グーグル(Google Japan LLC)へ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

有名企業への転職

世界的なIT企業、グーグル。その日本法人グーグルジャパンに転職したい。

そのように思ったことはありませんか。
そう思ってみても、グーグルに入社するにはどうすればいいのか、悩むのではないでしょうか。そこで、グーグルジャパンがどのような企業なのか、給与面や福利厚生、またどんな職種でどんな人材を求めているのかをご紹介します。

また、転職の際にどういうサイトやエージェントを利用すればいいのかもまとめてみました。

グーグルの企業概要

まずは、グーグルの企業概要から見ていきましょう。

グーグルは、インターネット関連のサービスを提供している、多国籍なテクノロジー企業です。

本社はアメリカのカリフォルニアにあり、グーグルジャパンはグーグルの日本法人です。

事業内容

パソコンユーザー、スマートフォンユーザーなら毎日でも触れているグーグルのサービス。

グーグルの具体的な事業内容としては検索エンジンやソフトウエアサービスの提供。

ウェブ広告事業が挙げられます。

スマートフォンのOSとしてAndroidを製作しており、アップルのiOSと世界を二分しています。

検索サービス

グーグルといえば、やはり検索エンジンが一番有名な事業内容ではないでしょうか。

検索エンジンとは、ウェブサイトや画像といった、ネットワーク上の情報を検索するプログラムのことです。

グーグル独自のプログラムが世界中のウェブサイトを回って情報を集め、検索用の索引を作り続けており、今では世界の検索シェアのトップにまで成長しています。

インターネット広告

現在グーグルの売上を支えているのは、インターネット広告の分野です。

提携するウェブサイトや、検索エンジンの結果に表示する広告料が莫大な収益を挙げています。

最近ではスマートフォンを多くの人が持つようになり、スマートフォンのYoutubeやGmailなどのアプリに掲載する広告料も飛躍的に伸び、グーグルのビジネスの大部分は広告によるものになっています。

Webメールなど各種サービスの提供

グーグルはソフトウェア開発にも力を入れています。

メールサービスのGmail、ウェブブラウザのGoogle chrome、YouTubeもグーグルの傘下になっています。

他にもGoogleマップやGoogle Earthなど、インターネットを使用していてグーグルのソフトウェアを使用しないことは難しいと言われています。

トップのメッセージ、企業理念

Googleが掲げる10の事実

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2.1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3.遅いより速いほうがいい。
4.ウェブ上の民主主義は機能します。
5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7.世の中にはまだまだ情報があふれている。
8.情報のニーズはすべての国境を越える。
9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。

会社概要

グーグルの採用職種・仕事内容

現在グーグルジャパンでは、ビジネスの中核となるエンジニアはもちろん、マーケティングやセールス、リーガルなどの多岐にわたる求人があります。

会社名グーグル合同会社
所在地〒106-6126 東京都港区六本木6丁目10−1 六本木ヒルズ森タワー
資本金1000万円
事業内容検索サービス、インターネット広告 、各種ソフトウェア、ハードウェアサービスの提供
従業員数非公開

採用職種とその仕事内容、求められるスキル、想定される年収について紹介します。

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、グーグルユーザー向けの新機能を設計して実装し、機能が確実に動くようなコード作成をする仕事です。

情報検索、分散コンピューティング、大規模システム設計、ネットワーキング、データストレージ、セキュリティ、人工知能、自然言語処理、ユーザーインターフェース設計、モバイルなどの多岐にわたる分野から、新たなアイディアを持ち込める人材を随時募集しています。

そのためにはコンピューター サイエンスまたは関連する技術分野で学士号を持っていることやJava、C、C++ などの汎用プログラミング言語を使ったソフトウェア開発の経験があると強みになります。

