フリーターから正社員になるための方法とは?そもそも就職できるのか解説

フリーターの就職・転職

「フリーターをしているけれど、正社員になりたい…」
「フリーターから正社員になることってできるのかな?」

フリーターで、このような疑問を持っている方は多いです。

正社員に内袋とは思っているものの、そもそも正社員になれるかどうかがわからないということですね。

結論から言うと、フリーターから正社員になるためには、スキルや経験がなくても問題ありません。

就職先を選ばなかったり、就活時の注意点を理解したりしておくだけでも、正社員として雇われやすくなります。

この記事では、フリーターから正社員になるための方法について具体的に解説します。

これから、フリーターから正社員になりたいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

高卒フリーターが正社員として就職する上で知っておきたい大切なポイント

  1. フリーターから正社員に就職することはできる?
    1. フリーターとしての継続年数が重要
    2. フリーターから正社員になる年齢が重要
  2. フリーターから正社員を目指すための考え方
    1. 就職することが通過点でしかないと考える
    2. 就職する目的をはっきりさせる
    3. まずは自分自身を研究する
    4. 履歴書の書き方を勉強する
      1. 履歴書
      2. 職務経歴書
    5. ビジネスマナーを完璧にする
      1. 身だしなみが整っているか
      2. 礼儀やマナーがあるか
      3. 言葉遣いがおかしくないか
    6. 内定が取れるまで諦めない
  3. フリーターから正社員になるための方法
    1. インターンを利用する
    2. フリーターとして働いている会社で正社員になる
    3. 転職活動をおこなう
    4. 転職サイト・エージェントを利用する
  4. フリーターが正社員になれずに抱えてしまう不安とは
    1. 貯金ができない
    2. 将来性がない
    3. 世間的な目が怖い
    4. 社会的な信頼がない
    5. 給料が月によって異なる
    6. 給料や待遇が悪い
    7. 周りの友人や知人が結婚していく
    8. 周囲の人間に取り残されてしまう
    9. 年金がもらえない
  5. フリーターから正社員になるメリットを紹介
    1. 社会的な信頼性があがる
    2. 福利厚生がしっかりともらえる
    3. 将来を見据えた貯金ができる
    4. 退職金をもらえる
    5. 不安から解消されてストレスがなくなる
    6. 経済的な余裕ができる
    7. 結婚を考えられるようになる
  6. フリーターから正社員になるためにおすすめの業種
    1. 営業職
    2. 販売職
    3. 事務職
    4. コールセンター
    5. 介護職
    6. 工場職
    7. エンジニア
  7. フリーターにおすすめの転職サイト・エージェント
    1. ハタラクティブ
    2. UZUZ
    3. JAIC
    4. リクナビNEXT
    5. DYM就職
  8. 【まとめ】フリーターから正社員になるための方法

フリーターから正社員に就職することはできる?

先程も言いましたが、フリーターから正社員になることは可能です。

しかし、誰でも簡単にフリーターから正社員になることは難しいです。

そもそも、新卒や中途採用ですら、難しいと言われているので、当たり前といえば当たり前でしょう。

フリーターから正社員になるためには、以下のポイントを知っておく必要があります。

  • フリーターとしての継続年数が重要
  • フリーターから正社員になる年齢が重要

これらのポイントについてそれぞれ解説します。

フリーターとしての継続年数が重要

フリーターから正社員になるためには、フリーターとしての勤続年数がとても重要です。

フリーターとしての期間がどのくらい長いかによって、就職できる確率が変わります。

具体的には、フリーターとして働いている期間が長ければ長いほど、就職できる確率が下がるということを覚えておきましょう。

フリーターとして働いている期間が5年以上になると、正社員として就職できる確率が2割り程度にまで落ちてしまいます。

逆に、フリーターとして働いている期間が1年未満であれば、正社員になれる確率が7割り程度です。

このように、フリーターとして働いている期間が短いほど正社員として就職できる可能性が高いことを覚えておきましょう!

