不動産業界への転職におすすめのエージェント9選!転職を成功させるためのポイントは?

不動産業界 転職不動産転職

不動産業界への転職を考えているのであれば、不動産業界に強い転職サービスを利用することが大切。

自分に最適な職場を選ぶためにも、プロのスタッフに相談しながら求人を紹介やサポートをして貰うことで、転職成功への近道になります。

今回は不動産業界へのサポートも充実している大手転職サービスを始め、不動産業界に特化した転職エージェントなどを厳選してご紹介していきます。

またエージェントをより使いこなすポイントや不動産業界への転職時に押さえておきたいポイント、そして転職活動を成功させるコツなどを詳しくご紹介していきます。

不動産業界への転職を希望している方は、是非チェックしてみて下さい。

目次

不動産転職におすすめのエージェント

不動産業界の転職にも強い、おすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

まず転職サイトやエージェントでは、大きく分けて二つに分かれます。

幅広い業界を取り扱う『総合型転職エージェント』と、業種や年齢層・ポジションに特化した『特化型転職エージェント』です。

それぞれのサービスはは特徴が異なるため、自分にあったサービスを選んで利用することが大切。

そこでここでは、総合型と特化型に分けて、それぞれの中でも不動産業界の転職支援に強いエージェントをご紹介していきます。

不動産業界への転職に強い転職エージェント

  • リクルートエージェント
  • dodaエージェント
  • パソナキャリア
  • JACリクルートメント
  • アルヒキャリア
  • マイナビ施工管理
  • 不動産&建設転職エージェント
  • いえらぶ不動産転職
  • 不動産キャリアエージェント

大手総合型の転職エージェント

まずは大手人材会社が運営する転職エージェントをご紹介していきます。

  • リクルートエージェント
  • dodaエージェントサービス
  • パソナキャリア

リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • 求人数:約20万件
  • 非公開求人数:全体の6~7割
  • 対応地域:全国
  • 運営会社:株式会社リクルート

大手転職エージェントのリクルートエージェントは、求人数が業界トップを誇る転職エージェントです。

その取扱い求人数は約20万件にも上ります。とにかくたくさんの求人をチェックしたい!とㇶう人にはぴったりのサービスです。

また大手人材サービスのため、サポート体制なども万全。初めての転職活動でも安心して取り組ミコトができます。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

dodaエージェントサービス

doda

  • 求人数:9万6000件
  • 非公開求人数:全体の8~9割
  • 対応地域:全国
  • 運営会社:株式会社パーソルキャリア

dodaエージェントサービスは、人材大手のパーソルが提供する大手総合型の転職エージェント。

求人の質・スタッフの質ともに、評判の高いサービスです。不動産業界の求人も豊富に取り扱っています。

またdodaでは、公式サイト内のコンテンツも充実。

自分の年収はどのくらいなのかを知ることができる年収診断や項目を入力するだけで簡単に低シュルする書類が作成できるレジュメビルダ―など、転職活動に必要な自己分析を行うことができるサービスも充実しているのも魅力の一つです。

とりあえず一つ登録をしておきたいサービスの一つともいえるでしょう。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

パソナキャリア

パソナキャリア

  • 求人数:約10万件
  • 非公開求人数:全体の8割
  • 対応地域:全国
  • 運営会社:株式会社パソナ

パソナキャリアは、派遣で有名なパソナキャリアが運営する転職エージェントです。

特にエージェントスタッフのサポートが手厚く、初めての転職でも自信をもって活動ができるようにしっかりとサポートをして貰えます。

またパソナは女性の転職支援にも強い傾向にあります。派遣領域で培った支援実績を生かして、女性特有のライフプランに合わせたサポートや、キャリアアップができるようにしっかりとサポートをして貰えるのも、嬉しいポイントです。

女性で不動産業界を目指すなら、パソナキャリアも一つ登録しておくと良いでしょう。

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
パソナキャリアを利用する前に、実際の評判や口コミも気になりますよね。 パソナキャリアのような転職エージェントの場合、求人の質だけでなく、キャリアアドバイザーの質なんかも気になるところです。 転職を成功させるには、良い転職サービス...

