なぜ派遣の仕事が決まらない?20代〜50代の考えられる原因と解決法を大公開!

考え込む女性 派遣社員のお悩み

「ちょっとブランク空いたけど、もう一度働きたい!」
と意を決して、派遣会社に登録。

ところが、なかなか派遣の仕事が決まらない…とお困りのあなたへ。

今回は、派遣の仕事が決まらない原因と対処法をご紹介します。

せっかく働く意欲があるのに、仕事が見つからないなんて、悔しいですよね!

そのお悩みを、一緒に解決していきましょう!

派遣の仕事が決まらない原因

派遣の仕事って、
「派遣会社に登録すれば、会社から仕事を紹介してもらえて、すぐに仕事が見つかる」
と思っている人が多いですが、実はそう簡単な話ではありません。

派遣会社に登録したのになかなか仕事が決まらない場合、大きく分けて次の2つの原因があると考えられます。

  1. 自分自身(派遣社員側)に原因がある
  2. 派遣会社側に原因がある

① は自分自身に原因があるので、当然、自分自身で解決できる方法があるはずですよね。

実は②も、原因が派遣会社側にあるにも関わらず、あなたのやり方によって、解決できるケースがあるのです。

つまり、派遣の仕事が見つからないというお悩みは、あなたの行動一つで改善できる見込みがあるということ!

では、具体的に、派遣の仕事が見つからない根本の理由が何なのか、順番に解説します。

自分に原因がある場合

まずは、派遣社員側、つまり、あなた自身に原因がある場合から見ていきます。

「仕事が見つからない!」と嘆いているあなた、次の5つの項目に当てはまるものはありませんか?

  • エントリーしている仕事内容に対して、あなたのキャリアが足りていない
  • 希望条件を絞りすぎている
  • 残業なし、交通費支給、時短勤務可、など好条件の案件ばかり探している
  • エントリー数が少ない
  • 年齢制限を見ていない

「これ、私のことだ!」と思った方は、自ら遠回りしている可能性がありますよ!

スキル・キャリアが足りない

派遣社員というのは、正社員ではないのに派遣された企業で働くことを求められるため、即戦力や仕事内容に必要なスキルを持った人材を求められることが多いです。

例えば、経理部の募集案件で、

Aさん「エクセルって名前は知っているけど、使ったことはありません」
Bさん「前職で、VLOOKUPやCOUNTIFを使って、データ処理をしていました」

という2名が応募してきた場合、あなたが派遣会社の担当者だったら、どちらの人を派遣先企業に紹介しますか?

おそらく、誰に聞いてもBさんを紹介しますよね?

派遣社員は、最初の契約で決められた業務だけを行うのが基本ですが、その代わり、担当業務がきちっと遂行できるよう、求められるスキルも明確なのです。

正社員の場合、最初のうちは「初期投資」として教育や研修を行ってもらえますが、契約期間が決められていて、即戦力を求められている派遣社員に対しては、企業側は「いろいろ教えながら派遣社員を育てる」という認識はないと思っておきましょう。

あなたのスキルやキャリアが応募条件に満たなかったら、なかなか選考に進めないのは、一目瞭然です。

専門性が高い仕事は高時給が狙える

仕事が決まらない理由に、スキルが足りないことを挙げましたが、これは逆のことも言えるので、ちょっとその話を。

スキルがなくて仕事が決まりにくいということは、裏を返せば「スキルがあれば仕事が見つかりやすい」プラス「そのスキルが専門性の高いものなら、高時給が狙える」ということです。

派遣社員の求人が多い事務職一つとっても、マクロが組めたり関数を使いこなせるスタッフは、どこの企業も欲しい人材です。

欲しい人材を確保するためなら、企業側は多少高くても手数料を払うので、結果的に派遣社員の時給が上がりやすいのです。

仕事が見つからない時は、「自分が持っているスキルを最大限に活かして仕事を探せているか」というのも、一度確認してみましょう。

やりたい仕事も大事ですが、できる仕事を見過ごしている人、実は結構多いのです。

条件を絞りすぎている

仕事がなかなか見つからないという人に、どんな条件で仕事を探しているのかを尋ねると、

  • 高時給
  • 週4日勤務
  • 時短勤務可
  • 残業なし
  • 朝遅めスタート
  • 交通費支給

など、これでもか!というほど条件を絞り込んでいる人が多いのです。

これだと、なかなか見つからないのも無理はありません。

そもそも、派遣社員に対しては、基本的に交通費は支給されないため、交通費支給を条件に入れた時点で、検索にヒットする案件数は一気に少なくなります。

派遣の時給は、交通費も考慮された上で金額を設定されていることが多いので、交通費は絶対欲しい!というのは、かなり仕事を見つけるハードルを上げているということをお忘れなく。

