フリーターから営業職へ就職できる?正社員になるためのコツとは?

フリーターから営業職へ就職できる?正社員になるためのコツとは? フリーターの就職・転職

フリーターから正社員になるのは難しいものですが、比較的正社員として就職しやすいのが営業職と言われています。

ここでは、営業職として正社員になりたいフリーターの方のために、役立つ情報をご紹介していきます。フリーターから正社員を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. フリーターと正社員の賃金格差はどれくらい?
  2. フリーターが営業職で正社員になるメリット・デメリットとは?
    1. 営業職になるメリット
      1. 採用枠が多く就職しやすい
      2. 成績次第で高収入を得られる
    2. 営業職になるデメリット
      1. 離職率が高い
      2. 成績が悪ければ給与が低い
  3. 営業職にもいろいろある!どんな営業職がおすすめ?
    1. 個人営業か法人営業か
      1. 個人営業
      2. 法人営業
    2. 新規営業かルート営業か
      1. 新規営業
      2. ルート営業
    3. 扱う商品やサービスの違い
  4. 営業職に向いている人向いていない人の違いとは?
    1. 営業職に向いている人
      1. 相手の気持ちを汲み取ることができる人
      2. 謙虚な気持ちで人と接することができる人
      3. 人の顔と名前を覚えるのが得意なマメな人
    2. 営業職に向いていない人
      1. 自己主張が強すぎて相手のことを考えられない人
      2. 面倒くさがりな人
      3. 他人に興味がない人
  5. フリーターが営業職で正社員になるためのコツとは?
    1. 自分に合った仕事を見つける
      1. 自分に向いている営業形態は何なのかを見極める
      2. 過去の経験を活かす
    2. 就職しやすいからと安易に就職先を決めるとブラック企業に入る危険大
      1. ブラック企業に入るとどうなってしまうのか?
      2. ブラック企業に入らないためには?
    3. どんな仕事もやるという覚悟を持つ
    4. 就職先を決める際に一人で悩まない
      1. 営業職という職種は選択肢が多く転職を成功させるのは難しい
      2. 転職のプロによるアドバイスをもらえる転職エージェントがおすすめ
  6. まとめ

フリーターと正社員の賃金格差はどれくらい?

フリーターと正社員の賃金格差はどれくらいなのかをご存知でしょうか?

厚生労働省が平成24年にまとめた、フリーターと正社員の賃金格差に関するデータを見てみましょう。
フリーターと正社員の賃金格差出典 フリーターと正社員の生涯年収格差 – 厚生労働省

左側の「学歴・雇用形態別の時間当たりの収入、年収」のデータを見ると、年齢が上がっていくほど、フリーターと正社員の時間当たりの収入と年収の差が大きくなっていくことがわかります。

特に、高校卒よりも大学卒の方が格差は大きく、大卒の場合40代になると正社員の年収はフリーターの3倍以上になっています。

右側の「正社員と正社員以外の雇用形態間賃金格差」のデータを見ても、若いうちは賃金格差があまり大きくなくても年齢が上がるとともに賃金格差が開いていき、定年を迎えると格差は縮まっています。

年齢が進むと結婚し子供を持つ人も多くなりますし、親の介護問題も持ち上がってきます。
そして、いずれは自分の老後の資金を確保する必要もあるでしょう。

若いうちはフリーターでも生活できるかもしれませんが、年を取っていくことを考えると早めに正社員になった方が良いことがわかると思います。

フリーターが営業職で正社員になるメリット・デメリットとは?

フリーターが就職する際には、他の職種に比べて営業職が最も正社員になりやすいと言われています。

しかし、営業職はノルマがあってきついのではないか、正社員になれたとしても仕事がきつくて辞める人が多いのではと考える人も多いのではないでしょうか。

そこで、フリーターが営業職で正社員になるメリットとデメリットを比較してみたいと思います。

営業職になるメリット

採用枠が多く就職しやすい

営業職のスタッフはどんな業界でも、ほとんどの企業で必要とされます。

なぜなら、営業担当がいなければ商品やサービスを売ることができず、企業として売上を得ることができないからです。

そのため、営業職は他職種に比べても採用枠が多く就職しやすいのです。正社員になるのが難しいフリーターにとって、採用枠が多く就職しやすいというのは大きなメリットではないでしょうか。

