フリーターが就職面接を受ける時に絶対に知っておくべきこととは?

フリーター就職面接フリーターの就職・転職

フリーターが正社員として就職をする際に避けて通れないのが、面接です。

フリーター歴が長いと面接の時に必ず「なぜフリーターをしていたのですか?」「正社員になりたいと考えたのはなぜ?」と聞かれます。

これにどう答えれば良いのでしょうか?

面接でどう答えるべきか、何をアピールするべきか、そして、面接の服装やマナーについてなど、フリーターが就職面接を受ける際に、絶対知っておいた方が良いことをまとめてみました。

面接を受ける前に、ぜひ参考にしてみてください。

目次

フリーターのままでいることはどれくらい損なのか?

フリーターが就職面接を受ける際のノウハウをご説明する前に、フリーターのままでいると金銭的な面でどれくらい損なのかについて見ていきたいと思います。

これを読めば、早く正社員になるべきだということがわかるでしょう。

フリーターと正社員の賃金格差

フリーターと正社員を比べると正社員の方が賃金は高いということは予想がつきますが、実際はどれくらいの格差なのでしょうか?

厚生労働省がまとめた、「平成29年賃金構造基本統計調査」から実際の賃金格差について見てみましょう。

賃金格差出典 平成29年賃金構造基本統計調査

このデータを見ると、男性の場合30代から60歳の定年に掛けて、正社員と正社員以外の賃金格差がかなり大きくなっていることがわかります。

女性の場合は出産、育児などで仕事のブランクがある人が多いため格差の開きはあまり大きくありませんが、正社員の方が賃金は高くなっています。

そして、このデータからわかることが、もう一つあります。

それは、正社員以外の場合、年齢を重ねても賃金はほとんど上がらないということです。

正社員なら年齢に応じて賃金が上がっていますが、正社員以外の場合賃金は上がらず、しかも年齢とともに仕事がだんだんできなくなっていくことになります。

なぜ企業は非正規社員を雇うのか?

次に、視点を少し変えて、企業はなぜ非正規社員を雇うのかについて見てみましょう。

厚生労働省がまとめた「平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査の概況」から、企業が正社員以外の労働者を活用する理由を見てください。

非正規社員を雇う理由出典平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査の概況

正社員以外の労働者を活用する理由として最も企業からの回答が多かったのが、「賃金の節約のため」という理由でした。

次いで、「1日、週の中の仕事の繁閑に対応するため」です。

人件費を節約し、従業員のシフトを確保したいという企業の考え方が良く表れています。

このようなデータを見ると、企業の思惑通り安い給料で働くより早く正社員になった方が良いということがわかります。

面接で必ず聞かれる!「なぜフリーターだった?」にどう答えるべき?

フリーターの人が就職面接を受ける際に、必ず聞かれるのが「なぜ今までフリーターだったのか?」ということです。

この質問に対する回答を用意しておかなければ、面接の場でスムーズに答えることができません。

ここでは、「なぜフリーターだったのか?」という質問にどう答えるべきかを、考えていきたいと思います。

そもそも企業はなぜこの質問をするのか?

企業はなぜフリーターの人に、フリーターだった理由を聞くのでしょうか?

企業側としては、求職者の過去の職歴がどういうものなのか、どういう人間性なのかということを気にします。

これから一緒に働くことになるのですから、不真面目で社会性が無い人を雇うよりは、常識的でまじめに働いてくれる人と一緒に働きたいと考えるのは当然です。

フリーターとしての経歴が長い場合、真面目に働く気がないのではないか、そもそも就職活動をしていないのではないか、社会人として何か問題があるのではなどと考える人もいます。

フリーターを長く続けていた人は、

  • 「フリーターなら仕事が嫌になってもすぐに辞められる」
  • 「正社員になって仕事の責任を負いたくない」

などという考えを持っていると思われがちなのです。

もちろん、フリーターでも正社員と変わらない仕事をしている、真面目に働いている人はたくさんいます。

しかし、フリーターだったというだけで、どうしてもこのような悪いイメージが付きまとってしまうのも事実です。

今までまじめにやってきた人は特に、この「なぜフリーター?」の質問に対してしっかりと対応を準備しておく必要があります。

そうすれば、面接の第一段階を乗り切ることができるでしょう。

ありのままの理由を話そう!嘘をついても逆効果!

