転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

エンジニアが転職するときに必要な準備とは?転職を成功させる方法を紹介

エンジニア転職コラム

「エンジニアの転職前に準備すべきことって何?」
「エンジニアの転職を成功させたい」

このように、転職を考えているエンジニアは少なくないでしょう。

エンジニアは常に人材不足とされている職種なので、基本的に仕事に困ることはありません。

しかしながら、転職後のミスマッチを避けるためには、きちんと目的を持って意味のある転職活動を行う必要があります。

そのためには、エンジニアとしての市場価値を把握するなど、転職前の準備は欠かせません。

そこで今回は、エンジニアが転職するときに必要な3つの準備から、ベストな転職時期、エンジニアが利用できる転職支援サービスまで紹介していきます。

エンジニアの転職は難しくない

エンジニアの転職はそれほど難しくありません。

エンジニアという職業は常に売り手市場で、各企業や業種でITエンジニアの人材不足が課題となっています。

エンジニア未経験でも歓迎している求人も少なくありません。

このことから、ある程度エンジニアのスキルを有した人材ならば、より転職は容易だといえるでしょう。

とはいえ、転職先は慎重に選ぶ必要があります。

エンジニアなら基本的に仕事に困ることはありませんが、適当な会社に入社すると労働条件などで、あとあと後悔する可能性が高いです。

そのため、自分のエンジニアとしてのスキルや経験を自己評価し、それに妥当な条件で働ける会社を選びましょう。

以下ではエンジニアが転職するときに必要な準備について解説していきます。

エンジニアが転職するときに必要な準備

エンジニアが転職するときには以下3つの準備が必要です。

  • 転職する理由と目的を整理
  • 職務経歴書の作成と自己分析
  • 企業の情報を集める

ここからは、それぞれの準備についてくわしく解説していきます。

転職する理由と目的を整理

エンジニアなら転職する前に、その理由と目的を整理しておきましょう。

漠然と「転職したいな」と考えていたとしても、実際どこの企業に勤めればいいのか、また自分が何がしたいのか明確になっていなければ、転職後もモヤモヤとした気持ちが残ってしまうでしょう。

今の職場にどういった不満があるのか、将来的な目標は何なのか、具体的に何年後にどうなっていたいのか、そしてそのために次の職場に求めるは何なのかを転職前に考える必要があります。

たとえば「ただ年収を上げたい」というのも転職理由の一つです。

その上で、具体的にいくら稼ぎたいいのか、またなぜ今の給料に不満があるのかを掘り下げて考えることが大切です。

こういった、転職の理由と将来的な目的を改めて整理することで、満足いく転職を実現できるでしょう。

職務経歴書の作成と自己分析

転職前に職務経歴書の作成や自己分析を行なっておくことをオススメします。

過去に取り組んだプロジェクトがあれば、どういう技術を使って、なぜそのような設計にしたのかなどを退職後に振り返るのは困難になります。

現職で働いているうちに開発のログを遡って、職務経歴書を作成しておくことが大切です。

また、今までの経験やスキルを振り返ることで、次の会社で自分が活かせる強みを分析することもできます。

たとえばプロジェクトリーダーの経験があれば、当時のことを振り返って、反省点や評価すべき点を思い出すことで、よりリアリティのある経験談として採用試験で活きるでしょう。

当時、あたりまえのように行なった業務でも、遡ってみると意外と努力したポイントがあるかもしれませんし、それが転職活動の武器になることもあります。

そのため、転職をする前に職務経歴書や自己分析を行なっておくことをオススメします。

企業の情報を集める

転職前には企業の情報を集めておきましょう。

企業によって募集している人材や事業内容は異なるので、きっと自分に適した会社があります。

しかしながら、企業の情報を集めずに少ない選択肢の中から転職先を選ぶと、あとあと後悔する可能性が高いです。

エンジニアがあらかじめ集めておくべき企業の情報には以下のものがあります。

  • 事業内容
  • 提供している製品やサービス
  • プロジェクト管理などの開発概要
  • 企業理念など会社が目指しているもの
  • 人材育成制度
  • 組織体制

