ファルコホールディングスへの転職は難しいのか?ファルコホールディングスへ転職したいなら知っておくべき情報

ファルコホールディングス 大手調剤薬局への転職

ファルコホールディングスはファルコファーマシーズやチューリップ調剤をグループ会社として持つ大企業です。

ファルコはやぶさ薬局やみのり薬局、チューリップ調剤は地域密着型の調剤薬局としてよく知られていて、転職先として候補にする薬剤師も多いでしょう。

興味を持った人たちのために、ここでは転職するときに知っておくと役に立つ情報を紹介します。

ファルコホールディングスってどんな会社?

最初にファルコホールディングスについて簡単に概略を理解しておきましょう。

ファルコホールディングスはいくつかの会社をグループ会社として持つ企業であり、本社は「京都市中京区河原町通二条上る清水町346番地」にあります。

薬剤師の勤務先の候補となる調剤薬局を経営しているファルコファーマシーズも同じ住所です。また、チューリップ調剤については本社の所在地が「富山県富山市牛島町1番4号」になっています。

事業内容

ファルコホールディングスが手がけている主力事業の一つが調剤薬局の経営展開です。

総合ヘルスケアステーションとして地域医療に貢献することを目指して展開している事業であり、関西エリアではファルコファーマシーズ、北陸エリアではチューリップ調剤が中心的な役割をになっています。

それぞれが違う地域に特化し、異なる方針で事業を展開することによって、より地域に根ざした医療を提供できるようにしているのがファルコホールディングスの特色です。

ただ調剤を行うだけでなく、在宅医療チームの一員として社会貢献を行っています。

また、セルフメディケーションのサポーターとしても活躍することを目指し、薬やサプリメントの効果や副作用、安全性などに関する相談業務も実施しているのが特徴です。

その他事業

ファルコホールディングスでは医薬品の調剤以外にも広くバイオロジーや食品などに関わる事業を展開しています。

グループ会社が個々に事業を展開しているのが特徴であり、主力になっているのはファルコバイオシステムズです。ファルコバイオシステムズでは臨床検査や治験研究検査を行うことで臨床現場や新薬開発の現場で必要とされる検査を受託実施しています。

ヒト遺伝子検査などの高度な技術も持ち合わせていることに加え、食品衛生・環境検査、食品関連遺伝子検査などの様々な検査を行えるのが特徴です。

その技術と効率性の向上のためにITを積極的に活用しているという背景もあり、医療機関に向けたITビジネスも展開しています。電子カルテを代表とする診療支援システムを開発・販売・サポートする事業です。

店舗数

ファルコホールディングスが抱えている調剤薬局は2018年3月の時点では合計すると116店舗あります。

ファルコファーマシーズのファルコはやぶさ薬局やみのり薬局などの店舗は大阪を中心として東海地方や九州地方にもあり、直営のものが53店舗、フランチャイズ店が5店舗です。

チューリップ調剤は富山県に53店舗があり、周囲の北陸エリア全体では58店舗を持っています。

ファルコホールディングスの平均年収

ファルコホールディングスで働いている人の年収はどの程度なのでしょうか。

ファルコホールディングス全体で働いている社員の2017年における平均年収は709.0万円になっています。

ただし、薬剤師だけの給料の平均ではなく、マネジメントなどに関わっている役職の人も含んでいる値なので気をつけましょう。

年代別の平均年収

年齢平均年収
25歳369万円
30歳462万円
35歳533万円
40歳607万円
45歳685万円
50歳724万円

ファルコホールディングスの平均年収を年代別にすると上記のとおりです。

若いうちは年収が低めですが、年齢と共に大きな増加を期待できることがわかります。長く働いてしっかりと稼げるようになりたい人に向いていると考えられるでしょう。

他大手調剤薬局との平均年収比較

社名平均年収
ファルコホールディングス709.0万円
日本調剤557.0万円
メディカルシステムネットワーク607.0万円
ウエルシア薬局株式会社451.0万円
総合メディカル株式会社450.0万円
スギホールディングス694.0万円