ハイクラス向け

転職エージェントでは年代や属性に合ったサービスを展開しているところもあります。

20代~30代の若年層向けのサービスの他、部長や幹部などのよりハイキャリアの求人に特化したハイクラス向けの転職エージェントなど、自分の希望や属性に合ったサービスを活用することが大切。

ここでは不動産業界の中でも特にハイクラス向けの求人に特化した、おすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

  • 求人数:約12000件
  • 非公開求人数:約9割
  • 対応地域:全国
  • 運営会社:株式会社 ジェイエイシーリクルートメント

JACリクルートメントは、30代~50代の課長・部長などのハイクラス向けの求人を取り扱う転職エージェントです。

特に国内大手や外資系・海外進出企業の求人を得意としており、外資系や今後海外展開を目指した企業に就職したい人にはぴったりのサービスです。

また求人検索の際には、希望するポジションに絞った求人検索を行うことも可能です。課長・マネージャーや部長・役員クラスの他にも専門職や技術職といった求人の検索も可能です。

不動産業界の中でもハイキャリアのポジションを目指すのであれば、特に専門的なサービスを活用していきましょう。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

不動産業界特化型

特化型転職エージェントの中には業界特化型のサービスもあります。

業界特化型のサービスでは、より不動産業界に精通しているスタッフが在籍しているため、求人の詳細な情報を把握していることが多いです。

また大手の人材サービスでは取り扱わないお宝求人を保有していたり、宅建士の資格習得の支援なども充実しているところも。

不動産業界の経験者であれば、業界特化型のエージェントをも一つ登録をしておくと良いでしょう。

アルヒキャリア

アルヒキャリア

  • 求人数:約200件
  • 非公開求人数:約9割
  • 対応地域:全国
  • 運営会社:アルヒキャリア株式会社

アルヒキャリアは、住宅ローンの国内最大手であるアルヒが提供している、不動産業界に特化した転職エージェントです。

長年、住宅ローン業界で実績のあるARUHIが提供している不動産業界の特化型の転職エージェントで信頼しやすいと言えるでしょう。

アルヒキャリアの評判の真相は?口コミをもとにメリット・デメリットを解説
不動産業界の転職に特化したエージェント、『アルヒキャリア』。 業界特化型の転職サービスなので、不動産業界への転職を考えている人には持ってこいのサービスです。 しかし利用前に気になるのが、サービスの評判ですよね。実際に利用した人の...