なぜフリーターだったのかという質問に対しては、ありのままの理由を話すべきです。

変に嘘をついても面接官は必ず見抜いてしまうと思ってください。

そして、変にごまかしたり嘘をついたりするということは、何か問題があるのではないかと思われてしまい逆効果なのです。

例えば、フリーターを続けてきた理由が、次のようなことである人もいると思います。

  • 「なんとなく、正社員になりたくなかった」
  • 「就職活動に失敗した」
  • 「周りにフリーターの友達がたくさんいたから、別にいいと思った」

このような理由でフリーターを続けてきた人は多いと思います。このような、正直な理由として言ってしまっても問題はありません。

「フリーターをしながら、どうしてもやりたいことがあった」

などという特別な理由がある場合も同様です。

ただし、フリーターになった理由を嘘偽りなく説明しただけで終わってはいけません。

そこからなぜ正社員になりたくなったのかということを、より強くアピールすることが重要です。

フリーターを選んだ時は「なんとなくフリーターを選んだ」「何も考えていなかった」などと、あまりアピールできるような理由ではなかったとしても、そこからどう考えが変わったのかをアピールすれば良いのです。

正社員になりたいという思いを強くアピールすべし

フリーターになった理由を包み隠さず話したらそこで話を終わらすことなく、正社員になりたいと思った熱意をしっかりと」アピールしましょう。

  • 「この仕事を一生の仕事にしていきたいと思った」
  • 「フリーターで経験してきた仕事で、正社員になりたいと思った」

など、正社員になりたいと思った理由を具体的にアピールしていきましょう。

また、正社員になりたいと思う熱意が本物であることを証明するために、資格の取得を目指している、仕事に必要な知識を勉強しているなどという具体的な努力をアピールするのも効果的です。

過去の仕事経験のアピールで差を付けよう!

フリーター経験が長い人の中には、仕事の経験が豊富な人もいると思います。

面接では、その仕事経験をしっかりとアピールしましょう。

仕事のスキルや経験

フリーターをしていた時に経験した仕事のスキルや経験は、アピールポイントになります。

中には、正社員と変わらない仕事をしていた人もいるでしょう。

その場合は、しっかりとアピールするべきです。

仕事のスキルや経験をアピールする際には、具体的な仕事の内容と成果が面接官に伝わるように話しましょう

例えば、接客業を長く続けてきた人は、接客スキルや要領よく仕事をこなしていくスキルが身についているでしょう。

配達の仕事をしていたのであれば、体を動かす仕事ができますし、接客スキルも身についているはずです。

このような仕事のスキルや経験を、強くアピールしていきましょう。

コミュニケーション能力

どんな仕事をする上でも、人とのコミュニケーション能力が必要になります。

面接での受け答えの中で、転職して新しい環境に入って行っても職場の人とコミュニケーションをどんどん取っていけるというところをアピールしていきましょう。

また、接客業や販売業など、顧客とのコミュニケーション能力が求められる仕事をしていた場合も、アピールポイントになります。

リーダー経験やマネジメント経験

フリーターとして仕事をしてきた中で、職場での勤続年数が長くリーダー的なポジションについたことがある人もいるのではないでしょうか。

しかし、ただ単にリーダーだったというだけではアピールとして弱くなってしまいます。

バイトリーダーになった経験がある人、新人のバイトの教育係になったことがある人などは、より具体的にアピールしていきましょう。

例えば、チームのまとめ役だった、後輩のバイトが困っていた時にいつも相談に乗っていた、新人の教育マニュアルを簡単に作って対応していたなどという、具体的な仕事内容を説明すると良いでしょう。

そうすることで、どのような活動をしていたのかが具体的に伝わり、仕事を任せられるかどうかを面接官が判断することができます。

面接は第一印象で決まる!面接マナーをおさらいしよう!