など

福利厚生や給料などの待遇面ももちろん重要ですが、エンジニアならこれらの企業情報は知っておかなければいけません。

これら企業のあらゆる情報を集めることで、自分が本当に働いてみたい企業がきっと見つかります。

そのため、転職前に企業の情報は集めておきましょう。

できれば転職前にスキルアップのための勉強をする

余裕があれば転職前にスキルアップも目指しましょう。

スキルアップの勉強も転職前の準備の一つで、絶対条件ではありませんが、努力や向上心は採用試験でも評価される可能性は高いです。

たとえば過去に途中で挫折した言語だったり、途中で止まったアプリの開発があれば、それに再チャレンジしてみることをオススメします。

挫折した何かがクリアできれば自分の自信にもつながりますし、その経験が転職活動や現場で役立つことはきっとあるでしょう。

そのため、できれば転職前にスキルアップのための勉強をしておくことをオススメします。

エンジニアが転職活動を始めるのにベストな時期

エンジニアが転職活動を始めるのは、退職予定日からだいたい3ヶ月前がベストです。

3ヶ月あればじっくり転職先の企業を選べますし、スキルアップのための時間や現職の引き継ぎも余裕を持って行えます。

半年以上など遠い未来の場合、採用間近で転職先の企業側から「遅すぎる」という理由で、採用が見送られる可能性があります。

とはいえ、3ヶ月と決めつけずに余裕をもって計画的に転職活動を始めることが大切です。

エンジニアの転職に資格は関係ない?転職に有利な資格とは
転職のために資格を取得しようと考えているエンジニアの方は多いのではないでしょうか? 結論からいえば、エンジニアの転職において資格はあまり重要視されません。 特にシステムやアプリ開発系のIT企業の場合は、資格よりも経験を優遇すると...

転職活動の大まかな流れ

転職活動の3ヶ月間の大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 転職前の準備・転職活動開始
  2. 求人へ応募
  3. 現職の業務引き継ぎ
  4. 退職申し出
  5. 退職