施工管理ならマイナビエージェントの施工管理

  • 求人数:約2000件
  • 非公開求人数:約9割
  • 対応地域:全国
  • 運営会社:株式会社マイナビ

不動産業界の中でも施工管理・建築を目指すのであれば、マイナビエージェントの施工管理もおススメです。

人材大手のマイナビエージェントの中でも施工管理に特化している部門となっており、アドバイザーも業界に精通しているものが在籍しています。

マイナビエージェント自体は20代~30代の若年層への転職支援に強い傾向にあります。

利用者からヒアリングした内容を元に最適な求人を提案してもらえるだけでなく、提出書類の添削指導や面接の実技練習などもしっかりとサポートをして貰ると評判です。

初めての転職活動や、面接などに不安がある…といった人でも安心して転職活動に臨むことができるでしょう。

不動産キャリアエージェント

  • 求人数:約25000件
  • 非公開求人数:約9割
  • 対応地域:全国
  • 運営会社:スラッシュ株式会社

不動産キャリアエージェントは、取り扱い求人数が約25000件と、不動産業界特化型の転職エージェントの中ではトップクラスの求人数を誇るエージェントです。

人気のある賃貸・売買紹介の他にも事務職や各種販売・開発・営業、またWEB担当や広報なども詳細に条件を指定して検索をすることも可能です。

また公式サイトでは、不動産転職に関するコラム記事も充実。エージェントを利用しつつ、自分でも転職に必要な準備を進めることができます。

不動産&建設転職エージェント

  • 求人数:約700件
  • 非公開求人数:約9割
  • 対応地域:全国※8割が首都圏の求人
  • 運営会社:リビン・テクノロジーズ株式会社

不動産&建設転職エージェントは、不動産屋建設業界に特化した転職エージェントです。

リビン・テクノロジーズが運営しており、在籍しているエージェントのスタッフも不動産や建設業界に精通しているスタッフばかりです。

また未経験や第二新卒枠での求人も充実しており、転職で新たに不動産業界に挑戦したいと考えている人にもおすすめのサービスと言えるでしょう。

いえらぶ不動産転職

  • 求人数:約4000件
  • 非公開求人数:-
  • 対応地域:全国
  • 運営会社: 株式会社いえらぶGROUP

いえらぶ不動産は、不動産業界特化型のサービス。他社に比べても求人数が多く、また詳細の条件を絞って求人検索をすることができるのも特徴も一つでしょう。

また在籍スタッフは全員が不動産業界に精通しているスタッフであるため、安心して任せられますね。

もちろん大手のエージェントでも、業界ごとに担当のスタッフはいるもの、相性が合わなかった時に代わりのスタッフがおらず変更できない…なんてこともあります。しかしいえらぶ不動産では全員不動産担当なので、相性の面での心配はいらないでしょう。

他にもLINEで転職相談をすることができたり、宅建士の講座動画を視聴できるなどのコンテンツも充実しています。

不動産業界では事業所に規定の人数の宅建士を採用する必要があるため、優遇される上に資格手当を狙うことも可能です。

業界特化型のエージェントは大手のサービスとの併用がおすすめ

業界特化型の転職エージェントは、dodaエージェントサービスやリクルートエージェントなどと比べると、取り扱い総求人数が少ない傾向にあります。

しかし大手転職エージェントは、不動産業界以外の求人を含めた求人数を提示しているため、業界だけでみたら特化型の求人数とあまり差はありません。

ただ大手転職エージェントと特化型の転職エージェントでは、取り扱い求人の職種や業種に違いがあることが多いです。

そのため実際に転職エージェントを利用する際は、大手と特化型の転職エージェントを併用して活動していくと良いでしょう。

それぞれの求人をチェックすることで、より多くの求人をチェックすることができるほか、業界の動向が見えてきて、より転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

不動産業界への転職活動を始める前に

不動産業界に転職を考えている人は、どのような理由でこの業界を選んでいるのでしょうか?

「なんとなく稼げそう」「働き買いがありそう」なんてイメージが多い傾向にもあります。

しかしそのイメージだけで転職を決めてしまうのは危険です。

転職活動を本格化させる前に、不動産業界についてもよく知っておく必要があるでしょう。

しっかりと事前に下調べをしておかないと、いざ業界に足を踏み入れて「思っていた業界と違った…!」なんてことになりかねません。

ここからは不動産業界への転職を成功させるためのコツや押さえておきたいポイントなどをより詳しく解説をしていきます。

不動産への転職時に押さえておきたいポイント

現場と握手を交わす施工管理

不動産業界は需要も高く、総合型・特化型のエージェントともに、取り扱う求人数も非常に多いです。

しかしいざ転職活動を進めていくとなると、上記の中でもどの転職エージェントを利用していくべきなのか悩んでしまいますよね。

ここでは上記で紹介した転職エージェントの中から、利用するサービスを選ぶ際に指標となるポイントを解説していきます。

  • 希望する業種や企業の取り扱いがあるか
  • ターゲットの年齢・ポジション
  • サポートは手厚いか

    各ポイントごとに解説していきます。

    希望する業種や企業の取り扱いがあるか

    不動産業界に転職したいと言っても、その仕事内容は多岐に渡ります。

    不動産業界の中でもどの仕事に就きたいのか、仕事内容はどのようなものなのかを把握しておく必要があるでしょう。

    自分の希望が明確化されていないと、エージェントとしてもどの業態で働きたいかがわからないので、求人の紹介が難しくなってしまいます。

    そのため、まずは自分の中で下記の二つのポイントを明確にしておきましょう。

    • 自分が働きたい業態はなんなのか
    • 希望する業態の求人を取り扱っているエージェントであるか

      不動産業界の主な業態とは?

      不動産業界で働きたいけど、自分にはどんな業態があるのかわからない…

      不動産業界の業種は大きく分けて3つに分かれます。それぞれを簡単に解説していきます。

      不動産デベロッパー(開発)マンション・アパート・商業施設や都市開発など、不動産の建設・販売・貸し出しなどを行う。土地の仕入れから建設まで行うため、莫大な資金をカバーできる大手企業であるケースが多いです。
      不動産仲介業不動産の売買や賃貸などの仲介など、不動産の流通を担う業態。不動産と言えば仲介業というように代表とも言える。売買を仲介するのか、賃貸の仲介なのか、その内容はより細分化されている
      不動産管理業不動産の持ち主(大家・オーナー)などから委託を受けて管理を行う。不動産の他にも土地や駐車場など、その種類は多岐に渡る。管理会社単体のケースもあれば、仲介業の一部で行っている企業なども存在する。

