未経験でもエンジニアに転職できる!転職前にやるべきことを徹底解説

エンジニア転職コラム

「未経験でもエンジニアに転職できるの?」
「どうやったらエンジニアとして働けるの?」

このように、エンジニアという仕事について気にはなっているものの、どうやったらエンジニアに転職できるのか気になっていませんか?

実はエンジニアという仕事は常に人材不足に陥っており、エンジニアの採用を積極的に行なっている企業は多いのです。

中には未経験でも歓迎しているようなところもあり、つまり未経験者でもエンジニア転職は可能ということです。

とはいえ、未経験者であれば自主学習で基礎知識を身につけるなど、未経験者なりの努力は必要あります。

では、具体的にどうやったらエンジニアに転職できるのか?

そこで今回は、未経験者がエンジニアに転職するために必要な知識と前準備について、未経験者にもわかりやすく解説していきます。

未経験でもエンジニアに正社員で転職できる

結論からいえば、未経験でもエンジニアに正社員として転職することは可能です。

エンジニアという職種は売り手市場で、常に人材不足が課題となっているため、企業側も自社で育成することを目的として未経験者を採用するところがあります。

未経験者でも歓迎している企業に複数応募し、うまく採用試験をこなせば、未経験でもエンジニアになれる機会は十分にあるといえます。

しかしながら、未経験とはいえエンジニアとしての基礎知識や、プログラミング言語の習得など入社前に自身で努力しておくことは大切です。

そのため「全く無知で何もできません。」という状態から、エンジニアに転職するのは非常に難しいでしょう。

また、未経験募集の求人には悪質なものもあるので、エンジニアとして働けるならどんな企業でもいいというわけにもいきません。

未経験歓迎の求人には注意が必要

未経験歓迎の求人には注意が必要です。

なぜなら、エンジニアとは名ばかりの誰でもできるような雑務をやらされ続ける可能性があるからです。

一般的にエンジニアと呼ばれる職業にはいくつかの種類があり、たとえばサーバーサイドエンジニアは、WEBサイトやアプリの画面処理をサーバー側から行うエンジニアのことで、主にコーディングを業務として行います。

一方でインフラエンジニアとは、WEBサイトが正常に動作しているのか監視・点検するエンジニアのことで、コードはあまり書くことがありません。

このように、エンジニアにはコードを書くものと書かないものとがあり、未経験歓迎の会社に入社できても、コードを書かせてもらえなかったり、誰でもできる仕事をさせられる可能性が高いのです。

上記で説明したとおり、「全く無知で何もできません。」という状態の人が、コーディングを行うエンジニアとして採用されることはほとんどないでしょう。

エンジニア未経験なら独学は必須

エンジニア未経験でも転職できるとはいえ、独学は必要です。

企業側としては言語もわからない、業界知識もないという人材を採用するよりも、最低限の業界知識が身についている人材の方が扱いやすいからです。

また未経験者の場合は、その人の努力ややる気などのポテンシャル採用が行われます。

そのため、最低限の業界知識を身につけ、また余裕があれば自作でアプリ開発まで行う努力が必要です。

なお、アプリ開発までする理由は、アプリの性能の問題ではなく、独学でそこまでやるというやる気をアピールできるからです。

「やる気があります」とはいえ何も勉強していない人よりも、「自分でアプリまで作りました。」という人の方がやる気の本気度が伝わります。

このように、未経験者の場合はポテンシャル採用をされることがほとんどなので、やる気と努力を証明するためにも、独学は必須といえるでしょう。

プログラミングスクールに通えたらベスト

エンジニアの独学といえば「プログラミングスクールに通うべき?」と疑問に思う人はほとんどでしょう。

その答えとしては、「独学だけでも可能だが、プログラミングスクールに通うのがベスト」です。

プログラミングスクールに通わずとも、今ではインターネットを利用すればいくらでも情報を見つけることができますし、参考書を利用して自分で基礎知識を身につけることはできます。