ただし、フリーターとして働いている期間が半年未満の場合には、逆に正社員として雇ってもらえる可能性が下がります。

なぜなら、すぐに仕事を辞めてしまうと思われるからですね。

フリーターとしての最適な期間としては、6ヶ月以上1年未満ですね。

この期間の間にフリーターから正社員として就職するようにしましょう。

フリーターから正社員になる年齢が重要

フリーターから正社員として働くためには、年齢がとても重要です。

まずは、以下のデータを確認してみましょう。

フリーターの人数正社員移行率
15-19歳348人29.9%
20-24歳2,364人32.7%
25-29歳3,081人25.5%
30-34歳3,198人18.1%
35-39歳3,197人15.5%
40-44歳3,517人15.6%
合計/平均15,705人20.9%

こちらのデータによると、24歳未満のフリーターであれば、正社員に就職できる確率が30%を超えています。

しかし、30歳を超えてしまうと、一気に10%も確率が下がります。

このように、30代でフリーターとして働いていると、正社員になることが極めて難しくなることを覚えておきましょう。

正社員になりたいと思っているのであれば、できるだけ若いうちに正社員への就職をしてください

30代のフリーターが正社員に就職する方法!どうすれば脱フリーターができるのか

フリーターから正社員を目指すための考え方

続いては、フリーターから正社員を目指すための考え方について解説します。

フリーターから正社員を目指すための考え方は以下のとおりです。

  • 就職することが通過点でしかないと考える
  • 就職する目的をはっきりさせる
  • まずは自分自身を研究する
  • 履歴書の書き方を勉強する
  • ビジネスマナーを完璧にする
  • 内定が取れるまで諦めない

これらの考え方についてそれぞれ解説します。

フリーターが就職面接を受ける時に絶対に知っておくべきこととは?

就職することが通過点でしかないと考える

フリーターから正社員になるとなれば、それは大きな達成感があるでしょう。

しかし、就職することは通過点でしかありません。

そのため、フリーターから正社員になっても、そこをゴールだと思わないようにしましょう。

正社員として就職した後のことまで考えていれば、以下のようなメリットがあります。

  • 出世までの時間が縮まる
  • 正社員としての職歴を得て、ハイクラス転職を目指せる
  • 専門的なスキルを得て、転職やフリーランスを目指せる

このように、正社員として働いてからのことまで考えておくことが必要です。

正社員として就職することはあくまでも通過点でしかありません。

そのため、その先のゴール地点まで考えておく必要があります。

その先まで考えていることを、面接で伝えられれば、しっかりと将来を見据えていると思ってもらえるので就職できるかのプセ芋高まるでしょう!

いいことしかないので、就職がゴールだと思わずに、その先の目標を立てておきましょう。

就職する目的をはっきりさせる

そもそも、なんで正社員に就職をしたいのでしょうか?

なんのために正社員に就職するのか、目的を明確にする必要があります。

お金が稼ぎたいからと言う理由であれば、フリーターでも問題ありませんよね。

正社員として働きたい理由を説明できるようにしましょう。

よくある理由としては、以下のようなものですね。

  • 経験を積んでキャリアアップを目指したい
  • ボーナスや福利厚生などをもらいたい
  • 磨きたいスキルが明確、将来の目標が決まっている

このような理由で、正社員として就職をしたいと考える方が多いです。

正社員になりたいのであれば、フリーターを辞めたいと思っているだけではなく、明確な理由を考えておきましょう!

そうすることで、自分自身のモチベーションにもつながるのでとてもおすすめです。

まずは自分自身を研究する

フリーターから正社員になる前に、自分自身の研究してみましょう。

自分自身が向いている仕事や強みを活かせる仕事を理解できていないと、就職してから後悔してしまう可能性があります。

また、自分自身の強みを理解しておくだけでも、就職活動で志望動機をしっかり伝えられる用になりますよね。

このようなメリットがあるので、自分自身の研究から始めることがおすすめです。

自分自身の研究というと、難しく感じるかもしれません。

しかし、以下のように考えるだけでOKです。

  • 「自分は一人で黙々と仕事をするのが好きだな」
  • 「コミュニケーションはあまり好きじゃない…」

これだけでも、ある程度業種を絞ることができますよね。

自己分析は、就職活動において最も重要と言っても過言ではないので、しっかりとおこないましょう!