時短勤務可や週4日勤務、残業なしなどの条件は、子育て中の主婦や家庭持ちの方にとっては、嬉しい条件ですよね。

でも、あなたにとって嬉しい条件ということは、他の人にとっても同じことが言えて、結果、たくさんの人がその仕事を希望する=選ばれる倍率が高くなるのです。

「こんな仕事見つかったらラッキーだな」という案件ほど、競争率が上がるので、条件の絞りすぎには注意しましょう。

エントリー数が少ない

派遣の仕事探しは、同時に複数の仕事にエントリーすることができます。

それなのに、2〜3件くらいしか応募していないで、結果を待っているという人が、実は多いのです。

しかもそういう人に限って、先ほどお伝えしたような、条件が良い仕事ばっかりを探すから、そりゃあ、決まるもんも決まりませんよね…

派遣の仕事が見つかるまでは、少しでも気になる仕事が見つかったら、ためらわずどんどんエントリーしていきましょう。

派遣会社の社内選考を通ったあとは、1社ずつし選考を進められないという場合もありますが、エントリーだけなら何十件でもボタンを押してOKです!

また、派遣会社自体も、1社しか利用してはいけないというルールはないので、できるだけ複数の派遣会社を使って仕事を探すと、見つかりやすくなります。

年齢制限を確認していない

これは少し耳が痛い話ですが、仕事内容によって、募集できる年齢が決まっている場合があります。

「若い人しかとらない!」という意味ではなくて、派遣先企業の中には、一度派遣されたら長く勤めて欲しいと思っている企業も少なくありません。

そのため、就業が決まった後で、継続が難しくなりそうな人、特に

  • 未成年
  • 40代以上

は仕事が見つかりにくい傾向があります。

40代の方は、育児や家庭の事情で突然勤務が難しくなることがありますからね。

年齢制限でそもそもアウトなのに、それに気がつかず応募したとしても、選考が進む見込みはかなり低いです。(そりゃあそうだ。)

エントリーしたからといって、仕事探しをしたつもりになって、ただひたすら待っているっていう時間がもったいないので、年齢制限があるかないか、ある場合自分はクリアしているのか、今一度確認をお忘れなく。

派遣会社に原因がある場合

続いて、派遣会社に原因がある場合を見ていきます。

  • 派遣会社が持っている案件が少ない
  • 派遣会社が取り扱っている業種に偏りがある
  • 派遣会社の対応が適当
  • 派遣会社の営業力が弱い

これらの要因は、すべて派遣会社側の問題ということがわかりますね。

頼れる派遣会社を見極める

働き方が多様になった今、派遣社員の数もどんどん増えています。

その結果、派遣会社も大きいところから小さいところまでさまざまです。

大手人材派遣会社は、

  • 扱う企業案件数が多い
  • いろいろな業種の仕事がある
  • 対応がスムーズ
  • 営業力が強い
  • 会社同士の信頼関係が築けている

という実績がありますが、規模が大きくない派遣会社は、大手に及ばない点が多々あります。

あなたが仕事を見つけるためには、仲介する派遣会社がしっかり機能していないと、話がスムーズに進みません。

派遣会社選びの時から、派遣の仕事探しは始まっているといっても過言ではないくらい、派遣会社を見極めるのは大切です。

評判の良い派遣会社はここ!登録するならやっぱり実績ある会社に
登録するならやっぱり評判の良い派遣会社! なんていう方も多いのではないでしょうか。 派遣会社の評判は、実際に登録して仕事を受けてみないとわからないことが多いです。 とはいえ、派遣会社の内情についてしっかりわかってない状態な...

派遣会社を見極めるポイント

  • レスポンスが早い
  • 質問や問い合わせにきちんと答えてくれる
  • 選考の状況を共有してくれる
  • 新しい求人案件を提案しれくれる

このような対応をしてくれる派遣会社なら、安心できます。

問い合わせするたびに担当者が変わったり、「折り返します」と言われてからなかなか連絡が来なかったり、仕事を提案してくれない派遣会社は、なかなか仕事が見つかりにくいので、その場合は潔く派遣会社を変えるのも方法です。

派遣の仕事が見つからない時の対処法

  • あなた自身に原因がある場合
  • 派遣会社に原因がある場合

この2つについて見てきました。

原因がわかったところで、対処法をおさえておきましょう!

