エンジニアが転職を成功させる方法とは?面接時の注意点や回答例を徹底解説

エンジニア転職コラム

「エンジニアが転職するときの面接はどう対策すればいいの?」
「面接で落ちやすい人の特徴が知りたい」

このように現在転職活動をしていて、面接の対策について気になっていませんか?

エンジニアの転職の面接は、その他業種の採用試験とは異なり、スキルや実績、経験などが特に重要視されます。

たとえばどういったプログラミング言語を習得しているのか、またプロジェクトリーダーの経験があるかなど、その人のスキルや経験によって任せる業務内容が大きく異なります。

そのため、面接では自分の市場価値を面接官にきちんと伝えることが必要です。

では、具体的にどのような対策をすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、現在転職活動をしているエンジニアの人に向けて、転職時に面接で見られるところ、質問に対する正しい回答例、面接に落ちる人の特徴などを紹介していきます。

システムエンジニアは転職で年収アップできる?転職を成功させる方法とは
システムエンジニアは、他の仕事と比較しても平均年収が高い職業です。 しかしながら、エンジニアの中には年収800万円〜1,000万円以上稼いでいる人も存在するため、それと比べて自分の今の給料に満足していない人は少なくないでしょう。 ...

エンジニアが転職時に面接で見られるところ

エンジニアが転職時に面接で見られるところには以下の3点があります。

  • 第一印象
  • やる気や実績
  • 質問に対して適切な回答ができる能力

面接において第一印象は非常に重要で、清潔感はもちろん、目の輝きやちょっとしたしぐさなど、面接官はその人の人となりを第一印象で判断します。

特にエンジニアであれば、やる気や実績が重視されることが多いです。

実績があればその実績を重視されますし、大した実績がなくても「この会社で働きたい!」「成果をあげたい!」という仕事に対するやる気が評価対象となります。

また、質問に対して適切な回答ができているかも評価の対象です。

後述しますが、簡単な質問に対してグダグダした回答や、論理破綻した回答は面接でマイナスに評価されます。

そのため、以上3つは最低限心がけて面接に臨むようにしましょう。

エンジニアの転職時に面接で聞かれやすいこととその回答例

エンジニアの転職時に面接で聞かれやすいことといえば、以下のものがあります。

  • 志望動機
  • 長所と短所
  • 過去の業務で失敗したこと
  • 過去の実績

など

特にエンジニア転職の面接は、新卒採用の面接とは異なり、前職での経験や知識、実績、スキル、そしてその応用力などを見られます。

具体的にその会社にどのようなメリットをもたらす人材なのか、潜在的なものではなく、実績などの顕在的な部分を重視されることがほとんどです。

また、将来的なビジョンや、そのために努力していることなども評価に含まれます。

そこでここからは、それぞれの質問意図と、そのときにオススメの回答を紹介していきます。

志望動機

【志望動機の回答例】
より品質の高いシステムを作成するために、前職では「直接顧客と話がしたい」という旨を何度か申し出たのですが、それが全て却下される状態でした。また、顧客が必要とするデータベースを当社では扱っていなかったため、顧客の要望に柔軟に対応できなかったことに対して疑問がありました。そこで、もっと視野を広げて顧客の要望にも柔軟に対応できるサービス提供をしたいと考え、幅広く事業を展開されている御社への転職を希望しました。

志望動機では、仕事に対する前向きさや意欲を知ろうという意図があります。

グダグダ回答するのは良くありませんが、論理の整った志望動機で、エンジニアとして働く意欲を示しましょう。

また、採用担当者はこの会社を選んだ理由を知りたいので、その会社にだけ通じる回答がベストです。

たとえば、転職希望の会社が幅広い事業を行なっているのであれば、その点を触れることによって、より信ぴょう性の高い志望動機になります。

長所と短所

【長所と短所の回答例】
私の長所は常に新しいことにチャレンジして、成長する努力を続けていることです。前職を始めた当初はJava言語しか習得していなかったのですが、仕事の傍に自ら勉強し、ほかにJavaScriptやRuby、PHPなどをマスターしてプロジェクトリーダーを任せられるまでになりました。
一方で短所は仕事が丁寧すぎることです。常に神経質になってしまうので、システムの開発スピードが遅くなってしまうことが多々あります。そのため、あらかじめ仕事でやることとやらないことを自分の中で決めておき、無駄な作業をなくしてスピード感を持って開発ができるよう心がけています。