      不動産というとやはり不動産仲介業をイメージする人が多いのではないでしょうか。

      自分がやりたいのはこっちの業態かな…というのをなんとなくイメージしておくと、その求人に強いエージェントを選ぶことができるでしょう。

      ターゲットの年齢・ポジション

      転職エージェントでは、それぞれ強みがあります。若年層への転職支援に強いサービスや、逆にハイクラスやキャリアアップに強いエージェントなども存在します。

      『不動産業界の取り扱いがあるエージェント』であるということはもちろんですが、加えて自分の希望や属性に合ったエージェントを選ぶことが大切です。

      ただ基本的に大手人材会社が提供するエージェントは幅広い年代に対応しているため、迷ったら登録しておくのも良いでしょう。

      サポートは手厚いか

      エージェントでは、求人紹介の他にも様々なサポートを受けることができます。

      面接の実技練習や提出書類の添削などもしっかりやってくれるところをはじめ、資格取得の講座が展開されているエージェントなどもあります。

      よりサポートが手厚いエージェントを利用がおススメです。

      ただ今回紹介しているエージェントは基本的にサービス内容も充実しており、サポートも手厚い傾向にあるため、そこまで心配をする必要はないでしょう。

      不動産への転職にはエージェントの利用が不可欠な理由

      不動産業界の転職活動におすすめのエージェントをご紹介してまいりました。

      わざわざ転職エージェントを利用しなくても、転職サイトで求人を探すだけでも十分カバーができそうですよね。

      ここでは不動産業界への転職時に転職エージェントを利用するメリットを解説していきます。

      POINT

      • 自分に合った求人を紹介してもらえる
      • 非公開求人を紹介してもらえる
      • 働きながらでも転職活動を進められる
      • 選考の対策を行ってもらえる

      各ポイントを一つずつ解説していきます。

      自分に合った求人を紹介してもらえる

      • プロの視点からピックアップしてもらえる
      • 複数の企業への申し込みを全て任せられる
      • 自分では見つけられなかったような新たな出会いがある

        転職エージェントでは利用者の希望に合った求人を紹介してもらうことができます。

        転職サイトでは自分で条件を入力して求人を探す・応募と進めていく必要がありますね。

        しかし転職エージェントでは、自分専任のアドバイザーから提示した希望条件に合った求人を紹介してもらえます。

        これまで多くの求職者の求人紹介を行ってきているプロなので、安心して任せられますね。

        また面談時にヒアリングしたスキルや経験などを元にキャリアの棚卸が行われることも。

        自分では見つけることができなかったであろう、新たな出会いがあるのも魅力の一つと言えるでしょう。

        非公開求人を紹介してもらえる

        転職エージェントを利用するメリット2つ目は、エージェントが保有する非公開求人を紹介してもらえることです。

        非公開求人とは、採用活動を公に行っておらず、エージェントにのみ求人を卸している求人のことを指します。

        競合企業に採用活動をしていることを知られたくない・人気の枠のため人数を絞って選考を進めていきたいという企業などが非公開求人として募集を行います。

        一般的に非公開求人は、高待遇な条件のものも多いのが特徴。

        非公開求人は、転職エージェントを利用する大きなメリットとも言えるでしょう。

        働きながらでも転職活動を進められる

        転職エージェントでは、求職者が働きながらでもフルパワーを発揮できるように、様々なサポートが行われています。

        • 求人紹介
        • 応募企業とのやりとりの代行
        • 面接・書類などの選考対策
        • 内定後の条件交渉

        実際に転職活動が本格化してくると、企業とのやりとりの回数が増えてきます。

        日程調整やその他の連絡など、何回もやりとりを交わすのでは働きながらでの活動となるとすぐにレスポンスをするのが難しくなってしまいますよね。その分、活動の進みも遅くなってしまいます。

        しかし転職エージェントでは、企業とのやりとりは全て代行して貰えます。そのため自分は面接対策などに時間を割くことができるので、効率的に転職活動を進めていくことが可能です。