ファルコホールディングスの平均年収を他の大手調剤薬局と比較してみるとかなり高い水準にあることがわかります。

ただし、調剤薬局あるいはドラッグストアの運営のみを行っている他の会社に比べるとファルコホールディングスは業務内容が幅広く、働いている人材の職種も多いのが特徴です。

あくまで全体として見た統計データに基づく分析なので、薬剤師だけに限ってみると本当にこれほどに他の大手会社を凌駕するほどの年収があるかはわからないので注意しなければなりません。

ファルコホールディングスへの転職する方法

ファルコホールディングスに転職して薬剤師として働きたいと考えたら何から始めたら良いのでしょうか。

手順を間違えてしまうと転職先を探すのにも苦労してしまいかねないので、予め何をすべきかを理解しておくのは肝心です。

転職後の待遇について条件を決める

まずは転職後の待遇について条件を決めた上で転職先を探すのが重要です。

ファルコホールディングスに転職したいと考えても、大まかにはファルコファーマシーズとチューリップ調剤という二つの選択肢があります。

特にファルコファーマシーズの場合には異なる名前で少しずつ運営状況が異なる店舗が多数あるため、どれが自分に合っているのかを選び出さなければなりません。

給与や勤務時間、福利厚生や研修制度などを広く考えて、どんな条件が揃っていれば転職して納得できるのかを十分に考えておきましょう。

そして、その条件に合っている求人をファルコホールディングスの求人の中から探し出して応募するという流れにすると転職に成功できる可能性が高まります。

薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談する

自分に合っている条件の転職先を探すのはそれほど簡単なことではありません。

ファルコホールディングスの薬局をリストアップしてみても給与は応相談となっていたり、幅を設けてあったりして実際にどの程度の給与で雇ってもらえるかわからないというのが一般的です。

また、福利厚生などについても個々に問い合わせてみないと詳細がわからないことが多いでしょう。その際に役に立つのが薬剤師転職サイトのコンサルタントです。

薬剤師転職サイトでは求人をサイトに掲載して検索できるようにしているだけでなく、登録するとコンサルタントと相談しながら求人を探せるサービスを実施しています。

自分が求めている条件を伝えると、それに該当している求人を探し出して紹介してくれるのが基本です。

年収や待遇でこだわる部分を伝えると簡単に魅力的な求人を見せてもらえます。年収については交渉も行い、自分の求めている金額にまで引き上げてくれることもあるのが魅力です。

上手にコンサルタントと一緒に転職活動を進めると、より理想に近い形で転職できると期待できます。

ファルコホールディングスの採用方針

ファルコホールディングスへの転職を考える上で採用方針を知っておくと役に立ちます。

ファルコホールディングスではどのような薬剤師を求めているのでしょうか。

ファルコホールディングスの求める人材

ファルコホールディングスではファルコファーマシーズ、チューリップ調剤がそれぞれ採用活動を行っていますが、どちらにも共通しているのは総合ヘルスケアステーションとしての役割を果たすのにふさわしい薬剤師を求めていることです。

患者様の笑顔を引き出すことを考えられる広い心と思いやりを持ち、信頼できる知識を持っている薬のエキスパートとしての人材が求められています。

しかし、ただ薬に特化しているだけでなく、医療全般に対してはジェネラリストとして広い知識を持ち、地域の方々からの様々なニーズに応えられる対応力もあることが重要視されているのが特徴です。