履歴書の書き方を勉強する

正社員に就職するとなれば、履歴書や職務経歴書を用意しなければなりません。

しかし、正社員として働いたことがない場合、書きなれていませんとね。

そこで、まずは履歴書や職務経歴書の書き方を勉強する必要があります。

そもそも、履歴書と職務経歴書の違いもわかっていないかもしれません。

履歴書は、ご自身の自己PRや自分自身の紹介をするためのものです。

一方で、職務経歴書はこれまでの仕事の経験を伝えるためのものです。

この2つを書く必要があることを覚えておきましょう。

それぞれの書き方について紹介します。

フリーターの就職で書くべき履歴書とは?どんな履歴書がNGなのか

履歴書

履歴書に関して言えば、自分がこの会社を選んだ理由や仕事への意思を伝えることが必要です。

基本的に、以下の項目が重要です。

  • 学歴
  • 志望動機
  • 自己PR

学歴に関しては、嘘偽りなく書けば問題ありません。

志望動機に関しては、「なぜこの会社に応募したのか」や「この会社に入らなければできないこと」について書くことがおすすめです。

自己PRについていえば、自分の紹介をします。

今まで苦労してきたことや達成感があったことなどを紹介しましょう。

わかりやすく簡潔にまとめることがおすすめです!

職務経歴書

職務経歴書では、今までどのような仕事をしてきたのかについて書くための書類です。

職務経歴書にまとめる内容は以下のとおりです。

  • 過去の仕事内容
  • 職務経歴
  • 持っている資格やスキル
  • 自己PR

過去の仕事内容については、その仕事でおこなっていた内容を要約することです。

職務経歴は、新卒で入社したところから転職経験まで書く必要があります。

新卒で入社をしていないのであれば、フリーターとして勤めていたアルバイト先を記載しましょう。

また、持っているスキルや資格も記載する必要があります。

資格に関して言えば、取得した年と月を記載しましょう。

最後に、自己PRを記入するのですが、履歴書の自己PRとは違う内容を書きます。

職務経歴における自己PRは、仕事をする上でアピールできる部分を記載します。

そのため、自己紹介にならないように気をつけましょう。

ビジネスマナーを完璧にする

正社員として働くとなれば、必ず面接をしますよね。

そのため、最低限のビジネスマナーを覚えておきましょう。

特に、フリーターとしてしか経験がない場合、注意深く確認される可能性もあるので、気をつけてください。

基本的に、ビジネスマナーとして気をつけるポイントは以下の点です。

  • 身だしなみが整っているか
  • 礼儀やマナーがあるか
  • 言葉遣いがおかしくないか

これらについては面接中に確認されているので、注意してください。

それぞれについて解説します。

身だしなみが整っているか

第一印象は見た目で決まってしまいます。

そのため、だらしない格好をしているだけで、「この人は見た目に気を使えない人なんだな」と思われてしまいます。

そのため、清潔感がある髪型や服装を用意できるようにしましょう。

髪型や服装を整えるだけでも簡単に身だしなみを整えられるので、確認してみてくださいね。

礼儀やマナーがあるか

フリーターとはいっても、仕事をしている経験はありますよね。

そのため、最低限の礼儀やマナーはあるかと思います。

しかし、正社員として面接をするとなると、どうしても緊張してしまって、細かい仕草が崩れてしまう可能性があります。

相手は面接のプロなので、そのような仕草もすぐに見抜かれてしまいます。

緊張せずにいられるよう、準備しておきましょう。

言葉遣いがおかしくないか

面接では、言葉遣いも確認されています。

馴れ馴れしい言葉遣いになってしまうと、失礼な人だと思われてしまいますよね。

絶対に敬語を使って、呼称にも気をつけましょう。

わからないこともあると思うので、しっかりと面接前に確認しておくことが大切です。

内定が取れるまで諦めない

もしかしたら、内定が取れるまでに時間がかかってしまう可能性があります。

何社も面接で落ちてしまって、自分に自信をなくしてしまうこともあるでしょう。

しかし、それでも内定が取れるまで諦めてはいけません。

確かに、フリーターから正社員になることは簡単なことではありませんよね。

先程の表にもあったとおり、フリーターを長く続けていると、正社員になれる確率が下がってしまいます。

