、困り度合いの高いものになります。

これが起こりやすい原因は、派遣会社が求人広告を出す際によく使う手法である「複合求人」。

「複合求人」とは、派遣先A社、B社、C社の仕事を、同じ求人広告に抱き合わせで掲載するというものです。

この場合、派遣先A社で交通費込みの時給設定をしていたとしても、派遣先B社で交通費支給している場合「交通費支給」という絞り込み検索にかかります。

「交通費支給という絞り込み検索をして出てきた求人だから交通費は支給されるだろう」と思って派遣会社に登録にきて、たくさん紹介された求人の中から最終的に選んだ仕事が交通費の出ないものだった、というのがこのトラブルを生む主なメカニズムです。

対処法

対処法は簡単です。

就業前、案件を紹介された時点で派遣会社から「募集要項」を貰ってください。

紙面でもメールでも構いません。

通常の派遣会社であれば就業前に募集要項をくれるはずですが、たまに忘れてしまっていたり、稀に作っていない派遣会社も存在します。

その場合は、口頭で仕事内容や待遇の説明があると思いますが、これがトラブルの元。

あとあと「言った言わない」の不毛なやり取りをすることになります。

これはお互いにとって無駄なことですので、かならず募集要項をもらって交通費の有無を確認するようにしてください。

また募集要項は、交通費だけでなく給与やシフトなど様々なトラブルを防止するためにも役立ちますので、かならずもらって保管しておくようにしましょう。

派遣会社ごとに時給が違う

就業開始後に起こりがちなトラブルが「同じ仕事に同じ時期に入ってきた派遣社員同士なのに、聞いてみたら時給が違う」というもの。

ある程度の期間を働いていれば、能力や実績に応じて時給の差が出るのは致し方ないことですが、入社後間もないのに時給が違うというのは、派遣会社で違う設定をしていることがあるからです。

派遣会社として、同じ派遣先の同じ仕事であっても、同じ時給にしなければいけないということはありません。

時給は派遣会社の戦略の一つなので、一緒の方が珍しいくらいです。

聞いた時給が、自分の方が高かったらまだ良いですが、低かったときはかなり嫌な気持ちになるでしょう。

時給が高い派遣会社に移りたいと思うかもしれませんが、現実的にそれを許容してくれる派遣先・派遣会社はかなり稀ですので、もやもやした気持ちで勤務を続けるか、それが嫌なら退職をするしかなくなってしまいます。

対処法

派遣会社ごとに時給が違うというトラブルを防ぐ方法は、1つしかありません。

それは「時給を聞かない・言わない」こと。

そもそも、その仕事にエントリした時点で、時給についても納得したうえで応募しているはずです。

それなのに、他の人と比べるから、もやもやした気持ちで働く羽目になってしまうのです。

社内でなくても、友人や知人に年収を聞くのは失礼にあたりますよね。

それと同じスタンスで、時給は聞かないし、言わないということが気持ちよく働くうえでとても大切なことになります。

それでも「絶対に一番時給が高くなければ嫌だ」という人は、事前にたくさんの派遣会社に登録して、徹底的に時給を調査したうえで就業することをオススメします。

派遣会社の担当と合わない

派遣会社の担当と合わないということも、結構起こります。

性格が合わないだけならまだしも、依頼したことをやってくれない、連絡が全くないなど、合わないというだけでは済まないケースもあります。

派遣会社の担当と合わないと、様々弊害が起こる可能性があります。

派遣は、基本的には仕事に関することはすべて派遣会社を通さなければいけません。

その内容は、契約更新や、派遣先とのやり取り、有休の使用、各種の書類発行、シフトの相談や職場の悩みなど多岐にわたります。

これらのコミュニケーションが円滑にできないとなると、どこかでトラブルが発生するのは避けられないでしょう。

また派遣会社の担当は変更になることもあるので、最初に担当していた人は良かったのに、新しい担当とは合わなかったということも。

派遣会社の担当が合わないというのは、派遣で働くうえでは非常に悩ましい問題なのです。

対処法

対処法は、主に2つあります。

1つは「待つ」こと。

前述のとおり、派遣会社の担当は変更になることも多々あります。

派遣会社によって頻度に差はありますが、半年毎くらいに担当が変わるという派遣会社もあります。

担当と合わなくても、半年間我慢すればまた担当が変わると思って、それを待つのも1つの手段だと思います。

2つ目は「上司に直談判」する方法です。

これを発動するのは、その担当の対応があまりにずさんな場合。

依頼したことをやってくれない、連絡もつきづらいなど、明らかにその担当に非があって、今後の就業に支障をきたすレベルの場合は、最終的に自分が被害を被ることにもなり得るので、遠慮なく派遣会社の上司に相談するべきです。

上司としても、その状況を放っておけば派遣会社としての評判が悪くなるので、通常であれば真摯に対応してくれるはずです。

もし上司からも同じようなずさんな対応をされるようなら、すぐに見限って派遣会社を変えるようにしましょう。

また、担当のずさんさを証明するためにも、やり取りはメールなどのエビデンスに残る方法で行うように注意したほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
派遣で働くうえで遭遇しやすいトラブルが、具体的にイメージできたと思います。

派遣か直接雇用にかかわらず、仕事をしていると様々なトラブルに見舞われることもあるでしょう。

基本的に派遣会社はそのようなトラブルを回避して、派遣社員にスムーズに仕事をしてもらうための役割も担っています。

実際、通常の正社員やアルバイトよりも働きやすいという理由で、派遣という選択をしている人も多いと思いはずです。

トラブルは派遣会社も全く望んではいませんので、何か気になることがあれば派遣会社に気兼ねなく相談して、未然に防げるようにしていきたいですね。

コメント