        より希望にあった転職を目指すためにも

        転職活動を行う際、できれば現職をやめずに並行して活動することをおススメします。

        転職エージェントに登録をしたとしても、すぐに内定が出るとは限りません。

        どうしても転職活動は運やめぐりあわせとも言われます。

        すぐに決まることもあれば時間がかかることもありますし、さらに自分の希望を突き詰めるために内定が出ても転職活動を継続するケースも少なくありません。

        その際に収入が絶たれてしまうと、そこで選択肢が狭まれてしまうことも。

        より納得のいく転職を目指すためにも、今の会社を辞めずに活動をスタートさせましょう。

        選考の対策を行ってもらえる

        エージェントでは、履歴書や面接の対策なども行ってもらえます。

        基本的なマナーや、実技練習の他にも書類の添削などもしっかりと対応して貰えます。

        初めての転職活動という人にこそ、おすすめしたいサービスです。

        またアドバイザーは、応募した企業にフィードバックをもらっていることが多いです。

        一人で転職活動を進めていると、どこの要素が結果につながったのかが判断がしにくいですよね。

        そのため次にやらなくてはいけない課題がわからず、なかなか次に進めずに悩むケースも多いです。

        しかしエージェントではアドバイザーからフィードバックをもらえるので、次にどのように生かすことができるのかが明確にできます。

        不動産業界への転職を成功させるためのポイント

        より納得のいく転職を目指すには、エージェントを受け身で利用していてもあまり意味がありません。

        より転職活動を成功させるためには、いくつかポイントを押さえることが大切です。

        ここでは、押さえておきたいポイント解説していきます。

        • なぜ不動産業界への転職を目指すのかを明確にする
        • 希望する業種の仕事内容を把握しておく
        • 給料や契約内容もしっかりチェック
        • 今の現状との変化もしっかり考慮しておく

        なぜ不動産業界への転職を目指すのかを明確にする

        なぜ不動産業界に転職をしたいのかを明確にしましょう。

        稼げるからなのか・仕事内容なのか・憧れの会社なのか、自分が選択する理由をしっかり明確にしましょう。

        その上で自分がイメージしているものと、実際の内容に齟齬がないかをしっかり確認をすることが大切です。

        自分が不動産業界を目指す理由を明確にすることで、転職活動での軸も定まり、志望動機などもしっかりと固まってきます。

        また自分のイメージがしっかりと確認ができていないと、いざ働いてみると「思っていたものと違った…!」と、後悔してしまうことも。

        そこで再転職活動となってしまうと、時間やコストもかかる上に経歴にも傷がついてしまいます。

        まずは転職活動前に、自分の希望する理由を明確にしましょう。

        希望する業種の仕事内容を把握しておく

        自分が希望する業種・職種の仕事内容もしっかり把握しておきましょう。

        例えばただ稼げそうだからという理由だけで決めても、不動産業界の中でも職種によって大きく待遇が異なることもあります。

        自分が不動産業界を希望する理由を把握しておくこととも共通しますが、イメージと実際の内容に差がないかをしっかりと確認しておきましょう。

        また自分が目指すところが、希望する業種と合致しているかを考えることも大切です。

        希望と自分の実力などを考慮してキャリアプランの計画を立てて、転職活動に臨むように心がけましょう。

        給料や契約内容もしっかりチェック

        転職活動時には、希望する企業の契約内容や給料などもしっかりとチェックするようにしましょう。

        契約内容がしっかりと定まっていないと、いざ入職した時にギャップが生まれやすいです。

        転職活動時には、契約内容もしっかりとチェックをしておきましょう。

        現状との変化もしっかり考慮しておく

        入社が決まったあとと今の生活がどのような変化が起こるかもしっかりと把握しておきましょう。

        今よりも稼ぎたい!希望の業種に挑戦したい!と思っても、生活環境がガラッと変わってしまうと、そこのギャップにもやられてしまうことも。

        そのためそこの違いも把握しておくことで入社後のギャップが生まれにくいのもあります。

        転職エージェントではコツを押さえて利用することが大切

        不動産業界のキャリアを見据える

        不動産業界への転職活動では転職エージェントを利用することが大切です。

        しかしただ受け身で利用していても、あまり意味がありません。

        そこで転職エージェントを120%活用するために、いくつかコツを解説していきます。

        • 希望条件は妥協しない
        • アドバイザーとは定期的に連絡を取る
        • これまでの経験やスキルは正直に申告する
        • 一度応募した企業に重複して申し込まない
        • 自分でも応募する企業をしっかり調べる
        • 複数のエージェントを活用して進める

