派遣とバイトは掛け持ちOK?社会保険や確定申告はどうするの?疑問にお答えします!

考え込む女性 派遣社員の豆知識

「日中は派遣社員としてフルタイムで働いて、夜は居酒屋でアルバイト!」

こんな働き方ができたら、正社員じゃなくても結構稼げる!って思ったことありませんか?

働きすぎると身体に良くないので、体調面を考えるとほどほどにしておいた方がいいですが、そもそも派遣社員とアルバイトって掛け持ちをしても問題ないのか、というのはちょっと気になりますよね。

そこで今回は、「派遣社員とアルバイトの掛け持ちができるのか」というテーマを深掘りしていきます!

具体的には、

  • 派遣とバイトを掛け持ちしてもいいのか?
  • 掛け持ちした時の社会保険はどうなるの?
  • 確定申告って必要なの?

これらの疑問にお答えしていきます!

派遣とバイトは掛け持ちしてもいい?

派遣とアルバイトの掛け持ちですが、結論から言うと、「掛け持ちしてもOK」です!

掛け持ちしても良いというのは、

  • 法律上禁止されていない
  • 派遣社員の副業は禁止されていない

という理由からです。

そもそも副業は法律上では禁止されていないってご存知ですか?

副業を禁止としているのは、あくまで企業の就業規則であり、法律上はなんの問題もありません。

ただ、本業がおろそかになるリスクや、自社に損害を与える可能性があるため、多くの企業は社員に対して副業を禁止しています。

副業解禁が言われるようになって、少しずつ副業できる会社も増えていますが、まだまだ副業は浸透していないのが現状です・・・。

派遣社員に話を戻しますが、時給制で働いている派遣社員に対して、派遣会社が副業を禁止するっていうのは、何だかおかしな話ですよね。

なので、結論をいうと、派遣社員とアルバイトを掛け持ちすることは、法律上なんの問題もありません!

掛け持ちをする時の注意点

法律上、掛け持ちをすることは問題ありませんが、掛け持ちをするときに注意した方がいいのは、「情報の取り扱いについて」です。

特に、同業種の仕事で掛け持ちをしている、もしくは掛け持ちを考えているなら、情報の取り扱いには十分注意しましょう。

会社にとっては、仕事内容や社内の決定事項を同業他社に知られるのは、大きな損害につながり兼ねません。

あなたがA社で得た情報を元に、B社で仕事に取り組むことで、A社が大きな機会損失をした場合、あなたがA社とB社両方に繋がっていることが明らかになれば、情報漏洩として、訴えられるなんてことも十分にあり得ます。

掛け持ちをしなくても、基本的に社内秘の情報漏洩は厳禁ですが、思わぬトラブルにつながりかねないので、掛け持ちをするときには十分に注意してください。

掛け持ちしたときの社会保険はどうなる?

派遣とアルバイトの掛け持ちができるということはわかりましたが、掛け持ちで働く場合、

  • 社会保険
  • 税金

についても注意が必要です。

具体的に見ていきましょう。

掛け持ちした時の社会保険

まず、社会保険ですが、派遣社員は派遣会社との契約期間が2ヶ月を超える場合、社会保険に加入することができます。

一方、アルバイトの場合は、次の条件を満たしていれば、就業先の社会保険に加入できます。

<アルバイトの社会保険加入条件>
・1週間の所定労働時間が常時雇用社の4分の3以上

(1週間の所定労働時間が常時雇用社の4分の3以下であっても次の5つの条件を満たしていれば加入義務がある)
1.1週間の所定労働時間が20時間以上
2.月額の給料が88,000円以上
3.学生でないこと
4.雇用期間が1年以上見込まれていること
5.従業員数が501名以上※

※従業員数が500名以下の場合は、労使で合意があれば加入対象

掛け持ちをする場合、実質どちらか一方の条件しか満たさない場合がほとんどですが、仮にどちらも条件を満たす場合は、メインとなる勤務先1カ所で保険に加入することになります。

メインというのは、受け取る給料が一番多い会社と認識してください。

どちらの条件も満たすケースは、朝から晩までずっと働き続ける必要があるので、身体に無理がない範囲で掛け持ちをすることを大前提としてくださいね。

派遣社員の社会保険についてもっと知りたい!という方はこちらの記事を参考にどうぞ
リンク「福利厚生が充実している派遣会社特集!おすすめの派遣会社3社をご紹介!」

派遣とバイトを掛け持ちした時の確定申告

掛け持ちをするときに気をつけるもう一つのポイントが「税金」です。

掛け持ちをするということは、当然受け取る給料の金額が増えることが予想されますよね。

掛け持ちをして、アルバイト先から受け取る給料が20万円を超える場合、確定申告が必要になります。

確定申告について具体的にみていきます。

年末調整は1カ所の事業所でしかできない

派遣社員として働く場合、派遣会社が年末調整を行ってくれるので、自分で確定申告を行う必要はありません。

では掛け持ちをした場合、派遣会社とアルバイト先の両方が年末調整を行ってくれるかというと、そうではありません。

年末調整は、1カ所の勤務先でしか受けられないことになっているのです。

理由としては、それぞれの勤務先はもう一方の勤務先でのあなたの所得を把握することができません。

そのため2カ所から年末調整を行うと、控除などが重複して計算された場合、正しく所得税を計算できなくなるのです。

給与所得者で確定申告が必要な人とは?

