言語聴覚士の転職方法とは?比較的転職がしやすい理由を解説

職種別転職エージェント

言語聴覚士は有資格者が少ないため、比較的就職や転職が有利です。

ただ、言語聴覚士に就職や転職をするとして、将来性があるのかわからないと行動しにくいですよね。

また、言語聴覚士に就職や転職をしたいと思ったときに、どの転職エージェント・転職サイトを利用していいかわからない方も多いです。

転職エージェントや転職サイトを利用することで、手厚いサポートを受けられるのでとてもおすすめです。

この記事では、言語聴覚士が転職しやすい理由や将来性、おすすめの転職エージェントについて具体的に解説します。

これから言語聴覚士に転職したいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

言語聴覚士は転職がしやすい!理由を解説

まずは、言語聴覚士に転職しやすい理由について解説します。

そもそも、言語聴覚士には、言語・聴覚・嚥下障害のある方を対象に支援する仕事です。

国家資格なので、有資格者が少ないという点も言語聴覚士に転職しやすい理由の一つですね。

他にも以下のような理由が挙げられます。

  • 言語聴覚士を目指す人に年齢が関係ない
  • 働き口が多い

これらについて具体的に解説します。

言語聴覚士を目指す人に年齢が関係ない

そもそも、言語聴覚士を目指す人に年齢が関係ありません。

そのため、年齢に関係なく転職できます。

言語聴覚士の有資格者は、2021年では約36,000人います。

理学療法士の有資格者は、2021年に192,327人いると発表されているので、言語聴覚士の有資格者はまだまだ少ないことがわかりますね!

働き手を必要としているため、年齢問わず求人が多いです。

資格を持っているのであれば、比較的簡単に転職や就職が出来てしまうことを覚えておきましょう。

出典:日本理学療法士協会-統計情報(令和3年度)

働き口が多い

言語聴覚士では、言語障害・音声障害・嚥下障害の方をサポートする仕事です。

そのため、いろいろな場所で働くことができます。

具体的には、言語聴覚士を持っていると以下のような場所で働くことができるでしょう。

  • 大学病院
  • 総合病院
  • 専門病院
  • リハビリテーションセンター
  • 地域医院
  • 診療所
  • 介護老人保健施設
  • デイケアセンター
  • 訪問看護事業所
  • 訪問リハビリテーション事業所
  • 特別養護老人ホーム
  • デイサービスセンター
  • 肢体不自由児施設
  • 重症心身障害児施設
  • 小中学校
  • 特別支援学校
  • 研究施設
  • 言語聴覚士教育施設

上記のように、とても多くの働き口があるので、望むのであれば定年まで安定して働けます。

雇用条件も比較的いい傾向にあるので、定年まで働きたい方にはおすすめですね。

言語聴覚士になって転職するためには?

続いては、言語聴覚士になってから転職する方法について紹介します。

言語聴覚士は年令問わず募集されていることもあり、学生以外でも学校に通って資格を撮ろうと考える方も多いですね。

年齢に関係なく言語聴覚士になれるので、年齢で諦めないようにしてくださいね。

言語聴覚士になって転職するための方法は学校に通うことです。

しかし、学校といっても高卒の方や大卒の方で通うべきところが異なります。

それぞれ解説します。

学校を選ぶ

言語聴覚士と言っても、様々な科目があります。

具体的には、以下の12科目です。

  1. 基礎医学
  2. 臨床医学
  3. 臨床歯科医学
  4. 音声・言語・聴覚医学
  5. 心理学
  6. 音声・言語学
  7. 社会福祉・教育
  8. 言語聴覚障害学総論
  9. 失語・高次脳機能障害学
  10. 言語発達障害学
  11. 発声発語・嚥下障害学
  12. 聴覚障害学

これらの資格取得のためには、専門学校や4年制の大学に通わなければなりません。

人によって、状況が異なるかと思われますので、以下の3通りで資格取得の方法を紹介します。

  • 高校を卒業している方
  • 大学を卒業している方(4年制)
  • 大学を卒業している方(言語聴覚士の授業を履修している)