HTML、CSS、JavaScriptの知識も必須です。

給与

想定年収:1200万円

クラウド アーキテクト

近年注目の集まるクラウドアーキテクトの求人も見られます。

クラウドアーキテクトは企業におけるクラウドコンピューティング戦略の監督責任を負う業務のことで、クラウドアプリケーションの設計やクラウドの管理と監視も含まれます。

グーグルにおいてはGoogle Cloudのインフラを整備したり、ビジネスとして企業に売り込む仕事です。

コンピュータサイエンスの学士号、クラウドコンピューティング環境の技術コンサルタントとしての実務経験、ビッグデータやアプリ開発などの知見があると、就職で有利に働きそうです。

給与

想定年収:1000万円

プロダクト マーケティング マネージャー

グーグルで作られた個人向け、企業向けのプロダクトについて、地域の業務計画を行い、マーケティングの採算効果を高める業務です。

マーケティングを計画し、実施することで、新たなプログラムやプロモーションのチャンスを生み出していきます。

マーケティング代理店を主導、サボートする包括的なマーケティング業務を行います。

プロダクトマネージメントの実務経験と、高いレベルの英語力が求められます。

給与

想定年収:1000万円

ビジネス デベロップメント コンサルタント

グーグルの広告AdWordsを紹介し、新しいクライアントを確保するセールスの仕事です。

関連性の高い広告キャンペーンを作成することで、クライアントの事業分野におけるビジネスチャンス提供して、究極のクライアントサービスを実現することを目的としています。

インターネット広告業界でのセールス経験、ビジネスレベルの英語力が求められます。

給与

想定年収:900万円

フィールドセールス担当者

フィールドセールスはいわゆる営業担当です。

大手企業、学校、政府機関にグーグルの製品を売り込み、ビジネスチャンスを生み出す仕事です。

業務にはトレードショーや業界イベントにグーグルを代表して参加するなど、ビジネスや顧客の窓口になる存在です。

テクノロジー業界において、フィールドセールスの経験があると有利です。

また、技術職は基本的なビジネス英語の能力が求められていましたが、フィールドセールス担当者は海外の窓口にもなるため、流暢な英語の会話、筆記力が求められています。

給与

想定年収:900万円

日本担当リージョナル リーガル カウンセル

グーグルの企業内弁護士として、担当するプロジェクトや訴訟案件に挑む業務です。

日本担当なので、日本の法律問題を扱います。

商業、インターネットやテクノロジーに関する広範な契約の交渉を課されるので、幅広い知識が必要です。

日本または米国の弁護士免許を持っていて、知的財産権分野に詳しいことが求められます。英語能力も高いレベルが求められます。

給与

想定年収:900万円

グーグルの給与・年収

グーグルは年収の高さでも知られていますが、グーグルへ転職後のおよその年収の目安にするために、グーグルの給与や年収について調べておきましょう。

インターネットサービスを提供している競合企業との年収を比較して、分かることも説明しています。

全体の平均年収

世界有数の企業なので、年収は他社とくらべて高めです。

アメリカのグーグル本社における平均年収は1000万円と言われていますが、グーグルジャパンの平均年収はアメリカ本社よりは抑えられており、818.5万円程度です。

優秀なエンジニアやプログラマは、年収が高い傾向にあります。

年代別の年収

年代年収
20~24歳475.9万円
25~29歳630.2万円
30~34歳726.5万円
35~39歳830.5万円
40~44歳903.2万円
45~49歳967.4万円
50~54歳1038.8万円
55~59歳1037.4万円
60~64歳756.6万円

グーグルの競合企業と平均年収比較

企業年収
ソフトバンク808万円
アップルジャパン611万円
Facebook2600万円
アマゾン1500万円

グーグルと他のインターネットサービスの事業企業との平均年収を比較してみました。

ヤフーを擁するソフトバンクやアップルジャパンは、グーグルと同程度か低い傾向にあります。

一方アマゾン、Facebookはグーグルよりも高く、とくにFacebookの年収が軍を抜いて高いことが話題になりました。高い年収を約束することで、ビッグデータに強い優秀なエンジニアを囲い込み、自社の競争力を増していく戦略のようです。