しかし、諦めてしまっては、どんどん正社員になることが難しくなってしまうので、思い立ったときに就職活動を終わらせるべきです。

本気で正社員になりたいと思っているのであれば、今すぐにフリーターから正社員になるための行動をしましょう。

フリーターから正社員になるための方法

実際にフリーターから正社員になるための方法がわからないと、行動できませんよね。

そこで、ここからはフリーターから正社員になるための方法について解説します。

フリーターから正社員になるための方法は以下のとおりです。

  • インターンを利用する
  • フリーターとして働いている会社で正社員になる
  • 転職活動をおこなう
  • 転職サイト・エージェントを利用する

これらの方法についてそれぞれ解説します。

インターンを利用する

フリーターからいきなり正社員を目指すのではなく、インターンを経てから正社員に就職することができます。

インターンとして経験を積むことによって、未経験ではなく経験者として就職活動を進めることができますね。

未経験ではなく、経験者として就職活動ができることはとても大きなメリットなので、インターンを探すこともおすすめです。

ただし、大学卒業後時間が経ってしまっている場合には、インターンを受け付けてもらえない可能性もあるので注意しましょう。

フリーターとして働いている会社で正社員になる

フリーターから正社員になるためには、何もまったくちがう分野で就職活動をしなくてもいいのです。

フリーターとして働いている職場で正社員雇用制度を利用することがおすすめです。

正社員雇用制度というのは、アルバイトやパートとして働いている労働者が、正社員に転換することができる制度です。

その企業毎に、正社員雇用制度の内容が異なっているため、絶対にフリーターから正社員になることができるわけではないです。

しかし、試して見る価値はありますよね。

一番手っ取り早く正社員になる方法なので、フリーターとして働かせてもらっている職場の社員の方に聞いてみることがおすすめです。

転職活動をおこなう

フリーターとして働いている職場ではなく、まったくちがう分野に就職したい方もいますよね。

そのような場合には、未経験OKの求人に応募をしましょう。

ただ、先程もお伝えしたとおり、フリーターとして働いている期間が長いと就職できる可能性がとても下がってしまうので注意です。

また、フリーターから正社員になる場合には、以下の点をはっきりさせておく必要があります。

  • 正社員としてではなく、フリーターとして働いていた理由
  • なぜ正社員として働き始めたいと思ったのか

フリーターから正社員になるためには、上記の質問を避けて通れません。

しっかりと、答えられるように準備しておきましょう!

転職サイト・エージェントを利用する

転職活動をするといいましたが、フリーターから正社員になるには難易度が高いです。

そのため、就職をサポートしてくれる人が必要ですね。

そこでおすすめなのが、転職サイトや転職エージェントです。

転職サイトや転職エージェントを利用することで、転職をサポートしてくれるエージェントが付いてくれます。

希望している条件の求人を紹介してくれたり、就職に対する不安の相談に乗ってくれたりと、親身になってくれます!

特に、正社員として働くことが初めてのフリーターにとってはとても心強い味方ですよね。

フリーターから正社員に就職したいのであれば、転職サイトや転職エージェントを利用しましょう!

転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?

フリーターが正社員になれずに抱えてしまう不安とは

フリーターが正社員になれずに抱えてしまう不安について紹介します。

このままフリーターとして働いていていいのだろうかと疑問に思う方は多いです。

その疑問がやがて不安に変わり、フリーターでいることが嫌になってしまうでしょう。

そこで、フリーターが正社員になれずに抱えてしまう不安について解説します。

フリーターが正社員になれずに抱えてしまう不安は以下のとおりです。

  • 貯金ができない
  • 将来性がない
  • 世間的な目が怖い
  • 社会的な信頼がない
  • 給料が月によって異なる
  • 給料や待遇が悪い
  • 周りの友人や知人が結婚していく
  • 周囲の人間に取り残されてしまう
  • 年金がもらえない

これらの不安要素についてそれぞれ解説します。

フリーターの悲惨な末路を回避するためにはどうすればいい?