面接でアピールする内容はもちろん大事ですが、第一印象も非常に大事です。

人は第一印象で8割が決まってしまうとも言われます。

そして、最初に見た時の印象が悪いと、それを変えるのは難しく短い面接時間内ではほぼ不可能です。

特に、フリーターという言葉から、良くない印象が先入観としてすでに植え付けられている面接官もいるかもしれません。

そのため、面接で第一印象を良くするためには、服装やマナーをしっかりと準備しておかなければならないのです。

ここでは、フリーター歴が長い人のために、面接当日の服装や髪型、面接マナーについてご説明していきます。

合否結果を大きく左右する!転職面接のマナー
転職面接でのマナーは、実は転職活動の合否に大きく関わります。面接のマナーで減点されてしまうのはあまりにもったいないです。

面接当日の服装や髪型

面接当日にどういう服装で行けば良いのでしょうか?

また、服装だけでなく、髪型も印象を決める重要な要素です。

面接は基本的にスーツ

面接時には、基本的にはスーツを着て行きます。

男性の場合、スーツやYシャツにしわが無いか、裾や袖にほつれが無いかなどをきちんと確認しておきましょう。

女性の場合は、上下そろいのスーツでなくとも構いませんが、ジャケットは必ず着用します。スカートかパンツかは、どちらでも可です。

スーツを着る際に注意したいのが、黒や紺の無地のスーツに白いYシャツやブラウスという、いわゆるリクルートスーツを着て行ってはいけないということです。

学校を卒業したばかりの新卒者と同じ服装では、社会常識を知らない学生のように見られてしまうからです。

また、派手なストライプが入ったスーツや一目見てブランド物であることがわかるスーツ、柄物や華美なYシャツなどは避けます。

面接は個性を出す場ではありませんから、一般的な常識をわきまえたシンプルなスーツを選びましょう。

面接は第一印象で決まる!?フリーターが就職用のスーツを購入する上で注意したいポイントとは?
フリーターから正社員として就職することを検討している場合、基本的には面接でスーツを着ることが必要になります。 スーツであればどんな種類のものでもいいという事ではなく、志望する業界や会社の特徴を意識した上で、自分に合ったものを選ぶ事が大...

髪型には清潔感を

髪型も全体の印象を決める重要なポイントです。

男性なら、散髪して清潔で整った髪型にしておきましょう。

女性は、髪が長い場合はスッキリまとめるようにします。

顔や目に髪の毛がかかっていると暗い印象になりますし、話すときに何度も髪をかきあげると印象が悪くなります。

メイクもナチュラルメイクを心がけましょう。

アクセサリーは結婚指輪以外しない方が無難です。

カバンや靴などの小物にも配慮して

服装や髪型に気を取られ過ぎて、カバンや靴などに目が行き届いていない人もいます。

スーツに学生が使うような肩掛けカバンを持って行ってしまったり、靴がボロボロになっていたりしてしまうと、それだけで印象が悪くなってしまいます。

カバンは黒の四角いビジネスバッグを使います。

A4の資料がすっぽり入るものが良いでしょう。

靴は革靴です。

しっかりと磨いておきましょう。

女性の場合は、ヒールがある靴を選び、ヒールの高さは3~5センチの低めのものが良いでしょう。

面接マナーの流れをおさらい

面接に行くときの服装を準備したら、次は面接マナーのおさらいです。

面接での受け答えやマナーがしっかりとできていると、「仕事ができそう」「しっかりしていそう」などという好印象につながります。

しっかりと面接マナーの流れをおさらいしておきましょう。

面接会場到着

面接会場に着いたところから面接は始まっていると思ってください。

携帯電話の電源を切る、コートを着ている場合は脱いで裏返しにたたんで持つ、などの準備をします。

受付

受付についたら、面接担当者を呼ばなければなりません。

ここでのマナーも重要です。

自分の名前、約束の時間、担当者の名前を告げ、面接に来たことをはっきりと伝えます。

「お忙しい所失礼します。私、○○と申します。〇時に○○様と面接を予定しております。お取次ぎをよろしくお願いいたします。」

などと、ハキハキと話しましょう。

控え室

控え室に通されたら、一番入り口に近い下座に静かに座って待ちます。

スマホを見たり本を読んだりするのはやめましょう。

他にも面接を受ける人がいた場合も、その人たちと雑談をするのはやめておきましょう。

呼ばれたらすぐに立てるような状態にしておいてください。

面接室に入る

面接室に入る際には、3回ノックして、「どうぞ」と言われてから中に入ります。

ドアを開ける際には「失礼します」と声をかけてから、中に入ります。

面接室に入ったら静かにドアを閉めます。

挨拶から着席までの流れ

まずは、面接官に立ったまま挨拶をします。

「○○と申します。本日は、貴重なお時間を頂きまして、ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いいたします。」