これらの方法についてそれぞれ解説します。

高校を卒業している方

高校を卒業しているのであれば、3年制の専門学校に通って資格を取るコースが最短です。

大学に通うこともできますが、その場合には4年制に通わなければならないので、時間がかかってしまいます。

早く言語聴覚士になりたいと考えているのであれば、3年制の専門学校に通いましょう。

3年制の専門学校に通う場合、300万円程度の費用がかかります。

大学を卒業している方(4年制)

4年制の大学を卒業しているのであれば、2年以上の専門学校に通うことが最短ルートです。

ただし、文部科学省が指定している学校もしくは、都道府県知事が指定している学校に通わなければなりません。

大学に、言語聴覚士養成課程という専攻科がある大学もあるので、調べてみることをおすすめします。

大学を卒業している方(言語聴覚士の授業を履修している)

すでに言語聴覚士の授業を履修して大学を卒業している方の場合には、その他の必要科目を履修し直さなければなりません。

この場合、取れていない単位によって費用が異なります。

大学に1年間通う学費は、平均して100万円程度掛かることを覚えておきましょう。

言語聴覚士の将来性は?転職してから安定する?

美容部員-悩む-不安

言語聴覚士になりたいといっても、将来性がどのくらいあるのか、現状どのようになっているのかを知らなければ、転職していいのかもわからないですよね。

そのためここからは、言語聴覚士の現状と言語聴覚士の将来性について紹介します。

気になっている方はぜひ参考にしてくださいね。

言語聴覚士の現状

言語聴覚士の仕事は現状でも人手が足りていません。

日本では少子高齢化が進んでいるからですね。

先程もいいましたが、言語聴覚士の有資格者は、2021年では約36,000人しかいません。

理学療法士の有資格者の192,327人と比べてもまだまだ発展途上の仕事ということがわかります。

現状でも、働くことに困らないくらいには需要があることを覚えておきましょう。

言語聴覚士の将来性

現状が良くても、将来的に仕事がなくなってしまえば意味がありませんね。

今後20年以内に、AIによって世の中の約半数の仕事がなくなってしまうと言われているので、不安になる気持ちもわかります。

しかし、言語聴覚士は人と人のコミュニケーションが大切な仕事なので、AIによって仕事が奪われてしまう危険性はありません。

患者さんひとりひとりと寄り添って介護や手助けをすることは、人にしかできませんよね。

そのため、将来性も十分に見込めることがわかります。

また、日本は少子高齢化が進んでいるため、今後どんどん言語聴覚士の仕事が増えていくことが予想されます。

言語聴覚士は将来性のある仕事なので、需要も右肩上がりになることを覚えておきましょう。

言語聴覚士に転職して若い世代と競っていけるか不安な方へ

言語聴覚士に転職したいと考えている方が、年齢で負けてしまうのではないかと不安になることがあります。

具体的には、新卒や若い世代の人たちがいるところに転職して、競い合えるかどうかという点ですね。

結論から言えば、まったく問題ありません。

というのも、一般社団法人日本言語聴覚士協会の調査によると、会員の大半は20歳台、30歳台、一番多いのは30歳台となっています。

そのため、年齢のせいで負けてしまうようなことはないので、安心してください。

また、言語聴覚士であれば肉体労働を必要としません。

介護をすると聞くと、夜勤やリハビリなどを想像されるかと思いますが、言語聴覚士にそのような仕事はありません!

体仕事ではなく、コミュニケーションが大事な仕事なので、体力よりも人柄が重要視されています。

若さの面で負けることはないので、人柄やコミュニケーション能力を高めることがおすすめです。

出典:一般社団法人日本言語聴覚士協会-会員動向(令和3年度)

言語聴覚士の転職に強い転職エージェント・転職サイト5選!

続いては、言語聴覚士の転職に強い転職エージェント・転職サイトを紹介します。

さまざまな転職サイトのなかでもおすすめできる転職サイトを5選に絞ってご紹介!