国税庁のホームページには次のように記載されています。

「2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人」

参考ページ「No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人」
URL:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

つまり、派遣とアルバイトを掛け持ちする場合、派遣の給料に対する年末調整は派遣会社が行ってくれますが、アルバイトの収入が20万円を超える場合は、自分で確定申告をしないといけません。

「確定申告って難しそう・・・」

と思うかもしれませんが、20万円を超える場合は、必ず確定申告をしてください。

払いすぎた税金が戻ってくるかもしれませんし、足りない分はきちんと払わないと未納になってしまいます。

派遣とバイトを掛け持ちした時の確定申告の手順

掛け持ちをしている派遣社員が確定申告をするときの手順を簡単にまとめます。

1、 派遣会社で年末調整をしてもらい、年末調整済みの源泉徴収票を受け取る
2、 アルバイト先から源泉徴収票を受け取る
3、 確定申告の受付期間中※に2つの源泉徴収票を持って税務署に行く

※基本的に確定申告は毎年2月16日〜3月15日まで
前年の1月1日〜12月31日までの所得が対象となる

必要なものはそれぞれの勤務先に発行してもらう「源泉徴収票」です。

税務署に行けば、職員や担当者が記入方法を教えてくれるので、あとは指示された通り順番に記入していけば大丈夫です。

派遣社員とアルバイトの掛け持ちまとめ

ここまでお伝えしたことをザッとまとめると、

  • 派遣社員とアルバイトの掛け持ちはできる
  • 社会保険は収入が多い方の勤務先で加入する
  • アルバイトの収入が20万円を超える場合は確定申告が必要
  • 掛け持ちをする場合、それぞれの勤務先で得た情報の取り扱いには十分注意する
  • 過労で倒れない範囲で掛け持ちする

ということです。

最後のポイントは、私からみなさんへのお願いも込めて書かせていただきました。

無期雇用派遣は掛け持ちしたらダメ?

無期雇用派遣で働いている場合も掛け持ちをすることは、原則、問題はありません。

ただし、登録している派遣会社が副業を禁止している場合は、副業すると契約解除されるリスクがあるのでそこは要注意です。

不安な方は、派遣会社の就業規則を確認してみてください。

特に記載がなければ、掛け持ちをするのは問題ないという認識で大丈夫です。

ただし、アルバイトでの負担が大きくなりすぎて、派遣の仕事に支障をきたすのは本末転倒ですよね。

せっかく無期雇用で採用されたんですから、派遣の仕事は大切に取り組みましょう。

無期雇用派遣ってなに?という方はこちらの記事を参考にどうぞ!

無期雇用派遣という働き方とは?無期雇用派遣のメリット・デメリットはある?
無期雇用派遣という働き方をご存知でしょうか。 無期雇用派遣とは、派遣会社との間に期限を定めることなく雇用契約を結び、派遣社員として働くという働き方です。 「派遣社員は期間が決められた働き方」 という固定概念を打ち破るかのよ...

派遣と派遣の掛け持ちもできる

最後におまけですが、掛け持ちは派遣とアルバイトだけではなく、「派遣と派遣の掛け持ち」をすることもできます。

ただし、1つの派遣会社から2つの派遣先企業を紹介してもらうというケースはあまり現実的ではありません。

派遣を掛け持ちする場合は、異なる2つの派遣会社を利用することをおすすめします。

これは、わたしたち派遣社員側ではなく派遣会社側の都合ですが、派遣会社から見ると、2カ所の派遣先を紹介するのはリスクが高くなるのです。

どんなリスクかというと、派遣会社は派遣社員に対して、1日8時間以上もしくは週40時間以上働いた場合、残業代を支払う義務があります。

残業代は通常の給料の25%割り増しになるので、その分派遣会社が支払う給料が増えることになりますよね。

仮にあなたが2カ所の派遣先企業で就業して、1週間の就業時間が合計45時間になるとすると、毎週5時間分の残業代を支払う必要があります。

わざわざそんなことを承諾する派遣会社、なかなかないと思いませんか?

なので、1つの派遣会社から2カ所の派遣先を紹介してもらうのは現実的に難しいと思っておきましょう。

もし、派遣の掛け持ちをしたい場合は、別の派遣会社から仕事を紹介してもらうのが現実的です。

この場合も自分の身体と相談して、無理のない範囲で働くことをお忘れなく。

収入を増やしたいなら派遣とバイトの掛け持ちはアリ!

いかがでしたか。

今回は派遣社員とアルバイトの掛け持ちについてご紹介しました。

時給で計算されることが多い派遣とアルバイトなので、働けば働いた分だけもらえる給料が増えるのは当然のことです。

「短期的にお金が必要」
「もう少し収入を増やして貯金もしたい」

など、収入をアップさせたいなら、派遣社員とアルバイトの掛け持ちは、方法としてはアリです。

ただし、その分勤務時間が長くなり、身体は疲れるので、体調を見ながら無理のない範囲で働くように心がけてください。

「疲労で倒れる」なんて元も子もない話ですからね・・・。

掛け持ちをすること自体、法律上なんの問題もありませんが、掛け持ちをすることで確定申告が必要になる場合があるので、その辺りもきちんと対応することをお忘れなく!

コメント