などとしっかりあいさつをしましょう。

面接官から「どうぞ座ってください」などといわれたら、「ありがとうございます」と言ってから着席します。

カバンは椅子の横に立てかけておき、コートがある場合は椅子の上にたたんでおきます。

椅子に座る際には背もたれによりかからず、浅く座って背筋を伸ばします。

背もたれによりかかったり姿勢が悪かったりすると印象がとても悪くなりますから、注意しましょう。

面接中のマナー

面接中に面接官をずっと見つめるべきか悩む人は意外といます。

ずっと面接官の目を見続けるのは難しいですし不自然ですから、適度に目線を外すようにすると良いでしょう。

また、相手の話を聞いている最中は、しっかりと話を聞き相槌を打ちます。

退室

面接が終わったら、「本日は、ありがとうございました。」と挨拶をします。

ドアを開けて外に出る際にもう一度面接官の方を向き、「失礼します」とお辞儀をしましょう。

面接マナーに不安を感じるなら転職サービスの利用がおすすめ

ここまでで、面接時の服装やマナーについて細かくご紹介してきましたが、自分で対策するのは難しいという人もいるかもしれません。

確かに、細かい点で気を配るべきポイントが多く、誰かにチェックしてもらいたいものです。

そこでおすすめなのが、転職エージェントなどの転職サービスを利用するという方法です。

転職エージェントに登録すると、転職のプロである担当者がついて求人情報を紹介したり転職に関するアドバイスをしたりしてくれます。

この転職サポートサービスを利用して模擬面接を受けることで、実践的な面接練習をすることができるのです。

転職エージェントは何人もの転職者に転職のアドバイスをしてきている転職のプロなので、本当に役立つ面接時の服装やマナーを伝授してくれるでしょう。

圧迫面接を受けたらどうすれば良い?

圧迫面接
フリーターが就職面接を受ける際によくあるのが、「圧迫面接」です。

企業の採用担当者は、なぜ圧迫面接をするのでしょうか?

圧迫面接をされたら、どう対処すれば良いのでしょうか。

フリーターが就職する際にどうしても立ちはだかる、圧迫面接への対処法について詳しく見ていきましょう。

圧迫面接のパターンとは?

圧迫面接とは、具体的にどのようなことをされるのでしょうか?具体的な面接官の対応を見てみましょう。

とにかく質問攻めをする

圧迫面接なのか微妙なラインの対応として、質問攻めにされるということがあります。

  • 「なぜフリーターだったのか?」
  • 「本当に正社員になれなかったのか?」
  • 「今まで正社員になるためにどのような努力をしてきた?」
  • 「正社員になりたい理由は?」
  • 「それは本当なのか?」

など、とにかく質問を繰り返してくるのです。

質問攻めにされることで、圧倒されてしまい答えに詰まってしまうこともあるでしょう。

特に、フリーターを続け正社員にならなかったことをしつこく聞かれると、落ち込んでしまう人は多いかもしれません。

否定的なことばかり言われる

質問攻めよりワンランク上の圧迫面接として、否定的なことばかり言われるというケースもあります。

  • 「正社員にならなったんじゃなくて、なれなかったんじゃないの?」
  • 「どうせまたすぐに辞めるんでしょ?」
  • 「仕事に対する考えが甘いよ!」
  • 「三流大学を履歴書に書かれてもね・・・」
  • 「人と話すの苦手でしょ。」