        ポイントを一つずつ解説していきます。

        希望条件は妥協しない

        転職において、希望条件は妥協せずにしましょう。

        もちろん高望みすぎるのもよろしくないですが、あまりにも妥協してしまうと、転職活動後に後悔をしてしまいかねません。

        アドバイザーとは定期的に連絡を取る

        担当のキャリアアドバイザーとは定期的に連絡を取るように心がけましょう。

        アドバイザーからはすぐに連絡が取りやすい人とアピールしておくことが大切。

        転職エージェントでは、担当のアドバイザーから求人紹介が行われます。

        非公開求人や、良案件の求人は企業から急に依頼が来ることも多く、エージェント内の求人検索に登録される前に、現状の利用者に優先して紹介されることもあります。

        その際にアドバイザーとしてはすぐに連絡が取りやすい人や転職への熱意がある人に優先して紹介を行うことが多いです。

        少しでもいい求人を紹介してもらうためにも、アドバイザーに優先されやすい人として認識をされる必要があるでしょう。

        そのため、アドバイザーへの連絡は1日1回程度は返信をするようにするなど、定期的に連絡を取るように心がけましょう。

        これまでの経験やスキルは正直に申告する

        エージェントに申告をする経験やスキルは正直に申告をするようにしましょう。

        転職活動をスタートさせる際には、担当のアドバイザーとの面談にて、転職先の希望条件やこれまでの経験・スキルのヒアリングを行います。

        ここでのヒアリングを元に求人紹介などが行われるため、嘘をつかず正直に申告をしましょう。

        ウソの経験で入社が決まったとしても、実際に働いていくなかで辛い思いをするのは自分です。

        また場合によっては、虚偽の申告をしたとして内定・入社の取り消しや、虚偽申告として罪に問われてしまうことも。

        あとあと辛い思いをしかねないため、自分のスキルや経験は正直に申告をするようにしましょう。

        スキルに自信がなかったとしても、エージェントのスタッフがヒアリングの中で新たなキャリアの棚卸をして貰えることもあります。

        一度応募した企業に重複して申し込まない

        過去に応募をしたことがある企業を紹介された場合、たとえ違うエージェントから紹介をされたとしても重複して申し込むことが無いようにしましょう。

        複数の転職エージェントの利用を行うと、もうすでに他社で紹介された求人を紹介されることもあります。

        基本的に転職先への応募は、1社につき1回のみです。

        企業としても過去に選考をしたことがある人物が再応募をしてきた場合、エージェントへのクレームの対象にもなりかねません。

        また間違って再応募をしてしまったということが無いように、応募済の企業をメモをしておく・エージェントに応募したことがある企業を申告をして、重複して紹介をしないようにしてもらうことも効果的です。

        自分でも応募する企業をしっかり調べる

        キャリアアドバイザーは多くの転職希望者への支援実績がある転職のプロです。

        しかし必ずしもそこが自分に合う企業とは限りませんし、実際に働いてみたら思って居たところと違った…なんてこともないとは言い切れません。

        そのため紹介をされた企業であったとしても、自分でもその応募企業のことをしっかりと調べるようにしましょう。

        企業サイトはもちろん、転職の口コミサイトなどもチェックをしてくことが大切です。そこの下調べがあって初めて、志望動機や面接への対策も根拠があるものを用意することができるでしょう。

        複数のエージェントを活用して進める

        実際に転職活動を本格化していくのであれば、気になるエージェントを複数利用しましょう。

        一つのエージェントに集中して利用するのももちろん良いです。

        しかしそうなると、一人のキャリアアドバイザーのみの意見を取り入れることとなってしまい、方向性が傾いてしまいかねません。

        最初のうちは複数のエージェントを利用していきながら、それぞれのアドバイザーからの意見を取り入れることをオススメします。

        多角的な意見をとりいれることで自分の軸が見えてくるようになりますし、エージェントそれぞれの非公開求人をチェックできるのも強いです。

        そのため気になるエージェントを2~4社ほど登録をして、進めていく中で自分が良いなと感じるエージェントに絞って利用するのも良いでしょう。

        不動産業界への転職時に気になること

        ここでは、不動産業界への転職時に、気になることをまとめました。

        未経験でも不動産業界に転職できる?