貯金ができない

実家で暮らしているフリーターの方であれば、貯金することもできますよね。

しかし、実家を追い出されてしまって、一人暮らしをしている場合には貯金が全くできません。

フリーターとしての収入では、一人暮らしをしていくのが精一杯で、貯金に回すお金がありませんよね。

また、フリーターとして長く働いていても、昇給や昇進することがないので、大きく収入が増えることがないです。

そう考えてしまうと、将来どうしていいのかわからずに、不安を感じてしまいます。

将来性がない

先程も少し触れましたが、フリーターとして長く働いていても、昇給や昇進することがないので、将来性を感じられません。

フリーターとして長く働いているからといって、スキルや資格が身につくわけでもないので、将来性がないことが多いです。

将来性を感じられないと、「このままでいいのかな?」という疑問がうまれ、やがて不安に変わるでしょう。

世間的な目が怖い

歳を重ねるごとに、世間の目が痛くなってきます。

日本では、基本的に大学を卒業してから新卒として働き始めますよね。

しかし、フリーターとして働いていると、新卒とは違います。

基本的に、正社員として働いている方が社会的に信頼されるので、フリーターとして働いていると、世間の目が気になるようになってしまいますね。

社会的な信頼がない

フリーターとして働いているだけでも、マイナスの評価になってしまう可能性があります。

ローンの審査を受けるときに、痛感することが多いです。

住宅ローンや車のローンの審査を受けるとなると、社会的な信頼性が重要視されます。

しかし、フリーターの場合には、収入が安定しているわけでも、今後収入が伸びる可能性があるわけでもないので、審査に落とされてしまう可能性が高いです。

このように、社会的な信頼性がないということに不安を感じてしまう方も多いですね。

給料が月によって異なる

フリーターとして働く場合、シフト制のことが多いですよね。

シフトを削られてしまう可能性もあるので、給料が安定しません。

時給で給料が発生するため、長時間働く必要がありますよね。

また、フリーターとして働いている職場が休みになってしまえば、その分お金を稼げなくなってしまいます。

このようなデメリットがあるので、不安に感じてしまう方もいます。

給料や待遇が悪い

アルバイトの場合、給料や待遇が低いです。

給料は高くても1,200円程度ですよね。

仮に、時給1,200円で1日8時間、一ヶ月に20日働いたとしましょう。

そうすると、192,000円の給料になります。

ここからは税金が引かれてしまうので、手取り16万円程度になってしまいます。

16万円程度だと少ないといえるでしょう。

また、福利厚生もしっかりとしているわけではないので、大した待遇を得られません。

周りの友人や知人が結婚していく

年齢を重ねていくと、周りの友人や知人が結婚していってしまいます。

フリーターとして働いていると、社会的な信頼がないため、結婚とは縁が遠くなってしまいます。

そのため、だんだん社会に取り残されていると思ってしまい、不安が大きくなります。

先程も言いましたが、フリーターとして働いていると、給料が少なく貯金をすることが難しいです。

そうなると、仮に結婚をしても養っていくことができません。

そのため、フリーターとして働いている限り結婚することは難しいと言えるでしょう。

周囲の人間に取り残されてしまう

結婚以外にも、昇進や昇給などの情報が入ってくることが多いです。

新卒から3年もすればだんだん給料が上がってきます。

周りの友人の給料が自分の倍くらいの給料をもらっているとなると、悲しくなってきますよね。

それと同時に、「自分はこのままでいいのだろうか」という疑問や不安を感じるようになります。

年金がもらえない

正社員として勤める場合、厚生年金がもらえます。

しかし、フリーターとして働く場合、国民年金しかもらえません。

国民年金は微々たるものなので、老後をそれだけで生きていくことは難しいです。

老後2,000万円時代と言われているのに、国民年金だけではどうしようもありません。

また、フリーターとして働いていても貯金できないので、老後の資金を作れませんね。

老後のことまで考えると、とても不安になってしまうでしょう。

フリーターから正社員になるメリットを紹介

続いては、フリーターから正社員になるメリットについて紹介します。

フリーターの方が抱えている不安に同意している方も多いはずです。

そのような不安が解消できるので、フリーターから正社員になることをおすすめします。

具体的に、フリーターから正社員になるメリットは以下のとおりです。

  • 社会的な信頼性があがる
  • 福利厚生がしっかりともらえる
  • 将来を見据えた貯金ができる
  • 退職金をもらえる
  • 不安から解消されてストレスがなくなる
  • 経済的な余裕ができる
  • 結婚を考えられるようになる

