派遣会社の登録会にふさわしい服装って?女性が私服で参加するときの注意点とは

派遣社員の基本情報

「派遣会社の登録会に参加するときって、何を着ていけばいいんだろう?」

いざ登録会に参加するときに、ちょっと迷いますよね。

「派遣会社の登録=就活みたいなものだから、バシッとスーツを着ていかなきゃ!」

と意気込んでいるかもしれませんが、実際の登録会はそこまで堅苦しいものではありません。

私もこれまで何社か登録しましたが、登録会にリクルートスーツを着てきた人は、見たことがありません!

また、

「登録会は私服OKです!」

と事前にアナウンスされるケースもありますが、私服でいいからといって、ジーンズにTシャツでも大丈夫かというと、それもラフすぎる感じがしますよね。

(そこまでラフな人は見たことがありませんが、それに近い服で参加していた人はチラホラ見かけました。その後、仕事が見つかったのかは、永遠の謎です…)

登録会は、よく聞く「ビジネスカジュアル」のスタイルでOKです!

とはいえ、「具体的にどんな服を着ていけばいいかわからない!」というあなたに、登録会に参加するときの服装と、控えた方が良い服装のポイントをご紹介します。

今回は女性に絞って、見出しなみをチェックしていきますね!

「そもそも登録会ってなに?」という方は、こちらの記事をチェックしてみてください!
→リンク「派遣の登録会とは?登録会なしでも仕事を紹介してもらえる派遣会社はあるの?」

登録会はビジネスカジュアルで参加OK

派遣会社への登録は、派遣社員になるための第一歩とも言える大事なプロセスです。

最初でつまずかないよう、身だしなみは整えておきましょう!

スーツではなくビジネスカジュアルでOK

【社会人としての身だしなみ=スーツ】
というイメージが強いと思いますが、結論からいうと、登録会はスーツを着ていかなくても問題ありません。

むしろ、スーツ(ましてやリクルートスーツ)を着ている人は、私が参加した登録会では一度も見たことがありません。

カジュアルといってもビジネスシーンなので、あくまでもビジネスの場にふさわしいスタイルを心がけてください。

具体的には、

  • ネイビー、グレー、ベージュ、黒など落ち着いた色味
  • 派手な色やデザイン、柄ものは避ける
  • 明るい印象をつける淡い色のもの

のように、目立ちすぎず、暗すぎないバランスを意識しましょう。

ジャケット1枚で引き締まった印象を

スーツを着ていく必要はありませんが、ジャケットを上から羽織るだけでグッと引き締まった印象になります。

春・秋・冬に登録会に参加する場合は、カジュアルスタイルの上にジャケットを合わせるだけで、ビジネスシーンにふさわしいファッションに早変わり。

「この服で問題ないかな?」
と不安な場合は、その日のスタイルにあったジャケットがあれば、それだけで様になります!

今ではすっかりクールビズの習慣が浸透しているので、夏場はわざわざジャケットを羽織る必要はありません。

もし、ジャケットだと暑苦しいというときは、カーディガンでも代用可能です!