ここで紹介する転職エージェント・転職サイトは以下のとおりです。

  • PT・OT・ST WORKER
  • PTOTキャリアナビ
  • PT/OT人材バンク
  • マイナビコメディカル
  • ハクビ介護

これらの転職エージェント・転職サイトについてそれぞれ紹介します。

PT・OT・ST WORKER

運営会社株式会社ティスメ(医療ワーカーグループ)
対象地域全国
求人数約62,000件

PT・OT・ST WORKERは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職に特化している転職サービスです。

専門の担当者がついてくれるので、面倒な手続きをおこなってもらえます。

また、非公開求人もとても多く掲載されているため、条件の良い転職先を見つけることもできます!

言語聴覚士として転職するのであれば、絶対に登録しておくべきサイトです。

【PT・OT・ST WORKERの特徴】

  • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職に特化している
  • 非公開求人が多い
  • 全国の求人を掲載している
PTOTST WORKERの評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介
このページに訪れる方の全員が「PTOTST WORKER」について気になっているはず。 PTOTST WORKERについての詳細情報、PTOTST WORKERのメリットデメリット、PTOTST WORKERを自分は利用するべきなのか...

PTOTキャリアナビ

運営会社株式会社ヒトイキ
対象地域一都三県・関西エリア
求人数非公開

PTOTキャリアナビは、リハビリを専門とした転職サイトです。

担当者に、年収の査定や面接の日程調整などをおこなってもらえます。

比較的新しいサイトですが、PTOTキャリアナビのみで取り扱っている求人もあるので、リハビリの仕事をしたい方におすすめです。

【PTOTキャリアナビの特徴】

  • リハビリに特化している転職サイト
  • LINEでやり取りすることができる
PTOTキャリアナビの口コミ・評判の評判は良い?求人の量や質は?
今回は、理学療法士、作業療法士の転職サポートに特化したPTOTキャリアナビを紹介していこうと思います。 対応地域は一都三県で、求人の雇用形態も限られてきますが、丁寧なサポートで利用者の職探しを助けます。 利用者はPTOTキャリア...

PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク

運営会社株式会社エス・エム・エスキャリア
対象地域東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、愛知
求人数非公開

PT/OT人材バンクも、理学療法士・言語聴覚士・作業療法士のリハビリ職に特化している転職サイトです。

非公開求人が多く、条件がいい求人が多い多い傾向にあります。

学生の方でも登録できるので、理学療法士・言語聴覚士・作業療法士に就職しようと考えている方にもおすすめです!

【PT/OT人材バンクの特徴】

  • リハビリ職に特化している
  • 非公開求人が多い
  • 学生の方でも登録できる
PTOT人材バンクの口コミ・評判の評判は良い?求人の量や質は?
PTOT人材バンクは、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)の求人取り扱いに特化した転職エージェントです。 PTOTSTの急な増員要請や、施設の増設などに伴い高まる求人需要に伴い上がるPT、ST、OTの需要にPTO...

マイナビコメディカル

運営会社株式会社マイナビ
対象地域関東全域、京都、大阪、兵庫、岐阜、静岡、愛知
求人数約24,000件

マイナビコメディカルは、その名のとおりコメディカルスタッフの転職に特化しているサービスです。

マイナビが運営しているサイトなので、信頼性が高く、優良な案件がたくさん載っています。

それだけではなく、マイナビコメディカルのエージェントは、業界に対する知識が豊富なので専門的な相談に対しても答えてくれます。

転職以外の悩みがある方にもおすすめの転職サイトですね!

【マイナビコメディカルの特徴】

  • 理学療法士・言語聴覚士・作業療法士に特化している
  • 優良な案件がたくさん載っている
  • エージェントに相談がしやすい
マイナビコメディカル利用者の口コミ・評判の評判は良い?求人の量や質は?
人材大手企業マイナビが運営する「マイナビコメディカル」は、その名の通り「コメディカルスタッフ」の求人を専門で扱う転職エージェントです。 これから転職しようと考えている「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」の方々は、ぜひマイナビコメ...