このようなメリットがあります。

それぞれ解説しますね。

社会的な信頼性があがる

正社員になるだけでも、社会的な信頼性が上がります。

アルバイトで生活していると伝えるよりも、会社員といわれたほうが信頼できますよね。

信頼性が上がる結果として、世間体もよくなるので、将来を見据えた行動ができるようになるでしょう。

福利厚生がしっかりともらえる

正社員になると、いろいろな福利厚生が使えるようになります。

例えば、フィットネスクラブの利用券や有給休暇を利用できるようになります。

フリーターとして働いていた場合、このような福利厚生はもらえないですよね。

福利厚生を使えるだけでも、生活が豊かになるのでメリットと言えるでしょう。

将来を見据えた貯金ができる

フリーターから正社員になれば、貯金をする余裕ができます。

単純に給料が上がることもありますし、ボーナスを貰えるからです。

ボーナスはその会社によって異なりますが、月の給料分もらえることが多いです。

そうなると、給料+ボーナスで40万円程度もらえることもありますよね。

このように、ボーナスが貰えればお金に余裕が出来て、貯金もできるようになります。

結果として、将来を見据えられるようになるので、結婚や老後まで意識できるようになるでしょう。

退職金をもらえる

正社員として働くことで、退職する際に退職金がもらえるようになります。

退職金によって、老後の生活ができるといっても過言ではないので、とても大きなメリットです。

フリーターとして働いていても、退職金がもらえないので、老後の生活が厳しくなってしまう不安がありますよね。

そのような不安が解消されるので、メリットといえます。

不安から解消されてストレスがなくなる

フリーターとして働いていると、いろいろな不安からストレスを感じてしまいますよね。

しかし、正社員として働き始めれば、そのようなストレスから開放されます。

給料面や世間体、将来の不安など一気になくなるので、生きていることが楽しくなるでしょう。

経済的な余裕ができる

給料が増えれば、経済的な余裕が生まれます。

いままでカツカツ生活をしていた方も、給料が増えることによって貯金までできるようになります。

その結果、経済的な余裕ができるので、ストレスを感じなくなるでしょう。

結婚を考えられるようになる

給料が増えて、貯金までできれば、結婚をする余裕が生まれます。

結婚を考えられるくらいの貯金ができれば、正社員として成功しているでしょう。

フリーターとして働き続けていたら味わえなかったことをたくさん味わえるようになるので、とても大きなメリットです!

フリーターから正社員になるためにおすすめの業種

転職エージェント

ここからは、フリーターから正社員になるためにおすすめの業種について解説します。

前提として、何らかの目標や夢があるのであれば、それを追いかけて就職することがおすすめです。

しかし、フリーターとして働いていることに不安だから就職したいと考えている方も中にはいますよね。

そのような方におすすめの業種を紹介します。

フリーターから正社員になるためにおすすめの業種は以下のとおりです。

  • 営業職
  • 販売職
  • 事務職
  • コールセンター
  • 介護職
  • 工場職
  • エンジニア

未経験でも、比較的に就職しやすい業種を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

フリーターのベストな就職先は?どうやって就職先を選べばいい?

営業職

営業職は、コミュニケーションが得意な方に向いている職種です。

営業職は、会社の売上に関わる人材なので、多くの人数を必要としている会社が多いですね。

相手のニーズを聞き取り、うまく商材を売ることができれば、給料も上がっていきます。

収入を伸ばしたいと考えている方におすすめの職種ですね。

販売職

フリーターから正社員になりやすい職種として、販売職があります。

販売職は、客のニーズに合わせて商品の説明や提案をうまくする必要があります。

お客様満足度を向上させることで、リピーターを増やすことも意識しなければなりません。

店舗スタッフになることが多いので、アルバイトやパートの育成なども必要になります。

クレーム対応や売上管理などもしなければならないので、仕事量は多いですが、その分やりがいも感じられるでしょう。

事務職

基本的なPC操作ができるのであれば、事務職がおすすめです。

事務関連をまとめておこなうのが事務職なので、書類の作成や確認、整理などをおこなうことになります。

客と接する機会がないので、接客が苦手な方やコミュニケーションに自信がない方におすすめですね。

ただ、倍率の高い業界になっているので、どうしても就職したい理由を用意しておく必要があります。

その会社に、自分を雇うメリットを提示しましょう。

コールセンター

フリーターから正社員になるためには、コールセンターで働くこともおすすめです。

コールセンターは電話を通して対応をする仕事ですね。

パソコンのスキルとコミュニケーションスキルを身につけることができるので、おすすめですね!