成績次第で高収入を得られる

営業職の収入は売り上げの多さによって決まることが多く、売上を上げれば上げるほど給料は上がっていきます。

そのため、正社員として長く働いていた実績は無くても、売り上げ成績次第で高収入を得ることができるチャンスがあります。

人とのコミュニケーション能力や営業手腕に自信がある人にとって、大きなメリットと言えるでしょう。

営業職になるデメリット

離職率が高い

営業職は他の職種と比べると離職率が高いと言われています。

その理由は、やはりノルマがきつく売れないことで上司から叱責されるため、ストレスを感じる場面が他職種よりも多いことが考えられます。

営業職の仕事をする以上、顧客に商品やサービスを数多く売って企業に売り上げをもたらさなければなりません。

売上を思うように出せないと課されたノルマを達成できず、上司から圧力がかかればストレスが溜まり、仕事を辞めたい、転職したいと思う人が多いのです。

成績が悪ければ給与が低い

営業職は基本給が安く、売上に応じた歩合給に応じて給料が上がっていくシステムが取られることが多くなっています。

これは、売れれば高収入を得ることもできますが、売れなければ収入が下がるということです。

常に売上アップを狙うことができれば良いですが、コンスタントに安定した収入を得たいという人にとっては大きなデメリットになるでしょう。

営業職にもいろいろある!どんな営業職がおすすめ?

営業職と言っても売るモノの違いや売る相手の違いによって、仕事内容は大きく変わります。
ここでは営業職を3つの分類に分けて考えてみたいと思います。

個人営業か法人営業か

個人営業

個人向け営業とは、個人の顧客に商品やサービスを売る形態のことです。

自動車や住宅などがその良い例で、個人の顧客を相手に営業活動を行います。個人営業の場合、一度売るとそれで終わりという売り切りのケースが多く、新たな顧客を得るために苦労が多いと言われています。

特に、飛び込み営業やテレアポの場合、もともと買う気がない顧客に対して営業をかけなければならないため売れないことが多く、精神的にきついでしょう。

法人営業

一方で、法人営業は企業同士の取引を行う際の営業です。

企業同士の取引ではお互いがビジネスの目的を持っているため、割り切って営業活動をできることが多くなります。

もちろん、新規の法人顧客を取りに行く際には苦労もありますし、大口の法人顧客や取引先を失った場合などは大きな損害を被るケースもあります。

ただ、企業同士に長期的な取引がある場合は、そこまで苦労が多くないと言われています。

このように、個人営業か法人営業かによって仕事内容や仕事のやり方は大きく異なります。どちらの方が良いかは一概には言えませんが、長期的な取引があり安定した営業活動が進めやすい法人営業の方が苦労は少ないと言われています。

新規営業かルート営業か

新規営業

営業形態が、新規顧客を獲得する新規営業か、それとも、長期的に取引がある顧客に対して営業活動を行うルート営業なのかによっても、大きく異なります。

特に、個人顧客を相手に新規営業を行うケースが最も苦労が多いと言われています。

例えば、保険の営業などは新規顧客を獲得し続けることが難しいため、ノルマを達成するために家族や親類、友人などにも保険の勧誘をしなければならないこともあります。

新規顧客を獲得できる営業手腕があり、どんどん売り上げを伸ばして高収入を上げたいという人には新規営業がおすすめですが、そうではない場合は苦労が多くあまりおすすめできません。