長所と短所を質問する意図は、きちんと自己分析が行われているか、成長の意思があるかどうかという点です。

そのため、長所と短所を答えるときは、具体的なエピソードを使って話すことで説得力のある回答になります。

また、短所はそのまま伝えるのではなく、長所に変換して伝えることが大切です。

たとえば「仕事が遅い」というのが短所なら、「仕事が丁寧すぎる」というように、プラスにも捉えられるようなものに変換しましょう。

過去の業務で失敗したこと

【過去の業務で失敗したことの回答例】
Webシステムの開発のテスト段階で、設計ミスが発覚し、基本設計からすべて組み立て直さなくてはいけない失敗をしました。大幅にコストをオーバーしてしまい、結果的に50万円の赤字を出してしまった経験があります。
それは、工程ごとの検収に手を抜いていたことが原因だったので、チェックシートの導入を行い、徹底した検収を経て次工程に進むようにしたことによって、その後設計ミスをすることがなくなりました。

過去の業務の失敗について質問するのは、困難に対して乗り越える力があるのか、また主体的に仕事に取り組んでいるのかを知るためです。

これはエンジニア特有の質問で、エンジニアは常に挑戦し続けなければいけない職業なので、その解決策などが求められます。

過去の業務で失敗したことを聞かれた場合は、具体的にどんなミスをしたのか、またそれからどのような対処・施策を行い、結果どう好転したのかまで伝えられるとベストです。

過去の実績

【過去の実績の回答例】

現在、新卒で入社した企業で5年間勤めており、言語はJavaを中心に開発を行なっています。システムエンジニアとして業務に携わりながら、プロジェクトリーダーを任せてもらえるようになり、プログラム構築だけでなく、顧客のヒアリングや現場監督など、システム開発の一連の業務を経験しています。
また、業務を円滑に進めることを目的に、ExcelVBAを自発的に組み立てた経験があります。

過去の実績の質問は、どのような経験を持っているのか、また企業が求めている人材として適正かどうかを見極めるために聞かれます。

簡単に現在の経歴と実績を紹介し、その上でどんなことができるのかを回答しましょう。

また、複数言語を扱えるのであれば、中でも特に得意な言語をアピールすることで、自分の強みを知ってもらうことができます。

エンジニアの転職時に面接で落とされる人の5つの特徴

エンジニアの転職時に面接で落とされる人には以下5つの特徴があります。

  • 質問に対して適切な回答ができていない
  • 転職回数が多い
  • 志望理由に生産性がない
  • 意欲に対して行動が伴っていない
  • 何事も周りのせいにする

「技術と実績があれば多くを語らなくても採用されるだろう」と考えていませんか?