        新たに不動産業界に挑戦したい…!

        未経験でも転職はできるものなのかな…?

        不動産業界は未経験でも挑戦しやすい業界です!

        転職を機に新たに不動産業界に挑戦する人も増えているのです。

        不動産業界自体は、賃貸仲介・営業・事務などであれば、専門的なスキルがなくても比較的に挑戦しやすい業界と言えるでしょう。

        業界未経験だけど、新たに挑戦したい!ということであれば、不動産仲介業などは挑戦しやすいでしょう。

        しかし中には、都市開発や法人向けの物件売買などは若干ハードルが上がる傾向があります。業界未経験者は挑戦しやすい業種や、求人票に「未経験OK」と記載されている求人をチェックすると良いでしょう。

        不動産業界未経験でも転職可能?転職を成功させるポイントとは?
        不動産の販売や仲介業など、年々人気を集めている不動産業界ですが、未経験でも利用できるのかが気になるところ。 結論から申しますと、未経験でも挑戦ができる環境です。 しかし、それは不動産業界の中でも職種や年齢によっても大きく異なると...

        とっておいた方は良い資格はありますか?

        業種にもよりますが、宅建士(宅地見物取引士)は取得しておくことをオススメします。

        宅建士とは、不動産会社で売買・仲介などができるようになる国家資格です。

        宅建士を持っているだけで、転職活動時に優遇されやすかったり、資格手当が別途支給されることもあります。

        合格率自体は一般的に15%~17%など決して高くは無いものの、国家資格の中では比較的に挑戦しやすいと人気の資格です。

        不動産業界を目指すのであれば、並行して勉強をしておくのも良いでしょう。

        本当にオススメの稼げる資格ランキング!給料が多い仕事に就きたいなら資格取得だけが選択肢ではない!
        「稼げる資格って何があるの?」 「給料が多い仕事がしたい」 このように、給料が多い仕事にはどんなものがあるのか気になっていませんか? 年収1,000万円を超えるような仕事には、たとえば医師や弁護士など、難易度の高い国家資格を必...

        不動産業界への転職を成功させよう!

        不動産業界への転職活動を行うのであれば、不動産業界に強いエージェントを活用することが大切。

        しかし、転職エージェントでもそれぞれ強みが異なります。

        より不動産業界への転職を成功率を高めるのであれば、ただネットの口コミがいい人気のエージェントを登録するのではなく、自分の希望する業態や年齢にあったサービスを使っていきましょう。

        不動産業界への転職に強い転職エージェント

        • リクルートエージェント
        • dodaエージェント
        • パソナキャリア
        • JACリクルートメント
        • アルヒキャリア
        • マイナビ施工管理
        • 不動産&建設転職エージェント
        • いえらぶ不動産転職
        • 不動産キャリアエージェント

        またはじめのうちはいくつか登録をしておき、転職活動が本格化していく際に自分に合ったサービスにシフトしていきましょう。

        20代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング
        20代の転職活動の成功の確率を上げるには、利用する転職サイト・エージェント選びがカギを握っています。 ここでよい転職サイト・エージェントを利用できないと、なかなか自分の希望の仕事が決まらない、仕事を紹介してもらえない…なんてことになり...
        30代向け転職エージェントランキング!30代の転職を戦略的に進めるコツも併せて解説
        転職活動を行う方法には、求人サイトから求人のチェックを行うことやハローワークや転職エージェントに登録を行って、転職サポートを受けるという方法などがあります。 しかし転職エージェント・サイトも多くのサービスが乱立している現在、本当に良い...
        40代の転職活動を成功させる方法とは?【キャリアコンサルタント直伝!】
        転職活動を成功させるには、自分の年代に合った対策を行うことが大切です。 特に40代は、自分の年齢や経験などを踏まえた上で、しっかり計画的に進めていく必要があるでしょう。その為にも、転職サイト・エージェント選びも非常に重要になってきます...
        東京都のおすすめ転職エージェント厳選7選!東京での転職を成功させるコツとは?
        東京で転職活動を行う場合、どの転職エージェントを利用していけばいいのか悩んでしまいますよね。 多くの企業が集まる東京では、転職エージェントの種類も多岐に渡ります。転職成功に導くためには、転職エージェント選びも重要になってくるのです。 ...

        コメント