女性のビジネスカジュアルとは

もう少し具体的にビジネスカジュアルを見ていきます。

女性の場合、

  • 白または淡い色がついたトップス、襟付きのブラウス、カットソー
  • パンツもしくは膝丈のスカート
  • あまり高さがないパンプス

これがビジネスカジュアルの基本スタイルです。

ここに、先ほどお伝えした通り、季節に合わせてカーディガンやジャケットを羽織ると、全体的に引き締まった印象に見せられます。

トップス

トップスは、白か少し色がついたカラーのものを選びましょう。

派手すぎる色はNGですが、反対に黒やベージュなどの色も、暗い印象になるのであまりおすすめしません。

活き活きした印象を残すために、顔まわりは明るい色を選ぶ方が良いでしょう。

かといって、柄ものや派手な色のものはビジネスの場では控えてくださいね。

ボトム

ボトムは、パンツでもスカートでもどちらでも大丈夫です。

パンツの場合は、あまりダボダボしたものだとだらしない印象になるので、

  • チノパン
  • スラックス

など、身体のラインがきれいに出るものをおすすめします。

パンツを履くときは、黒または茶色のシンプルなベルトも一緒につけるとピシッとした印象になります。

スカートの場合は、丈に十分注意してください。

あまり短すぎるものは露出が多くなり、ビジネスシーンにはふさわしくありません。

また、タイトすぎるものも控えましょう。

  • 膝丈のもの
  • タイトスカートの場合は、身体のラインが出過ぎないように

この2点を意識して、スカートを選びましょう。

足元

足元は、ベージュのストッキングとパンプスが定番スタイルです。

パンプスはヒールがあまり高くないもので、なるべくピンヒールは避けましょう。

ピンヒールは歩くたびに足音が響くので、他の従業員に配慮するならビジネスのシーンでは避けた方が無難です。

派遣の登録会とは?登録会なしでも仕事を紹介してもらえる派遣会社はあるの?
派遣社員として働くまでの大まかな流れは、次の4つのステップあります。 仕事を探す 派遣会社へ登録する 派遣会社から仕事を紹介してもらう 派遣先企業で面談 →晴れて就業スタート! さらに②の派遣会社への...

ファッションを楽しむのはいいですが、TPOを忘れないのが大人の嗜みですよね!

反対にヒールがないものやサンダル、つま先が空いたオープントゥのパンプスは、カジュアルすぎるのでNGです。

クールビズとはいえ、サンダルで登録会に行くのはやめましょうね。

私服OKと言われたときの私服ってどこまでOK?

最近では、多くの派遣会社が「登録会は私服で来ていただいていいですよ」と言ってくれます。

ところが、私服といわれても、どんな私服なら問題ないのか、OKなラインが微妙でわかりづらいですよね。

私服で登録会に参加する場合、私服選びで気をつけるべきポイントを押さえておきましょう。

派手な服装NG

ビジネスカジュアルでもお伝えした通り、

  • 派手な服
  • 極端に柄が入ったデザイン
  • 派手な色

は私服でも控えるようにしましょう。

派手な服装は、品がなく見えたり、清潔感がないように見られるリスクがあります。

悪い意味で目立って、その後の仕事探しにブレーキがかかるのは困りますよね。

派遣会社のスタッフの人から、「この人(あなた)に仕事を紹介してあげたい!」と思ってもらえるよう、私服で登録会に参加するとしてもビジネスシーンにふさわしいファッションを選びましょう。

だらしない服装NG

だらしなく見える服装も避けましょう。

普段着に近い服装やラフ過ぎる服装は「仕事探し」にはふさわしくありません。

具体的には、

  • ジーンズ
  • Tシャツ
  • パーカー
  • フリース
  • スウェット、ジャージ

など、いかにも着心地が良さそうでリラックスモードな服装は、間違っても着ていかないように。

「この人、本当に仕事見つけたいのかな?」と思われたら、第一印象で損してしまいます。

露出の多い服装NG

女性でたまに見かけるのが、露出が多い服装で登録会に参加している人です。

オフショルダーやノースリーブ、ミニスカートで登録会会場に来ている人をときどき見かけます。

何度もお伝えしてきましたが、登録会は仕事探しの第一歩。

おしゃれを競う場ではありません。

  • オフショルダー
  • ノースリーブ、キャミソール
  • 胸元があいたトップス
  • ミニスカート
  • ショートパンツ

これらのアイテムは、登録会に参加するときは着ないようにしてください。

私服を着るときはシンプルで落ち着いた色味がベター

私服で登録会に参加するときも、シンプルで清潔感があるファッションを心がけてください。

ビジネスカジュアルと同じで、顔まわりが明るく見えるようトップスは白や淡い色がついたもの、パステルカラーのものがおすすめです。

ボトムはスカートでもパンツでもどちらでも問題ありませんが、スカートの場合はタイト過ぎないものを、パンツの場合はダボダボでだらしなく見えないように気をつけましょう。

