就職したいフリーターが考えておくべき3つのこと

フリーターの就職・転職

就職したいと思っているフリーターは少なくありません。

とはいえ、「どのような手順を踏んで、どのような事に気をつけながら就職すればいいのか」について困っている方も多いはず。

フリーターの方に言っておきたいのは、「後になればなるほど、時間が経てば経つほど、就職するのは難しくなる」ということです。

就職という選択に公開しないためにも、無駄な就職活動で時間を浪費しないためにも、円滑にフリーターから就職するための方法を学んでおきましょう。

1.フリーターは「とりあえず就職」くらいのノリでちょうどいい

現在フリーターとして収入を得ている方は、これから正社員への就職を考えていることでしょう。

その「正社員への就職」ですが、何も必要以上に入れ込む必要もありません。

「とりあえず就職」くらいの、軽い気持ちで就職へ望んだほうが、就職活動もうまくいくと私は考えています。

どうして「とりあえず」くらいの軽い意気込みが良いのか?詳しく説明します。

少しでも若いうちに職歴を作る

就職して、就職先の企業で働きだすと、「正社員の職歴」ができます。

対してフリーターとして何年働いたとしても、記録されるのはフリーターとしての職歴のみ。

就職活動では役に絶ちません。

まず、どうして「とりあえず就職」のノリを選んで欲しいかというと、早い段階で正社員の職歴を作ってもらいたいからです。

社会人経験はその後の面接で強い

職歴があれば、就職後転職するとしても、転職活動を有利に進めることができます。

社会人経験があると、企業が基本的な常識を研修で教えてくれるので、転職先の企業に「基本的な教育は必要ない」という認識を与えることができます。

もし、就職後何も教えてくれないような会社があれば、その会社ははっきり言ってろくな会社ではありません。

とはいえ…焦って適当な就職はNG

とはいえ、「どこでもいいから就職!」というのも違います。

とりあえず就職というのは、「自分にあっており、かつ就職しやすい企業にとりあえず就職」という意味で言っています。

就職するとしても、転職エージェントなど専門家を頼りながら就職の道を模索するのをおすすめします。

正社員を目指すフリーターにおすすめ!就職サイト・エージェントランキング
現在フリーターとして働いている方の中には、「いずれ正社員として働きたい」と思っている方も多いはず。 フリーターから正社員へ就職するための道筋は一つではありません。とはいえ、てきとうな就職活動を行って、フリーターから正社員になれるほど、...

2.フリーターの就職は過去のスキルを活かす

フリーターの就職だったとしても、通常の就職活動、転職活動と同じです。

現時点の自分がこれまで培ってきたスキルを活かして、そのスキルを面接官、採用担当に認めてもらうこと。

それが大切になります。

フリーター時代の接客スキル

接客業のバイト経験が長いなら、その接客スキルを活かしながら就職活動を進めるべきでしょう。

接客スキルといっても、そこに内包されるスキルは広いです。

色んな人と会話するスキル、相手の考えを慮る能力、観察眼など。

それら接客で培ったスキルを、いかに上手に面接などで表明できるかが、フリーターから就職するためのコツです。

フリーター時代にとった資格

フリーターは、拘束時間の長い正社員と比べて時間に余裕があります。

その時間を使って資格をとっていたなら、就職活動でもかなり有利となります。

その資格を活かして、自分が行きたい業界、業種への就職を行ってください。

就職するフリーターにおすすめの資格はどれ?
「今はフリーターだけど、ゆくゆくは正社員として安定した職につきたい」 なんて考えている方も少なくないはず。 しかし正社員経験なしの正社員への就職は、年齢や学歴など、条件にもよりますがかなり厳しいのも確か。 フリーターが就職...

「若さ」というスキルを活かす

あなたがもしまだ若いフリーターなら、それだけで就職活動では有利です。

若さというスキルは、企業にとって喉から手がでるほど欲しいスキルです。

若いということは、「まだ未来に空白が多い」ということだからです。企業はその空白にたくさんのスキルを詰め込む余裕もあるのです。

少しでも若い方が、就職活動を有利に進めることができます。

フリーターから就職する面接はしっかり準備する

フリーターから正社員への就職を行う際の面接は、しっかりと準備を重ねて行うことをおすすめします。

企業にとって「フリーターを雇う」リスクは計り知れません。

面接にて上手なアピールを行って、「この人ならうちに来てほしい」と思わせることが必要なのです。

面接で出てくる質問への答えを考えておく

まず、「どうして弊社で働きたいのか」という志望動機を作り込むところからはじめてください。

フリーター時代に何を思って、御社への就職を希望したのか。

続いて、「自分はどういう人なのか」という自己紹介も上手に行ってください。

そして最後「何か質問はありますか?」には、「何もありません」ではなく、「御社で働く上で一番必要な素質はなんですか?」など、就職活動への前向きさが伝わる質問を行ってください。

面接の質問定番「最近感動したことは?」にはなんて答えればいい?
面接でよくされる質問「最近感動したことは?」に対するベストな回答を探していきましょう。面接官はその質問で、面接を受けるあなたの人間性を探ろうとします。

「どうしてフリーターだったのか」の質問の答えを考えておく

「アルバイト期間が長いですが、どうしてですか?」

といった種類の質問は、かなりの確率でされると思ってください。

この質問にも、「資格勉強をしていた」「世界各国を回って社会勉強していた」など、フリーターの時代を活かして未来のための行動を行っていたことのアピールを怠らないでください。

フリーターを気にしないほどの魅力をアピールする

就職活動での面接、まとめると、「フリーターであることが気にならないほどの魅力をアピールする」ことが大切なのです。

フリーターが就職活動で不利なことをしっかり理解した上で、その不利さをはねのけるほどの上手なアピールで、就職活動を成功させてください。

3.フリーターから就職しやすい業界を狙う

フリーターからの就職活動は、決して簡単なことではありません。

しかし、「フリーターを受け入れてくれやすい業界」への就職ならば、比較的簡単に就職することができます。

つまり、最初から就職する業界へ狙いを定めて就職活動を行うことで、就職活動を成功させやすくなるということです。

IT業界

IT業界は、比較的フリーターでも簡単に就職できる業界です。

もちろん、「ある程度のIT知識」と「ある程度のITスキル」は必要になりますが、それさえあれば、IT業界でエンジニアになるのはさほど難しくありません。

なぜなら、IT業界は慢性的な人手不足だからです。

IT業界全体はお金周りが良いこともあり、キャリアアップも狙えるおすすめの就職先です。

介護業界

介護業界も、比較的簡単にフリーターから就職が可能です。

介護業界は仕事がハードであると同時に、給料がそれほど高くないため、人手が足りてない業界なのです。

介護士になるための資格取得も、それほど難しくないので、介護業界への就職もおすすめです。

アパレル業界

アパレル業界も、フリーターからの就職がそれほど難しくない業界です。

しかしアパレル業界は、安めの月給で働かされることを覚悟しなくてはいけません。

「好き」の強い気持ちが必要かもしれませんね。

飲食業界

フリーターから飲食業界への就職がおすすめなのは、アルバイトから直接就職できる点です。

アルバイト時代にそのお店を気に入ってたなら、フリーターから直接就職するのも視野に入れておいてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

就職したいフリーターが考えておくべき3つのこと、わかっていただけたでしょうか。

フリーターからの就職は、難易度が低いとは言い難いのが現状です。

もし持っているなら「若さ」というスキルを活かしながら、フリーター時代培ったスキルに乗じて就職してください。

コメント