介護職

介護職は、高齢者や介護を必要としている方の手助けをする仕事です。

資格が必要だと思うかもしれませんが、資格や経験がなくても仕事に携わることができます。

日本では、今後も高齢化が進んでいくので、需要がどんどん伸びていくと想定できますよね。

そのため、求人数も多く、フリーターでも正社員になりやすいです。

仕事内容としては、介護施設の清掃や食事の用意などです。

体を使った仕事をしなければいけないので、自信がある方におすすめの仕事です。

工場職

工場職もおすすめです。

工場内でライン業務をおこなうことが一般的です。

担当する業務が決められていて、単純な作業ばかりなのですぐに仕事を覚えることが出来ます。

しかし、単純作業を繰り返すだけなので、面白みは感じられないかもしれません。

工場職は、黙々と作業をしたいという方におすすめです。

エンジニア

ITエンジニアと聞くと、「理系しか無理じゃないの?」や「頭がいい人しかできなさそう…」という印象を持たれているかもしれません。

しかし、ITエンジニアは人手不足している業界なので、比較的就職しやすいです。

もちろん、文系だった方でも問題ありません。

また、未経験OKの会社も多いため、フリーターから正社員になるためにはうってつけの業界といえるでしょう。

ITエンジニアになって、技術を身に着けられれば、ハイクラス転職やフリーランス化することもできるので、とてもおすすめの業種です。

フリーターにおすすめの転職サイト・エージェント

転職エージェントのスタッフ

最後に、フリーターにおすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。

フリーターが正社員に就職するとなれば、一人で1から活動することは難しいでしょう。

そもそも、就職活動をしていない場合もあるので、失敗してしまう可能性がとても高いです。

そのため、フリーターから正社員になるための手伝いをしてくれる転職サイトや転職エージェントを利用することがおすすめです。

フリーターにおすすめの転職サイト・エージェントは以下のとおりです。

  • ハタラクティブ
  • UZUZ
  • JAIC
  • リクナビNEXT
  • DYM就職

これらの転職サイトや転職エージェントについて紹介します。

おすすめフリーター就職サイト一覧!フリーターが就職しやすい業種も紹介
フリーターから正社員を目指す人におすすめ!就職サイト・エージェントランキング

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、既卒・第2新卒・フリーターの方が利用しやすい特徴があります!

なぜなら、未経験応募可能の求人がたくさん掲載されているからです。

経歴問わずに応募できる求人もあるため、フリーターが転職がしやすいですね。

サポート体制もしっかりとしていて、履歴書や職務経歴書の書き方についてレクチャーしてもらえます。

ただ、求人数は、大手の転職サイトや転職エージェントと比べて少ないので注意しましょう。

ハタラクティブ評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底解説

UZUZ

UZUZは既卒や第2新卒の転職に特化している転職サイト、転職エージェントです。

UZUZの強みは、丁寧なコンサルとスキル講座です。

特に、社会的なスキルやマナーに自信がない方は、UZUZの講座を受けることをおすすめします。

特に若手の就職に力を入れている転職サイトなので、フリーターとして働いている方におすすめですね!

UZUZの評判の真相は?口コミをもとに特徴を解説

JAIC

jaic

JAICは既卒や第2新卒、フリーター専門の転職サイトでしたが、いまでは幅広い層が利用できるようになっています。

JAICでは、研修に参加するだけで、書類選考無しで面接を受けることができるようになります。

そのため、フリーターとしてしか経験がない方でも、利用しやすい転職サイトですね!

ジェイックの評判は悪い?実際の口コミを参考にわかった真実

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、求人の多さが特徴的な転職サイトです。

20~50代に対応している求人があるので、好みの求人を見つけることもできるでしょう。

また、リクナビNEXTには、正社員の求人数が9割を超えています。

そのため、正社員雇用をしてもらいたい方におすすめの転職サイトです。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容

DYM就職

DYM就職では、学歴や職歴関係なく就職活動をおこなうことができます。

そのため、正社員になりたいフリーターに向いている転職サイトだといえますね!

また、IT業界の求人が多いので、IT業界に就職したいと考えている方にもおすすめです。

【まとめ】フリーターから正社員になるための方法

この記事では、フリーターから正社員になるための方法について紹介しました。

結論から言うと、フリーターから正社員になることは可能です。

しかし、難しいことも事実なので、しっかりとポイントを抑えて転職活動をおこないましょう!

フリーターから正社員になるための方法をもう一度まとめておきます。

  • インターンを利用する
  • フリーターとして働いている会社で正社員になる
  • 転職活動をおこなう
  • 転職サイト・エージェントを利用する

これらの方法を駆使して、フリーターから正社員に就職しましょう!

できるだけ早い段階で就職すれば、比較的成功率も高いです。

思い立ったが吉日、今日から転職活動をおこなってみましょう。

フリーターが就職するために必要な知識と就職の心構え

コメント