しかしながら、独学は一人でするものなので、わからないところを誰かに質問することができないので挫折しやすく、習得までに時間がかかることが一般的です。

一方でプログラミングスクールに通えば、決まったカリキュラムの中で学習できるので、最短で学べますし、エンジニア就職のサポートまでしてくれるところもあります。

無料で学べるスクールもあるので、まずはそこから始めるのもいいでしょう。

なお、スクールに通いながら空いた時間で独学をするのがベストです。

未経験者がエンジニアに転職する前にやるべきこと

未経験者がエンジニアに転職する前に勉強をするなら、以下の手順で行いましょう。

  • Progateを使ってプログラミングの基礎を身につける
  • フレームワークを使ってクローンアプリを作ってみる
  • オリジナルアプリを作ってみる

これはスクールに通いながらでも実践できます。

「プログラミングスクールに通うから、スクール以外の勉強はしなくていい」というのではなく、自分でやれることはやっておくべきです。

ここからは、それぞれの手順についてくわしく解説していきます。

Progateを使ってプログラミングの基礎を身につける

まずはProgateを使ってプログラミングの基礎知識を身につけましょう。

Progateとはプログラミングを学べる無料の学習サイトのことで、HTML・CSS・PHP・jQuery・Rubyといった複数の言語を学べます。

スライド形式で学ぶことができ、学習スタイルがシンプルなので、初心者でも始めやすいサービスです。

とはいえ、基礎中の基礎を学ぶ未経験者・初心者向けのサービスなので、実践として役立つ知識まで確実に身につけることはできません。

そのため、未経験者がProgateでプログラミングの基礎の基礎を身につけたら、次のステップへ進みましょう。

Progateで学べる各言語の特徴

ここで、Progateで学べる各言語の特徴について、簡単に理解しておきましょう。

  • HTML:文字やリンクなどWEBページを作るためのマークアップ言語
  • CSS:WEBページのスタイル指定、つまりHTMLを装飾するための言語
  • PHP:HTMLで作成されたページを動的に表示するスクリプト言語
  • JavaScript:テレビやスマホなど様々なデバイスの作成に使われるフロントエンド言語
  • jQuery:JavaScriptを使いやすくした言語
  • Ruby:システム開発に使われ、生産性の高いサーバーサイド言語
    など

Progateではそのほかにも、SwiftやPython、SQLなどといった言語も学習できます。

一つの言語に限らず、複数の言語をProgateで学べばプログラミングの基礎を理解することはできるでしょう。

フレームワークを使ってクローンアプリを作ってみる

Progateでプログラミングの基礎の基礎が理解できたら、次はフレームワークを使ってクローンアプリを作ってみましょう。

フレームワークとは、少ないコードで機能やデザインを作成できるシステムのことで、簡素なアプリならフレームワークを使えば簡単に作成できます。

フレームワークにはいくつかの種類があり、たとえばサーバーサイドのプログラミング言語であるRubyのフレームワークは「Ruby on Rails」というものです。

Ruby on Railsのチュートリアルを一周すれば、Twitterのクローンアプリが作成できます。

クローンアプリを作成することで、そのアプリの各機能が学べ、実際にどのような文字列でアプリが作成されるのかを学べます。

そのため、Progateの次のステップとしてフレームワークを使ってクローンアプリを作成してみましょう。

オリジナルアプリを作ってみる

できればオリジナルアプリを作成しましょう。

自分でオリジナルアプリを作成できれば、ある程度の知識や実戦で役立つ技術が身につきますし、その努力が転職にも高く評価されます。

オリジナルアプリを作るのは非常に難易度が高く、簡単なものではありませんし、途中で挫折する人は多いでしょう。

しかしながら、プログラミングスクールでは最後に自作アプリを開発させるところがあるなど、自分で開発できてはじめて基礎が身についたということができます。

指定されたものではなく、自分で考えて1からプログラムを構築して開発することに意味があります。

自作のアプリ開発は絶対条件ではありませんが、転職を有利に進めたり、優良企業に就職するためには自作アプリの開発がオススメです。

未経験でエンジニアに転職するときの面接

エンジニア転職の面接では、専門的な用語などが用いられることが多いです。

会社側にとっても採用可否のラインがあるので、最低限の業界知識がなければ会社の期待に応えることができず、転職活動で苦戦する可能性が高いです。

また、未経験でエンジニアに転職するときの面接はポテンシャルが主な評価基準になります。

即戦力としては使うことができないので、先で説明したように、未経験なりのやる気や努力量をみて、会社に必要な人材かを判断します。

中でもオリジナルアプリの作成はポテンシャルアピールに最適です。

未経験者で自作アプリを開発できるまでの人材はなかなかいないので、未経験者の枠として考えたとき、オリジナルアプリを作れる人材は非常に優秀といえます。

エンジニアが転職を成功させる方法とは?面接時の注意点や回答例を徹底解説
「エンジニアが転職するときの面接はどう対策すればいいの?」 「面接で落ちやすい人の特徴が知りたい」 このように現在転職活動をしていて、面接の対策について気になっていませんか? エンジニアの転職の面接は、その他業種の採用試験とは...