私服の場合、足元はスニーカーやサンダルは避けて、パンプスや革靴を選ぶことをおすすめします。

靴一つで全体の印象がグッと引き締まって見えます。

就活生がよく履いているような黒のパンプスでなくてもいいので、普段のお洒落着で履くようなシンプルなパンプスがおすすめです。

アパレルや販売職希望の方はファッションに注意

「私はアパレル業界で働きたいから!」
「店舗の販売員を希望しているの!」
という方へ。

アパレルを希望する人の中にときどき勘違いしている人がいますが、登録会はどんな業種を希望しようと、みんな同じ基準で派遣会社のスタッフから見られています。

「自分はファッション業界希望だから」
と個性的な服装で登録会に参加しないよう注意してください。

業界を希望するのは、登録会の後です。

登録会の目的は、あくまでも派遣会社に自分の情報を登録することが目的なので、どんな業界を希望していようと、ビジネスカジュアルで参加するようにしましょう。

登録会の第一印象は大切に

登録会は、派遣会社のスタッフと初めて顔をあわせる場面です。

今後、仕事を探してくれたり仕事を紹介してくれる派遣会社のスタッフに、
「この人、ちゃんと仕事できるかな?」
「仕事を紹介するの心配だな」
と思われたら、それだけであなたの派遣生活は、幸先が悪くなります。

「この人になら、安心して仕事を紹介できる!」
と思ってもらえるよう、清潔感があって、社会人としての身だしなみを整えて登録会に参加しましょう。

身だしなみは「できていて当然」で、社会人としてふさわしくない身なりをしていると、それだけでイメージダウンにつながります。

あなたの派遣社員としての社会人生活は、登録会から始まっているということをお忘れなく!

【おまけ】メイク・髪型編

服装と合わせて、登録会に参加するときのメイクや髪型もチェックしておきましょう。

メイクは派手すぎないように

女性の場合、ビジネスシーンでノーメイクはマナー違反とされています。

ビジネスの場においては、メイクも身だしなみの一つなので、必ず顔のお手入れをお忘れなく。

かといって、派手なメイクはNGです。

最近、かなりメジャーになっている

  • つけまつ毛
  • カラーコンタクト
  • 派手なメイク

ビジネスシーンにおいて派手な印象を与えるので、登録会のときはなるべくつけないようにしましょう。

黒目を大きく見せるサークルレンズのコンタクトも、派手な印象に感じる人もいるので、できるなら避けた方が無難です。

髪型はシンプルに

髪型も第一印象に大きく影響します。

明るすぎるカラーや派手な色のカラーは避けた方がいいでしょう。

「本格的に仕事を見つけたい」という場合は、少しトーンを抑えた色に染めることをおすすめします。

また、髪が長い場合は、下ろしたままにせず、後ろで結んでまとめておきましょう。
束ねた方が清潔感が出て、印象も良くなります。

アップでまとめたり、お団子にしたり、逆毛を立てて派手なヘアスタイルにすると、カジュアルすぎる印象を与えかねないので、髪型もシンプルを心がけてください。

登録会は第一印象を決める大切な場面です

登録会は採用面接ではないので、そこで仕事が決まることはありませんが、派遣会社のスタッフと初めて顔をあわせる大事な場面です。

あなたの第一印象は登録会で決まるといっても過言ではありません。

今後のあなたの仕事探しがスムーズに進むよう、社会人としての身だしなみは心得て服装を決めましょう。

登録会自体は堅苦しい雰囲気ではないので、必要以上に構える必要はありません。

どんな仕事を希望しているのか、ありのままの思いを派遣会社のスタッフに相談してみるといいですよ!

コメント