システムエンジニアとして会社に貢献するためには、技術や経験だけでなく、一緒に働く仲間として円滑なコミュニケーションが取れる人材でなければいけません。

面接ではその能力や人柄をしっかり見極められます。

そこで以下では、エンジニアの転職時に面接で落とされる人の特徴についてくわしく解説していきます。

質問に対して適切な回答ができていない

質問に対して適切な回答ができていないと面接で落とされることがあります。

要点がまとめられずに仕事ができない、もしくは効率が悪い人と思われてしまいます。

的外れな回答や、長々と余計なことを話すとマイナスに評価されるので注意しましょう。

たとえば志望動機を聞かれて「私は新卒で入社した会社を5年間勤め…」など、職務経歴から話すと、くどく聞こえてしまいますし、的外れな回答になります。

聞かれた質問に対しては的確に応え、長々と話さずに要点をまとめて回答することが大切です。

なお、要点をうまくまとめて話すのが苦手な人は、まず結論から述べて、そのあとにその理由を説明するPREP法の話し方をオススメします。

PREP法を意識すれば、相手は要点を理解しやすく、かつ説得力のある回答ができるでしょう。

転職回数が多い

転職回数が多ければ面接に落とされる可能性があります。

採用担当者側から考えれば、転職回数が多い人は就職できてもすぐに会社を辞めてしまう可能性が高い人と判断されやすいです。

そのため、転職回数の多さは少なからず面接においてマイナスに働いてしまうので注意なければいけません。

転職が多いと実感のある人は、その転職理由をポジティブなものにしましょう。

たとえば「スキルの幅を広げるためにさまざまな企業を転々としたのですが、一つのスキルを極めることの重要性に気づいた。」など、考え方が変わったという説明は転職回数が多くても好印象を持たれるでしょう。

また、正直に「考えが浅く、軽い気持ちで転職を繰り返していました。」など反省していることを伝え、その上で前向きな話をするという方法もオススメです。

このように、転職回数が多いという過去を変えることはできませんが、その理由をポジティブなものに変換して面接に臨みましょう。

志望理由に生産性がない

志望理由に生産性がない人は面接に落とされる可能性が高いです。

生産性とは、つまりその会社の売上に貢献する能力のことで、生産性がない人ということは会社の売上アップが望めない人材ということです。

たとえば「給料が高いから」とか「福利厚生に魅力を感じた」などが転職理由だと、その人の将来性やポテンシャルが見えませんし、その会社で雇うメリットが感じられません。

採用の決定をくだすのはあくまでも人間なので、面接において採用担当者から「この人と働いたらメリットがあるかも」と思ってもらうことが大切です。

そのためには生産性が高いことをアピールする必要があります。

具体的な改善案として、志望動機では「こういうことをやりたい」とか、「私だったらこういうことができるから、御社にはこういうメリットがあると思う」のような生産性が感じられるものに変えましょう。

意欲に対して行動が伴っていない

意欲に対して行動が伴っていない場合も面接で落とされる可能性があります。

意欲とは、つまり「この会社でこういうことをやりたい!」ということです。

しかし、そんな仕事に対する意欲を示すわりには、行動が伴っていないと薄っぺらく聞こえますし、本気度が伝わりません。

たとえば「エンジニアとして新しいことにチャレンジしたい」とはいうものの、実際にはなんの行動も起こしていなければ、口だけの人と思われてしまいます。

「やりたい」「やる気がある」というのは誰でもいえることです。

その意欲に対して、具体的にどういう行動を起こしているのかというのが面接では評価されるポイントになります。

逆に、「こういうことがやりたい」といって、それに対して行動を起こしている人であれば本気度が伝わり、「この人ならやってくれそう」と面接官に思ってもらうことができるのです。