転職活動をはじめた初月は、上記で紹介した転職前の準備をしましょう。

転職の方向性を整理したり、自分のスキルチェックや市場価値の確認も大切です。

2週間ほどかけて準備を行なったら、初月の後半から求人の応募を始めましょう。

企業によってさまざまですが、二次面接や三次面接、またカジュアルな面談をはじめに行うところもあり、転職活動が難航すれば思った以上に時間がかかることが考えられます。

このとき、転職活動を始めてから2ヶ月目の終わりには採用をもらえるペースがベストです。

その後、転職活動開始から3ヶ月目に退職の申し出、および退職日の調整、また業務引き継ぎを行います。

そして、ちょうど転職活動を3ヶ月で追われるのが理想的です。

退職は遅くても1ヶ月前に申し出る

退職は遅くても1ヶ月前には申し出ましょう。

法律上、退職日から2週間前までに申し出をすれば会社を辞めることは可能ですが、1〜2ヶ月前には申し出ておくことがマナーです。

現職の会社側としても早い段階で申し出られた方が、その後の予定を立てやすいです。

早ければ2ヶ月前くらいに申し出れれば労使共に円満に進みますが、もちろん転職活動中の事情もあるので、遅くても退職予定の1ヶ月前には退職する旨を申し出ましょう。

エンジニアが転職をする方法

エンジニアが転職をする方法には主に以下の4パターンがあります。

  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 転職支援サービス

ここからは、それぞれのメリットやデメリット、特徴について紹介していきます。

求人サイト

求人サイトとは転職サイトとも呼ばれるサービスのことで、採用企業が掲載している求人を自分で探して自分で応募することが特徴です。

サイトに登録すればすぐに転職活動を始められますし、自分のペースで転職活動ができるので、スピーディかつ慎重な転職が行えます。

また、転職エージェントのようにアドバイザーと連携を取る必要がないので、地方在住の人でも利用しやすいというのが強みです。

しかしその一方で、転職活動のすべてを自分で行わなければいけませんし、転職後のミスマッチの可能性も低くありません。

掲載されている情報だけでは限界があり、その企業の魅力や実態を知るのにも自分の見極める力が必要です。

そのため、求人サイトは転職活動に自信がある人や、転職活動に慣れている人には利用しやすいですが、転職が不慣れな人には不向きのサービスといえます。

転職エージェント

転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが求人を紹介してくれる無料のサービスです。

転職サイトとは異なり、求人紹介の前にカウンセリングを行なって、プロのアドバイザーがその人の強みや特徴を把握するという特徴があります。

その上で、利用者一人一人に合った最適な求人を紹介してもらえるので、転職後のミスマッチの可能性が低いという点がメリットです。

また、応募書類の書き方や面接対策なども指導してもらえるので、転職が不慣れな人でも転職を成功させやすいというのも魅力です。

しかしながら、アドバイザーとの連携が必要なので、あまり自分のペースで転職活動ができないのと、都心部にしか対応していないサービスもあり、地方在住者の利用勝手が悪いというデメリットがあります。

とはいえ、転職エージェントを利用すれば、転職に成功する可能性が高いので、エンジニアが転職をするなら転職エージェントを強くオススメします。

ITエンジニア向け転職サイト・エージェントランキング
これから転職を考えている、ITエンジニア・クリエイター向けの転職サイト・転職エージェントランキングです。IT特化型とはいえ、種類は多いです。しっかり比較してみてください。

ハローワーク

ハローワークでエンジニアの求人を探すという方法もあります。

ハローワークとは、正式には「公共職業安定所」と呼ばれるもので、国営の転職支援サービスです。

各地方に設置されてあり、さらに地元の求人が多いので、転職は地方で行いたいという人には適しています。

しかしながら、転職エージェントとは違って、募集要項をすべて企業側が作成しているので、実際の求人と企業の実態に違いがあることも少なくありません。

つまり、転職後のミスマッチがあるのがハローワークのでメリットの一つです。

そのため、地方での転職を考えている人以外、あまりハローワークはオススメできません。

転職支援サービス

転職支援を行うSNSなどを使った転職活動も手段の一つです。

転職支援を行うサービスには、ビジネスSNSの「Wantedly」や、コーディング採用を行うエンジニア専門の「paiza」などが代表的です。

Wantedlyは仕事上の人脈を作ることのできるSNSで、転職活動としても利用できます。

エンジニアやデザイナーなど、ITやWEB系の企業が中心に登録しており、ユーザーは登録している企業情報はもちろん、代表者や役人の人間性などを見ることができます。

一方でpaizaは、コードを書いてそれだけで転職を行うエンジニア特化の転職サービスで、基本的に書類選考等はありません。

応募後は面接やカジュアル面談を経て、企業と条件が合意すればそのまま内定・入社という流れです。

このように、エンジニアが転職を行う方法はさまざまなので、自分に適したツールを利用して転職を成功させましょう。

まとめ

エンジニアが転職前に行うべき準備には以下の3つがあります。

  • 転職する理由と目的を整理
  • 職務経歴書の作成と自己分析
  • 企業の情報を集める

自分が転職をする理由や目的をあらかじめ整理し、自己分析を行うことで、自分が本当にやりたい仕事、求めている労働条件を落としこむことができます。

その上で企業の情報をたくさん集めることで、転職を成功させられるでしょう。

また、エンジニアが転職をする方法は転職エージェントをはじめ複数あります。

その中で自分が最も使いやすい、そして転職活動しやすいと感じるサービスを利用しましょう。

コメント