登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

派遣の営業事務は辛い!?やりがいは?乗り越える方法とは?

派遣の営業派遣社員の基本情報

派遣会社に事務希望で登録すると「営業事務」のお仕事を紹介されることがあります。

事務未経験の人にとっては「営業事務」の仕事内容は、ピンと来ないかもしれません。

また「営業事務」以外の事務の仕事をしたことがある人にとっては「営業事務」と他の事務との違いが分からないかもしれません。

営業事務は、他の事務とは異なる特徴を持っています。

やりがいもありますが、辛いことも勿論あります。

今回の記事では、派遣の「営業事務の仕事内容」から「やりがい」や「辛さ」と、それを「乗り越える方法」について、ご紹介したいと思います!

営業事務ってどんな仕事?他の事務との違いは?

事務と一口に言っても様々で、主に下記のような種類があります。

経理事務 / 総務事務 / 人事事務・労務事務 / 営業事務 / 貿易事務 /医療事務 / 法務事務

この中でも営業事務は「営業」の文字がつくだけあり、会社の営業と密接なかかわりがあり、売り上げに直に貢献できるポジションでもあります。

営業事務の仕事内容を一言で表すとこうです。

「営業の右腕的なポジションである」

優秀な営業事務は、営業が不在時でも、営業に変わって様々なお客様対応をすることもあります。

営業事務の仕事内容としては、下記等があります。

営業事務の主な仕事内容

受発注

お客様からの注文に対して、仕入れ先に注文を行います。

また自社商品の場合には、在庫の引き当てを行います。

納期の調整

お客様からの注文に対して、納品日の回答や、実際に注文した商品が期日に間に合うように手配します。

電話・メール対応

お客様からの問い合わせに対して、電話やメールで回答をします。

請求書の作成

納品した商品やサービスに対して、請求書の発行及び発送を行います。

在庫管理

自社商品の引き当てや、仕入れてストックしている在庫数を把握し管理を行います。

派遣の「営業事務」としてのやりがいとは?

派遣で「営業事務」として働く際に、やりがいとして挙げられる点は下記などです。

営業やお客様に感謝される

営業事務が他の事務と異なることは、営業と非常に近い距離で仕事ができることです。

その為、営業の手伝いやお客様対応を頑張ると、営業やお客様に直接感謝される場面があります。

そのような時に「頑張って良かった」とやりがいを感じることができます。

会社の売り上げに貢献できたことを実感できる

営業事務が事務作業を頑張り、営業がお客様対応に時間がとれるように配慮すると、その分売り上げが取れる確率が上がります。

実際に売り上げが取れると、自分の頑張りにより営業の数字が増えたことになります。

このように、営業事務は「目に見えて会社の売り上げに貢献できた実感」を味わうことができます。

お客様から信頼を得ることができ、新たな注文をもらった

営業事務はお客様と直接関わることがとても多いです。

そのうち信頼関係ができると、直接注文をもらえることもあります。

このような時にやりがいを感じることができます。

頑張りによっては、派遣先から直接雇用のオファーをもらえる

これは「派遣」の営業事務ならではのことです。

日頃の営業事務としての頑張りについて、派遣先から高い評価をうけると、派遣先で雇用したいと声がかかることがあります。

そのまま派遣社員として続けるにしても、派遣先で直接雇用されるとしても、声がかかること自体がやりがいにつながります。

派遣の「営業事務」の仕事の辛さと、乗り越える方法とは?