ハクビ介護

運営会社株式会社 田中学園
対象地域全国
求人数約2,000件

ハクビ介護では、介護業界に力を入れています。

大企業や介護事業所の求人が掲載されているので、介護の分野に関わりたいと考えている方におすすめです。

また、ハクビ介護では「ハクビの学校」を運営しているため、学校の卒業生の声を聞くことが出来ます。

実際に、職場の雰囲気や仕事内容を聞くことができるため、ミスマッチを防げますよ!

【ハクビ介護の特徴】

  • 介護に特化した求人情報
  • 大企業や介護事業所の求人が掲載されている
  • 学校の卒業生の声を聞くことができる

言語聴覚士に転職するのであれば転職エージェントの利用がおすすめ

言語聴覚士に転職するのであれば転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用することで、転職できる確率が格段に上がるからですね!

転職エージェントや転職サイトを利用することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 求人を一括で見ることができる
  • 転職サポートのプロから手助けしてもらえる

これらのメリットについてそれぞれ解説します。

求人を一括で見ることができる

転職サイトを利用すれば、求人を一括でたくさん検索することが出来ます。

転職サイトのみでしか公開されていない非公開求人を見ることもできるので、幅広い求人を探せますね!

希望している条件を入力すれば、その条件に合った求人のみを見ることができるので、無駄に求人を見る必要もなくなります。

また、求人サイトは1つだけではないので、様々なサイトを利用することで、非公開求人を効率的に見ることができるでしょう。

簡単に求人を探したい方は、絶対に転職エージェント・転職サイトを利用するべきですね!

転職サポートのプロから手助けしてもらえる

転職エージェントを利用することで、プロが転職の手助けをしてくれます。

基本的には、以下のステップでサポートをしてもらえますよ。

  1. 面談して希望条件をヒアリング
  2. その条件に合った求人の紹介
  3. 面接や自己PRのサポート
  4. 内定後のフォロー

このような手伝いをしてもらえます。

それぞれ、どのようなサポートをしてもらえるのか解説します。

面談して希望条件をヒアリング

転職サイトや転職エージェントに登録をすると、担当者から連絡をもらえます。

その後、対面での面談かZOOMのようなオンライン電話での面談があります。

そこで、転職を検討している方の悩みをヒアリングして、希望に合っている条件の求人を紹介してもらえることを覚えておきましょう!

面談の段階では、悩みや困っていることを包み隠さずに伝えることがおすすめです。

というのも、担当者との面談では、「転職したいけど上手く行かなかったらどうしようと不安」「転職サイトに登録したけれど転職しようか迷っている」のような悩みでも聞いてくれるからです。

悩みをすべてなくしてから次のステップに進んだほうがいいですからね!

それ以外にも、求人に対して譲れない部分を伝えておくことがおすすめです。

具体的には以下のようなことを伝えましょう。

  • 希望している年収
  • ボーナスの回数・金額
  • 希望している勤務先
  • 仕事の内容

これらを伝えておくことで、条件に合わない求人が紹介されなくなります。

そのほうが効率的に転職活動を進められるので、しっかりと細部まで要望を伝えましょう。

その条件に合った求人の紹介

面談で伝えた内容をもとに求人を紹介してもらえます。

もちろん、紹介してもらった求人の中に転職したいと思える会社がなければ、ほかの企業の求人をもらうこともできます。

転職したいと思える求人を紹介してもらえたら、応募の手続きをしてもらえるので、ご自身でなにかすることはありません。

紹介から応募までしてもらえるので、現在働いている方でも楽に転職活動ができますね!