<仕事が見つからない時の対処法>

  1.  自分のスキルに見合った仕事を探す
  2.  いきなり好条件の案件を狙いすぎない
  3. とにかく最初はたくさんエントリーする
  4.  年齢制限がないか確認する
  5.  頼りないと思ったら、派遣会社を変える

大事なポイントをもう少し具体的に見ていきます!

自分のスキルに合った仕事を探す

スキルやキャリアは、応募資格だと思ってください。

運転免許を持っていないと車の運転ができないのと同じように、求められているスキルを持っていなかったら、その仕事には(よっぽどのことがない限り)就くことができません。

時給や条件が良いからといって、最初から高望みをするのではなく、自分のスキルでできる仕事を探しましょう。

「特定のスキルがない!」という方は、最初はだれでも応募できる難易度の低い仕事から探して、派遣の仕事をしながらスキルアップを目指しましょう。

派遣会社によっては、スキルアップの研修を実施してくれるところがありますし、実務を通して吸収できることはたくさんあります。

最初は簡単な仕事から始めて、更新のタイミングで少しずつ条件を上げた仕事に切り替えていく、というのが賢いやり方ですよ!

条件は欲張りすぎない

どうしても私たちは欲が出てしまって、
「せっかくなら100円でも高い時給で働きたい!」
と思ってしまいます。

が、これが大きな落とし穴。

時給制度が多い派遣の仕事で100円の差は侮れません。

「いい仕事が見つからない」と感じている人は、思い切って今より100円時給を下げて検索し直してみてください。

おそらく50件近く、派遣会社の規模が大きいところなら100件近く検索ヒット数が増えるはずです。

また、他にも

  • 残業なし
  • 時短勤務可

など、人気が出そうな条件は、どうしても譲れないものを除いて、一度チェックを外してみましょう。

最初のうちは、希望条件に優先順位をつけて、1つか多くても2つくらいの条件から探すようにするのが、仕事を見つけやすくするコツです。

1にも2にも、仕事が決まらない限りは、いつまでたっても収入もキャリアも確保できないのは、お分かりですよね。

「とはいっても、高い時給で働きたい!」という方には、条件を良くするためのテクニックを次でご紹介します。

条件を良くしたいなら「急がば回れ」

最初から、条件を絞りすぎて、なかなか仕事が見つからない時間は、とてももったいないと思いませんか?

それなら、最初は条件をゆるくして、確実に仕事を「決めに」かかった方が、のちのちあなたにとってプラスになるのです。

最初は、自分が希望する時給より安い値段で働くのが気に入らないかもしれません。

でも、仕事に就けることによって、そこでの実績があなたのキャリアとなって蓄積されていきます。

実績を積み重ねておいて、次に仕事を探すときに、以前よりも好条件で仕事を探せばいいのです。

キャリアがある分、条件を上げたとしても前よりは、仕事が見つかりやすくなるはずです。

最初から好条件を狙いたい気持ちもわかりますが、そういう時こそ急がば回れができる人が、最終的には希望する働き方を手に入れられるのです。

最初は条件をゆるく、絶対に譲れない条件は1つか2つまでにしてみましょう。

とにかくたくさんエントリーする

1件や2件エントリーしただけで、仕事が決まるのは、高いスキルや専門的な知識を持っているごく一部の人だけです。

ほとんどの人は、競争率が高い選考を勝ち抜いていかないといけません。

数打ちゃ当たる、ではないですが、最初のうちはとにかく気になった仕事があれば、どんどんエントリーをしていきましょう。

エントリーしたからといって、全ての選考が進むとは限りません。

また、1つの派遣会社内だけでなく、派遣会社自体も2〜4社くらいは登録しておいて損はありません。

いろんな派遣会社からいろんな仕事にエントリーすることで、仕事が見つかる確率を上げていきましょう。

派遣会社を変える

派遣会社によっては、

  • IT系に強い
  • 事務職に強い
  • 接客業に強い

など、それぞれ強みとしている業種や職種がことなります。

あなたが事務系の仕事を希望しているのに、接客業の案件を多く取り扱っている派遣会社に登録していても、なかなか仕事が決まらないのは、当然といえば当然ですよね。

派遣会社との相性もとても大切なのです。

自分にマッチした仕事を見つけるためには、自分にマッチした派遣会社を利用することが大前提ですね。

「この派遣会社、なかなか仕事が見つからないなぁ」と感じたら、他の派遣会社に登録しなおして、仕事を探していきましょう。

その方が、あっさり仕事が見つかる場合もあります!