派遣の「営業事務」として働くうえで、辛いことももちろんあります。

その内容として、下記などが挙げられます。

営業やお客様と近い分、ミスをすると直接お客様に謝罪する必要がある

営業やお客様との距離が近いことが、営業事務の特徴です。

その近さが故に、ミスをすると直接お客様に謝罪する必要も出てきます。

時にはクレームに発展することもあるので、その対応が難しかったりします。

→乗り越える方法は?
完全に開き直るのは良くありませんが「誰にでもミスはある」と思いましょう。

ミスを減らすことも大切です。

しかし一番大切なことは「そこからどう対応するか?」ということだったりします。

最初はミス対応に慣れずに苦労するかもしれませんが、経験を重ねるとどう対応して良いかが分かるようになります。

まずは「お客様が何に対して不満を持っているのか?」や「このミスの根本的な原因は何か?」を考えるようにしましょう。

次に、冷静に対処方法を考えてみましょう。

それでも解決できない問題は、営業や周囲にも相談しましょう。

合わない営業とのコミュニケーションが辛い

自分と相性の合う営業であれば良いのですが、時には合わない営業と仕事を行うこともあります。

そうすると、うまくコミュニケーションが取れず、辛い思いをすることがあります。

→乗り越える方法は?
誰しも「合わないな」と思う人はいます。

そういう人とは、うまくコミュニケーションが取れなくても「仕方ない」と思うと、心が楽になってきます。

更にこのように考えてみるのも良いでしょう。

  • あくまで仕事の関係なので、割り切る
  • ある程度の距離をいつも保つ
  • こういう人もいるから、人生は面白いのだと思う

また、無理にコミュニケーションを取る必要はありませんが、相手のことを嫌いだと思うと、そういう思いは伝わってしまうものです。

その為「好きでも嫌いでもない」と思いながら接すると、良い着地点が見つかることもあります。

常に時間や納期に追われる

営業事務は、常に「●月●日までに、商品を届ける」とか「今日の〇〇時に、お客様に納期回答をする」などと、時間や納期に追われています。

数ある事務の中でも、特に慌ただしくせわしなく動いているのが「営業事務」だとも言えます。

この「追われる」感覚が辛いという人も多いです。

→乗り越える方法は?
時間に追われている人は、頭の中がいっぱいになって混乱していることが多いです。

一度、やらなければならないことを紙に書きだしてみましょう。

この内容にそれぞれ優先順位をつけると、どの内容から片づければ良いかが見えてきます。

また、時間に追われるということは逆に考えると「充実している」ということです。

これを乗り越えれば、更に営業事務として成長できると思うと、気持ちが違ってきます。

専門的な知識が必要になる

営業事務はお客様と直接かかわることが多いです。

その為、扱っている商品やサービスについて、直接質問をうけることも多いです。

とても難しい内容であれば、営業や周囲に確認をとり、代わりに説明してもらうこともアリでしょう。

しかし、通常の商品やサービス内容であれば、答えることができないと、仕事に支障をきたすこともあります。

ある程度商品やサービス内容を知っていないと、仕事もスムーズにはかどりません。

→乗り越える方法は?
最初から専門的な知識がある人はいません。

分からないことはメモをし、1つ1つ調べたり、分かる人に質問をして片づけていきましょう。

そうした積み重ねを繰り返すうちに、いつの間にか知識がついてきているものです。

派遣先の営業事務との温度差を感じる

これは「派遣」の営業事務ならではのことです。

派遣先の社員の「営業事務」がいる場合に、様々な温度差を感じることがあります。

例えば「派遣は残業無しで良いわね」と言われたり、ミスをすると「やっぱり派遣社員だから」などと陰口をたたかれるなどです。

→乗り越える方法は?
どこの現場でも、古株と新人には温度差があるものです。

更に、派遣先の人間か、別の会社の人間かで温度差があることも仕方がないことです。

こういった問題は、時間が解決してくれることも多いです。

また、こちらからコミュニケーションを積極的にとっていく方法はオススメです。

たわいない世間話をふってみたり、積極的な挨拶をこころがけてみましょう。

そのうち相手も心を開いてくれて、温度差が小さくなることはよくあります。

派遣を今すぐ辞めたい方必見!スムーズに今の派遣先を辞める方法
「今の派遣先をすぐに辞めたい」 と考えながら、派遣先企業で日々仕事している派遣社員は少なくありません。 しかし当然のことながら、今すぐ仕事を辞めるとはいえ、仕事を急に来なくなる。 俗に言う「バックレ」ることはおすすめできま...

まとめ

今回の記事では派遣の「営業事務の仕事内容」から「やりがい」や「辛さ」の他に、それを「乗り越える方法」について、ご紹介しました!

営業事務は辛いことも多いですが、その分やりがいも多い仕事だと言えます。

辛いと言って辞めることもアリですが、また別の職場に行った時に同じ問題が出てくるものです。

今回の記事を参考にし、1つ1つ乗り越えていくことをオススメします。

コメント