ルート営業

一方、ルート営業とは、すでに決まっている顧客を相手にどのような商品やサービスが必要かを定期的に聞きながら、長く顧客と付き合っていくための営業です。

すでに付き合いがある顧客を相手にするため、精神的な負担は少なくなります。

しかし、新たな顧客を得ることはできないため売り上げに大きく貢献することにはならず、収入面では新規顧客営業に劣ることが多いと言われています。

新規顧客を得るための苦労はしたくない、安定した収入を得たいという人にはルート営業が向いているでしょう。

扱う商品やサービスの違い

同じ営業でも、扱う商品やサービスによって仕事は大きく異なります。

例えば、不動産業界や住宅業界、自動車業界などは扱う商品の額が大きいため、一件案件が成立すればそれだけで大きな儲けにつながります。

その一方で、金額が大きいため案件を成立させるまでの苦労が大きいという面もあるでしょう。

また、扱う商品やサービスの知識が豊富でなければ、顧客に商品やサービスを購入するメリットを伝えることができません。

不動産業界なら土地や建物などに関する知識や法律的な知識が必要ですし、保険業界では次々と登場する保険商品の知識が必要になりますから、しっかりと勉強しなければ売り上げを維持することは難しいでしょう。

このように、同じ営業と言っても扱う商品やサービスが違えば、必要な知識や売り上げを上げるための苦労は大きく変わってくるのです。

営業職に向いている人向いていない人の違いとは?

営業職に向いている人向いていない人の違いとは?
では、営業職に向いている人と向いていない人の違いとは、いったい何なのでしょうか?
その違いについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

営業職に向いている人

相手の気持ちを汲み取ることができる人

営業職に向いているのは、コミュニケーション能力が高い人と良く言われます。

しかし、コミュニケーション能力というのは、一方的にこちらから相手に対して話をするだけではありません。

顧客が何を求め、何に困っているのかを考えずに、顧客が望まない営業活動をしても無意味なのです。

例えば、自動車を買う場合、顧客によって欲しい車やオプションは違います。

若い男性ならスピードが出るスタイリッシュな車が欲しいかもしれませんが、主婦なら子供が乗り降りしやすく車内が広い軽自動車の方が需要は高いでしょう。

車を買ったらそれで終わりではなく、アフターケアにこだわる人もいるはずです。

営業担当者としては、そんな顧客それぞれの要望に合った対応をしなければなりません。

それなのに、こちらが売りたい車だけをすすめるだけで、顧客が何を求めているのかを聞き出せないのであれば、顧客は離れて行ってしまうでしょう。

常に相手が何を考えているのか、何を求めているのかを考え、相手の気持ちを汲み取ることができる人は良い営業担当になれるはずです。

謙虚な気持ちで人と接することができる人

営業担当者は常に顧客に対して礼儀をわきまえた対応をしなければなりません。

しかし、顧客の前でだけ礼儀を正せば良いということではなく、普段から接客態度やマナーが身についていなければすぐにボロが出てしまうのです。

いくらうわべの態度を取り繕っていても、ふとしたことで普段の態度が出てしまうものです。

顧客はこの営業担当者から買っても大丈夫なのか、信用できるのかと営業担当のことを良く見ています。

顧客からすれば、大きな買い物をしたり長く付き合ったりする際には、信用できる営業担当でなければ買いたくないと思うのは当然のことです。

そのため、普段から謙虚な気持ちで人と接することができなければならないのです。

人の顔と名前を覚えるのが得意なマメな人

営業担当者には「マメさ」も求められます。

当然のことながら、顧客の顔と名前を覚えられなければ、営業担当は務まりません。

そして、この顧客とは以前こんな話をした、こういう商品がお好みだったなどという細かい情報もしっかりと頭の中に入れなければならないのです。

顧客からしてみれば、自分のことを覚えてくれないような営業担当の印象が良いはずありません。

また、顧客の細かい要望を覚えて顧客が必要な資料を用意する、顧客が好きと言っていたお菓子を用意するなどのマメな対応を続けることも必要になってくるでしょう。

営業職に向いていない人

では、逆に営業職に向いていない人とはどのような人なのでしょうか?