エンジニア未経験の転職には転職エージェントがおすすめ!


いかがでしょうか。エンジニアの転職ではたとえ未経験OKとあっても、決して何の対策もなしに転職できるわけではないです。

専門的な知識を要する職種であるからこそ、未経験である場合はスキルの習得など、ある程度の下準備が必要となってきます。

とはいえこれらの準備を自分一人で全て行うとなると、そう簡単な話ではありません。

ましてや働きながらとなると相当な労力が必要となってきますが、そのような悩みを解決するサービスとしておすすめしたいのが転職エージェントです。

転職エージェントのサポートで転職活動が断然楽になる

未経験でエンジニアへの転職活動をするなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう。

転職エージェントは独自のコネクションによる求人を紹介してくれるほか、転職するあたってのキャリアカウンセリング、面接のスケジュール調整など、転職活動に関する様々なサポートをしてくれます。

転職エージェントが提供するサービス一覧

・キャリアカウンセリング
・希望する条件に沿った求人を紹介
・面接日程のスケジュール調整
・企業との条件交渉
・企業内部についての情報提供
・職場見学
・応募書類の添削・面接対策

エンジニア求人に特化した転職エージェントに登録しよう

エンジニアへの転職活動では未経験の方であるほど、転職エージェントの利用がおすすめであると言えます。

ただし転職エージェントと言っても様々な業者があり、さらに言えば適当に選べば良いというものでもありません。

特に未経験でも良質なエンジニア求人を見つけたいのであれば、エンジニア求人に特化した転職エージェントを選ぶべきです。

これはエンジニアという仕事が一般的な職種とは異なり、専門的な知識を要する職種であるためと言えます。

エンジニア業界に詳しい転職エージェントなら安心して相談できる

専門的な知識が必要とされる業界であるため、その業界ならではの事情や悩みも一般的な職種とは異なる部分が多々あります。

そのためエンジニア業界に疎い転職エージェントだと、転職する理由に共感してもらえないばかりか、キャリア相談や企業情報に対する有効な回答を得られず、結果転職したことを後悔してしまう結末に陥りやすいのです。

しかしエンジニア業界に精通した転職エージェントならば、企業に関する情報を詳しく提供してもらえるほか、未経験の方にありがちな悩みにも有効な対処の仕方を伝授してくれます。

また、一般には公開されていない好条件の求人を紹介してもらえることもあり、一般的な職種の転職エージェントよりも、良質な求人を確保しています。

エンジニア未経験でも安心して頼ることができるので、転職活動においては断然、エンジニア求人に特化した転職エージェントがおすすめです。

エンジニア求人に特化した転職サイト一覧

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT求人に特化したエージェント!評判が悪いって本当?
IT特化型の転職エージェント「レバテックキャリア」の説明をした記事です。他のIT特化型よりもさらに丁寧な面談、キャリアコンサルタントの高い質など、レバテックキャリアがエンジニアから評判が高いポイントも説明しています。

マイナビエージェントIT

マイナビエージェント×ITのサポート内容・口コミ評判
マイナビエージェントITをご存知でしょうか。 人材業界でも大きな存在感がある株式会社マイナビが運営する、「IT・Web業界特化型」の転職エージェントです。 マイナビの会社規模はご存知国内有数の規模を誇ります。 マイナビだか...

Geekly(ギークリー)

ギークリーのサポート内容・口コミ評判
ギークリーは、渋谷に本社を構えるIT専門の転職エージェントです。ゲーム開発エンジニア求人などに特化しているため、そういった分野の転職を考えている方はぜひ、ギークリーでの転職をおすすめしたいです。

まとめ

未経験でもエンジニアに転職することは可能です。

しかしながら、全くの無知・未経験で簡単に転職できるほど甘くはありません。

仮にエンジニアに転職できたとしても、一切コードを書かせてもらえず、雑用ばかりをさせられる場合もあります。

転職に失敗しないためにも、エンジニアの最低限の知識を身につけ、潜在能力の高さをアピールしなければいけません。

そのためには、独学およびプログラミングスクールに通っての自主学習は必須といえます。

なお、自主学習の方法は以下の手順がオススメです。

  • Progateを使ってプログラミングの基礎を身につける
  • フレームワークを使ってクローンアプリを作ってみる
  • オリジナルアプリを作ってみる

未経験者なら「本気でエンジニアになりたい」ということを行動で示して、転職を成功させましょう。

コメント