そのため、仕事に対する意欲を示すときは、あらかじめその目標を達成するための、自主的な努力を行っておきましょう。

何事も周りのせいにする

何事も周りのせいにする人は、責任感に欠ける印象を与えるため、面接に落とされやすいです。

逆に、周りのせいではなく自分を客観的に顧みれる人は成長性が感じられるので、面接で高区評価されるでしょう。

たとえば転職理由を「前の会社のここが悪かった」など、自分に責任は一切なく、周りが悪いと主張するのはNGです。

このように不満ばかり漏らしている人を雇っても、結局はその会社でも不満をおいながら、辞めていくのだと思われてしまいます。

そのため、面接のときに質問されたときは、誰かの責任にした回答をしないようにしましょう。

しかし、常に周りのせいにしてしまう人は、面接で気を使っていてもその人柄が出てしまうものです。

いつも周りのせいにしてしまう人は、面接のためだけではなく、日々責任感を持った言動を心がけるが大切です。

エンジニアが面接を有利に進めるための3つのポイント

エンジニアが面接を有利に進めるためる方法として、以下3つのポイントがあります。

  • 質問への回答はシンプルにする
  • 会話のキャッチボールを意識する
  • 努力やスキルを積極的にアピールする

ここからは、それぞれのポイントについてくわしく解説していきます。

質問への回答はシンプルにする

面接を有利に進めるためには、聞かれた質問にはシンプルに回答しましょう。

先で説明したとおり、質問に対して的外れな回答やグダグダ要点がまとまっていない回答はマイナスな印象を与えてしまいます。

そのため回答はシンプルなものがベストです。

回答をシンプルにするためには、まずは結論から述べ、そして結論に至った理由をその後に説明する必要があります。

たとえば転職理由を聞かれたら、「御社では幅広い事業を展開されているからです。なぜなら私は前職で…」など、結論とその理由を説明することで、無駄な話がなくなります。

このように、聞かれた質問にはシンプルに回答し、シンプルに回答するためには、まず結論から述べてその後に理由を説明する話し方がオススメです。

会話のキャッチボールを意識する

面接での受け答えは、会話のキャッチボールを意識しましょう。

ここでの会話のキャッチボールは、面接官と会話するというものではなく、相手の質問に対してその意図を読み取って、最適な回答をするというものです。

仮に志望動機を聞かれた場合、その質問の意図は「なぜ数ある企業から当社を選んだのか」などが考えられるので、ただ転職理由を答えるのではなく、なぜその企業にしたのかまで答えられるとベストです。

たとえば「スキルアップが目的」を志望動機にすると、その会社を選んだ理由がわから似ので、いまいち印象に残らない回答になります。

繰り返しになりますが、つまり相手の質問の意図を把握して、質問の中にある本質的な答えを返せることが面接では重要です。

努力やスキルを積極的にアピールする

面接において努力やスキルを積極的にアピールすることは非常に大切です。

しかし、志望動機や自己PRなどで「努力とスキルはアピールできてるから大丈夫」と考えている人は少なくないでしょう。

実際のところ、志望動機・自己PRだけでは自分の能力や頑張っている姿を、理解してもらうことがほとんどできません。

自分が頑張っていることや自分の市場価値がどのようなものかは必ず言語化し、それを言葉で表現しなければ伝わらないのです。

特に、エンジニアの場合はスキルや成長性が評価の対象になるので、自分の価値をきちんとアピールできるかどうかが、面接の採用可否が決まるといえるでしょう。

転職で面接を受ける時の注意点

面接では初対面の相手に対して評価をしなければいけないため、どうしても面接時の「印象」が採用では重要視されます。

そのため、面接では良い印象を持たれるように、工夫しなければいけません。

エンジニアに限らず、転職時に面接を受けるときは以下の点に注意しましょう。

  • 服装や髪型
  • 表情やしぐさ
  • 言葉づかい
  • 社会人としてのマナー

服装や髪型、また清潔感などは第一印象を決める上で重要な要素です。

服装や髪型が乱れていたり、清潔感のない身だしなみであれば、少なからず良い印象を与えられないでしょう。

また、表情やしぐさ、言葉づかいなどは面接中に見られるポイントで、たとえば言葉遣いが悪ければマイナスな印象を持たれてしまいます。

このように、面接官に好印象を与えて採用を得るためには、第一印象や表情、しぐさ、言葉づかいなどで、好印象を持ってもらえるよう気をつけましょう。

まとめ

エンジニアが転職時に面接で見られるところは以下の3点です。

  • 第一印象
  • やる気や実績
  • 質問に対して適切な回答ができる能力

特にエンジニアの場合は実績やスキルが評価の大部分を占めているので、これまでの経験や努力量を積極的にアピールすることが非常に大切です。

また、会話のキャッチボール、つまり質問に対して適切な回答ができるかどうかは、円滑なコミュニケーションを行う上で重要な要素になります。

聞かれた質問に対してはグダグダ答えるのではなく、質問の意図をくみ取り、かつ適切な回答ができるように練習しておきましょう。

コメント