自己主張が強すぎて相手のことを考えられない人

相手の気持ちを汲み取ることができるのとは真逆な特徴として、自己主張が強すぎる人はあまり営業に向いていないかもしれません。

グイグイと相手に売りたい商品やサービスのことをアピールする自己主張の強さがあれば営業手腕があるようにも思えますが、相手のことを考えられないのは考え物です。

顧客から見てこの商品は値段相応なのかを考え、どんな商品なら買いたいかを考えなければ、いくら商品の良さを主張したところで売ることなどできません。

相手の立場に立って相手の気持ちを考えることは、やはり営業としての重要な要素なのです。

面倒くさがりな人

営業担当は様々な顧客の要望にこたえなければなりません。

そのため、自分が担当している顧客の好みに合わせて動く必要があります。

一人一人の顧客の好みや要望を覚えてそれぞれの対応を考えなければならない営業は、面倒くさがりな人ではとても務まらないでしょう。

他人に興味がない人

人に興味がないというのは、営業担当として致命的なことです。

ここまでご説明してきた通り、営業担当は顧客が何を欲しているか、どのようなことに困っているのかを知るためには、相手のことを良く知る必要があります。

そのためには、人に興味を持って動くことができ、人が好きでなければ務まらないでしょう。

フリーターが営業職で正社員になるためのコツとは?

フリーターが営業職で正社員になるためのコツとは?
フリーターが営業職として正社員になるためにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

これまでにご説明した営業職として就職するメリットとデメリット、営業職の仕事形態の違いから、フリーターが営業職として正社員になるためのコツについてご紹介したいと思います。

自分に合った仕事を見つける

すでにご説明したように、一口に営業職と言っても、顧客が個人なのか法人なのか、新規営業かルート営業なのか、そして扱う商品やサービスによって営業職の仕事形態は様々です。

大事なのは、自分がどのようなスタイルの営業職に適しているかを把握し、自分に合った仕事を見つけるということです。

自分に向いている営業形態は何なのかを見極める

同じ営業職でも営業形態の違いで仕事内容は大きく異なりますから、自分に向いている営業形態が何なのかを見極める必要があります。

例えば、個人営業を行う場合、客層の違いによって求められるものが違います。

老若男女問わず営業対応をしなければならない場合もあれば、特定の年齢層に対応しなければならない場合もあるでしょう。

お年寄りから若者まで年齢を問わず対応できるというのであれば、個人営業に向いているかもしれません。

逆に、そうでないのであれば、特定の年齢層の顧客を相手にする営業職を選ぶべきでしょう。特定の顧客と深く長く付き合う営業スタイルが自分に合っていると考えているならば、新規営業ではなくルート営業が向いているはずです。

過去の経験を活かす

同じ営業職でも、扱う業態によって仕事内容は全く異なるのは、すでにご説明した通りです。

扱う商品やサービスの知識は必要不可欠ですが、時にはより深く扱うモノに対する知識を深めなければならないこともあります。

そのため、フリーターとして過去に働いた経験の中で、業務知識や商品知識がある業界で営業職になることで過去の経験を活かすことができます。

モノをより多く売るための共通的な営業ノウハウはもちろん必要ですが、それにプラスして、それぞれの業界に関する業務知識や商品知識、専門知識が必要なことは間違いありません。

過去に働いた経験がある業界に就職すれば、活躍できる可能性は高まるはずです。

営業職と一口に言っても仕事内容は様々です。

その中で自分が活躍できる仕事を見つけることが、営業職として正社員になって成功できる最も重要なポイントではないでしょうか。

就職しやすいからと安易に就職先を決めるとブラック企業に入る危険大

営業職はフリーターが転職しやすい職種と言われていますが、安易に転職することでブラック企業に就職してしまう危険が高いとも言われています。

ブラック企業に入るとどうなってしまうのか、ブラック企業に入らないためにはどうすれば良いのかについてご説明しましょう。

ブラック企業に入るとどうなってしまうのか?

ブラック企業とは、企業の経営者や上司が従業員や部下の待遇や給与よりも売上のみを優先するような企業のことです。

特に、営業職の人材を使い捨てにし、売上を上げられないならば辞めても良いというひどい対応をするブラック企業は、非常に多いと言われています。

営業社員にノルマを課し、そのノルマを達成できなければ厳しく叱責される、社内で営業成績が悪い人をさらし者にするなどというひどい扱いを受けることもあります。

ひどいパワハラを受けて精神的に病んでしまう人は後を絶ちません。

ブラック企業に入らないためには?

