これだけは知っておきたい!派遣とバイトの違いとは

経理の女性 派遣社員の豆知識

この記事では、派遣とバイトの違いを知りたい方に対して、両者の違いやメリット・デメリットを紹介します。

派遣とバイトが違うことは分かっていても、どう違うか理解している人は少ないです。

この記事を読んでいるあなたも、きっとそんなひとりなのではないでしょうか?ここからは、派遣とバイトの違いについて詳しく解説していきます。

これから派遣として働いていきたい方やバイトをはじめようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

派遣とバイトとは

派遣とバイトでは、大きな違いがあります。

まずは、双方の基本的なことから紹介していきましょう。

基本的な違いを理解すれば、派遣とバイトがどれだけ違うのか把握できるはずです。

まずは、派遣の基本的なことから紹介していきます。

派遣とは

通常、雇用者が雇用される場合は、雇用元と契約を結んで雇用主になってもらいます。

そのため、正社員の雇用主は、雇用者を採用した企業ということになるのです。

しかし、派遣の場合は少々異なります。

派遣の場合、雇用主は派遣元の会社が雇用することになるのです。

つまり、給与は派遣元から支払われることになります。

日々の業務では、派遣先の企業から指示を受けて、業務を行うことになるのが一般的です。

派遣社員とは?正社員との違いは?どうして「安定しない」と言われがちなのか
「これから派遣社員として働こうかな」 なんて気持ちの方も多いでしょう。 自由度が高く、職種を変えるのも比較的カンタンな派遣社員は、特に女性人気の高い働き方です。 しかし派遣社員は、時折「安定しない」と表されるなど、派遣社員...

バイトとは

バイトは、アルバイトとも呼ばれる短時間労働者を総称する名前です。

この短時間労働者には、パートも含まれます。

基本的に、バイトとパートには大きな違いはありません。

バイトやパートなどの短時間労働者の定義は、1週間の所定労働時間が正社員よりも短い労働者となっています。

学生の短時間労働者の場合はバイト、主婦などの社会人になっている短時間労働者の場合はパートと呼ぶことが多いです。

派遣のメリットとデメリット

派遣として働くには、メリットとデメリットをしっかりと見極める必要があるでしょう。

そこで、ここからは派遣のメリットとデメリットについて紹介していきます。

バイトとの違いも大切ですが、まずは派遣のメリットとデメリットを知ることからはじめてみましょう。

派遣のメリット

派遣のメリットは、いくつもあります。

まず大きなメリットとして挙げられるのが、何度も履歴書を提出したり面談をしたりする必要がないことです。

バイトの場合は、新しい場所で働こうと思う度に、履歴書を持参して面接を受けなければなりません。

しかし、派遣であれば雇用主である派遣元と契約すれば十分なので、何度も面接を受ける必要はないのです。

働く企業も自分で探す必要はなく、派遣会社が見つけてくれます。

個人で対応することは少ないので、派遣として働く人は業務に集中できるでしょう。

また、バイトと比較すると時給は高い傾向にあります。

その分バイトよりも難しい仕事をこなさなければならないこともあり、責任も重くなるでしょう。

事前に勤務地や勤務条件のヒアリングもしてもらえます。

そのため、希望に合った仕事のみを紹介してもらえるので、待遇への不満は少なくなるでしょう。

事前に未経験なことを伝えておけば、新しい業種での仕事にもチャレンジしやすいのが特徴です。

派遣として働くのは、このようにいくつものメリットがあります。

派遣のデメリット

派遣にも当然デメリットはあります。

デメリットのひとつとして挙げられることが多いのが、昇給に関することです。

長年働いていれば昇給を求めるのは、当然のことでしょう。

しかし、派遣の場合は契約で時給が決まってしまうため、定期的な昇給を求めるのは難しいケースが大半です。

一度決まった時給でずっと働かなければならないと、モチベーションが上がりにくいでしょう。

また、契約に期限がある場合は、派遣先の意向次第で勤務し続けることが難しくなることもあります。

派遣先の企業が行っている事業が思わしくなければ、派遣は真っ先に契約を切られる対象になるのです。

そのため、継続的にひとつの企業で勤務するのが難しくなります。

職場を変えずに安定的に働きたい人にとって、派遣はあまりいい選択肢ではないかもしれません。

バイトのメリットとデメリット

派遣と同様にバイトのメリットとデメリットも理解しておきましょう。

バイトにはバイトのメリットやデメリットがあります。

正しく比較するためにも、バイトについても知っておきましょう。

バイトのメリット

バイトにも、数多くのメリットがあります。

まず大きなメリットとして挙げられるのが、自分の都合を優先して働く日や時間を選べることです。

正社員や派遣の場合、自己都合で出勤日や勤務時間を決めることはできません。

しかし、バイトであれば、まず自分の希望を出して、その範囲内で雇用者が出勤日を調整します。

また、バイトの場合、求人が多いことも特徴です。

種類が多く、その中でも企業の選択肢が多いので、自分が働きたい場所で仕事を見つけやすいと言えます。

求人の期間も1日や短期から長期まで、さまざまなバリエーションがあるのが特徴。

バイトで力を見せれば、正社員に登用されることもあります。

バイトからでも、正規の仕事に就職できる可能性があるのは、大きなメリットです。

また、仕事によっては、ダブルワークすることもできます。

いくつかの仕事を掛け持ちすれば、収入を大きく増やすことができるでしょう。

バイトは学生が行うので、お金がない人が多いです。

ダブルワークをすれば、希望の額を稼ぐことは難しくありません。

このようにバイトには、他の労働形態にはないメリットが数多くあるのです。

バイトのデメリット

一方でバイトにもデメリットは存在します。

バイトのデメリットとして挙げられることが多いのが、収入の低さです。

正社員と比較すると、明らかに収入面では劣ります。

派遣と比較しても、基本的にはバイトの方が収入は少ないのが一般的です。

そのため、バイトだけでいい生活をすることは難しいでしょう。

バイトの場合は、昇給や賞与を期待してもほとんど見込めないでしょう。

バイトの場合、昇給してくれる企業もありますが、ほとんどのケースでは最初の金額から変動しません。

また、賞与が出るバイトはほとんどありえないと言っても過言ではないでしょう。

また、シフト制を敷いていることが多いため、自分の思い通りに働くのが難しいこともあります。

希望通りに働けないと、先述の通り、収入面でかなり苦労することになるでしょう。

また、バイトの場合、任せてもらえる仕事にも限りがあります。

そのため、できる仕事の幅は狭いままになってしまうでしょう。

それならば、派遣の方が仕事の幅は広がる可能性が高いです。

まとめ

派遣とバイトの違いやメリット・デメリットについて紹介してきました。

派遣とバイトが違うことは分かっていても、なかなか深く理解している人は多くいません。

派遣やバイトとして働くのであれば、双方の違いは知っておく必要があるでしょう。

派遣とバイトには、それぞれにしかないメリットとデメリットがあります。

それぞれの特徴を知った上で、働くことが大切です。

派遣やバイトとして働きたいと思ったなら、この記事を振り返ってみてください。

どちらの雇用形態で働くのが向いているのか、再確認できるはずですよ。

コメント