給与に関する口コミ・評判

役職によっては1000万台に及ぶ場合もあります。

残業手当、深夜手当など、しっかりと管理されています。

仕事の達成具合によって昇給率も上がります。

グーグルの福利厚生制度

働く上で重要な、グーグルの福利厚生制度についても調べておきましょう。

グーグルの福利厚生は、従業員に対しても、その家族に対しても世界でトップクラスです。充実した福利厚生によって、離職率も大幅に抑えられています。

社員食堂

グーグルの社員食堂は、すべて無料で提供されます。

朝昼晩いつでも最高ランクの美味しさで、高級レストランにも劣りません。栄養バランスも管理されており、健康にも配慮した食事です。

ドリンクやスナック類も無料で、仕事の合間の楽しみとして社員に愛されています。

家族へのサポート

社員同様、その家族も手厚いサポートが受けられます。

育児休暇制度、退職貯蓄制度、死亡給付金など数多くの福利厚生プログラムが整えられています。

季節ごとや週末ごとに家族参加のイベントが開催され、従業員とその家族の余暇活動に配慮された企業だと言えます。

健康管理

グーグルは社員の健康にも関心が高い企業です。

診療所やカイロプラクティック、理学療法、マッサージなどの健康増進や医療サービスがオフィスで受けられ、フィットネスセンターやワークアウトクラスに参加して、毎日の健康管理に取り組みます。

財政面の管理

グーグルは社員の経済的なサポートも行います。

退職貯蓄制度から、高い給与を上手く管理するために、ファイナンシャルの計画やそれについてのアドバイスも提供しています。

それにより、それぞれの生活設計に応じた財産形成を可能にします。

福利厚生に関する口コミ・評判

清掃が行き届いた清潔感のある職場です。

社食が完全無料で、栄養バランスの取れた食事が用意されています。

食堂や自販機の他、仮眠室なども設置されています。

勤務時間・休日休暇

グーグルの勤務時間はフレックス制です。

全員に出勤義務のある時間帯、コアタイムが10時から16時で、1日の標準勤務時間は8時間ほどです。

ワークバランスを考える上で重要になる休暇制度について、見ていきましょう。

休日、休暇

グーグルジャパンは完全週休2日制を導入しています。

年次有給休暇に加え、Google休暇という勤続年数に応じた特別休暇も取得できます。

他にも慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、パタニティ休暇などもあります。

有給消化率は大半の社員が100%と高く、ひと月前に相談すれば確実に取れるので、他の特別休暇が必要ないほどです。

自由時間の変化

グーグルは以前、就業時間の20%は自由時間という社風で注目を集めていました。

この自由時間で新たなプロジェクトのためのアイディアを生み出そうという姿勢でした。

最近では他社との競争で新サービスやプロダクトを提供していくための業務が忙しくなり、「20%自由時間」は活用されていない現状です。

外資系企業であるグーグルでは評価制度が厳密で、評価のための業務に就業時間全てを充てて取り組む必要があります。

リフレッシュルームや仮眠室が完備されており、英気を養い業務に集中する社員が増えています。

残業時間は

グーグルではフレックス制が導入されているので、出勤時間、帰社時間は個人で選べます。

仕事が残っている場合や繁忙期には残業をしますが、基本的には定時で帰るのが当たり前な社風があります。

長時間労働よりもタスク重視なので、残業を極力しない方向で仕事をする姿勢が求められます。

産前産後休暇、育児休暇は

アメリカでは産休、育休制度が日本より整っておらず、休みの間は無給ということも珍しくありません。

その中でグーグルは育休制度を取り入れており、アメリカの大企業の中でも珍しいと言われています。

グーグルジャパンでも当然産前産後休暇、育児休暇の制度は整っており、管理職に女性が多く、豊富なロールモデルがあることから、積極的に育休を取得して職場復帰をする人も多い様子です。

また、父親の育休、パタニティ休暇も認められていて、家族全体での子育てが推奨されている制度です。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

