登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

不景気に強い業界はどこ?アフターコロナで考える自分の働き方について

転職コラム

人類は度々危機に陥ってきました。

ブラックマンデーやアジア通貨危機、リーマンショックのような経済危機、から、日本は度々震災に見舞われますし、なんといっても2020年は新型コロナウイルスの世界的大流行で世界中全ての地域が等しく苦しんでいます。

経済面ではわかりやすく世界中の株価指数が暴落して、倒産する企業は増えて、失業者は増えます。

景気の上がり下がりは常にあるものですが、今回のような急速な不景気となると、露頭に迷う人の数も段違いです。

そして考えるべきことは、「どこかで損している人がいれば、その分得している人もいる」ということ。

そうした「不景気にも強い業界、職種」で働くことで、今後もし世界がまた同じような不況に見舞われたとしても、自分の収入について過度に思い詰める必要がなくなります。

今回のコロナショックは、自分の生き方、働き方を考える良い機会です。

「これから自分はどう生きていくべきか」

私と一緒にそれを考えていきましょう。

不景気に強い企業の特徴

それではさっそく、「不景気に強い業界の特徴」から学んでいきましょう。

衣食住に関わる業界

やはり、インフラに関わる業界は強いです。

衣食住に関わるインフラ業界が無くなってしまうと、我々市民はそれだけで生活が破綻してしまいます。

インフラ業界は無くてはならない存在なので、今後も多少経営の形は変わるかもしれませんが、なくなるということはないと思います。

次世代の技術を使用する業界

次世代の技術、インターネットやネットワークなどのIT技術を活かしながら経営する業界、企業は強いです。

人々は常に生活が便利になる最新技術に興味があるもの。

役立つ最新技術を経営の基盤にする業界は、少なくともその技術が世間に浸透するまでは経営が傾くということはないはずです。

現在で言えば、キャッシュレス決済、5G関連の業界が今浸透しつつある次世代の技術でしょうか。

不景気に強い業界ランキング

もう少し具体的に、不景気に強い業界をランキング形式で1位から紹介していきます。

ランキングを確認すれば、「確かに」と納得していただけること間違いなしです。

1位:インフラに関わる業界

上でも説明した通り、私達の生活に関わるインフラ業界は不景気に強いです。

大震災など災害のときは一時的に業界全体が悪影響を受けることがあっても、インフラ業界全体が継続して傾くことはあまり考えられません。

どんな状況になっても、電気、ガス、水道は私達の生活にかかせません。

在宅勤務になったらなったで、電気やガスの需要は高まります。

どんな時も、インフラ業界がないと私達の生活はなりたたないのです。

2位:日用品販売に関わる業界

インフラ業界と同じく、消費財、日用品も私達の生活にかかせないものです。

たとえ景気が悪くなろうとなんだろうと、日用品を売る事業は今後も必要不可欠です。

今回のような「外出自粛」が長引くことで、企業によっては業績が傾くところもあるかもしれません。

しかし「オンラインシフト」など、柔軟な対応が出来ているところは関係なくアフターコロナでも生き残るでしょう。

3位:IT業界

やはりIT業界も強いです。

私達の生活と密接に関連するIT業界ももはや、インフラ業界といっても過言ではありません。

今後ますます業績を伸ばしていくだろうIT業界も、多少の不景気には負けない強い業界です。

特に、既存サービスではなくITで新しいサービスを生み出す会社があれば、今後ますます業績を伸ばしていくでしょう。

不景気に強い業界で働く!