面接や自己PRのサポート

希望している求人に応募をしてもらえたら、面接や自己PR作成の手伝いをしてもらえます。

「なんでそこまでサポートしてくれるの…?」と逆に不安になってしまう方もいるかもしれませんね。

転職サイトの担当者は、転職者が転職に成功してはじめて「紹介料」をもらえます。

そのため、転職者が転職に成功できるように行動してくれます。

怪しいことはないので安心してくださいね。

ちなみに、転職させるために条件面の交渉を行ってくれることもあります。

転職サイトの担当者と転職者がウィンウィンな関係になれるので、安心して担当者を頼りましょう!

内定後のフォロー

内定をもらえた後にもサポートをしてくれます。

具体的には以下のようなサポートが受けられます。

  • 転職先の条件面の調整
  • 転職先への手続き
  • 現職の退職交渉

これらのサポートをおこなってもらえます。

面倒な手続きのほとんどを代行してもらえるので、とても大きなメリットだといえるでしょう!

言語聴覚士が転職エージェントを上手く利用する方法

最後に、言語聴覚士が転職エージェントを上手く利用する方法について紹介します。

具体的には、以下のポイントを意識して転職エージェントを利用してみましょう。

  • 連絡をマメにする
  • 転職時期を最短で伝える
  • 経歴や資格で嘘をつかない
  • いろいろな転職サービスでかぶらないようにする

これらについてそれぞれ解説します。

連絡をマメにする

転職サイトを利用するとすれば、連絡はマメにするようにしましょう。

せっかく好条件の求人をもらえたとしても、連絡が遅れてしまい、募集が終わってしまうということもあります。

それ以外にも、担当者との連絡を怠っていると、転職する気がないと判断されてしまい、求人を紹介してもらえなくなってしまいます。

先程もいいましたが、転職サイトの担当者は、転職者が転職に成功してお金がもらえる仕組みになっています。

そのため、転職する見込みが低い人よりは、転職してくれると判断した方に力を注ぎたいのです。

転職に対する熱があることを伝えるためにも、マメに連絡するようにしましょう。

転職時期を最短で伝える

転職をするのであれば、転職時期を最短で伝えましょう。

基本的に、最初の面談で「転職時期はいつ頃を検討されていますか?」という質問がきます。

そこでは、「転職できるのであればいつでもします」というふうに伝えましょう!

そうすることで、転職する気があることの証明にもなり、求人を優先的に回してもらえる用になります。

経歴や資格で嘘をつかない

当たり前の話ですが、虚偽の申請をすることは辞めてください。

基本的に、登録情報はそのまま残ってしまうので、いつかはバレてしまいます。

虚偽の申告をしたことがバレてしまえば、案件を紹介してもらえなく鳴ってしまうので注意してくださいね。

いろいろな転職サービスでかぶらないようにする

複数の転職サイトを使うこともよくあります。

ただ、いろいろな転職サイトから同じ求人に応募しないように気をつけてください。

その企業から「他の転職サイトからも応募がありますよ」と担当者に伝わってしまえば不信感を抱かれてしまいますよね。

そうなると、求人を回してもらえなくなってしまうので、注意しましょう。

基本的には、担当者とのコミュニケーションや人としての思いやりが大事なので、ウィンウィンな関係になれるように関わってくださいね!

【まとめ】言語聴覚士に転職する方法

この記事では、言語聴覚士に転職する方法について紹介しました。

もう一度、転職する際におすすめのサイトやエージェントについてまとめます。

おすすめ転職サイト

  • PT・OT・ST WORKER
  • PTOTキャリアナビ
  • PT/OT人材バンク
  • マイナビコメディカル
  • ハクビ介護

これらのサイトを利用することで、転職を優位に進めることが出来ます。

言語聴覚士として働きたいと考えているのであれば、上記のサイトを利用してみましょう!

作業療法士におすすめの転職サイト!自分にあったサイトを選ぶポイントとは?
作業療法士の転職活動時には、業種にあった転職サイトを利用しましょう。 人気の転職サイトに登録を行ったとしても、場合によっては作業療法士向けの求人の取り扱いが無かったり、エージェントのスタッフが業界にあまり詳しくなかったりと、十分なサー...

コメント