など、否定的なことばかりを言ってくる、そんな圧迫面接もあります。

仕事のハードさを繰り返し強調される

  • 「うちの仕事は、忙しいよ?君に務まるかな?」
  • 「君には難しすぎる仕事ばかりだよ」

仕事がハードであることなどを繰り返し強調してくるというタイプの圧迫面接もあります。

そして、実際、本当にハードな仕事である可能性もあります。

罵声を浴びせられる、面接官の態度が悪い

圧迫面接の中の最高レベルの圧迫として、

「お前なんかにうちの仕事が務まるわけがない!」

などというひどい罵声を浴びせてくる面接官もいます。

また、求職者が話をしているのに全く聞いていない、頬杖をついて興味がなさそうにしているなどという態度の悪い面接官もいます。

企業はなぜ圧迫面接をするのか?

そもそも、なぜ企業は圧迫面接をしてくるのでしょうか?

圧迫面接の裏に隠された意図を探っていきましょう。

ストレス耐性や圧迫面接に対する対応を見るため

圧迫面接をしてくる企業の中には、質問攻めをしたり意地悪な質問をしたりして、求職者のストレス耐性や臨機応変な対応能力を見るためにそのような対応をしてくるところもあります。

仕事をしていると、顧客からのクレームや仕事の成果を求められることで生じるプレッシャーなど、様々なストレスが存在します。

圧迫面接を余裕でかわせる精神力があるかどうかを面接で確かめることで、仕事のストレスも軽く乗り越えられる人材を探しているのです。

ただ単に質問を繰り返しているだけということもある

企業側は、求職者のことを良く知った上で採用したいと考えています。

そのため、根掘り葉掘りいろいろなことを質問するのはよくあることです。

それが、求職者側は質問攻めにあって圧迫面接のようだという印象を受ける結果になってしまう、ということもあるかもしれません。

その企業がブラック企業だから

求職者のことを人格否定する、暴言を吐く、社会人としてあり得ないほどの態度の悪さを見せるなどという場合、その企業がブラック企業であるという可能性もあります。

従業員の人権などは無視され、上司は部下に罵詈雑言を浴びせ仕事のノルマをこなさせようとする、そんなブラック企業が圧迫面接をするのはよくあることです。

働かずしてブラック企業を見極める方法
ブラック企業に一度入社してしまうと、そこから抜け出すのはかなり難しくなります。できれば、働き始める前に、ブラック企業を見抜いて、入社しないようにしましょう。

圧迫面接にはどう対処すべき?

では、圧迫面接を受けたらどうすれば良いのでしょうか?圧迫面接を受けた時の正しい対応について、ご説明します。

反論する・泣く・黙るはNG!

最もやってはいけないのが、怒った態度を出して反論する、泣く、黙るなどということです。

「三流大学だね」などと言われたらイラっとした気持ちが顔に出てしまうかもしれませんが、そこは落ち着いて流すようにしなければなりません。

淡々と対応することがポイントです。

落ち着いて質問に一つ一つ答えていく

圧迫面接だなと思ったら、まずは落ち着きましょう。

落ち着いて、質問の一つ一つに着実に答えていきます。

「転職回数が多いけどなぜ?」「なぜフリーターを続けてきたの?」などという答えにくい質問に対しても、落ち着いて答えていきましょう。

その対応の仕方が見られている可能性もあります。

突っ込まれやすい質問には、あらかじめ答えを用意しておくのが良いでしょう。

「彼氏いるの?」「一発ギャグやって」などという答えたくない質問をされた場合は、落ち着いて「申し訳ありませんが、そのご質問にはお答えできません。」などと返してください。

まとめ

フリーターを長く続けていた人が正社員になる際には、どうしても面接で「なぜフリーターだったのか?」をしつこく聞かれてしまいます。

また、それが圧迫面接の材料になることもあります。

そのため、その質問に対する回答を用意しておき、淡々と答えられるように気持ちの面でも準備しておくことが重要です。

また、第一印象も大事ですから、面接時の服装やマナーについてもしっかりと準備しておきましょう。

フリーターが就職の面接で失敗しやすいポイントをしっかりと対策しておくことで、面接通過率は劇的に上がるはずです。

事前の準備を怠りなくしておくと良いでしょう。

コメント