年代別で見る仕事が決まらない時の対処法

ここからは、年代で区切りながら、さらに使えるワンポイントアドバイスをご紹介します!

先ほどご紹介した対処法にプラスして、ちょっと工夫することで、あなたの仕事の決まりやすさをグンっと高めましょう!

20代は「若さ」で決まるわけではない!

登録会に行くと、派遣会社の担当者に
「20代だし、お若いからきっとすぐ仕事が見つかりますよ」
なんて言われると、つい安心しちゃいますよね。

でも、若いからといって仕事が見つかるわけではありません。

20代の人に対して、「同世代の子たちはうちで社員として働いているのに、なんでこの人は派遣をやっているんだろう」と思う派遣先企業の社員がいるのも事実です。

また、20代の人の失敗でありがちなのが、派遣先企業との面談で、素直すぎることです。

前職の退職理由が、「自分の失敗」や「社内の人間関係のトラブル」など、事実を全部話しすぎると、「うちに来ても同じようなことにならないかな」と、派遣先企業の人は不安になります。

嘘をつく必要はないですが、本音と建前というか、自分のネガティブな過去だけでなく、アピールできる強みやポジティブな面を見せられるように工夫をしてみましょう。

30代・主婦の方は前向きな姿勢でアピール

30代になると、主婦や子育て中の方も多くなります。

「子どもが体調不良なので早退したい」「学校の行事があるので休みたい」ということが頻繁に繰り返されると、仕方がないとはいえ、会社側は業務が滞るのは困りますよね。

なので、主婦の方は仕事が決まりにくいという場合もゼロではありません。

それを払拭するには、仕事に対する意欲や、できる限り出勤できるように工夫するアピールをすることが大切です。

「母が近くにいるので、お昼の子守は頼めます」
「子どもが小学校に行き始めて、時間的余裕ができたので働きたいです」
など、仕事と家庭を両立していきたいという気持ちを見せることで、「この人になら任せられる!」という安心感を与えられるとGOODですね。

既婚女性が利用しやすい派遣会社はここ!オススメ5社を徹底紹介!
女性は結婚をすると、ライフスタイルが変化することが多いです。 自分だけの生活ではなくなり、夫や子供の予定に合わせる場面も出てくるからです。 私の周囲にも、結婚によりライフスタイルが変化し、現職を辞めざるを得なくなった既婚女性が多...
主婦の働き方は派遣社員がベストである説を検証
子供がいても働き口を探さなくてはならない主婦は多いです。 少し子供が大きくなったので、空いた時間を利用して無理せず働きたい。 夫の稼ぎだけで暮らしていくのは少し不安なので、自分なりの働き方を考えたい。 そんな主婦の働き方として...

40代・50代は実績で勝負

40代・50代になると、「この人は正社員で働けない人だ」という目で見てくる人も少なくありません。

いろいろな事情があって派遣の仕事を探しているとは思いますが、40代・50代の方にとって、強力な切り札となるのが、これまでの実績や経歴です。

20代・30代に比べると、実務経験や実力には明らかな差があります。

即戦力が求められる派遣社員だからこそ、実務経験は大きな強みになるのです。

企業にとっては、40代・50代の派遣社員を採用するとなると、指導する正社員の方が年下になって気を遣ってしまうということを、危惧している場合があります。

それでも、「その心配以上にこの人の実力がほしい!」と思わせられたら、もうこちらのものです。

これまでに培ってきた実力をアピールし、その上、謙虚な姿勢が見せられたら、未経験の20代・30代と競合した時でも、十分に勝算はあります!

派遣社員って何歳まで働けるの?40代50代以上は働けない?
世に出ている派遣社員の多くが、 「何歳まで働いていいものか」 「30代、40代と年齢を重ねると派遣社員として働きにくくなるのか」 と不安になってしまうものです。 実際に発言小町でも、こんな質問をみつけました。 現在41...

今日からできる工夫で派遣の仕事をGETしよう

いかがでしたか。

今回は、派遣の仕事が見つからない時の原因と対処法について深掘りしました。

派遣の仕事は、決まらないのではなく、あなた自身が決まりにくくしているかもしれません。

1日でも早く、お仕事が見つかるように、今回ご紹介した原因と対処法をしっかりと押さえておきましょう!

コメント