もちろん、転職しやすい企業が必ずしもブラックであるということではなく、待遇の良い企業もあります。

しかし、フリーターの人が営業職の正社員になろうと就職活動をしている中で、すんなり内定がもらえてしまった場合は警戒すべきです。

ブラック企業はその待遇の悪さから社員が定着せず人手不足のため、誰でも良いから入社させようとし、使えなければ辞めても良いと考えています。

正社員になりたいフリーターの足元を見て、「正社員にすぐになれますよ」とすぐに内定を出し、社員を使い捨てにするのです。

ブラック企業に入って使い捨てにされないようにするためには、就職しやすいからと言って安易に決めないことが重要です。

給与条件や勤務時間、勤務日数などの勤務条件、有給取得状況や福利厚生制度などを詳しく確認することで、しっかりと企業の内情を知ってから就職するようにしましょう。

どんな仕事もやるという覚悟を持つ

営業職という仕事は、商品やサービスを売り顧客をつかむために「そこまでやるの?」というような多種多様な仕事をします。

営業職は顧客に気に入られることが第一ですから、顧客の希望を叶えるために思った以上に幅広い仕事をするのです。

例えば、家電や浄水器などの商品を顧客に売り込むために、ファミリー層に狙いを定めてイベントを行うのも大事な営業担当の仕事です。

その際には、子供相手にお菓子のつかみ取りや風船で人形を作るパフォーマンスをしなければならないかもしれません。

お年寄りを相手に、歌謡ショーのイベントを開催したり、ハッピを着てバナナのたたき売りをしたりすることもあるでしょう。

大事な取引先への接待はもちろん必要ですし、取引先の趣味に付き合ってゴルフをしたり草野球に駆り出されたりするのも良くある話です。

時には、何でこんなことまでしなければならないのか、と思うこともあるでしょう。

しかし、顧客に気に入られるためには、顧客が喜ぶことならどんなことでもしなければなりません。

逆に、どんな仕事もするという覚悟を持って営業職につくことで、フリーターが正社員になって成功する可能性が高まるのです。

就職先を決める際に一人で悩まない

フリーターから正社員として営業職になる際には、具体的にどのように就職活動を進めていけば良いのでしょうか?

営業職という職種は選択肢が多く転職を成功させるのは難しい

ここまでご説明してきた通り、営業職の幅は広く簡単に自分に合った就職先を見つけることができないということがわかっていただけたと思います。

しかも、選択肢の広い営業職に就職するだけでなく、フリーターから正社員になるという難しさもあります。

幅広い仕事の中から自分に合った正社員の仕事を見つけるためには、どうすれば良いのでしょうか?

自分にどのような営業職が向いているのか、どのような正社員の就職先があるのかを知るためには、一人で悩まないことが大事です。

自分のことは意外と自分ではわかっていないものですから、一人で悩むよりは第三者に悩みを相談しアドバイスをもらうのが良いでしょう。

転職のプロによるアドバイスをもらえる転職エージェントがおすすめ

就職の際に誰かにアドバイスをもらいながら進めたいところですが、就職に関するアドバイスをしてくれる人を見つけるのは、なかなか難しいものです。

そこで、おすすめなのが、転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントを利用すると、転職のプロであるキャリアコンサルタントが必ず担当につきます。

担当者がつくことで、求職者それぞれの希望条件に合った求人案件を個別に紹介してくれますし、フリーターから正社員になるための履歴書や職務経歴書の書き方や面接対応へのアドバイスも受けることができます。

また、転職エージェントには非公開求人というものがあり、一般的な公開求人よりも条件が良い求人が集まっています。

非公開求人の条件に合っていれば、給与面や待遇面で条件の良い求人を紹介してもらうこともできるのです。

キャリアコンサルタントは過去にフリーターから正社員への就職案件を何件も扱っており、転職ノウハウを持っています。

ですから、正社員として働いた経験がない人が一人で悩むよりも、正社員として就職を成功させる可能性は高まるでしょう。

まとめ

ここでは、フリーターが営業職で正社員になるために必要な情報についてお話してきました。
営業職は仕事の幅が広く、その中から自分に合った仕事は何なのかを見つけることが重要になってきます。

そして、自分の中の営業職として活かせるスキルや経験は何かを把握し、自分に合った就職先を見つける必要もあります。

そのためには、転職エージェントなどを利用して就職活動をすることをおすすめします。

コメント