それでは具体的に、今の働き方が不安なあなたのために、「不景気に強い業界で働く」ための方法について考えていきたいと思います。

不景気に強い業界の数は限られていますから、適切な方法を踏まないと転職活動はうまくいきません。

未経験業界への転職は難易度が高い

まずあなたが現在上で述べたような、「不景気に強い業界」で働いていないとしたら、そこから転職するのは難しくなります。

なぜならそもそも不景気に強い業界は人気なので競争率が高いこと。

そしてあなたはそうした業界で働いた経験がない状態で転職することになるからです。

取れるなら資格をとっておく

未経験の業界で働くなら、最低限業界の知識を持っておきたいです。

経験は実務経験がないと身につかないものですが、知識は誰でもあとから身につけることができるのです。

とにかく知識を裏付ける「資格」を持った段階で、業界に転職活動をもちかけることで、少しでも転職活動の成功率を上げることができるはずです。

今より収入が下がることを覚悟する

未経験業界の転職というものはいつも「収入ダウン」を見込んだものになります。

ある程度、「これから収入が下がる」ことは覚悟のうえ転職を決めてください。

転職エージェントに相談しながら転職する

まず転職を考えているあなたが相談するべきは、「転職エージェント」です。

転職に詳しい友人などではなく、商いとして転職を扱っている企業に相談をもちかけるべきです。

転職エージェントのサービスへ登録すれば、転職エージェントが保有する求人の紹介を受けたり、転職エージェント在籍のキャリアコンサルタントに転職活動の相談を持ちかけることができます。

「未経験業界への転職」は難易度が高いですから、転職のプロに相談を持ちかけることはもはや必須なのです。

転職エージェントの意見をすべて信用しない

とはいえ、「転職エージェントの言いなり」で転職するのも危険です。

転職エージェントだって、商売で人の転職を助けているわけです。

結果的に「転職してもらったほうが好都合」な場合もありますし、転職エージェント側の都合もあります。

ですから、すべて転職エージェントの言うことばかり聞いて、自分の進路を考えるのではなく、いろんな人の意見を参考にしながら自分の転職活動について考えてください。

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント

不景気に強い業界への転職を考える方におすすめしたい転職エージェント1つ目が、「リクルートエージェント」です。

数ある転職エージェントの中でも、もっとも多くの求人数を擁するリクルートエージェントは、利用者の転職を助ける存在です。

リクルートエージェントは過去の実績も十分なので、今回がはじめての転職だという方もきっと満足してもらえるはずです。

しかしキャリアコンサルタントの質はバラバラということで、やはり意見を聞くときは慎重にならないといけません。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

おすすめ転職エージェント2:dodaエージェント

dodaエージェントも、転職活動に活用するべき転職エージェントです。

求人数はリクルートエージェントに次ぐ数を持っており、キャリアコンサルタントの評判も上々。

様々な人の意見を取り入れる目的でも、他の転職エージェントとdodaエージェントの並用はおすすめです。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

「一生安泰」な業界はありません

今回は、不景気に強い業界、職種を紹介していますが、はっきり言って「絶対安定した業界」は存在しません。

どの業界にいても、何かしらの世界情勢の影響は受けるもの。

そして今回のように、「人類が経験したことのない状況」も度々訪れます。

例えば今「航空業界」がかなり窮地に立たされていますが、航空業界といえばかつては経営が右肩上がりの安定した業界と言われていました。

誰がここまで航空業界が落ち込むことを予想できたでしょうか。

常に、今後社会情勢がどうなるかなんて誰にも予想できないので、一生安泰な会社なんて存在しないことを今一度理解しておいてください。

どんな不景気が来るかわからない

不景気と言っても、その形は様々です。

コロナショックのように、外出自粛によって外でお金を使えない場合、そもそも所得が減る場合など、状況もまちまちです。

どんな形の不景気が訪れたとしても、その不景気に対応できる形を持っている企業こそ本物なのです。

多少の不景気で、経営が傾いてしまい、倒産…なんてことになるのはそれまでのビジネスモデルとしてうまく行ってなかったと思わざるを得ません。

柔軟に自分の生き方、働き方を変えられる人が残る

景気がどうなろうと、今後働き方、生き方を柔軟に変えられる人が今後生き残る人です。

あらかじめ「不景気に強い業界」を選んで働くことも大切ですが、本当は不景気にも上手に対応できる人材となることが大切です。

所得が下がったとしても、メインの働き方以外でも収入を得られる人。

次の時代を見据えて今後働き方を選べる人。

そういう人が、「不景気に強い人材」です。

不景気に強い働き方 まとめ

今回一緒に考えたのは、不景気に強い働き方について。

コロナショックのような、災害に伴う不景気は度々訪れるもの。

そのたびに経済的な被害が社会全体に及ぶので、そうした不景気な情勢であまり大きな被害を受けない業界で働くことで、自分の生活を最低限守ることができます。

今後またいつ再び不景気な社会情勢になるかわかったものではありません。

いつも自分の働き方について、真剣に思い巡らせておくことが大切です。

自分の生活、自分の身も周りのことについて考えられるのは自分だけなのです。

コメント