医療人として安心や安全を重視する考えがあると共に、接客サービスをする立場として清潔感がある人材であることも重視されています。

ファルコホールディングスの研修方針

ファルコホールディングスではエキスパートの薬剤師を育て上げつつ、医療のジェネラリストとしても活躍できる人材となってもらうための研修制度を整えてきました。

ファルコホールディングスでは教育研修制度として新人社員研修を最初の一年に行います。

これは総合研修と薬剤師基礎研修という座学だけでなく、OJT研修とフォローアップ研修を行って実務力も高めていくのが特徴です。

また、その後もキャリア構築のための研修制度を整えていて、全体研修会やeラーニングの活用、認定薬剤師を目指す人のためのバクアップ制度などを取り入れています。

チューリップ調剤では毎月社内集合研修会が行われていて、医薬品説明会や症例報告会社内講師による勉強会などを受ける機会を得ることが可能です。

ファルコホールディングスで働く社員達について

ファルコホールディングスに転職する上では、同じ職場で働く社員がどのような人かを把握しておくのが大切です。

現場にいる人がどんな印象を持ちながら働いているのか、耳を傾けてみましょう。

ファルコホールディングスの社員平均年齢

社員について知る上で重要な要素の一つが年齢です。

ファルコホールディングスに勤めている社員の平均年齢は56.4歳ですが、薬剤師として理解しておいた方が良いのはファルコファーマシーズやチューリップ調剤で働く薬剤師の平均年齢でしょう。

2017年の時点ではファルコファーマシーズでは34.8歳、チューリップ調剤では38.7歳が平均年齢です。

ファルコホールディングスへ転職・入社した社員からの評判・口コミ

勤務薬剤師38歳女性非常勤田中由美

富山に住んでいる私は地元でも有名なチューリップ調剤への転職を考えました。再就職先には別の薬局を選んだのですが、あまりブランク支援を行ってもらえずに苦労していました。ファルコホールディングスのチューリップ調剤に転職してみたら現場のスタッフが親身になって色々と教えてくれるので、着実に元の勘を取り戻せるようになってきました。

勤務薬剤師32歳女性正社員小林直美

私はこれからもっと働けるようになるためにスキルアップをしたいと考えてファルコホールディングスへの転職を決めました。コンサルタントに相談して勧めてもらったのがきっかけです。eラーニングが充実していてオフの日にもスキルアップをしやすいのがとても役に立っています。

ファルコホールディングスへの転職で役立つ転職サイト

ファルコホールディングスに転職したいと考えたらどの転職サイトを使うのが良いのでしょうか。

安心してサポートを受けられるサイトを確認しておきましょう。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は丁寧なコンサルティングを受けられることで評価が高い転職サイトです。

コンサルタントに相談するのに不安があるという人も安心できるほど人気が高くい転職サイトなのでまず検討すると良いでしょう。

マイナビ薬剤師は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師もコンサルティングがしっかりとしていることで人気があります。

大手だからこそ細かなところまで行き届いた配慮をしてくれるので安心です。コンサルタントのサービスの良さに着目して他のサイトと併用するのにも向いています。

リクナビ薬剤師は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
転職業界でも最大手の一つとしてよく知られるリクナビが運営している薬剤師専門の転職サイトがリクナビ薬剤師です。 就職や転職をする上で多くの人が利用している企業だからこそ、薬剤師専門のサイトにも安心できるサポート体制が整っていると期待でき...

転職ゴリ薬

コンサルタントによる紹介力が充実しているのが転職ゴリ薬です。

転職サイトとして人気も高く、コンサルタントの質も安定しているので気軽に利用できます。条件交渉も依頼できるので使い方次第で良い待遇を獲得できるのも魅力です。

転職ゴリ薬は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
転職ゴリ薬は転職サイトの中でも比較的新しく、2015年になって総合メディプロ株式会社が解説しました。 老舗で大手の転職サイトに比べると実績が少ないのが気にかかる場合がありますが、どのような強みを持っている転職サイトなのでしょうか。転職...

まとめ

ファルコホールディングスで働くと高い年収を得られると期待できるのが魅力です。

薬のスペシャリストでありながら、医療のジェネラリストでもありたいという気持ちを持っている人は転職先の候補として有力になります。薬剤師転職サイトを利用して自分に合っている職場を探し出すのが大切です。

コメント