有休消化率が高いので長期間の休暇も取れます。

自主的に行う場合を除いて、休日出勤日数や残業時間が少なめです。

気軽に休暇が取れる環境なのでしっかりと体を休められます。

社内の教育・研修制度

グーグルジャパンには以下のような教育、研修制度があります。研修は社内外で活発に行われています。

自己啓発に秀でた社員が多く、業界知識も最新のものを学ぶ必要があるので、学習意欲を高く保ち続けることが重要です。

  • 入社時の導入研修
  • Web会議やe-learningでの製品研修
  • コーディングクラス
  • 学位プログラム
  • 料理教室やギター教室など生涯学習支援

教育・研修制度に関する口コミ・評判

海外の社員ともリアルタイムにやりとりができます。

頻繁な社内研修や勉強会があり、web会議なども行っています。

入社後の導入研修では、仕事が基礎からしっかりと学べます。

職場の雰囲気や社風

グーグルジャパンで働くときに、どんな雰囲気なのか社風なのか、転職するなら気になりますよね。

グーグルはユニークな社風で知られています。クリエイティブな発想はクリエイティブな場所で生まれるという発想で、実力のある人物が高いパフォーマンスを示せるように工夫されています。

自由な社風

グーグルは自由な社風で知られています。

失敗には終わったものの「20%自由時間」はクリエイティブな発想を必要とするグーグルらしい取り組みです。

グーグルジャパンの社屋は日本らしいしつらえで、ユニークなオフィスを自由に移動して仕事をすることもでき、自由闊達な職場だと言えます。

実力主義

一方で、グーグルは完全実力主義です。

グーグルではそれぞれに適したところで最高のパフォーマンスを発揮できる人材を求めていて、エンジニアでもコードを見ただけで、すごいと思わせるような人物を積極的に採用しています。

逆に言えば、エンジニアリングに関して優秀であれば、コミュニケーションが苦手でも採用されます。

学歴等はそこまで重視されず、日本の大企業で働いていたかどうかも関係ありません。

入社してからも、社内の新しい発想や製品についていけなければ、評価は下がっていきます。

常に新しいことに取り組んで、学び続け、自分の価値を最大に引き出せる人物をグーグルは求めています。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

事業のスピードが速く、女性の活躍も目立ちます。

仕事とプライベートが両立させやすく、非常に自由です。

大きな偏見がないので、意見が主張しやすいです。

グーグルへの転職で役立つ転職サイトorエージェント

グーグルへの転職時には、転職サイトや転職エージェントを活用しましょう。グーグルなど大企業の求人は、一般の人に公開されません。しかし、大手の転職エージェントであれば、非公開求人を持っている可能性があります。

もし応募者が優秀であれば、転職エージェントから企業に営業をかけることもあります。どのサイト、エージェントがおすすめなのか紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

グーグルの転職を希望するなら、まずは「リクルートエージェント」に登録しましょう。リクルートエージェントは業界随一の求人数を誇っています。

グーグルへの転職の取扱実績もあると見られ、サポートにも期待できます。

国内での転職に強いイメージのリクルートエージェントですが、近年ではアジア圏の外資系企業の転職実績が顕著になっており、グーグルへの転職も望めます。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

doda

doda

「doda」はリクルートに続き、求人数の多い転職エージェントです。

リクルート同様に豊富な実績と、ノウハウが期待できます。担当者の質が高く、転職サポートを安心して任せられるという点もおすすめの理由です。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

ビズリーチ

「ビズリーチ」はヘッドハンティング型の転職支援サービスです。

転職希望者のデータを企業に公開し、企業側が直接転職希望者にアプローチします。

企業側もヘッドハンティングのために多く利用しており、特に外資系への転職に強いと評価されています。

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。

まとめ

世界的なIT企業グーグルの日本法人、グーグルジャパンへ転職する際の情報を紹介してきました。

グーグルジャパンは非公開情報が多くベールに包まれている分、日本の一般企業への転職と比較すると、難易度が高い印象です。自分の能力に確かな自信があり、前職でそれを裏打ちするキャリアがあれば、転職を成功させるのは不可能ではありません。

そのためには、各転職サイト、転職エージェントをしっかり研究することが重要です。

テクノロジーの最先端を走るグーグルへの、キャリアパスを開きましょう。

コメント